Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/12/18
Update

映画『今はちょっと、ついてないだけ』原作小説ネタバレ感想とあらすじ結末の評価解説。伊吹有喜による過去から前に進む再生の物語【永遠の未完成これ完成である29】

  • Writer :
  • もりのちこ

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第29回

映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。

今回紹介するのは伊吹有喜の小説『今はちょっと、ついてないだけ』です。玉山鉄二主演で柴山健次監督が映画化。2022年4月8日(金)に公開予定です。


(C)2022映画『今はちょっと、ついてないだけ』製作委員会

かつてネイチャリング・フォトグラファーとして脚光を浴びていた立花裕樹は、バブル崩壊ですべてを失い、実家に戻ります。借金返済の日々を送り気付くと40歳を過ぎていました。

とあるきっかけで再びカメラを手にした立花は、カメラを構える喜びを思い出します。「もう一度やり直そう」。立花はシェアハウスから新たな人生をスタートさせるのでした。

映画公開に先駆け、原作のあらすじ、映画化で注目する点を紹介します。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『今はちょっと、ついてないだけ』の作品情報

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
伊吹有喜

【監督】
柴山健次

【キャスト】
玉山鉄二、深川麻衣、音尾琢真、団長安田、高橋和也、かとうかず子、山村美智、奥山佳恵、川津明日香、Erna、大友花恋

小説『今はちょっと、ついてないだけ』のあらすじとネタバレ


伊吹有喜『今はちょっと、ついてないだけ』(2018年、光文社文庫)

立花裕樹は入院している母に頼まれ、同室だった宮川静枝の退院の写真を撮ることになりました。

母は、息子がプロのカメラマンであることを自慢していましたが、当の立花はここ何十年もカメラに触れていませんでした。携帯電話のカメラの操作もままなりません。

「ネイチャリング・フォトグラファー」という肩書は、当時所属していた事務所の社長・巻島雅人が付けたものでした。

立花が出演していたテレビ番組「ネイチャリング・シリーズ」は、アラスカ、北極、アマゾンの奥地、チベットの山々など秘境へと撮影旅行をするという内容で、立花は一躍時の人となっていました。

しかし、バブルが崩壊しスポンサーが手を引き、写真家としてのオファーも途絶えていきます。社長の巻島は多額の負債を残して自己破産。連帯保証人であった立花が被ることに。

住む場所を失い、田舎に戻り15年。借金返済に費やして生きてきました。自分の存在は、バブルの時の人、まさに泡沫という言葉そのものでした。

静枝を迎えにきた息子が立花に気付き、昔の話をしてきます。「懐かしい、あのテレビシリーズ好きだったんですよ」。こわばる立花の態度に、写真は止めて早く帰ろうと母を説得しています。

病院の玄関に飾られたクリスマスツリーを背に、車いすの母にしゃがみ込み声をかける息子。立花は思わず携帯のカメラを構え写真を撮っていきます。

後に静枝に、母がお世話になったお礼にと、フォトアルバムにしてプレゼントしました。この縁で、静枝の東京に住む孫娘からダンスの公演のチラシやパンフレットの写真を撮らないかとオファーが入ります。

何がやりたかったのかと自分に問えば、カメラこそがずっとやりたかったことでした。立花は、母の退院を機にもう一度東京へ戻り、写真を撮ることを決意します。

静枝の息子・宮川良和は、東京の自宅で母のことを思っていました。静枝は入院先から介護施設に移ってまもなく、風邪をこじらせ肺炎で亡くなりました。

立花に撮ってもらったという遺影を前に、母の事をないがしろにしていた自分を責めます。長年務めてきた製作会社では、肩たたきにあい退職に追い込まれていました。昼間から発泡酒を飲み、妻や娘からも邪魔者扱いです。

とうとう家を追い出された宮川でしたが、娘の奈々子の舞台公演が気になり、こっそり会場へと向かいます。安宿に泊まるようになってから酒の量は増えるばかりです。

舞台の上で舞う娘の姿と母の姿が重なり、帰る場所のない自分に吐き気を覚えます。会場の外へ飛び出した宮川は、植え込みに疼くまり動けなくなってしまいました。

目を覚ますと、かつて母の入院先で会ったネイチャリング・フォトグラファー立花の部屋でした。立花は、宮川の母・静枝から孫の奈々子の公演の写真を頼まれていたため、その場に居合わせたようです。

立花が住んでいたのはシェアハウスでした。飾られている写真に目を通せば、母が気に入っていた写真でした。朝日を拝む少女の写真。

「ひとりに戻ってみようか。生まれ変わった気持ちでやり直そうか。朝日の当たる場所から、もう一度」。宮川はこのシェアハウスに越してきます。

「ナカメシェアハウス」には、もうひとり同居人がいました。瀬戸寛子は化粧品専門店から、まつげパーマ、ネイル、エステにメイクと美容のすべてを提供するサロンに転職し腕を磨いていました。

ところが店舗の縮小に伴い解雇されてしまいます。美容師の資格もあり、腕にも自信がある瀬戸でしたが、接客や人付き合いが苦手でした。

ブライダルメイクの会社の面接を受けたものの和装の着付けもできる即戦力を求められ、自分はこの先どんなふうに、何を仕事にしていったらいいのだろうと思い悩む日々です。

後から引っ越して来た立花や宮川が、庭でなにやら女性の写真を撮っています。立花がかつてのネイチャリング・フォトグラファーであることは知っていました。

撮影されている女性のメイクが少し気になります。聞けば、婚活用の写真をお願いしていると言います。瀬戸は、自分のメイク用具からチークを施しました。血色が良くなり表情も明るく見えました。

のちに立花の撮った写真をみて、この女性の婚活は上手くいくと確かな手応えを感じたものです。

それから宮川の営業力で「ナカメシェアハウス」は、各種証明写真からウェブのプロフィール撮影、あらゆる出張撮影に応じるフォトスタジオと、ネイル・エステも行う美容サロンが併用したシェアハウスとして営業活動をスタートさせます。

以下、『今はちょっと、ついてないだけ』ネタバレ・結末の記載がございます。『今はちょっと、ついてないだけ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

「ナカメシェアハウス」には、人生の停滞期、今はちょっとついてない人達が集まってきます。

大学時代、立花と同じ探検部に所属していた岡野健一は、当時あっという間にスターになった立花に嫉妬と羨望を抱いていました。

現在の立花のことを見つけ、好奇心で写真を頼みにやってきます。岡野は、立花の撮った写真を見て、好きだったアウトドアを思い出します。

家族を喜ばせようと用意したバーベキューでは、火起こしに手間取り「慣れないことしないでよ」と散々文句を言われる始末です。もう一度、立花のように好きなことを始めたい。

宮川を頼りやってきた会田健は、10年前は売れっ子の芸人でしたが、人気が衰え事務所を解雇されていました。心機一転、裸のプロフィール写真を撮って出直したいと言います。

仕事がなくて暇になってしまった時間を筋肉トレーニングに打ち込んできた会田。まさに裸一貫、このまま終わる気はありません。

アウトドアを始めた岡野のカヤック講習に便乗して、会田のプロフィール写真の撮影をすることになりました。立花が会田の写真を、宮川は岡野の頑張る様子を家族に見せようとビデオを回します。

この日をきっかけに、止まっていた時間が静かに動き出します。岡野が連れて来ていたペットの柴犬・あずきの姿を動画サイトにアップしたところ、「ジャパニーズ・シバイヌ」と海外の犬好きが反応し、さらに、あずきが湖に入り込むのを救出に向かった会田の濡れた姿が「ニンジャのようにセクシー」と反響を呼び、動画はあっという間に驚くほどの閲覧数となりました。

宮川は、「ウェブのアイダ」と題し、カヌーやハイキング、焚火やアウトドアクッキングなど野外活動を、豆柴のあずきとニンジャ男が立花先生から学ぶという動画シリーズをスタートさせます。

そんな中、宮川が手伝いに行くようになった製作会社で、バブル時代に活躍していた人々が今、どんな暮らしをしているのかという企画が持ち上がっていました。

立花はこの手の企画の出演依頼を何度も受けてきましたが、そのたびに断ってきました。そのことを知っている宮川は、立花のことを勧めませんでした。

さらに、今から15年前、カリスマ的存在だった巻島の名前が挙がっており、オファー済とのこと。ただし出演の条件が「立花が自分に会いに来ること」らしい。

自己破産をし、連帯保証人の立花にすべてを背負わせた人物が、いまさら自分に会いたいなんて、どういうつもりなのか。立花には理解できませんでした。

それでも、宮川のためでもあり、いや自分でケリをつけたかったのかもしれません、立花は巻島を訪ねることにしました。

地方の一軒家に住んでいた巻島は、也はひそめたものの変わらぬ大物感が漂っていました。立花が借金を肩代わりしたことも「なぜ、お前も自己破産しなかったんだ」と悪びれた様子もありません。

最近の立花が出演するネット動画も見ているようです。「もっと自分の価値を評価しろ。メディアでも俺でも利用できる者は利用しろ」。昔も今も変わらない立花にとって巻島は適わない相手でした。

これまでネイチャリング・フォトグラファーとして持てはやされていた過去を恥ずかしく思い、自分を否定して生きてきました。

しかし、それは番組に携わってくれたスタッフや、共に頑張った仲間さえも否定してきたことと同じです。みな誰もが一生懸命やっていました。

それに15年経って気付いた立花は、過去を忘れようとするのではなく、受け入れて前に進む選択をします。

自分は今、何を欲しているのか。自分に問うと、あの頃と同じ答えが見つかりました。「見たことのない風景を見たい。そして、記録し、誰かに伝えたい」。

「ナカメシェアハウス」の立退きの期限がせまっていました。立花は、ここで出会えた人たちとの縁を繋ぎ、新たなスタートを切ります。

そして、母に贈り物をします。「追伸、ありがとう。ついてない時期は、抜けたようです」のメッセージを添えて。

スポンサーリンク

映画『今はちょっと、ついてないだけ』ここに注目!

『四十九日のレシピ』『ミッドナイト・バス』と映画化が続く、伊吹有喜の映画化第3弾『今は、ちょっとついてないだけ』。

過去の栄光、その先の挫折、失敗。主人公・立花は過去を引きずって生きていました。そんな立花は、もう一度、自分の夢と向き合い人生を楽しむことを始められるのか。

シェアハウスには、立花の他にも、それぞれに悩みを抱えた者たちが集まってきます。彼らが、将来に向けてどんな選択をしていくのかも見どころです。

仕事での挫折、恋愛の失敗、家族問題、生きていれば誰もが経験するであろう人生の停滞期。どん底に思える時、「今はちょっと、ついてないだけ」と、気休めにでも言われると、心が少し軽くなるの気がするから不思議です。

自分再生物語、『今はちょっと、ついてないだけ』の映画化に伴い注目する点を紹介します。

ナカメシェアハウスの人々

フォトグラファーとして一度失敗し田舎に帰っていた立花浩樹は、もう一度カメラを持ち上京。シェアハウスから生活をスタートさせます。

映画化で演じるのは、カメラマン姿が様になりそうな玉山鉄二です。無気力な日々を送っていた立花が、夢を取り戻していく姿に注目です。

シェアハウスの1番の古株である美容師・瀬戸寛子は、腕は確かでも接客が苦手で美容サロンを解雇されてしまいます。

演じるのは、元乃木坂48の1期生、深川麻衣。不器用ながらも好きなことに一生懸命な瀬戸が、自分に合った働き方を見つけ出していく姿に注目です。

そして、立花の金魚のフンとしてやってくる宮川良和。母の死に後悔し、製作会社を追い出され、家族にも見放される宮川。

演じるのは、チームNACSの音尾琢真。まさに人生のどん底にいながら、明るくムードメーカー的な存在である宮川にぴったりの配役となりました。

シェアハウスのメンバーではないのですが、もうひとり注目して欲しい人物がいます。落ち目のお笑い芸人・会田健です。

出演のオファーは減っても体を鍛え続けた会田が、一念発起しもう一度芸人として返り咲こうと頑張る姿に共感を覚えます。

映画で演じるのは、安田大サーカスの団長安田。等身大の団長を思わせるような配役に、どんな演技を見せてくれるのか注目です。

ワイルドカードの意味

この物語には人生の挫折に苦しんだ時に抜け出すヒントとなる素敵な言葉が出てきます。

「人生にも敗者復活戦みたいなものがあったらいいな」と立花がつぶやきます。そして、「人生でワイルドカードを使えるのは、やはり勝者だけ。まったくの敗者はゼロから復活するわけではない」とも嘆きます。

特殊な役割を果たすワイルドカードに気付くことができるのか、そのカードをどう使うのか。嘆いて悩んでばかりでは、そのカードは紛失し他人に渡るかもしれません。

富や名声だけが勝者の条件ではなく、心豊かに暮らしているか、自分次第で人生の勝者にも敗者にもなれるのだと気付かされます。

「願えばきっと、どこにでも行ける。いろいろ遠回りしてきたけれど、今だからこそ見える景色がある」。過去を受け入れ自分の存在を認め、将来の進む道を決めた立花の言葉です。

過去の自分がいて今の自分がいる。これまでの歩みは決して無駄なことばかりではなかったはずです。今の自分に見える景色に目を向けてみると思わぬ気付きがあるはずです。

「今はちょっと、運が向いてないだけです」。息子のやる気のなさを周りの同じぐらいの歳の子供と比べて情けなく思い憤る立花の母でしたが、もう一度旅立つ息子にかけた言葉です。

やる気を取り戻した浩樹が母へ宛てた「ついてない時期は、抜けたようです」のメッセージが、母への応えになっていて感動的です。

まとめ

伊吹有喜の小説『今はちょっと、ついてないだけ』を紹介しました。玉山鉄二主演で映画化、公開は2022年春の予定です。

過去の失敗に捉われ無気力に過ごしていた主人公が、過去を受け入れて前に進む再生の物語。

物語の中で母と息子が送り合うチョコレートの箱に書かれていた言葉です。「メリークリスマス&ハッピーニューイヤー」。クリスマスの後にはハッピーなニューイヤーが必ずやってきます。

そんな決まり事のように、辛い時期の後には幸せが必ずやって来るに違いありません。

次回の「永遠の未完成これ完成である」は…


(C)2022映画「君が落とした青空」製作委員会

次回紹介する作品は、櫻いいよの小説『君が落とした青空』です。福本莉子とジャニーズJrの松田元太主演で映画化、2022年2月18日(金)にい公開予定です。

目の前で恋人が交通事故に遭いパニックになる主人公・実結。目を覚ますとそこは事故当日の朝でした。恋人の事故を防ぐため奮闘する実結でしたが、次第に恋人が隠していた事実を知ることになるのでした。

映画公開の前に、原作のあらすじと、映画化で注目する点を紹介していきます。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『あの頃。』ネタバレあらすじ感想と評価解説。原作から松坂桃李と山崎夢羽は“ハロオタ”の絆を表現|映画という星空を知るひとよ54

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第54回 ハロプロのアイドルを推し続ける。それに青春を捧げた仲間たちとの愛おしい日々を描いた映画『あの頃。』。 バンドや音楽ユニットにかかかわってきた劔樹人の自 …

連載コラム

『映画大好きポンポさん』あらすじ感想と評価レビュー。劇場版アニメの声のキャスト小原好美×清水尋也でものづくり愛を描く|映画という星空を知るひとよ66

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第66回 杉谷庄吾【人間プラモ】による漫画『映画大好きポンポさん』が劇場アニメ化されました。 劇場アニメ『映画大好きポンポさん』は、2021年6月4日(金)EJ …

連載コラム

韓国映画『仮面殺人会』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。どんでん返しと残酷描写の連続!予測不可能な裏切りの殺人劇|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー73

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第73回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

【スーパーナチュラルシーズン14】第6・7・8話ネタバレあらすじと感想。ドラマの見どころ解説も|海外ドラマ絞りたて6

連載コラム『海外ドラマ絞りたて』第6回 北米で2019年10月15日から放映開始となる『スーパーナチュラル』最終シーズン15。 このコラムでは引き続き1つ前のシーズン14を3話ずつ、あらすじをネタバレ …

連載コラム

SF映画おすすめランキング5選!1980年代の洋画名作傑作【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車92

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile092 1980年代に入るとSF映画の技術が映画界に普及し始めたことにより、スペースオペラや特殊なVFXを使ったSF映画が多く登場します。 この …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学