Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/06/14
Update

映画『エレファント・マン』感想評価レビューと考察。4K版で蘇るデイヴィッドリンチのモノクロームの叫び|電影19XX年への旅5

  • Writer :
  • 中西翼

連載コラム「電影19XX年への旅」第5回

歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。

第5回は、第53回米アカデミー賞にて作品賞や監督賞など8部門でノミネートされた不朽の名作『エレファント・マン』。

公開から40年を迎え、デイヴィッド・リンチ監督の監修によりデジタルリマスター化しました。

身体に障がいを持つことで、周囲から忌み嫌われ行き場を無くしたジョン・メリックは見世物小屋でエレファント・マンと呼ばれていました。

そんな男の人生を描いた『エレファント・マン 4K修復版』が、2020年7月10日(金)より、新宿ピカデリーほか全国にて緊急公開されます。

【連載コラム】『電影19XX年への旅』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『エレファント・マン 4K修復版』の作品情報


(C)1980 BROOKSFILMS

【制作】
1980年(アメリカ・イギリス合作映画)

【4K修復版日本公開】
2020年

【原題】
The Elephant Man

【監督】
デイヴィッド・リンチ

【キャスト】
アンソニー・ホプキンス、ジョン・ハート、アン・バンクロフト、ジョン・ギールグッド、ウェンディ・ヒラー、フレディ・ジョーンズ

映画『エレファント・マン 4K修復版』のあらすじ


(C)1980 BROOKSFILMS

病により身体が変形したジョン・メリックは、妊娠中の母親が象に踏まれて生まれた男として、見世物小屋で「エレファント・マン」と紹介されていました。

そんな頃、ジョン・メリックは、善良な心と好奇心を持つ若き医師トリーヴスと出会います。トリーヴスは、学会でジョン・メリックの病状を発表するため、彼を研究し始めます。

言葉もろくに話せないと思われていたジョン・メリックでしたが、実は彼は、知的で思慮深い性格を隠していました。

教えていない聖書の部分を読んでいたことから、トリーヴスはジョン・メリックの本質を知ります。そして、一人の人間として扱うようになりました。

見世物小屋に閉じ込められていた頃とは比べ物にならないほど、穏やかな日々を過ごすジョン・メリック。新聞にも取り上げられ、興味を持った人々が彼の元を訪ねます。

トリーヴスはジョン・メリックを病院で介護することで、名声を上げていきました。しかし、結局は自分も興行師と同じ、ジョン・メリックを利用しているのではないかと悩み始めます。

かつてジョン・メリックを見世物として金稼ぎをしていた見世物小屋の興行師バイツは、なんとかジョン・メリックを取り返せないかと企み……。

スポンサーリンク

モノクロームの映像美の切れ味


(C)1980 BROOKSFILMS

身体に障がいを持った実在の人物を題材にした映画『エレファント・マン』。エレファント・マンと呼ばれるジョン・メリックが暮らしていたモノクロームの世界が、鮮明な映像で描かれています。

産業革命で排気ガスや機械での怪我人が増え、切り裂きジャックなどの暗い話題が世間を包み込んでいた時代。見世物小屋を訪ねる人々の余裕と豊かさを無くした表情が、4Kで蘇ったことで、より一層細かく読み取れました。

そしてなんといっても注目すべきは、ジョン・メリックを再現した特殊メイクのグロテスクながらも美しい造形。

人間ではなく化け物だと思われ、心ない言葉を投げられるきっかけとなった容姿の特異さが際立っていました。

序盤ではあまり姿を見せなかったジョン・メリックは、物語が進むにつれて、画面に収まる回数を増やしていきます。

暗闇に姿を隠したジョン・メリックはおぞましく見えますが、後半では当たり前に登場し、恐怖を与える存在ではなくなっていくのです。

また、実在のジョン・メリックよりも少し雄弁な眼差しにしたことで、彼に同情する気持ちを加速させ、感動を誘います。

美しく生きるジョン・メリックの哀しい物語


(C)1980 BROOKSFILMS

ジョン・メリックに優しく接してくれた医師のトリーヴスですが、最初は彼でさえ、あたかも実験生物を扱うような言葉をジョン・メリックに放っていました。

彼を取り巻く周囲の目や、言葉だけではありません。ジョン・メリックが話す台詞や行動のどれを取っても、想像させられるのは、彼の苦難の歳月です。

時折見せる美しさへの拘りや憧れも、彼の生い立ちを想起させます。

これまで、本当に人間として扱われることがなかった。優しくされることなどなかった。そんな情景が思い浮かんできて、切ない思いで苦しくなります。

そしてこれが実話を基にした話であり、実際にあった出来事なのだと思うと、人という生き物がなんと残酷なものなのかと、思い知らされました。

また、人に憧れ続けたジョン・メリックの悲痛な訴えに耳を傾けた温かい人々の尊さも、この映画では描かれています。

障がい者を感動のファクターとして描いた本作品ですが、例え感動や自己愛の道具として利用されていたとしても、その優しさにジョン・メリックは救われていたのに違いありません。

真実と虚構の混じるデイヴィッド・リンチの魅力


(C)1980 BROOKSFILMS

象に踏まれるジョン・メリックの母親の映像から、映画は幕を開けます。

見世物小屋では、妊娠中に象に踏まれたことからエレファント・マンの姿になったと語られていましたが、科学的な見方をすればそんなわけはありません。

しかしジョン・メリックはそう信じられていたのです。

実話を元にしながら、人の認識の曖昧さを利用し、真実と虚構の境界線を曖昧にするデイヴィッド・リンチの妙技。

映画史に残るカルト映画『イレイザー・ヘッド』(1977)を手掛けたデイヴィッド・リンチですから、虚構の部分は悪夢的に描かれています。

人間と化け物、真実と虚構、そして善意と悪意。本作品では、その境界線がどれも曖昧に引かれているのです。

スポンサーリンク

まとめ


(C)1980 BROOKSFILMS

見世物小屋でジョン・メリックをエレファント・マンとして紹介していた興行師バイツは、『グレイテスト・ショーマン』(2018)の主人公であるP・Tバーナムに銀貨の王様と馬鹿にされた男です。

彼はバーナムの口調を真似て、障害を持った人間達を面白おかしく紹介していました。そんな中、ジョン・メリックと出会ったのです。

バイツはジョン・メリックを利用した悪として描かれていますが、トリーヴスと違い、お金を稼ぐ資本的な価値をジョン・メリックに与えていました。

それもまた、一つの救いなのかもしれません。

産業革命での排気ガスが充満する街。見世物小屋に娯楽を求めた人々。映画『エレファント・マン 4K修復版』は、そんな時代背景の中で奇怪な視線と優しさを浴びて生きるジョン・メリックの映画でした。

『エレファント・マン 4K修復版』は、2020年7月10日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開されます。

次回の『電影19XX年への旅』は…


KILLING, THE © 1956 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.. All Rights Reserved

次回の第6回は、スタンリーキューブリック監督のハリウッド映画第一作『現金に体を張れ』を紹介いたします。どうぞ、お楽しみに。

【連載コラム】『電影19XX年への旅』一覧はこちら


関連記事

連載コラム

『ザ・ファイブ・ブラッズ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。スパイクリーがベトナム戦争を背景に人権問題を描く|Netflix映画おすすめ2

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第2回 ベトナム戦争を背景にスパイク・リーがアフリカ系アメリカ人に対して繰り返される暴力、差別を描くNetflixオリジナル映画『ザ・ファイ …

連載コラム

映画『漂うがごとく』あらすじと感想。ベトナム人のブイ・タク・チュエン監督が描く孤独と欲望|銀幕の月光遊戯24

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第24回 ベトナム映画ニュー・ウェーブを牽引するスタッフ・キャストが集結! 「ベトナム映画祭2018」で好評を博した『漂うがごとく』が3月23日(土)より新宿K’Sシネマほ …

連載コラム

『メン・イン・ブラック3』ネタバレあらすじと感想。ラスト最後の結末も【キャスト変更を演技力で乗り越えた第3作目】SF恐怖映画という名の観覧車133

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile133 数多の作品が否定的な意見を受けたように、シリーズものにおける役者の世代交代は困難を極めます。 特に基となるキャラクターが魅力的であればあ …

連載コラム

『私をくいとめて』のんと大九明子監督が歓喜。東京国際映画祭にて観客賞を受賞|TIFF2020リポート5

第33回東京国際映画祭は2020年10月31日(土)~11月9日(月)開催。 2020年10月31日(土)に開幕したアジア最大級の映画祭・第33回東京国際映画祭が、11月9日(月)に閉幕を迎えました。 …

連載コラム

第91回米国アカデミー賞リポート【2019年アカデミー賞…見事だが味気なかった】FILMINK-vol.3

FILMINK-vol.3「The 2019 Oscars…Admirably Worthy But Undeniably Dull」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学