Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/06/10
Update

映画『エレファント・マン 4K修復版』公開日/上映館。デヴィッド・リンチ初期代表作品が劇場で蘇る

  • Writer :
  • 石井夏子

不朽の名作『エレファント・マン』40周年記念
鬼才デイヴィッド・リンチが自ら監修し4K修復版となって日本“緊急”公開決定。

第53回米アカデミー賞にて、作品賞、主演男優賞、監督賞など主要8部門ノミネート、同年の英国アカデミー賞では作品賞と主演男優賞、製作デザイン賞を受賞した『エレファント・マン』。

この言わずと知れた不朽の名作が本国公開から2020年で40年を迎えるにあたり、デイヴィッド・リンチ監督自身の監修によりデジタルリマスター化しました。

(C)1980 BROOKSFILMS

幻想的な世界観はそのままに、より美しく蘇った『エレファント・マン 4K修復版』として、2020年7月10日(金)より、新宿ピカデリーほか全国にて緊急公開されます。

本ニュースに合わせまして、ポスタービジュアル、場面写真、予告編も合わせて解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『エレファント・マン 4K修復版』について

(C)1980 BROOKSFILMS

本作は、19世紀のロンドンで“エレファント・マン”と呼ばれた実在の青年ジョゼフ・メリックの生涯と彼を取り巻く人々の交流を描いた感動作

長編映画デビュー作『イレイザーヘッド』(1977)でカルト的な人気を得つつも、当時、弱冠33歳だった新鋭デイヴィッド・リンチ監督の名を一躍世界中に轟かせることとなった作品です。

日本では1981年5月に公開され、国内外合わせたその年の全公開作品の中でナンバーワンの配収を記録。社会現象とも言える一大ブームを巻き起こしました。

(C)1980 BROOKSFILMS

米タイム誌が選ぶ「カラー時代のモノクロ映画ベスト10」で、『ベルリン・天使の詩』(1987/ヴィム・ヴェンダース)、『シンドラーのリスト』(1993/スティーヴン・スピルバーグ)などを抑え、堂々の1位を獲得しています。

フランケンシュタインやドラキュラなどが登場する、怪奇映画監督としても知られるフレディ・フランシスが撮影監督として参加。

彼がこだわったモノクロ映像特有の光と影、19世紀末の退廃的なロンドンの町並みが、この度の4K修復にて、より幻想的によりクリアになったことで、メリックの喜びと絶望のコントラストも一層鮮やかに映し出しています。

(C)1980 BROOKSFILMS

キャストは、本作で英国アカデミー賞主演男優賞に輝いたジョン・ハート、オスカー俳優アンソニー・ホプキンス、名優サー・ジョン・ギールグッドらそうそうたる面々がそろっています。

映画『エレファント・マン 4K修復版』の予告編

この度解禁されました予告編は、修正前、修正後の映像が比較できます。

エレファント・マンとして見世物小屋に立つ青年ジョン・メリック(ジョン・ハート)の姿を初めて見て、衝撃で涙するトリーヴズ医師(アンソニー・ホプキンス)の姿や、好奇の目にさらされ民衆に追いかけられるメリックが「僕は動物じゃない、僕は人間なんだ」と死に物狂いで訴える場面などが切り取られました。

差別や偏見がいまだ無くならない世の中で彼の真っ直ぐなメッセージが胸を打つ予告編です。

スポンサーリンク

映画『エレファント・マン』の作品情報

(C)1980 BROOKSFILMS

【製作】
1980年(アメリカ・イギリス合作映画)

【4K修復版日本公開】
2020年

【原題】
The Elephant Man

【監督】
デイヴィッド・リンチ

【キャスト】
アンソニー・ホプキンス、ジョン・ハート、アン・バンクロフト、ジョン・ギールグッド、ウェンディ・ヒラー、フレディ・ジョーンズ

映画『エレファント・マン』のあらすじ

(C)1980 BROOKSFILMS

19世紀のロンドン。優秀な外科医トリーヴズ(アンソニー・ホプキンス)は、見世物小屋でエレファント・マンと呼ばれる青年メリック(ジョン・ハート)と出会います。

極端に身体が変形したメリックの姿を目にしたトリーヴズは、大きな衝撃を受け、彼を研究対象として病院で預かることに。

当初は物も言えず怯え続けるメリックを誰もが知能も低いと思っていましたが、ある日、知性溢れる穏やかな性格であることが発覚。

その後、新聞で取り上げられたメリックの元を舞台女優のケンドール夫人(アン・バンクロフト)を始め、上層階級者が訪れるようになります。

トリーヴズは、自分も形を変えた見世物小屋の興行師と同じなのではないかと悩みますが…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)1980 BROOKSFILMS

様々な人間の内面に宿る、美しさ、残酷さが見せつけられる本作で、人間の尊厳をD・リンチは丁寧に描き出しています。

人間としての一生を全うしたいと願うメリックが選択する結末は、永遠に映画ファンの心に涙と共に刻まれ続けることでしょう。

本国公開から40年、実話を基にした感動の名作を鬼才デイヴィッド・リンチ監督が自ら監修し、美しく蘇った不朽の名作『エレファント・マン 4K修復版』は、2020年7月10日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開

多くの映画館の再開を祝し、お客様への感謝の意を込めて、特別に鑑賞料金は1100円均一とのこと。ぜひ劇場でお楽しみください。




関連記事

新作映画ニュース

【凪待ち舞台挨拶】香取慎吾が完成披露試写会で重大発表!全国5大都市でのイベント開催でファンの元へ

映画『凪待ち』は2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 白石和彌と香取慎吾が初のタッグを組んで挑んだ、震災後の宮城県石巻市を舞台に描く骨太のヒューマン・サ …

新作映画ニュース

【映画グッズプレゼント】『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』の直記ペンを5名様に

カンザス~NY間1,600 kmを直線ネットワークでつなぐ実話プロジェクトが映画化! 0.001秒に一生を懸けた男たちの物語。 アメリカンドリームを掴むために0.001秒の短縮に一生を懸けた熱き男たち …

新作映画ニュース

【映画試写会プレゼント】女性限定で参加モニター募集!アオザイ娯楽ムービー『サイゴン・クチュール』の鑑賞ご招待《8月26日(月)渋谷・映画美学校試写室》

誰よりもひと足先に話題の新作映画を鑑賞しましょう! いつもCinemarcheをご愛読いただきまして、ありがとうございます。 2019年12月に劇場公開を予定している映画『サイゴン・クチュール』のモニ …

新作映画ニュース

映画『ブレードランナー ファイナル・カット』がIMAXシアターにて2週間限定公開!上映館情報も紹介

時代はついに追いついた! 大スクリーンで“伝説”を体感せよ。 SF映画に革命をもたらした伝説の映画『ブレードランナー』は、フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に、 …

新作映画ニュース

山田裕貴&齋藤飛鳥『あの頃、君を追いかけた』あらすじ。松本穂香&猫の癒し映像解禁

2011年、台湾で200万人を動員し、空前のヒットとなった伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』。 舞台を日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥ほか旬の若手俳優たちにより現代の物 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学