Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/03
Update

映画『キリング・ガンサー』あらすじ。キャストの殺し屋のキャラクター紹介も。

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『キリング・ガンサー』は7月14日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7にてロードショー

主演のアーノルド・シュワルツェネッガー自ら製作総指揮に名乗り出た本作の彼の役柄は、伝説の世界最強の殺し屋ガンサー。

打倒シュワちゃんとばかりに、ガンサーの命を狙う精鋭の殺し屋たちのキャラクターポスターと、場面写真が解禁されました。

今回はキャラとともに特徴の見どころをご紹介!いったい勝つのは誰だ!?

スポンサーリンク

映画『キリング・ガンサー』の作品概要


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
WHY WE’RE KILLING GUNTHER

【製作総指揮】
アーノルド・シュワルツェネッガー

【脚本・監督】
タラン・キラム

【キャスト】
アーノルド・シュワルツェネッガー、タラン・キラム、コビー・スマルダーズ、ボビー・モナハン、ハンナ・シモーヌ

【作品概要】
アーノルド・シュワルツェネッガー主演による、世界最強の殺し屋と彼の命を狙う暗殺たちの死闘を描いたアクション映画。

『テッド2』『ミュータント・タートルズ』にも出演したコメディ俳優のタラン・キラムがブレイク役を演じ、そのほか監督・脚本・製作も兼ねています。

『アベンジャーズ』『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』などで知られるコビー・スマルダースも共演。

映画『キリング・ガンサー』のあらすじ


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

世界各国で幾多の暗殺を遂行しながらも、その正体は謎に包まれている伝説の殺し屋ガンサー。

新進気鋭であるヒットマンのブレイクは、そんなガンサーを殺害することで、世界最強の座を手にしよう企てます。

それは各国から個性的な凄腕の殺し屋たちを集めて、打倒ガンサーの特別チームを結成。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

さっそく、ガンサーの追跡を開始するが、そんな彼らをあざ笑うかのように、伝説の殺し屋ガンサーも猛反撃を開始します。

次々とチームの仲間が倒れいくなか、ブレイクはどうにかガンサーが潜むのアジトを突き止め潜入しますが…。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

スポンサーリンク

伝説の殺し屋ガンサーを演じるシュワルツェネッガー


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

2018年7月14日(土)より公開となる映画『キリング・ガンサー』

シュワルツェネッガー演じるガンサーを暗殺しようとする人物たちには、どのような特徴があるのでしょう。

その前に何と言っても最強の殺し屋ガンサーを演じるのは言わずと知れた、ハリウッドのスターのアーノルド・シュワルツェネッガー


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

シュワルツェネッガーといえば、近年は航空機事故で妻子を失い、事故の真相を追求すべく奔走する男を演じた『アフターマス』。

また、ウイルス感染により徐々に ゾンビ化していく最愛の娘を守るべく苦闘する父親を演じた『マギー』など、重くシリアスな作品への出演が続いていました。

しかし、本作『キリング・ガンサー』では、1994年の主演作品『トゥルーライズ』などを彷彿とさせるコミカルな演技と、大迫力のアクションを披露ています。

また70歳とは思えぬ鍛え上げられたボディで、伝説の殺し屋役に抜群の説得力をもたせている点に注目です。

解禁された暗殺者たちのポスターと彼らの特徴は


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

今回解禁されたキャラクターポスターには、
“伝説の殺し屋ガンサー”を殺すべく集結した精鋭たちの凛々しい姿が収められています。

“爆発物専門家”、“世界最恐の殺し屋の娘”、片腕が強靭なメカ腕の“破壊者”など個性派揃いの最強の暗殺チームの面々は必見!

また、各キャラクターの特徴も個性的ですよ!

ブレイク・ハモン(タラン・キラム)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

契約暗殺者。

ガンサーを暗殺してナンバー1になるべく、最恐の暗殺チームを結成する。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

ドナルド・ピズナウスキ(ボビー・モナハン)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

爆発物専門家。

かつて炭鉱の爆破担当であったが、同僚を事故に見せかけて殺害し、その後暗殺者の道に入る。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

サナ・フェローザ(ハンナ・シモーヌ)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

“悪夢”と呼ばれ恐れられる殺し屋の一人娘。

親の七光りではなく、実力を周囲に認めさ せるためガンザー暗殺チームへ加わる。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

イザット・ブハーリー(アミール・タライ)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

元過激派。

学生時代に爆発に巻き込まれて右腕を失い、 強靭なメカ腕を手に入れたことで”破壊者” と呼ばれる。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

バロルド・ベラカラコヴァ(ライアン・ゴール)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

双子の暗殺者。

双子の姉のミアとともに暗殺を生業とする が、任務遂行のためには 14,000 人を収容し た競技場を焼き払うことも厭わない。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

ミア・ベラカラコヴァ(アリソン・トルマン)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

双子の暗殺者。

双子の弟のバロルドとともに暗殺を生業とするが、任務遂行のためには 14,000 人を収 容した競技場を焼き払うことも厭わない。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

パク・ヨンチー(アーロン・ヨー)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

毒物の専門家。

あらゆる毒物の知識に長けており、また毒蛇も自在に操る。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

このように、それぞれが個性豊かでありながら、伝説の殺し屋ガンサーを追い詰めてい殺し屋たちが集結しています。

シュワルツェネッガー演じるガンサーとどのようなバトルを繰り広げるのか?

最高にエキサイティングなアクション・エンターテイメントが期待できそうですね。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

スポンサーリンク

まとめ


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

本作の演出を務めたのは、人気コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』出身で、ヒット作品『テッド2』や『ミュータント・タートルズ』に出演したコメディ俳優タラン・キラム。

彼はガンサーを狙う暗殺者役を務めるほか、本作の監督、脚本も兼任しています。

また、最強の殺し屋ガンサーを演じるのは、映画ファンでなくとも、誰もがご存知のハリウッド俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー

70歳になってなお、精力的にアクションスターとして活躍するシュワちゃんは、映画ファンのあなたの元に「I’ll be back(アイル・ビー・バック)ですね

映画『キリング・ガンサー』7月14日(土)より 新宿バルト9、梅田ブルク7にてロードショー

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの美奈子役は貫地谷しほり【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

映画『甘いお酒でうがい』あらすじ/キャスト/公開日。原作本はシソンヌじろうで大九明子が映像化!

松雪泰子、11年ぶりの映画主演作。 40代独身OL川嶋佳子のちょっぴり後ろ向きだけどポジティブな517日の物語。 『勝手にふるえてろ』の大九明子監督による最新作『甘いお酒でうがい』が、2020年9月2 …

新作映画ニュース

映画『写真の女』劇場公開情報/上映館。串田壮史監督デビュー長編作品が2021年初春に渋谷ユーロスペースにてロードショー

「めまいがする様な特異な世界観」「これぞ現代の寓話」 令和インディーズ映画の異端児串田壮史監督・長編デビュー作が満を持して公開決定。 2020年9月3日(日本時間)に終了した北米最大規模のファンタステ …

新作映画ニュース

映画『プラネティスト』キャスト/公開日/上映館。窪塚洋介が息子の愛流と訪れた小笠原諸島のドキュメンタリーとは?

最後の楽園・小笠原諸島を撮影した豊田利晃監督の1372日の奇跡。 6500万年前に誕生した原始の地球の風景が残る、“世界自然遺産“最後の楽園・小笠原諸島。 (C)プラネティスト製作委員会 世界でも類い …

新作映画ニュース

アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!|声優トム・ヒドルストンのアテレコ映像解禁

アニメ映画『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』は、2018年7月6日(金)より、TOHOシネマズ上野ほか全国ロードショー! 『ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』シリーズのアードマン・ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP