Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/03
Update

映画『キリング・ガンサー』あらすじ。キャストの殺し屋のキャラクター紹介も。

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『キリング・ガンサー』は7月14日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7にてロードショー

主演のアーノルド・シュワルツェネッガー自ら製作総指揮に名乗り出た本作の彼の役柄は、伝説の世界最強の殺し屋ガンサー。

打倒シュワちゃんとばかりに、ガンサーの命を狙う精鋭の殺し屋たちのキャラクターポスターと、場面写真が解禁されました。

今回はキャラとともに特徴の見どころをご紹介!いったい勝つのは誰だ!?

スポンサーリンク

映画『キリング・ガンサー』の作品概要


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
WHY WE’RE KILLING GUNTHER

【製作総指揮】
アーノルド・シュワルツェネッガー

【脚本・監督】
タラン・キラム

【キャスト】
アーノルド・シュワルツェネッガー、タラン・キラム、コビー・スマルダーズ、ボビー・モナハン、ハンナ・シモーヌ

【作品概要】
アーノルド・シュワルツェネッガー主演による、世界最強の殺し屋と彼の命を狙う暗殺たちの死闘を描いたアクション映画。

『テッド2』『ミュータント・タートルズ』にも出演したコメディ俳優のタラン・キラムがブレイク役を演じ、そのほか監督・脚本・製作も兼ねています。

『アベンジャーズ』『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』などで知られるコビー・スマルダースも共演。

映画『キリング・ガンサー』のあらすじ


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

世界各国で幾多の暗殺を遂行しながらも、その正体は謎に包まれている伝説の殺し屋ガンサー。

新進気鋭であるヒットマンのブレイクは、そんなガンサーを殺害することで、世界最強の座を手にしよう企てます。

それは各国から個性的な凄腕の殺し屋たちを集めて、打倒ガンサーの特別チームを結成。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

さっそく、ガンサーの追跡を開始するが、そんな彼らをあざ笑うかのように、伝説の殺し屋ガンサーも猛反撃を開始します。

次々とチームの仲間が倒れいくなか、ブレイクはどうにかガンサーが潜むのアジトを突き止め潜入しますが…。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

スポンサーリンク

伝説の殺し屋ガンサーを演じるシュワルツェネッガー


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

2018年7月14日(土)より公開となる映画『キリング・ガンサー』

シュワルツェネッガー演じるガンサーを暗殺しようとする人物たちには、どのような特徴があるのでしょう。

その前に何と言っても最強の殺し屋ガンサーを演じるのは言わずと知れた、ハリウッドのスターのアーノルド・シュワルツェネッガー


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

シュワルツェネッガーといえば、近年は航空機事故で妻子を失い、事故の真相を追求すべく奔走する男を演じた『アフターマス』。

また、ウイルス感染により徐々に ゾンビ化していく最愛の娘を守るべく苦闘する父親を演じた『マギー』など、重くシリアスな作品への出演が続いていました。

しかし、本作『キリング・ガンサー』では、1994年の主演作品『トゥルーライズ』などを彷彿とさせるコミカルな演技と、大迫力のアクションを披露ています。

また70歳とは思えぬ鍛え上げられたボディで、伝説の殺し屋役に抜群の説得力をもたせている点に注目です。

解禁された暗殺者たちのポスターと彼らの特徴は


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

今回解禁されたキャラクターポスターには、
“伝説の殺し屋ガンサー”を殺すべく集結した精鋭たちの凛々しい姿が収められています。

“爆発物専門家”、“世界最恐の殺し屋の娘”、片腕が強靭なメカ腕の“破壊者”など個性派揃いの最強の暗殺チームの面々は必見!

また、各キャラクターの特徴も個性的ですよ!

ブレイク・ハモン(タラン・キラム)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

契約暗殺者。

ガンサーを暗殺してナンバー1になるべく、最恐の暗殺チームを結成する。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

ドナルド・ピズナウスキ(ボビー・モナハン)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

爆発物専門家。

かつて炭鉱の爆破担当であったが、同僚を事故に見せかけて殺害し、その後暗殺者の道に入る。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

サナ・フェローザ(ハンナ・シモーヌ)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

“悪夢”と呼ばれ恐れられる殺し屋の一人娘。

親の七光りではなく、実力を周囲に認めさ せるためガンザー暗殺チームへ加わる。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

イザット・ブハーリー(アミール・タライ)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

元過激派。

学生時代に爆発に巻き込まれて右腕を失い、 強靭なメカ腕を手に入れたことで”破壊者” と呼ばれる。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

バロルド・ベラカラコヴァ(ライアン・ゴール)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

双子の暗殺者。

双子の姉のミアとともに暗殺を生業とする が、任務遂行のためには 14,000 人を収容し た競技場を焼き払うことも厭わない。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

ミア・ベラカラコヴァ(アリソン・トルマン)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

双子の暗殺者。

双子の弟のバロルドとともに暗殺を生業とするが、任務遂行のためには 14,000 人を収 容した競技場を焼き払うことも厭わない。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

パク・ヨンチー(アーロン・ヨー)


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

毒物の専門家。

あらゆる毒物の知識に長けており、また毒蛇も自在に操る。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

このように、それぞれが個性豊かでありながら、伝説の殺し屋ガンサーを追い詰めてい殺し屋たちが集結しています。

シュワルツェネッガー演じるガンサーとどのようなバトルを繰り広げるのか?

最高にエキサイティングなアクション・エンターテイメントが期待できそうですね。


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

スポンサーリンク

まとめ


© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED © 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

本作の演出を務めたのは、人気コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』出身で、ヒット作品『テッド2』や『ミュータント・タートルズ』に出演したコメディ俳優タラン・キラム。

彼はガンサーを狙う暗殺者役を務めるほか、本作の監督、脚本も兼任しています。

また、最強の殺し屋ガンサーを演じるのは、映画ファンでなくとも、誰もがご存知のハリウッド俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー

70歳になってなお、精力的にアクションスターとして活躍するシュワちゃんは、映画ファンのあなたの元に「I’ll be back(アイル・ビー・バック)ですね

映画『キリング・ガンサー』7月14日(土)より 新宿バルト9、梅田ブルク7にてロードショー

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『はりぼて』劇場公開決定と上映館。腐敗した地方政治を富山のテレビ局がドキュメンタリーで暴く

虚飾を剥がせ!この映画こそ日本の縮図だ!! 富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にした4年間を描いたドキュメンタリー映画『はりぼて』。 この度、映画『はり …

新作映画ニュース

『アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画』公開日情報。遺作と未公開作品含め同時上映

フランス映画界を代表する女性監督アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画が公開決定! 2019年3月に90歳で亡くなったフランス映画界を代表する女性監督、アニエス・ヴァルダ監督の遺作『Varda …

新作映画ニュース

オゾン最新作『2重螺旋の恋人』web限定で映像解禁!監督が仕掛けた7つの罠とは

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 本作は、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案、4年 …

新作映画ニュース

動画で見る映画『滑走路』寄川歌太&大庭功睦監督インタビュー|ロケ撮影やオーディションのエピソードを語る

動画で見る【寄川歌太&大庭功睦 監督 インタビュー】映画『滑走路』は2020年11月20日(金)より全国順次公開! 精神不調に悩まされながらも短歌を詠み続け、32歳の若さで亡くなった歌人・萩原慎一郎の …

新作映画ニュース

映画『爆裂魔神少女バーストマシンガール』劇場公開日は11月22日!小林勇貴監督プロフィール紹介

レジェンド・オブ・カルト『片腕マシンガール』が 令和元年リブート。 『全員死刑』の新鋭監督・小林勇貴が新たに放つ、クレイジー・パンク・バイオレンス・アクション! たった一人の弟を殺された女子高生の壮絶 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学