Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『カウンセラー』ユーロスペース公開日が2022年3月19日に正式決定!想像絶する“不穏”が伝わる新場面写真も解禁

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

42分間、究極の短編怪奇心理サスペンス。
映画『カウンセラー』は2022年3月19日(土)よりユーロスペース渋谷にて2週間レイトショー上映!

2021年10月・下北沢トリウッドでの封切り後の同館アンコール上映をはじめ、2022年も岡山メルパ・名古屋シネマテーク・神戸資料館といった全国劇場にて上映が拡大されるなど、異例の反響を呼び続けている短編映画『カウンセラー』

突如現れた相談者の話を聞くことになった心理カウンセラーが、想像を絶する奇妙な不安感に飲み込まれてゆく様を描いた本作は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて、短編初のSKIPシティアワード受賞という快挙を達成しました。

映画監督の清水崇や入江悠、小説家の乙一など多数の映画人からも高い評価を得ている映画『カウンセラー』。

このたび、2022年3月下旬にてスケジュール調整が行われていた本作のユーロスペース渋谷での上映が、ついに3月19日(土)からの2週間レイトショーと正式に決定。

その正式決定を記念して、新たな場面写真なども解禁されました。

スポンサーリンク

映画『カウンセラー』のユーロスペース上映開始日が正式決定!


(C)DrunkenBird 2020

映画『カウンセラー』とは?

『あれから』『SHARING』脚本、『おもちゃを解放する』『RIP』監督を手がけ、2019東京フィルメックス新人監督賞・準グランプリ受賞経験を持つ酒井善三監督による短編映画『カウンセラー』

突如現れた相談者の話を聞くことになった心理カウンセラーが、想像を絶する奇妙な不安感に飲み込まれてゆく様を描いた本作は、製作開始前の段階からシナリオをネット上で公開した上で役者の募集/クラウドファンディングでの資金募集を実施し、約110万円の資金で製作されました。

主演を務めるのは、繊細な演技で観客に不安を伝播させる鈴木睦海(『やす焦がし』)と、鬼気せまる怪演で新しい人物像を体現した西山真来(『夏の娘たち~ひめごと』)です。


(C)DrunkenBird 2020

2022年3月19日より2週間レイトショー上映!

酒井善三監督


(C)DrunkenBird 2020

本作はSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて、短編映画では初のSKIPシティアワード受賞という快挙を達成。

さらに2021年10月の下北沢トリウッドでの2週間上映ではその好評からアンコール上映が行われ、全国劇場での公開も順次決定されるなど短編自主映画としては異例の反響を呼んでいます。


(C)DrunkenBird 2020

そして、2022年3月下旬にてスケジュール調整が行われていたユーロスペース渋谷での上映が、このたびついに3月19日(土)からの2週間レイトショー上映と正式に決定

映画監督の清水崇や入江悠、小説家の乙一など多数の映画人からも高い評価を得ている映画『カウンセラー』の勢いは止むことなく、今まさに注目すべきカルト的話題作といえます。

新たな場面写真も解禁


(C)DrunkenBird 2020

そしてユーロスペースでの上映開始日の正式決定を記念し、上記の酒井善三監督のアーティスト写真にくわえて映画『カウンセラー』の新たな場面写真も解禁

今回追加された場面写真は、42分間を通じて主人公の真美同様に観る者を巻き込んでゆく、本作に漂う奇妙な不安感と恐怖がより伝わるものとなっています。


(C)DrunkenBird 2020

主演:鈴木睦海さん&西山真来さんインタビュー記事が公開中!


(C)DrunkenBird 2020

Cinemarcheでは、映画『カウンセラー』にて主演を務めた倉田真美役の鈴木睦海さんと吉高アケミ役の西山真来さんのインタビュー記事が公開中です。

W主演として緊迫感のあるやりとりを2人で演じられた感想、それぞれの役作りや酒井監督の演出について語ってくださいました。

スポンサーリンク

映画『カウンセラー』の作品情報


(C)DrunkenBird 2020

【公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
酒井善三

【製作】
百々保之

【キャスト】
鈴木睦海、西山真来、田中陸、松本高士、平仁、亀田梨紗、蒲池貴範

【作品概要】
『あれから』(2012)『SHARING』(2014)の脚本、『おもちゃを解放する』(2012)『RIP』(2018)などの監督を手がけた酒井善三による短編心理サスペンス映画。

主演を務めたのは『やす焦がし』(2016)『RIP』(2018)の鈴木睦海、そして『夏の娘たち~ひめごと』(2017)『乃梨子の場合』(2015)の西山真来。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021・SKIPシティアワードを受賞した本作は、2021年10月31日に下北沢トリウッドで封切りされるも、好評により同館でのアンコール上映が決定。その後も岡山メルパ・名古屋シネマテーク・神戸資料館などの全国劇場にて上映が拡大され、3月にはユーロスペース東京にて2週間レイトショー上映が決定しました。

映画『カウンセラー』のあらすじ


(C)DrunkenBird 2020

ある心理相談室に勤める心理カウンセラー・倉田真美は、妊娠6ヶ月目で産休前最後の出勤日を迎えていました。

予定していた最後の相談者を見送った後、一人の女性・吉高アケミが予約なしでやって来ます。やむなく「相談内容だけでもお聞きしましょうか」と伝えた倉田に、アケミは「……妖怪が見えるんです」と語り始めます。

謎めいた彼女の口から語られる暗い過去の物語が、奇妙なことに倉田を妄想に駆り立てゆき、不安の渦に堕としてゆきます……。

まとめ


(C)DrunkenBird 2020

ついに、ユーロスペース渋谷での2022年3月19日(土)からの2週間レイトショー上映が正式に決定された映画『カウンセラー』。

昨年2021年10月の下北沢トリウッドでの封切り以降、着々と全国劇場にて順次公開。とうとうユーロスペース渋谷にて東京での新たな劇場公開が決定されるという、自主短編映画としては異例の反響を呼んでいます。

映画が描き出す息が詰まるほどの不安感と空気感に、病みつきになってしまう方が続出しているという本作。『カウンセラー』がもたらす波紋がどこまで届くのか、まさに見逃してはならない
最注目の作品といえます。

映画『カウンセラー』はユーロスペース渋谷にて、2022年3月19日(土)より2週間レイトショー上映!




関連記事

新作映画ニュース

映画特集上映『ワールド・エクストリーム・シネマ2019』がヒューマントラスト渋谷にて10月25日から開催!

いよいよ今年で6周年。 ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演作から南米のモンスターパニックまで上映。 この度、「世界中のガツン!とくる映画集めました。」をテーマに東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて2 …

新作映画ニュース

映画『歌と羊と羊飼い』内容/キャスト/上映館。ゴスペルを歌う日本人を追ったドキュメンタリーが10月公開

映画『歌と羊と羊飼い』は2021年10月から東京・ユーロスペース他にて劇場公開。 黒人キリスト教会ルーツの宗教音楽「ゴスペル」を歌う日本人たち。 彼らはなぜ、ゴスペルを歌うのでしょうか。 ゴスペル音楽 …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストは永作博美と井浦新。近日公開の感動ミステリー!

“主要キャスト解禁” 日本映画史に新たに刻まれる傑作の布陣が明らかに! 実の子を授かることが叶わず、特別養子縁組により、男の子を家族に迎えた夫婦。中学生で妊娠し、断腸の思いで子どもを手放すことになった …

新作映画ニュース

【お知らせ】大阪アジアン映画祭2020の取材について、関係者各位のご提案・ご相談をお待ちしております。

第15回大阪アジアン映画祭は2020年3月6日〜15日に開催! 国内外から多くの映画監督やキャストが招待され、春の祭典として注目のアジア映画や、優れた日本映画を上映する「大阪アジアン映画祭」。2020 …

新作映画ニュース

映画『クローゼット(2020)』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話をもとに現代日本の孤独を描く人間ドラマ

ソーシャルディスタンス時代の今だからこそ。 孤独を抱え、SOSを出せない大人たちの必見ドラマ。 若い女性が歌舞伎町のビルで飛び降り自殺した実話をもとに、「日本駆け込み寺」や毎日聞記者等に綿密な取材を重 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学