Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/24
Update

Netflixで海外配給決定の映画『37セカンズ』特報予告編が解禁!ベルリン映画祭最高賞受賞作の見どころ紹介

  • Writer :
  • 石井夏子

第69回ベルリン国際映画祭観客賞・国際アートシアター連盟賞受賞作。
Netflixで海外配給も決定!!

2019年2月に開催されたベルリン国際映画祭のパノラマ部門の最高賞となる観客賞と国際アートシアター連盟(CICAE)賞の2冠を達成したHIKARI監督の初長編監督作品『37セカンズ』。

(C)37Seconds filmpartners

2020年2月より、新宿ピカデリーほか全国公開される本作の特報予告およびシーン写真5点が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『37セカンズ』の見どころ

(C)37Seconds filmpartners

映画『37セカンズ』は、ベルリン国際映画祭やトロント国際映画祭を始めとする世界各地の映画祭から招かれ、2019年東京国際映画祭のJapan Now部門にも選出。

10月に開催された第42回ミルバレー映画祭ワードシネマ部門マインド・ザ・ギャップにて観客賞を受賞、ストリーミング配信大手のNetflixでの海外配給も決定するなど、「日本映画を新しいステージへと昇華させた作品」と、すでに世界中の映画ファンから熱気をもって迎えられています。

監督は本作が長編デビュー作となるHIKARI。18歳から渡米して映画を学び、本作のセンセーショナルな登場とすでに海外各国からの高い評価を受け、ハリウッドから企画のオファーが何本も舞い込んでいます。

さらに主演は、身体に障がいを持つ女性たちを日本全国で一般公募し、約100名の応募者の中から監督に見出された佳山明

今回で演技初経験となる佳山明と、その周りを囲む、神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子ら豪華実力派俳優たちのリアリティ溢れる演技力も見逃せません。

映画『37セカンズ』の特報予告

特報予告では、「37秒 私が生まれた時に 息をしていなかった時間」というテロップとともに、佳山明が演じるヒロイン・ユマが映し出されます。

自身の不自由な身体のために「お風呂」や「外出」などの日常の些細な動作も常に母親と一緒に過ごさなければならず、大好きな漫画家の仕事も親友の“ゴーストライター”として身をひそめなければならないユマ。

自分の人生に対するもどかしさを感じさせるシーンのほか、人と出会うことで、止まっていた彼女の時間が自分の手によって再び動き出すことを予感させるような映像となっています。

スポンサーリンク

映画『37セカンズ』の作品情報

(C)37Seconds filmpartners

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原題】
37Seconds

【監督・脚本】
HIKARI

【キャスト】
佳山明、神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、熊篠慶彦、萩原みのり、芋生悠、渋川清彦、宇野祥平、奥野瑛太、石橋静河、尾美としのり、板谷由夏

映画『37セカンズ』のあらすじ

生まれた時にたった37秒間呼吸が止まっていたことが原因で、手足が自由に動かない脳性麻痺となった主人公・貴田ユマ(佳山明)。

親友の漫画家のゴーストライターとして働いて自分の作品として出せないことへの寂しさや歯がゆさ、そしてシングルマザーでユマに対して過保護になってしまう母・恭子(神野三鈴)との生活に息苦しさを感じていました。

自分にハンディ・キャップがあることをつきつけられ、それでも23歳の女性として望んでいいことだってあるはず。そんな思いの狭間で揺れる日々を送っています。

そんな時、ある出来事をきっかけに、ユマの人生は大きく変わり、自らの力で『新しい世界』を切り開いていくことになり…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:『37セカンズ』の公式ツイッター

本作は、自己表現を模索しようともがく中で、様々な人たちと出会い、思いもよらない展開でドラマティックにひとりの女性の成長を描いた物語です。

世界で注目され称賛の声を浴びている『37セカンズ』に期待が高まりますね。

映画『37セカンズ』は2020年2月、新宿ピカデリーほか全国順次ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

【4DX上映館情報】ガールズ&パンツァー第63回戦車道全国高校生大会 総集編の期待値MAX!

⾞体が跳ねる、⼭岳戦!ドリフト全開、雪上戦!戦⾞がぶつかり合う市街戦!超重戦⾞「マウス」の破壊⼒! 『ガールズ&パンツァー 劇場版』で⼤ヒットした4DX上映、今度はTVシリーズ&O …

新作映画ニュース

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』あらすじとキャスト。公開される劇場情報

2018年カンヌ国際映画祭批評家週間「GAN基金賞」受賞作 カンヌが注目するインドの女性監督ロヘナ・ゲラ長編デビュー作『SIR』が、日本公開用に『あなたの名前を呼べたなら』と題名を改め、2019年8月 …

新作映画ニュース

映画『ジュリアン』キャストの天才子役トーマス・ジオリアの評価と演技力あふれる場面画像を解禁

映画『ジュリアン』は2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開。 親子の在り方を問い、本国フランスで40万人動員のロングランヒットを記録した本作。 離婚し …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの特殊清掃員・土屋役は坂口涼太郎【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

【映画ダーク・フェニックス】X-MEN DAY開催レポートとソフィー・ターナーのコメント映像紹介!

長年のファンからも大反響! ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation 2019年6月21日(金)に全国ロードショーされる映画『X-MEN:ダーク・フェニ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP