Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/20
Update

東出昌大最新情報!映画『草の響き』あらすじ/キャスト。佐藤泰志の小説を原作に函館を走る男を演じる

  • Writer :
  • 石井夏子

函館出身の作家・佐藤泰志没後30年。

夭折の小説家、佐藤泰志。『オーバー・フェンス』『きみの鳥はうたえる』に続き、佐藤泰志が執筆した小説『草の響き』が映画化され、2021年秋に公開されます。

(C) HAKODATE CINEMA IRIS

佐藤泰志原作、斎藤久志監督『草の響き』の主演は、いま活躍目覚ましい東出昌大に決定。東出昌大の主演は、実に3年ぶりとなります。

つきましてはこの度、東出昌大からのコメントもご紹介します。

スポンサーリンク

映画『草の響き』について

夭折の小説家、佐藤泰志による小説の映画化は、函館の映画館シネマアイリス代表・菅原和博によるプロデュースのもと、2010年の『海炭市叙景』(熊切和嘉監督)よりスタート。

以降2014年『そこのみにて光輝く』(呉美保監督)、2016年『オーバー・フェンス』(山下敦弘監督)、2018年『きみの鳥はうたえる』(三宅唱監督)と、常に高評価を与える作品を産み出してきました。

今回の『草の響き』は、1982年に発表された 佐藤泰志の本格的な文壇デビュー作です。

2020年が佐藤泰志の没後30年に当たることから、その記念作品として製作。

昨年2020年の11月よりクランクインし、この程、作品が完成しました。

監督は、1985年PFFに入選後、長谷川和彦監督に師事し、1997年『フレンチドレッシング』でデビューした斎藤久志

2013年『なにもこわいことはない』が第26回東京国際映画祭[日本映画スプラッシュ部門]に出品。以降、荒井晴彦企画『空の瞳とカタツムリ』(2009)を監督するなど、寡作ながら常に質の高い映画作品を産み出してきました。

主演を務めるのは近年、『スパイの妻〈劇場版〉』(2020)、『BLUE/ブルー』(2021)等で印象的な役柄をこなす東出昌大。

寝ても覚めても』(2018)以来、実に3年ぶりとなる待望の主演作となります。

東出が演じる役柄は、精神に失調をきたし、ふるさとである函館に妻と戻った男。彼は、精神の治療のために函館の街を走り続けます。

東出を主演に抜擢した経緯として「若かりし頃の佐藤泰志の分身のような男が、函館の街を一人黙々と走る。そのイメージを考えた時に、東出昌大さん以外に思いつかなかった」と、菅原プロデューサーは語りました。

主演・東出昌大からのコメント

心を病んだ男がそれでも毎日走る理由は、きっと「良くなりたい」からだと思います。
そして「良い」とは何なのか。羽毛のように柔らかい函館の西陽を受けながら、皆で作った映画です。楽しみに待っていてください。―東出昌大

スポンサーリンク

映画『草の響き』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
佐藤泰志『草の響き』

【監督】
斎藤久志

【キャスト】
東出昌大

映画『草の響き』のあらすじ

精神に失調をきたし、ふるさとである函館に妻と戻った男・工藤和雄。

働くことが出来ない彼は、精神科に通いながら、晴れの日も雨の日も精神の治療のために函館の街を走り続けます。

そんな彼が、路上で出会った若者と心を通わすようになっていくことで何かが変わり始めて…。

スポンサーリンク

まとめ

函館に広がる風景を舞台に、風変りでストイックな役どころをどのように東出が演じるのか、興味は尽きませんね。

是非、続報を楽しみにお待ち下さい。

東出昌大主演映画『草の響き』は2021年秋、全国ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

アジア映画の注目キャストや監督(韓国/香港/台湾など)が来日して舞台挨拶!大阪アジアン映画祭2020ゲスト情報

第15回大阪アジアン映画祭のゲスト情報。 2020年3月6日(金)から15日(日)に開催される第15回大阪アジアン映画祭。 本映画には、2月25日現在、上映作品全58作中、46作品のゲストが来場の予定 …

新作映画ニュース

映画監督タル・ベーラの『サタンタンゴ』あらすじ。伝説の7時間18分が4Kデジタル・レストア版で初劇場公開!

映画『サタンタンゴ』は、2019年9月より、シアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町にて伝説のロードショー! 2011年公開の映画『ニーチェの馬』を最後に、56歳という若さで映画監 …

新作映画ニュース

映画『ガルヴェストン』あらすじとキャスト。上映公開される劇場情報も【エル・ファニング&ベン・フォスター共演】

アメリカでエドガー賞を主宰している探偵作家クラブの処女長編賞候補にも挙がった犯罪小説『GALVESTONE(原題)』の映画化。 日本公開に向けて邦題を『ガルヴェストン』にあらためて、2019年に新宿シ …

新作映画ニュース

映画『ムカデ人間』同時再生祭が4月28日に開催!話題のシリーズのブルーレイセット発売を記念して

『ムカデ人間 完全連結ブルーレイお買い得セット』発売決定記念 こんな時こそ、つ・な・が・ろ・う。『ムカデ人間』同時再生祭、開催決定。 2011年公開の第1作を皮切りに、2015年の第3作まで驚異の大ヒ …

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/8/17より公開】

今週8月17日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩み …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学