Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

俳優TAKAHIROが演技力で魅せる映画『僕に、会いたかった』本編映像解禁。親子の葛藤を寡黙に体現!

  • Writer :
  • 石井夏子

TAKAHIROが俳優として新境地!
寡黙な演技で魅せる記憶喪失の苦悩と葛藤とは。

(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

日本の音楽シーンをリードするダンス&ヴォーカルグループ「EXILE」のヴォーカルとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが、満を持して長編映画で初めて単独主演した感動作『僕に、会いたかった』が、2019年5月10日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーとなります。

記憶を失くした漁師・徹を演じるTAKAHIROのほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生ら今が旬の若手俳優たちが出演し、松坂慶子、小市慢太郎ら実力派のベテランが物語を支えます。

島根県隠岐島の壮大な自然を舞台に、家族との「今」を大切にしたくなる、絆と再生を描いた感動の人間ドラマに仕上がった本作の本編映像が解禁されました。

TAKAHIROの演技が光る本編映像、お楽しみください。

スポンサーリンク

映画『僕に、会いたかった』本編映像

本作では、これまでの華やかなイメージを覆し、12年前に起こった事故がきっかけで記憶を失くした漁師という難役に挑んだTAKAHIRO。

劇中で映し出される無精髭を蓄えた寡黙な姿は、TAKAHIRO自身「髭は、変装のためにプライベートでたまに生やすくらい」とコメントするほど貴重な姿。

そんな容姿もさることながら、映画を観た人の多くを驚かせるのは、俳優として新境地を切り開いたその演技です。

今回解禁されたのは、記憶喪失であることを思い悩み、葛藤するTAKAHIRO演じる徹と松坂慶子演じる母との会話が繰り広げられる重要なシーン

漁師であった父との懐かしい思い出を語る母に対し、何も思い出せない徹の切なさ、悲しさ、悔しさといった様々な感情を少ないセリフで見事に表現してみせました。

TAKAHIROの本作へのコメント

(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

長編映画初単独主演でこの難しい役どころに挑戦したTAKAHIROは、演じる上で難しかったことについて、以下のように明かしています。

「寡黙な役で、ほぼセリフがなかったことでしょうか。悲壮感溢れる人物像や面白い性格の人物像といったわかりやすい役だと、その中で浮き沈みを表現しやすいのですが、記憶喪失の方は、これは僕のなかの勝手な想像ですけれど、恐らくずっと無の感情なのではないかと思っています。そこに少し哀愁を醸し出すためにはどういった努力が必要で、どうすればたどり着けるのか…そこがいちばん難しかったです」

無の感情に哀愁を漂わせるために、俳優として考え続けながら演じたというTAKAHIRO。

その努力が結実した本作に期待が高まりますね。

(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

また、NHK連続テレビ小説「まんぷく」でヒロイン・安藤サクラの母親役も話題になった名女優、松坂慶子との共演についてはこう振り返ります。

「幼い頃からずっと映画やテレビで拝見していたので、キャスティングを聞いた時は緊張しました。実際にお会いすると、本当に思い描いていたイメージのまま、すごく温かい方でした。『僕は経験不足なので、足を張ってしまうかと思いますがよろしくお願いします』と言ったら、「楽しくやりましょう」とおっしゃってくださって。松坂さんとのシーンは松坂さんに全て引っ張って頂きました。短期間ではあったのですが、松坂さんの息子になれたことは光栄でしたし、カメラが回っていない時でも、お母さんのようにいろんなことを教えてくださいました。」

松坂慶子演じる母の温かさ、優しさは本作を支える大きな要になっており、TAKAHIROが本当の息子のように彼女を信頼していることが伝わってきますね。

スポンサーリンク

映画『僕に、会いたかった』の作品情報


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
錦織良成

【キャスト】
TAKAHIRO、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、浦上晟周、小野花梨、宮本裕子、吉野由志子、川村紗也、斉藤陽一郎、清水宏、山下容莉枝、秋山真太郎、黒川芽以、小市慢太郎、松坂慶子

【作品概要】
「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが満を持して、映画で初めて単独主演。

ドラマを支えるのは、NHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演の松坂慶子、“カメレオン俳優”と呼ばれる名バイプレーヤーの小市慢太郎らベテラン実力派です。

そしてテレビドラマ『コウノドリ』(2015)映画『相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(2017)の山口まゆ、『ソロモンの偽証』(2015)で準主役を務めたボーカルダンスユニット「M!LK」の板垣瑞生ほか、柴田杏花、浦上晟周、小野花梨など次世代を担う若手が脇を固めます。

何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センスに定評がある錦織良成監督が描き出す、家族の絆と再生を描いた感動の人間ドラマ。

映画『僕に、会いたかった』のあらすじ


(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。

本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?島の愛は、人の心を救えるんだろうか?

その裏側には家族の、温かくも切ない秘密がありました。

漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進めません。

そんな男を、島の人々の優しさが包み込みます。

雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるんでしょうか?

そして事故の真相を知った時、男は…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

俳優TAKAHIROの熱演と共に紡がれる、家族の絆と再生を描いた感動の人間ドラマがいよいよ公開を迎えます。

解禁された本編映像では、松坂慶子とTAKAHIROが演じる親子の重要なシーンがご覧いただけます。

記憶を失ったが故に、母を母と思えない葛藤を抱いた息子の役を、TAKAHIROは少ないセリフの中で体現

また、そんな彼のことを、愛情深く支える母の大きさにも胸打たれます。

家族の絆と再生を描いた感動の映画『僕に、会いたかった』は2019年5月10日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

お見逃しなく。

関連記事

新作映画ニュース

劇場版『パラレルスクールDAYS』高橋ひかる&甲斐翔真ら舞台挨拶に登壇。完成披露試写会リポート

さらなる盛り上がりを目指して、登壇者全員が意気込み © SoftBank Corp. All rights reserved. YouTubeで配信中の人気ドラマを映画化、深い味わいを見せる純粋なラブ …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのキッド役は本郷奏多(かなた)。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』あらすじとキャスト。モノクロ映像で描き出した美しいラブストーリー

ポーランドの映画監督パヴェウ・パヴリコフスキ監督の最新作『COLD WAR あの歌、2つの心』は6月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。 ポー …

新作映画ニュース

ゴダール映画『イメージの本』公開記念。『さらば、愛の言葉よ』3D上映がシネスイッチ銀座にて決定

『さらば、愛の言葉よ<3D>』アンコール上映 2019年4月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショーされるジャン=リュック・ゴダール監督最新作『イメージの本』。 その公開を記念し、4月13 …

新作映画ニュース

オゾン映画『2重螺旋の恋人』クロエとルイの虚実の診察室シーン本編映像解禁!

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 本作は、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案、4年 …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP

Today's Ranking