Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/04
Update

映画『今宵、212号室で』あらすじ/キャスト/公開日。マストロヤンニがカンヌで最優秀演技賞を受賞のラブ・ストーリー!

  • Writer :
  • 石井夏子

クリストフ・オノレ監督が描くフレンチラブストーリー。

第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀演技賞(キアラ・マストロヤンニ)を受賞したフランス映画「Chambre 212(英語題:On a Magical Night)」。

(C)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema

邦題が『今宵、212号室で』に決定し、2020年6月19日(金)よりBunkamuraル・シネマ、シネマカリテほか全国にて順次公開することが決定しました。

また、場面写真も同時に解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『今宵、212号室で』について

本作は、シャンソンの名曲にのせて、パリのホテルを舞台に繰り広げられるマジカルな一夜の物語。

結婚20年を迎えた夫婦の危機から始まる、大人のためのラブストーリーです。

主人公マリアを演じたのは、マルチェロ・マストロヤンニを父に、カトリーヌ・ドヌーヴを母にもつキアラ・マストロヤンニ

コケティッシュな魅力たっぷりにマリアを熱演した彼女は、本作で第72回カンヌ国際映画祭の、ある視点部門最優秀演技賞を受賞しました。

若き日の夫リシャール役に、『アマンダと僕』で注目を集めたヴァンサン・ラコストが扮し、夫役は、フランス・ポップス界の名プロデューサーであり人気ミュージシャンのバンジャマン・ビオレが務めます。

私生活ではキアラ・マストロヤンニの元夫であるビオレとの「元夫婦による夫婦役」が大きな話題を集めています。

クリストフ・オノレ監督のプロフィール

参考:クリストフ・オノレ監督のTwitter

本作で監督と脚本を務めたクリストフ・オノレ(Christophe Honoré)は1970年4月10日生まれのフランス出身の映画監督、作家、演出家です。

レンヌ第二大学にて文学を、レンヌの映画学校で映画を学びました。

1995年パリへ居を移し、児童文学としての処女作『Tout contre Léo』を出版。当時はタブーとされたエイズ、ホモセクシュアルをテーマにしました。

2004年、ジョルジュ・バタイユの小説を映画化した『ジョルジュ・バタイユ ママン』が公開。主役にイザベル・ユペール、ルイ・ガレルを配し、ヨーロッパで12万5千人、フランス国内では9千人の観客を動員しました。

2006年公開の長編映画三作目の『パリの中で』(Dans Paris)は、同年のカンヌ映画祭・監督週間で上映され、大きな反響を呼びます。

この成功をもとに翌2007年公開の『愛のうた、パリ』を製作。作品自体への賞賛とともに、フランス国内外にオノレ監督の名が知られることとなりました。

2011年に公開された『愛のあしあと』(Les Bien-aimés)は、その年のカンヌ映画祭クロージング作品に選出

映画制作の他にも、演劇の演出やオペラ演出も手掛けています。

スポンサーリンク

映画『今宵、212号室で』の作品情報

【日本公開】
2020年(フランス・ルクセンブルク・ベルギー合作映画)

【原題】
Chambre 212(英語題:On a Magical Night)

【監督・脚本】
クリストフ・オノレ

【キャスト】
キアラ・マストロヤンニ、ヴァンサン・ラコスト、カミーユ・コッタン、バンジャマン・ビオレ、キャロル・ブーケ

映画『今宵、212号室で』のあらすじ

本作の主人公マリアは、付き合って25年、結婚して20年になる夫リシャールと二人暮らし。

ある日、密かに重ねていた浮気がリシャールにばれてしまい、怒った彼と距離を置くため、マリアは一晩だけアパルトマンの真向かいにあるホテルの212号室へ。

窓越しにリシャールの様子を眺めるマリアのもとに20年前の姿をしたリシャールが現れ、さらには元カレたちも次々と登場し、愛の魔法にかかった不思議な一夜が幕を開けます。

もしもあの時、あの恋が成就していたら…。

かつての恋の思い出が脳内を走馬灯のように駆けぬけたあと、マリアが見つけた真実とは?

スポンサーリンク

まとめ

参考:バンジャマン・ビオレのFacebook

シャルル・アズナブールをはじめとするシャンソンの名曲にのせてパリのホテルで繰り広げられる、大人のための軽妙洒脱なラブ・ストーリーが誕生しました。

実際に元夫婦である、キアラ・マストロヤンニとバンジャマン・ビオレの夫婦役も必見です。

映画『今宵、212号室で』は2020年6月19日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、シネマカリテほか全国にて順次公開です。




関連記事

新作映画ニュース

4DX上映劇場情報『ボヘミアン・ラプソディ』と『刀剣乱舞 ~結びの響、始まりの音~』

伝説のバンド『クイーン』その意気様が世界を変えた感動の物語を描く映画『ボヘミアン・ラプソディ』4DX。 そして全世界初となる2.5次元ミュージカルの4DX化という、圧巻の新次元コラボが実現したミュージ …

新作映画ニュース

映画『香港画』公開日/上映館。民主化デモを捉えた短編ドキュメンタリーが劇場公開決定!

香港デモの渦中に飛び込み、 生々しくも洗練された撮影と構成によって凝縮された28分間のリアル。 激しさを増していく香港民主化デモに飛び込み、若者たちの姿を克明に記録した日本人がいました。 この度、20 …

新作映画ニュース

映画『ソン・ランの響き』あらすじとキャスト。公開日は2月22日のベトナム産ボーイ・ミーツ・ボーイ作品とは

出会うはずの無かったふたり 孤独な魂が触れ合う運命の3日間。 第31回東京国際映画祭ジェムストーン賞(新人俳優賞)、ベトナム映画協会最優秀作品賞、サンディエゴ・アジアン映画祭観客賞をはじめ、国内外で3 …

新作映画ニュース

映画『さんかく窓の外側は夜』あらすじ/キャスト/公開日。志尊淳×岡田将生で実写化のミステリー!

ヤマシタトモコの同名コミックを実写映画化。 「霊が視える男」と「霊を祓える男」の心霊探偵バディの活躍を描いた、ヤマシタトモコ作の人気コミック『さんかく窓の外側は夜』。 岡田将生と志尊淳のダブル主演で実 …

新作映画ニュース

映画『空母いぶき』キャストに本田翼、斉藤由貴、中井貴一、深川麻衣。オリジナルキャラで出演!

「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじ氏による累計400万部突破のベストセラーコミックを映画化。 西島秀俊、佐々木蔵之介、高島政宏、玉木宏、藤竜也、佐藤浩市といった日本映画界を牽引する超重厚キャス …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学