Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/03
Update

『スウィンダラーズ』ヒョンビン最新作の画像追加解禁!セクシーな詐欺師とは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

韓国映画『スウィンダラーズ』7月7日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

ヒョンビン主演で記念すべき映画出演10本目となる『スウィンダラーズ』。

詐欺師だけをダマすという詐欺師5人と、エリート検事の攻防を描いた本作のなかから、ヒョンビンの多彩な表情と、セクシーにスーツを着こなす姿など、未公開場面の画像が新たに追加解禁されました!

スポンサーリンク

映画『スウィンダラーズ』の作品情報


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
꾼(英題:The Swindlers)

【脚本・監督】
チャン・チャンウォン

【キャスト】
ヒョンビン、ユ・ジテ、ペ・ソンウ、パク・ソンウン、アン・セハ、ナナ

【作品概要】
韓国で実際に起きたマルチ商法詐欺事件をモチーフに、『コンフィデンシャル 共助』などで知られるヒョンビンが巧妙な詐欺師を演じたクライムサスペンス映画。

ヒョンビンが主人公の知的詐欺師のジソンを務め、共演は『オールド・ボーイ』のユ・ジテ、『ベテラン』のペ・ソンウ、『新しき世界』のパク・ソンウンたち人気俳優が固めます。

映画『スウィンダラーズ』のあらすじ


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

1度目はダマすほうが、2度目はダマされたほうが悪い!?

韓国を騒がせた希代の詐欺師チャン・ドゥチルが死亡したという、テレビニュースが放映されます。

しかし、ドゥチルはどこかで今だに生きているという噂とともに、彼を保護した権力者たちによって、意図的に逃がしたという臆測までもが出回り始めるます。

詐欺師だけをダマす詐欺師ジソンは、自身の父親の命を殺めたチャン・ドゥチルはまだ生きていると確信を持ち、事件の担当検事パク・ヒスに、ドゥチルを捕まえようと提案を持ちかけます。

パク検事の署内で非公認の捜査ルートである詐欺師3人組コ・ソクトン、チュンジャ、キム課長を合流させ、行方をくらましたチャン・ドゥチルの右腕クァク・スンゴンに接近するため、新しい作戦を実行します。

しかし、パク検事はチャン・ドゥチル検挙ではなく、別の目的のために密かに違う作戦を企てています。

それに気づいたジソンと他の詐欺師たちも互いにダマされないため、それぞれの計画を立て始めるが…。

スポンサーリンク

ヒョンビンの新たな画像解禁!


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

35歳となり俳優として一番脂が乗ったヒョンビンの記念すべき映画出演作10作目となる『スウィンダラーズ』。

彼の出演した前作『コンフィデンシャル/共助』では、妻を殺された過去を持つ北朝鮮のエリート刑事役を無表情で演じきり、クールでカッコいいとファンの間でも評判になりました。

本作品『スウィンダラーズ』では、初の詐欺師役として多彩な表情と、したたかでセクシーなヒョンビンが、あなたを魅了すること間違いなしです。

ヒョンビンは映画出演作を選ぶ第一のポイントは「違い」であると述べています。

ジャンルや設定が同様な作品であっても、キャラクターやテーマ、また表現などで“自らの違う部分を見せられる作品”を選択してきたそうです。

常に新しい変化に臨むチャレンジ精神こそが、ヒョンビンの俳優魂と言えますね。

そういう意味で本作は、俳優デビュー以来、彼の最もユニークな変身が見られる作品ではないでしょうか。

演出を務めたチャン・チャンウォン監督は、今回のキャスティングについてこのように述べています。

「よいキャスティングは、適役であることも重要だが、観客たちに気をもませたり期待させることも重要だ。そういう意味でヒョンビンのキャスティングは、大いに期待できるしハマリ役だ」

期待できるハマり役」としながら、ヒョンビンの新たな演技力の活写できたことに自信を見せています。

そんな初の詐欺師役を演じたヒョンビンの多彩な表情と、したたかにセクシーなスーツを着こなしている劇中の場面画像が公開されました。


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

新たに解禁されたヒョンビンの劇中の画像は全部で4点。

カジノオーナーに化けてターゲットのクァク・スンゴン(パク・ソンウン)を満面の笑みでアテンドする姿。


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

札束をバックに、してやったりといった表情で詐欺師らしい表情を浮かべる姿。


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

ダブルのスーツをバシッと決めてアタッシュケースを手に持ち真剣な表情で交渉中の姿。

そして、この章の冒頭で見せた、顔に傷を負い憂いを帯びた表情で窓の外を眺める姿です。

多彩な表情とセクシーなスーツ姿のファンのあなたなら必見の劇中画像になっています。

詐欺師の駆け引きと裏切りの連続に大どんでん返しが待ち受ける、愉快・痛快・爽快の犯罪アクション・エンターテイメントを、ぜひ、映画館でご堪能ください!

まとめ

本作品『スウィンダラーズ』は、ヒョンビンのほかにも、魅力的なキャストが多数出演しています。

共演する韓国の名バイプレイヤーのコ・ソクトンや、スタイル抜群な女優ナナも登場しています。

本作では、あなたもどこでダマされ、どうしてそうなったのか?

何度も繰り返して観たくなる愉快・痛快映画、それが『スウィンダラーズ』です。

チャン・チャンウォン監督の長編デビュー作の『スウィンダラーズ』、7月7日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー!

ヒョンビン演じる詐欺師ジソンにダマされる爽快感を、ぜひ、劇場で味わってください!

関連記事

新作映画ニュース

アイネクライネナハトムジークの原作者は伊坂幸太郎。書籍の小説評価とプロフィール紹介

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国で公開。 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎原作。 伊坂 …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャスト初主演の望月歩(あゆむ)のプロフィール。演技力を引き出した「ラブリー」解説も

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにてロードショー。 オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出 …

新作映画ニュース

Netflix映画『シカゴ7裁判』あらすじ/キャスト/劇場公開日/上映館。配信前に映画館で話題作を見る!

豪華実力派俳優陣競演。 本年度アカデミー賞に向けて注目集まる話題作。 Netflixにて2020年10月16日(金)から全世界独占配信される映画『シカゴ7裁判』。 この度、配信に先駆けて、映画『シカゴ …

新作映画ニュース

オンライン映画館STAY HOME MINI-THEATERがオープン!斎藤工の監督作などプレミア先行上映

オンライン映画館が4月29日(水・祝)〜5月1日 (金)プレオープン決定。 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を受けた外出自粛要請により、全国映画館の休館、映画祭のミニシアターをはじめ映画業界はじめ …

新作映画ニュース

映画『不倫ウイルス』の長谷川徹監督による『第1回映像演技ワークショップ』の開催決定!脚本家による読解力アップ講義と、監督視点からの演技レッスンを学ぶ

未来ある才能を発掘!『第1回映像演技ワークショップ』の初回講師に長谷川徹監督が立つ。 才能を秘めた映画監督、俳優を募る映像演技ワークショップ『脚本読解力アップ講義と実践的な演技レッスン』を2022年9 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学