Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/08
Update

芋生悠×祷キララ映画『左様なら』あらすじとキャスト。石橋夕帆監督がSNSの漫画を原作に映像化!

  • Writer :
  • 石井夏子

海辺の町を舞台に描かれる次世代の青春群像劇。

新進気鋭の女性監督・石橋夕帆が、イラストレーター・ごめんのTwitterで発表した初期作品を見事に映像化。

MOOSIC LAB2018長編部門にて初公開され、観客の圧倒的な支持を集めた話題の映画『左様なら』が、2019年9月6日(金)よりアップリンク吉祥寺にて公開決定しました。

公開に当たり、W主演の芋生悠(いもうはるか)、祷キララ(いのりきらら)、原作者のごめん、石橋夕帆(いしばしゆうほ)監督からコメントも到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『左様なら』について

©2018映画「左様なら」製作委員会

本作は、田辺・弁慶映画祭ほか多数の映画祭に入選してきた石橋夕帆監督が、WEB上でカリスマ的な人気を誇るイラストレーター・ごめんの短編漫画を、海辺の町を舞台にその繊細なタッチと儚く美しい映像で描きます。

クラスメイトが死んでも、いじめられてもなお、当たり前のように続いていく「日常」をリアルに映し出した次世代の青春ムービーです。

これまでも数々の新鋭気鋭の監督たちを輩出してきた音楽と映画の祭典MOOSIC LAB(ムージックラボ)の2018長編部門として制作され、出演者オーディションには約600人の応募があるなど、公開前から注目を集めていました。

主演は舞台『後家安とその妹』(2019)や大河ドラマ『いだてん』(2019)などに出演し注目が集まる若手女優・ 芋生悠と、12歳で初主演した映画『Dressing up』(2012)で絶賛されその後も『脱脱脱脱17』(2016)など話題作に多数出演の祷キララ

さらにGReeeeN 「恋」ミュージックビデオやAbemaTV『恋愛ドラマな恋がしたい3』、映画『21世紀の女の子』(2018)内の作品『reborn』などに出演し、舞台でも活躍中の平井亜門や、元メンズノンノの専属モデルでバンド・THE TOKYOのギタリストの顔も持つこだまたいち、MOOSIC LAB2018長編部門スペシャルメンション受賞の日高七海、ミスiD2018ファイナリストの夏目志乃、 『鈴木家の嘘』(2018)の白戸達也、 『イソップの思うツボ』(2019)の石川瑠華、舞台『テニスの王子様』3rd(2019)の大原海輝、劇団4ドル50セントの安部乙、『シスターフッド』(2019)の栗林藍希など人気若手俳優たちが出演

また、石橋監督と共に短編作品『いずれは消えてしまうすべてのものたちへ』(2017)『閃光』(2017)などを制作した人気フォトグラファー・柴崎まどかもスチルとして参加しています。

MOOSIC LAB(ムージック・ラボ)とは

©2018映画「左様なら」製作委員会

MOOSIC LAB(ムージック・ラボ)とは、2012年から始まった新進気鋭の映画監督とアーティストの掛け合わせによる映画制作企画を具現化する音楽×映画プロジェクトのこと。

企画段階から映画作家とミュージシャン、映画と音楽との化学反応を意識的に制作、それらをコンペ形式・対バン形式で上映する異色の映画祭です。

映画『左様なら』の作品情報


©2018映画「左様なら」製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【原作】
ごめん

【監督・脚本】
石橋夕帆

【キャスト】
芋生悠、祷キララ、平井亜門、こだまたいち、日高七海、夏目志乃、白戸達也、石川瑠華、大原海輝、加藤才紀子、武内おと、森タクト、近藤笑菜、安倍乙、栗林藍希、田辺歩、武田一馬、田中爽一郎、本田拓海、高橋あゆみ、日向夏、塩田倭聖、タカハシシンノスケ、籾木芳仁、小沢まゆ、石本径代、竹下かおり、黒住尚生、中川慶二、松本明人(真空ホロウ)、綾乃彩、鈴木達也、田中一平、斉藤天鼓、山崎カズユキ、佐藤一輝、藤澤佑貴、佐川尚央、岸悠華、日下部一郎、永野翔

【作品概要】
新進気鋭の若手監督を輩出し続ける音楽と映画の祭典MOOSIC LAB(ムージック・ラボ)の長編部門作品として制作された本作。

監督を務めるのは繊細なタッチで儚く美しい映像を紡ぐ女性監督・石橋夕帆です。

原作はTwitter・Instagramで若い世代から圧倒的な支持を得ているイラストレーター・ごめん。

主演に注目の若手女優・芋生悠と祷キララ。

出演に平井亜門、こだまたいち、日高七海、夏目志乃、白戸達也、石川瑠華といった豪華俳優陣を迎えます。

スポンサーリンク

映画『左様なら』のあらすじ


©2018映画「左様なら」製作委員会

高校生の由紀(芋生悠)は平穏な日々を過ごしていました。

ある日、中学からの同級生の綾(祷キララ)が、由紀に引越すと告げた翌日に、突然亡くなってしまいます。

綾の死をきっかけにクラスメイト達の人間関係にも思わぬ波紋が広がり、由紀は周囲から距離を置かれるようになりますが…。

映画『左様なら』劇場公開に寄せて

©2018映画「左様なら」製作委員会

本作公開に当たり、 W主演の芋生悠、祷キララ、原作者のごめん、石橋夕帆監督からコメントが到着しましたのでご紹介します。

岸本由紀役・芋生悠(いもうはるか)

参考:芋生悠のインスタグラム

芋生悠のコメント

公開が近づいていて、もうすぐ皆さまの元へ届くと思うとドキドキしています。石橋監督やスタッフさんキャストさん方が素晴らしく、沢山の財産を貰った作品です。
私と同い年くらいの生まれたての社会人、たった今学生の子達、青春ってなんだったっけって思っている大人達に見てほしいです。ぜひ劇場で。

芋生悠のプロフィール
芋生悠(いもうはるか)は1997年12月18日生まれ。熊本県出身。

廣賢一郎監督『あの群青の向こうへ』(2018)で門真国際映画祭2018最優秀主演女優賞を受賞

『ひとひら』(2018/吉田奈津美・町田梨華監督/是枝裕和監修)、『注射針をブルーシートで』(2019/小宮山みゆき監督)が沖縄国際映画祭で連続ノミネート

公開待機作には、ヒューストン国際映画祭他アメリカ映画祭で数々上映された『JKエレジー』(松上元太監督)、豊原功補プロデュース『ソワレ』(外山文治監督)、『浮かぶ』(吉田奈津美監督)、ベルリン国際映画祭でW受賞した『37Seconds』(HIKARI監督)など。

また2度目の舞台となった豊原功補演出・小泉今日子プロデュース『後家安とその妹』ではヒロイン役を演じました。

瀬戸綾役・祷キララ(いのりきらら)

参考:祷キララのツイッター

祷キララのコメント

学校が世界の中心だった頃に、見ていたものや考えていたことによって感じ方が様々に広がる作品だと思います。あの頃の世界の空気や音、匂いの中に、ご自身の胸の内で何かが小さく浮かんだり広がったりする瞬間を見つけていただけたら、幸いです。

祷キララのプロフィール
祷キララ(いのりきらら)は2000年3月30日生まれ、大阪府出身。

9歳で映画『堀川中立売』(2010/柴田剛監督)でデビュー。

『Dressing up』(2012/安川有果監督)『脱脱脱脱17』(2016/松本花奈監督)で複数の映画賞受賞しました。

出演待機作品として、映画『アイネクライネナハトムジーク』(今泉力哉監督)、『楽園』(瀬々敬久監督)、『やまぶき』(山崎樹一郎監督)の公開を控えています。

初写真集『はじめての三人』(斎藤工×TAKAMURADAISUKE×松本花奈撮影)発売中。

監督・石橋夕帆(いしばしゆうほ)

参考:石橋夕帆のツイッター

監督・石橋夕帆のコメント

自身が学生だった頃の事を思い返すと、教室の中には目に見えないルールがあって、誰かがハブかれていても傷ついていても黙認されるような空気があったように思います。しかしそれは決して特別な事ではなく、あの頃の私たちにとってただそこにある「日常」でした。そんな息苦しさを抱えながらも私にとってはあの時間が一番輝かしく、代え難い大切な時間だったのだと思います。『左様なら』ではあの時間を、あの空気を、教室ごと描こうと思いました。置き去りにしたままだった想いを掬い上げるようにこの作品と出会って頂けましたら幸いです。

監督・石橋夕帆のプロフィール
監督の石橋夕帆(いしばしゆうほ)は1990年、神奈川県生まれ

2015年、監督作品『ぼくらのさいご』が田辺・弁慶映画祭コンペティション部門に選出され映画.com賞を受賞、横濱HAPPY MUS!C 映画祭で音楽映像部門最優秀賞を受賞。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、福岡インディペンデント映画祭など国内複数の映画祭に入選・上映されました。

2016年、テアトル新宿・シネリーブル梅田で開催された田辺・弁慶映画祭セレクションで監督作品の特集上映が開催。

2017年、監督作品『水面は遥か遠く』がショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017ミュージックショート部門にて奨励賞を受賞しました。

2018年、MOOSIC LAB 2018長編部門作品として『左様なら』を監督し、大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門にノミネート

原作者・ごめん

参考:ごめんのツイッター

原作者・ごめんのコメント

あの頃、3年間という短い月日の中で、私たちは確かに永遠を感じていました。友達、好きな人、先生、家族、そして自分。目には見えない狭い箱の中で、誰かの顔色を伺いながら、上手に、不器用に、ぐるぐると日々を繰り返していくその一人ひとりを、この映画は決して馬鹿にしない。だからこそ残酷で、美しくて、優しいのだと思います。その中で誰かがいなくなってしまうことも、きっと日常のほんの一部に過ぎないけれど、その一瞬、何かが少しでも変わる一瞬を、どうか劇場で見届けてください。

原作者・ごめんのプロフィール
原作者・ごめんはイラストレーター、漫画家

SNSを主軸に、生活とさびしさをテーマにイラストや漫画を描いています。

CDジャケットやweb漫画連載、書籍装画、MV脚本など、多岐にわたり活動中

2019年2月、初の個展「エンドロール」を開催しました。

スポンサーリンク

まとめ

©2018映画「左様なら」製作委員会

注目の若手女優・芋生悠と祷キララがダブル主演し、気鋭の監督石橋夕帆が初長編作として手掛けた本作。

原作は、若い世代から高い支持を得ているイラストレーター・ごめんが、Twitterで発表した初期の同名漫画。

石橋監督は、短編作品である原作の登場人物を大幅に増やし、オリジナル脚本として書き上げました。

クラスメイトが亡くなっても、いじめられても、当たり前のように続いていく「日常」を、次世代の青春群像劇として新たな切り口で描きます。

映画『左様なら』は2019年9月6日(金)より、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開です。

ご期待下さい。

関連記事

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/8/17より公開】

今週8月17日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩み …

新作映画ニュース

映画『アイヌモシㇼ』あらすじ/公開日/予告動画。福永壮志が北海道を舞台に少年の成長を描く!

トライベッカ映画祭国際コンペティション部門 審査員特別賞 少年・カントの心の機微が丁寧に描かれた予告編がついに解禁。 トライベッカ映画祭の国際コンペティション部門にて長編日本映画史上初の審査員特別賞を …

新作映画ニュース

映画『色の街』あらすじ。現役大学生のキャスト黒澤優介と監督森平周が紡ぐ青春ショートムービー

学生のエネルギーが映画界に新風を起こす! 2019年11月に公開予定の映画『色の街』は、早大劇団『てあとろ50′』出身の黒澤優介主演、森平周初監督作品。 早大演劇倶楽部出身の俳優・小手伸也が、物語のカ …

新作映画ニュース

新海誠新作『天気の子』あらすじと主題歌。RADWIMPSの映画音楽が作品と調和する

映画『天気の子』は2019年7月19日(金)全国公開 (C)2019「天気の子」製作委員会 新海誠監督の3年ぶりの映画となる最新作『天気の子』。 2019年7月19日の公開に先駆けて、本編映像を使用し …

新作映画ニュース

YouTube動画ドラマ『ゴードン探偵事務所』あらすじ/キャスト。配信日は4月10日の第1話「フライデーナイトフィーバー」紹介!

ドラマ『ゴードン探偵事務所』は2020年4月10日公開。 直近3年で劇場公開作品を5作制作した株式会社sommelierTVが、WEBドラマ配信をスタートさせます。 ドラマ『ゴードン探偵事務所』 オー …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学