Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/06
Update

映画『再会の夏』あらすじとキャスト。実話を基に犬がつなぐ絆をジャンベッケルが描く

  • Writer :
  • 石井夏子

“愛犬”だけが真実を叫び続けた。


© ICE3 – KJB PRODUCTION – APOLLO FILMS – FRANCE 3 CINEMA – UMEDIA

『最強のふたり』のフランソワ・クリュゼ主演、『画家と庭師とカンパーニュ』の名匠ジャン・ベッケルとタッグを組んで描く、フランス版“忠犬”物語「Le Collier Rouge」。

邦題が、『再会の夏』となり、2019年12月13日(金)よりシネスイッチ銀座ほかで公開されることが決定し、ポスタービジュアルも完成しました。

スポンサーリンク

映画『再会の夏』について

© ICE3 – KJB PRODUCTION – APOLLO FILMS – FRANCE 3 CINEMA – UMEDIA

本作の舞台は1919年、第一次世界大戦後のフランス。美しい片田舎で、主人を待ち続ける一匹の犬と勲章にまつわる、戦争の傷とそれでも絶えることのない愛と信頼を描いた感動作です。

原作は、フランスで最も権威のあるゴンクール賞受賞者で、国境なき医師団の創設者としても名高いジャン=クリストフ・リュファンによる、史実をベースにした同名歴史小説でモーリス・ジェヌヴォワ文学賞を受賞しているベストセラー。

監督を務めたのは、トリュフォーやゴダールから敬愛されたフランスを代表する監督ジャック・ベッケルを父に持ち、『クリクリのいた夏』(1999)、『ピエロの赤い鼻』(2003)など、登場人物のほろ苦い戦争体験をフランスの美しい田園風景とともに描くことで知られる、86歳の名匠ジャン・ベッケルです。

魅力的なキャスト+ワン

© ICE3 – KJB PRODUCTION – APOLLO FILMS – FRANCE 3 CINEMA – UMEDIA

ジャン・ベッケル作品への出演は『殺意の夏』(1983)以来、36年ぶりとなる仏セザール賞の常連、フランソワ・クリュゼ(『最強のふたり』)がランティエ少佐役を、『ダリダ~あまい囁き~』(2017)のニコラ・デュヴォシェルがジャック・モルラック役を演じます。

そして、劇中重要な役割を果たす名もなき忠犬を演じたのは、2016年フランス国内で「一番美しいボースロン(フランス原産でドーベルマンの原種犬)」に選ばれたイェーガー君、当時3歳。

一部父犬のカルマも登場していますが、わずか2頭で撮影を乗り切るのはまれなこと。

ベッケル監督はこの撮影を通じてボースロンの魅力の虜となり、撮影後、家族に迎えようとしたほどだったといいます。

スポンサーリンク

映画『再会の夏』のポスタービジュアル

© ICE3 – KJB PRODUCTION – APOLLO FILMS – FRANCE 3 CINEMA – UMEDIA

解禁となった日本版ポスタービジュアルは、美しい草原にたたずむジャックとヴァランティーヌ、戦争で何があったのかを解き明かしていくランティエ少佐、そして3人をつなぐ鍵となる一匹の犬が印象的に配置されています。

さわやかな印象のなかに戦火を生きた人間の人生をあらためて感じさせるビジュアルです。
                                  

映画『再会の夏』の予告編

1919年、平和が訪れたばかりのフランスの田舎町

猛暑が続く留置所の外で、黒い一匹の犬が昼夜を問わず吠え続けていました。

その中では戦争の英雄ジャック・モルラックが国家侮辱罪で収監され、頑なに黙秘を続けています。

真相を調べるためにやってきた軍判事のランティエ少佐は、ジャックの体験した戦争の現実を調べていくうちに浮かび上がって来た、農婦にしてはあまりに学識豊かな若い女性ヴァランティーヌと幼い息子の存在。

男はなぜ、生きることを諦めるのか? 苛酷な戦場で何があったのか? 戦争を経て、愛し合う男女の間に何が? それを探る判事はどのような決断を下すのか? 真実は、戦地を共にした“一匹の犬”だけが知っています…。

歴史的な物語を通して、パーソナルなストーリーを語るのが好きだ」と話すジャン・ベッケル監督の言葉通り、第一次世界大戦という大きな歴史のうねりの中で翻弄される、二人の男と一人の女、そして一匹の犬の運命を、名匠が慈しみながら丁寧に紡いでいく予告編となっています。

スポンサーリンク

映画『再会の夏』の作品情報

© ICE3 – KJB PRODUCTION – APOLLO FILMS – FRANCE 3 CINEMA – UMEDIA

【日本公開】
2019年(フランス・ベルギー合作映画)

【原題】
Le Collier Rouge(英題:The Red Collar)

【監督・脚本】
ジャン・ベッケル

【撮影】
イヴ・アンジェロ

【キャスト】
フランソワ・クリュゼ、ニコラ・デュヴォシェル

映画『再会の夏』のあらすじ

© ICE3 – KJB PRODUCTION – APOLLO FILMS – FRANCE 3 CINEMA – UMEDIA

1919年、夏の盛り。終戦後の平和が訪れたばかりのフランスの片田舎。

第一次世界大戦の英雄で武勲をあげたはずのジャック・モルラックはひと気のない留置所に収監され、頑なに黙秘を続けています。

この男を軍法会議にかけるか否かを決めるため、パリからやって来た軍判事のランティエ少佐は、留置所の外で吠え続ける一匹の犬に関心を寄せました。

そして、モルラックを調べるうちに、農婦にしてはあまりにも学識豊かな恋人ヴァランティーヌの存在が浮かびあがり…。

名もない犬が留置所から決して離れようとしないのは、忠誠心からなのか?

判事の登場は、真実を解き明かし、傷ついた人々の心を溶かすのか?

男と女は愛ゆえにすれ違ったという事実を認めることができるのか?

まとめ

© ICE3 – KJB PRODUCTION – APOLLO FILMS – FRANCE 3 CINEMA – UMEDIA

本作は、第一次世界大戦終結から100年を記念して製作、2018年にフランスで公開されヒットしました。

ジャン・ベッケル監督の原点回帰にして、集大成と言える最新作となりました。

犬好きにも堪らない映画『再会の夏』は2019年12月13日(金)よりシネスイッチ銀座ほかで公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『「16」と10年。遠く。』あらすじ/キャスト。新潟県南魚沼市をロケ地に兎丸愛美と大門嵩が紡ぐ物語とは

1年に渡り撮影された「再生」の物語。 長編映画『「16」と10年。遠く。』の劇場公開を支援するクラウドファンディングが、MotionGalleryで行われています。 ヌードモデル、女優として活躍する兎 …

新作映画ニュース

【TAAF2019】東京アニメアワードフェスティバルの受賞結果。グランプリはポーランドのアニメ作品『アナザー デイ オブ ライフ』

TAAF2019受賞作品紹介 2019年3月8日(金)から3月11日(月)まで開催された、国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2019(TAAF2019)」。 ©TAAFEC. …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの特殊清掃員・土屋役は坂口涼太郎【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

映画「ヴィレヴァン」あらすじ。ドラマ版キャスト岡山天音ら続投の『リトル・サブカル・ウォーズ-ヴィレヴァン!の逆襲-』とは?

「ヴィレヴァン!」ドラマ続編決定に続き、よもやの映画化決定。 名古屋が生んだ、遊べる本屋『ヴィレッジヴァンガード』。 その個性を出し過ぎな、誰かの”好き“で溢れかえった本屋を舞台に、自称「空っぽ」の杉 …

新作映画ニュース

【2020年2月14日〜2月15日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 photo by 田中舘裕介 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学