Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

いつも月夜に米の飯|加藤綾佳監督&山田愛奈トークイベント報告と予告編解禁

  • Writer :
  • かりごめあき

加藤綾佳監督×山田愛奈主演の映画『いつも月夜に米の飯』は、9月8日(土)シネマカリテ、9月22日(土)新潟・シネウィンドほか全国順次公開

7/28(土)に新宿シネマカリテにて行われたプレミア上映&トークイベントの内容と、あわせて解禁された本予告映像をご紹介します。


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

スポンサーリンク

映画『いつも月夜に米の飯』の作品情報


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【脚本・監督】
加藤綾佳

【キャスト】
山田愛奈、和田聰宏、高橋由美子、渡辺佑太朗、春花、MEGUMI、西山宏幸、森下能幸、マッスル坂井、飯田孝男、小倉優香、山川未菜、宮城大樹、山本直寛、山口岳彦、内田周作、小倉一郎、角替和枝

【主題歌】
吉澤嘉代子『雪』(e-stretch RECORDS/日本クラウン)

【作品概要】
雑誌「non-no」のモデルで、映画「最低。」で女優デビュー果たした山田愛奈を主演に、『おんなのこきらい』で知られる加藤綾佳監督が、2人の出身地である新潟県でオールロケを行ったヒューマンドラマ。

映画『いつも月夜に米の飯』の本予告編解禁

解禁された予告編には、主演の山田愛奈が演じた、ファーストフードを食べている女子高生の千代里が、校内放送に振り返る姿からはじまります。

母が失踪したという知らせを受け、故郷・新潟の居酒屋に戻ると、店を守ろうとする料理人のアサダがいました。

母へのわだかまりを癒すようなやさしいおにぎりの味、新潟の豊かな海産物、地元の個性的な客たち、家族、恋。女将としての仕事にも慣れてきたある日、突然、母が戻ってきて…。

ごはんみたいにあったかくて、塩引鮭よりもばかしょっぱい”という私の人生は、どこへ向かうのか。

人生で最後に食べるものって、何になるんだろう?」とつぶやいて、ふりかえる海辺の千代里で締めくくられます。

スポンサーリンク

加藤綾佳監督のプロフィール

PFFアワード2012入選作品の映画『水槽』

加藤綾佳は1988年10月17日生まれの映画監督。

映画美学校12期フィクションコース修了後、初監督作『水槽』を製作し、ぴあフィルムフェスティバル2012コンペティション部門に入選

その後、映画や企業コマーシャルの助監督や制作スタッフを経て、2015年『おんなのこきらい』にて劇場デビューを果たします。

現在、映画のほかWEB-CMやPVのディレクターとして活動中です。

山戸結希監督プロデュースのオムニバス映画『21世紀の女の子』に監督として参加が決定しています。

山田愛奈(やまだ・あいな)のプロフィール


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

山田愛奈は、1998年9月6日生まれ、 新潟県出身のモデルで女優。

地元新潟でスカウトされ雑誌でモデルとしてデビューし、“可愛すぎる美少女!!”とSNSで拡散し瞬く間に話題となります。

集英社の「non-no」専属モデルをはじめ、企業コマーシャルやミュージックビデオ、またドラマなどで活躍。

参考映像:『最低。』(2017)

2017年に瀬々敬久監督の映画『最低。』で主演として活躍し、初単独主演映画『いつも月夜に米の飯』。

今後、多方面での活躍が期待される大型新人です、要注目ですね

スポンサーリンク

『いつも月夜に米の飯』プレミア上映&トークイベント

おにぎりポーズの主演・山田愛奈と加藤綾佳監督


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

7/28(土)に新宿シネマカリテで開催中の夏の祭典「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018(カリコレ)」にて、プレミア上映&トークイベントにてお披露目となった本作

台風直撃警も出るほどの悪天候にもかかわらず、ほぼ満席のプレミア上映後に、主演・山田愛奈と加藤綾佳監督が登壇

公開に向けて、映画への思いを語りました。

共に新潟出身ということて、作品立ち上げの経緯は?


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

加藤綾佳監督「山田さんが「新潟美少女図鑑」にでられていたり、いろんな経緯から映画を撮ろうという企画が立ち上がりました。

最初に山田さんを紹介されたときに、「どんな子ですか?」と性格のことを聞きたかったんですが、「おにぎりが好きな子」と言われて、意味がわからない!と思って(笑)

はじめて会った時は、山田さんがまだお芝居を一切やってない頃で、むしろお芝居なんてやりたくないと不機嫌な様子がとてもいいな、とキャラクター作りをはじめました。

新潟県はお米が有名で、ずっと食の映画を作りたいと思っていたので、作りはじめたのが最初です」

初の単独主演作で千代里を演じた感想は?


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

山田愛奈「まず、地元の新潟が舞台ということもあって、たくさんのプレッシャーもあったんですが、監督やスタッフのみなさんが支えてくれたのでとても楽しく撮影にのぞめました。と同時に、いろんなことを学べて、とても充実してました」

加藤監督「オール新潟ロケで2週間近く撮影したんですが、アットホームな現場でしたね。撮休の日に、ロケ地の居酒屋さんでスタッフと打ち合わせをしていたら、山田さんと、(アサダ役の)和田聰宏さんがスーパーで材料を買ってきて、スタッフにごはんを作ってくれたりして。それくらいアットホームで楽しい現場でした」

ベテランの俳優陣に囲まれての主演は?


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

山田愛奈「ひとことでいうと、吸収することが多すぎて…。毎日毎日、大物の方と共演するシーンがあったので、私自身もそれに負けないようにと言いますか、吸収できることは吸収して。カメラが回ってない時でも、たくさんお話しして下さったので、打ち解けるのは早かったです」


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

加藤監督「山田さん中心に演出をしてたのですが、見た目で説得力のあるベテラン勢が多く、土台を作っていただいていたので、安心して山田さんと千代里というキャラクターについて話しあったりできました」

「あたたかいごはんと家族」というポスターイメージから裏切られるような展開の内容は、さすが『おんなのこきらい』の加藤監督!


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

加藤監督「ダマされたでしょ!(笑)立っての希望で、「あったかいごはんの映画」と思わせといて…という宣伝にしたいと最初からお願いしました」

山田愛奈「映画のお話をいただいた時に「おいしいごはんの話」と聞いていたので、監督の「加藤節」がきいてる過去作から路線変えてきたな…と思いまして。

いざ、脚本をみたときに、「ちょっと待てよ…これ、おいしいごはんの話」かと?もちろんそうなんですけど、それを前提で、加藤節がききにききまくって、いい味出してると思いました。母親役の高橋由美子さん相手に心臓バクバクのシーンがあったりで。(笑)」

挿入歌『おいしい声』(SOROR feat. 山田愛奈)を歌っていますね?


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

山田愛奈「やだー!やっちゃいました。(笑)はじめてのことです」

プレミア上映の最後にひとこと

加藤監督「自分の部屋で一文字一文字パソコンを打ってという、形のなかったものが、最終的に役を演じてもらって、カメラで撮影して映像になって、お客様にみていただいて、はじめて「映画」になれると思ってます。

みていただいて、千代里はじめ『いつ米』の登場人物が、今日はじめて生まれることができました。

その姿を皆様の心の中に焼き付けていただけれたら、うれしいなと思ってます。なので、『いつ米』を生んで下さってありがとうございます、という側だと思います」

山田愛奈「この映画に出ている千代里ふくめ、いろんな登場人物の思いや愛、不安など、いろんな気持ちが出ていたと思います。

みなさんも不安や悩みがたくさんあると思うのですが、この作品を見終わったあとに、その重みがちょっとでも軽くなってたらうれしいなと思います。

そして、同じように悩み事をしていたり、最近落ち込んでるなっていう人がいたら、この映画をすすめて、ぜひ何度でも劇場に足を運んでもらいたいなと思います。ありがとうございました」

映画『いつも月夜に米の飯』あらすじ


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

新潟で居酒屋を営む母親の元を離れ、東京の高校に通う女子高生の千代里。

夏休み間近のある日、母親の麗子が突然失踪したという知らせを受けます。

女手一つで千代里を育てた麗子は、昔から男癖が悪く、自由奔放な性格でした。

そんな母親にわだかまりを抱えつつ、新潟に帰郷した千代里。

すると、そこには店を守ろうとする料理人のアサダがいました。

そこで女将として働くことになった千代里、個性豊かな客たちを相手にしながら、徐々に心を開き、仕事にも慣れていきます。

そんな幸せな日々に、次第にアサダに惹かれていく千代里。しかし、突然、母が帰ってくると…。

まとめ

上演支援クラウド・ファンディングを実施中


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

共に新潟出身でオール人型ロケを敢行した加藤綾佳監督と、初の単独主演を果たした山田愛奈。

ファン待望の映画『いつも月夜に米の飯』は、9月8日(土)シネマカリテ、9月22日(土)新潟・シネウィンドほか全国順次公開です。

ぜひお見逃しなく!

また、本作『いつも月夜に米の飯』は、公開に向けて、上演支援クラウド・ファンディングを実施中です。

サイン入り台本などのに加え、ロケ地の居酒屋「伊呂里」でのお食事会など豪華リターンを用意しています。

ファンのあなたはココも要チェックですよ!

詳細は下記リンク先をご覧くださいね。

Motion Gallery『いつも月夜に米の飯』上演支援プロジェクト 実施中!

関連記事

新作映画ニュース

チョウ・ユンファ映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』あらすじとキャスト。公開日は2月7日!

ラスト15分、衝撃の真実を解き明かせるか。 “亜州影帝(アジア映画界の帝王)”チョウ・ユンファが完全復活を果たしました。 © 2018 Bona Entertainment Company Limit …

新作映画ニュース

下北沢映画祭2019グランプリ受賞は大森歩監督『春』。深田晃司ら審査員のトークセッションの紹介も

第11回下北沢映画祭は2019年10月13日(日)〜14日(月)に開催 クリエイティブとカルチャーが暮らす街・下北沢を代表するイベントの一つであり、下北沢における映画の祭典「下北沢映画祭」は、2019 …

新作映画ニュース

映画『階段下は××する場所である』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。特報動画で実写化映像解禁

“映画(キミ)を見ていると、恥ずかしい!でも好きだ!” 学校×事件×恋愛の不思議ムービーが誕生します。 巨大小説投稿サイト「小説家になろう」に掲載された羽野ゆずの同名原作の中から4つの短編小説を原作と …

新作映画ニュース

映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』アイ・ウェイウェイ監督のインタビュー映像解禁

世界的な現代美術家であるアイ・ウェイウェイ監督が、難民問題の実状に迫るドキュメンタリー。 映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』は、2019年1月12日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで公開で …

新作映画ニュース

映画『ラストムービー』キャストと監督をデニス・ホッパーが務めた怪作!予告編とメインビジュアルが解禁

ハリウッドの異端者にして鬼才、デニス・ホッパーによる革命的傑作が31年ぶりの劇場公開。 『イージー★ライダー』製作50周年にあたる2019年、1988年以来31年ぶりの公開が決定したデニス・ホッパー監 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学