Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/08
Update

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』あらすじ。キャストは大泉洋と小池栄子で公開日は2020年2月14日!

  • Writer :
  • 松平光冬

昭和の文豪・太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』がコメディとして映画化!

『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた文豪・太宰治。

©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

彼の未完の遺作『グッド・バイ』が、コメディ映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』のタイトルで、2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほかにて公開されることが決定しました。

豪華キャストとティザービジュアル、特報予告もあわせて発表されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』について

参考:芸能事務所キューブ舞台制作のツイッター

本作の原作は、太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』を、劇団「ナイロン100℃」主宰のケラリーノ・サンドロヴィッチが2015年に独自の解釈で発表した戯曲『グッド・バイ』です。

妻子を田舎に残し、単身東京に暮らす雑誌編集者・田島周二が10人もの愛人を抱えて四苦八苦する様子をコミカルに描き、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた舞台版を完全映画化。

なお、映画版の公開に先駆け、生瀬勝久演出の舞台版も2020年1月から上演されます。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の見どころ

監督は日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出

参考映像:『八日目の蟬』特報

本作の監督を務めるのは、『八日目の蝉』(2011)で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出です。

「ラブコメがやりたかったのだ」というケラリーノの言葉を受け、大人が楽しめる洒脱なコメディを観たいという欲望に沿った映画に仕上げました。

監督は本作の見どころとして、「登場人物の過ちと欲望によってすべてのドタバタが起きていきます。だからみんなが憎めなく、どこか愛おしい。そこを楽しんでいただければ」と語っています。

大泉洋と小池栄子がW主演


©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

キャストには、日本映画界・演劇界を担う実力派が揃いました。

なぜか周囲の女たちが好きになってしまう主人公のダメ男・田島を演じるのは、TBSドラマ『ノーサイド・ゲーム』も話題の大泉洋

大泉は、脚本を読んでいる途中でマネージャーに「面白い!ドキドキする!こういう作品に出たかった!」と思わずメールしたほど、本作の魅力に憑りつかれた様子。

そんな大泉演じる田島が数々の浮気相手と別れるべく、妻と偽る永井キヌ子を演じるのは、舞台版でも同役を演じて読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した小池栄子

成島作品に出演するのは今回で5作目になるという小池は、「とにかく信頼している監督ですので、いつも通り行くぞ!という気持ちでした」と、気負うことなく撮影に臨んだとか。

大泉も、口が悪くてガサツな美女という独特なキヌ子役をこなした小池を、「“いっちゃってる役”を演じているのがいいですよね。撮影以外でも延々と漫才のようなやりとりをしていたから、共演していて楽しかったです」と絶賛しています。

個性豊かなキャストが勢ぞろい

©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

そのほか、田島を取り巻く女性役として、クールな女医・大櫛加代を水川あさみ、挿絵画家の水原ケイ子を橋本愛、儚げな花屋の青木保子を緒川たまき、離れて暮らす田島の妻・静江を木村多江がイキイキと演じます。

©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

更に、田島を尊敬する編集部員・清川伸彦役を濱田岳が、“嘘(にせ)夫婦”の計画を提案する作家・漆山連行役を松重豊が演じます。

©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ
                   

スポンサーリンク

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の特報予告

また、本作のティザーチラシと特報も完成。

ティザーチラシでは、女がほっとけない<ダメ男>の田島が愛人たちから引っ張りだこになって困り果てる様子を、<パワフル女>のキヌ子が何か企んでいるような不敵な笑みを浮かべて見ている表情が、何やらワケありな雰囲気を醸し出しています。

一報、特報では、「僕が狂っていたんです」と、途方に暮れながらも愛人たちと別れる術を連行に相談する田島のセリフから始まります。

嘘(にせ)夫婦を演じることになりレトロモダンな洋服に身を包んだキヌ子が、すまし顔で「田島の家内でございます」と愛人に挨拶する姿が切り取られました。

そしてなぜか喪服を着た愛人たちが楽し気に踊る様子も垣間見られ、洒脱なコメディを期待させるシーンの数々が30秒に詰まっています。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の作品情報


©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
成島出

【キャスト】
大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、皆川猿時、田中要次、池谷のぶえ、犬山イヌコ、水澤紳吾、戸田恵子、濱田岳、松重豊

スポンサーリンク

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』のあらすじ

戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。

文芸雑誌の編集長の田島周二は、単身東京で気がつけば何人もの愛人を抱える始末。

このままではいけないと愛人たちと別れる決心をしたものの、優柔不断な田島は、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができません。

そこで田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込みます。

実はキヌ子は、泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返る絶世の美女。

男は、女と別れるため、女は、金のため――こうして、二人の“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まります。

まとめ

©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

昭和の文豪の未完の遺作を、70年以上の時を経て、新たな魅力に満ちた喜劇映画として生まれ変わりました。

嘘夫婦の計略の先に待っているものとは、一体何か?

“あの世”の太宰治も、怒るどころか思わず笑ってしまうかも?

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』は、2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほかにて公開!

©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ








関連記事

新作映画ニュース

映画『ジーザス・イズ・キング』劇場追加上映が池袋グランドシネマサンシャイン決定!公開初日のイベントレポートも

542席の即完売を受けて、12月13日(金)~15日(日)に急遽追加上映が決定。 アメリカ時間10月25日(日本時間10月26日)にリリースされたカニエ・ウェストの最新アルバム『ジーザス・イズ・キング …

新作映画ニュース

クライミング映画『フリーソロ』あらすじ。アカデミー賞受賞ドキュメンタリーの予告編が解禁!

米アカデミー賞ほか、全世界で20賞受賞! 全世界を興奮と熱狂の渦に巻き込み、本年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞をはじめ、2018トロント国際映画祭観客賞、2019英国アカデミー賞を受賞(共に …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2019TIFF情報】周防正行監督の『カツベン!』がGALAスクリーニング『アイリッシュマン』がクロージング上映作に決定!

10月28日(月)~11月5日(火)開催の第32回東京国際映画祭。 2019年度の第32回東京国際映画祭GALAスクリーニング作品、クロージング作品が決定しました。 GALAは邦画作品、クロージングが …

新作映画ニュース

大ヒット映画が韓国で再び感動の恋愛作品に生まれ変わる!『Be With You 〜いま、会いにゆきます』特別映像解禁

公開わずか15日で韓国動員200万人突破の大ヒット作! 2004年に竹内結子と中村獅童主演で映画化され、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した市川拓司のベストセラー小説「いま、会いにゆきます」。 日本 …

新作映画ニュース

新海誠新作『天気の子』あらすじと主題歌。RADWIMPSの映画音楽が作品と調和する

映画『天気の子』は2019年7月19日(金)全国公開 (C)2019「天気の子」製作委員会 新海誠監督の3年ぶりの映画となる最新作『天気の子』。 2019年7月19日の公開に先駆けて、本編映像を使用し …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP