Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/08
Update

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』あらすじ。キャストは大泉洋と小池栄子で公開日は2020年2月14日!

  • Writer :
  • 松平光冬

昭和の文豪・太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』がコメディとして映画化!

『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた文豪・太宰治。

©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

彼の未完の遺作『グッド・バイ』が、コメディ映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』のタイトルで、2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほかにて公開されることが決定しました。

豪華キャストとティザービジュアル、特報予告もあわせて発表されましたのでご紹介します。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』について

参考:芸能事務所キューブ舞台制作のツイッター

本作の原作は、太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』を、劇団「ナイロン100℃」主宰のケラリーノ・サンドロヴィッチが2015年に独自の解釈で発表した戯曲『グッド・バイ』です。

妻子を田舎に残し、単身東京に暮らす雑誌編集者・田島周二が10人もの愛人を抱えて四苦八苦する様子をコミカルに描き、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた舞台版を完全映画化。

なお、映画版の公開に先駆け、生瀬勝久演出の舞台版も2020年1月から上演されます。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の見どころ

監督は日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出

参考映像:『八日目の蟬』特報

本作の監督を務めるのは、『八日目の蝉』(2011)で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出です。

「ラブコメがやりたかったのだ」というケラリーノの言葉を受け、大人が楽しめる洒脱なコメディを観たいという欲望に沿った映画に仕上げました。

監督は本作の見どころとして、「登場人物の過ちと欲望によってすべてのドタバタが起きていきます。だからみんなが憎めなく、どこか愛おしい。そこを楽しんでいただければ」と語っています。

大泉洋と小池栄子がW主演


©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

キャストには、日本映画界・演劇界を担う実力派が揃いました。

なぜか周囲の女たちが好きになってしまう主人公のダメ男・田島を演じるのは、TBSドラマ『ノーサイド・ゲーム』も話題の大泉洋

大泉は、脚本を読んでいる途中でマネージャーに「面白い!ドキドキする!こういう作品に出たかった!」と思わずメールしたほど、本作の魅力に憑りつかれた様子。

そんな大泉演じる田島が数々の浮気相手と別れるべく、妻と偽る永井キヌ子を演じるのは、舞台版でも同役を演じて読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した小池栄子

成島作品に出演するのは今回で5作目になるという小池は、「とにかく信頼している監督ですので、いつも通り行くぞ!という気持ちでした」と、気負うことなく撮影に臨んだとか。

大泉も、口が悪くてガサツな美女という独特なキヌ子役をこなした小池を、「“いっちゃってる役”を演じているのがいいですよね。撮影以外でも延々と漫才のようなやりとりをしていたから、共演していて楽しかったです」と絶賛しています。

個性豊かなキャストが勢ぞろい

©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

そのほか、田島を取り巻く女性役として、クールな女医・大櫛加代を水川あさみ、挿絵画家の水原ケイ子を橋本愛、儚げな花屋の青木保子を緒川たまき、離れて暮らす田島の妻・静江を木村多江がイキイキと演じます。

©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

更に、田島を尊敬する編集部員・清川伸彦役を濱田岳が、“嘘(にせ)夫婦”の計画を提案する作家・漆山連行役を松重豊が演じます。

©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ
                   

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の特報予告

また、本作のティザーチラシと特報も完成。

ティザーチラシでは、女がほっとけない<ダメ男>の田島が愛人たちから引っ張りだこになって困り果てる様子を、<パワフル女>のキヌ子が何か企んでいるような不敵な笑みを浮かべて見ている表情が、何やらワケありな雰囲気を醸し出しています。

一報、特報では、「僕が狂っていたんです」と、途方に暮れながらも愛人たちと別れる術を連行に相談する田島のセリフから始まります。

嘘(にせ)夫婦を演じることになりレトロモダンな洋服に身を包んだキヌ子が、すまし顔で「田島の家内でございます」と愛人に挨拶する姿が切り取られました。

そしてなぜか喪服を着た愛人たちが楽し気に踊る様子も垣間見られ、洒脱なコメディを期待させるシーンの数々が30秒に詰まっています。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の作品情報


©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
成島出

【キャスト】
大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、皆川猿時、田中要次、池谷のぶえ、犬山イヌコ、水澤紳吾、戸田恵子、濱田岳、松重豊

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』のあらすじ

戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。

文芸雑誌の編集長の田島周二は、単身東京で気がつけば何人もの愛人を抱える始末。

このままではいけないと愛人たちと別れる決心をしたものの、優柔不断な田島は、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができません。

そこで田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込みます。

実はキヌ子は、泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返る絶世の美女。

男は、女と別れるため、女は、金のため――こうして、二人の“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まります。

まとめ

©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

昭和の文豪の未完の遺作を、70年以上の時を経て、新たな魅力に満ちた喜劇映画として生まれ変わりました。

嘘夫婦の計略の先に待っているものとは、一体何か?

“あの世”の太宰治も、怒るどころか思わず笑ってしまうかも?

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』は、2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほかにて公開!

©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ









関連記事

新作映画ニュース

『The Worst Person In The World』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。第94回アカデミー賞 脚本賞、国際長編映画賞ノミネートされた異彩を放つラブストーリー

カンヌ国際映画祭<女優賞>受賞をはじめ各国賞レースでも注目 世界3大映画祭のひとつであるカンヌ国際映画祭で、主演のレナーテ・レインスヴェが女優賞を受賞したのを皮切りに、異彩を放つラブストーリーとして世 …

新作映画ニュース

映画『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』上映館/公開日/予告編。タイトルの意味に込められた戦争への想いとは⁉︎

『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』は3月28日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開。 2月1日(土)~沖縄・桜坂劇場にて先行上映。 沖縄テレビ放送の開局60周年を記念して製作されたドキュメンタリー映 …

新作映画ニュース

少年による祖父母殺害事件を描いた映画『MOTHERマザー』の場面写真紹介。長澤まさみがラブホテルで挑発!?

実話をベースに描く感動の衝撃作。 2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開される『MOTHER マザー』。 『日日是好日』の大森立嗣監督が、長澤まさみ、阿部サダヲをキャストに迎え …

新作映画ニュース

深田晃司映画『よこがお』あらすじと公開日情報。キャストの筒井真理子(市子役)の横顔が印象的なポスター解禁も

『淵に立つ』深田晃司監督×筒井真理子主演、新たなる衝撃作! (c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS 映画『よこがお』が2019年7 …

新作映画ニュース

映画ブリグズビー・ベアのグッズが売り切れ続出で増産・再販決定!上半期ベスト作品の声も

映画『ブリグズビー・ベア』は、6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか公開されていますが、興行成績が前週10位から3位アップ! また、かわいいベアグッズも売り切れが続出 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学