Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/02
Update

映画『グッドバイ』キャストの大櫛加代役は水川あさみ【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より新宿ピカデリーほかにて公開!

『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。

太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』が、コメディ映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』のタイトルで、2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほかにて公開されることが決定しました。

この記事では、大櫛加代役を演じる水川あさみについて詳しくお伝えしていきます。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』の作品情報


(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・原作・脚本】
成島出

【キャスト】
大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、皆川猿時、田中要次、池谷のぶえ、犬山イヌコ、水澤紳吾、戸田恵子、濱田岳、松重豊

【作品概要】
太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』を、劇団「ナイロン100℃」主宰のケラリーノ・サンドロヴィッチが2015年に独自の解釈で発表した戯曲『グッド・バイ』が原作。

妻子を田舎に残して単身で東京に暮らす編集者・田島周二が、10人もの愛人を抱えて四苦八苦する様子をコミカルに描き、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた舞台版を完全映画化しました。

本作の監督を務めるのは、『八日目の蝉』(2011)で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出です。

ラブコメがやりたかったというケラリーノの言葉を受け、大人が楽しめる洒脱なコメディに仕上げました。

なぜか周囲の女たちが好きになってしまうダメ男の主人公・田島を演じるのは、『探偵はBARにいる』シリーズや、2019年放送のTBSドラマ『ノーサイド・ゲーム』で好評を博した大泉洋。

田島の妻と偽る永井キヌ子には、舞台版でも同役を演じて読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞し、成島作品への出演は5回目となる小池栄子。

田島を取り巻く女性役として、クールな女医・大櫛加代を水川あさみ、挿絵画家の水原ケイ子を橋本愛、儚げな花屋の青木保子を緒川たまき、離れて暮らす田島の妻・静江を木村多江が演じます。

田島を尊敬する編集部員・清川伸彦役に濱田岳、“嘘(にせ)夫婦”の計画を提案する作家・漆山連行役に松重豊。

豪華キャストが集結し作品を盛り上げています。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』のあらすじ


(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。

文芸雑誌の編集長の田島周二は、単身東京で気がつけば何人もの愛人を抱える始末。

このままではいけないと愛人たちと別れる決心をしたものの、優柔不断な田島は、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができません。

そこで田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込みます。

実はキヌ子は、泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返る絶世の美女でした。

男は、女と別れるため、女は、金のため――こうして、二人の“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まります。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』大櫛加代役は水川あさみ

参考映像:『後妻業の女』(2016)

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』大櫛加代役を演じる水川あさみは1983年7月24日生まれの女優。大阪府出身。sucre所属。

夫は俳優の窪田正孝

13歳の時に、知人の紹介で芸能事務所に入り、1996年旭化成「ヘーベルハウス」CMにてデビュー。

15歳の時に映画『劇場版 金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』で女優デビュー

高校入学と共に上京し、2001年に第3回ミス東京ウォーカーに選ばれました。

2002年映画『仄暗い水の底から』に出演。

2003年『渋谷怪談』で映画初主演し、2008年『夢をかなえるゾウ』で連続ドラマ初主演。

2011年NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で主人公の次姉の初役を好演。

2013年『シェアハウスの恋人』でゴールデンタイム連続ドラマ初主演

ほか映画『今度は愛妻家』『太陽の坐る場所』『後妻業の女』、ドラマ『白衣の戦士!』『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』など出演多数。

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』大櫛加代はどんな役?


(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

水川あさみ演じる大櫛加代はクールな女医

大泉洋演じるダメ男・田島周二の大勢いる愛人の中の一人です。

田島とキヌ子の嘘(にせ)夫婦が、別れを告げにやってきますが…。

水川あさみの演技力の評価は

参考映像:『太陽の坐る場所』(2014)

13歳から芸能界入りし、長いキャリアを持つ中堅女優・水川あさみ。シリアスな役からコミカルな役まで演じ分ける演技派として活躍しています。

コラムニストのペリー荻野は水川について、「モデル風のきれいな顔をしているのに、だめんず好きの汚れ役や、変顔ができるのは今の若い女優の中で貴重な存在。見ていて楽しい」と評しています。

2019年9月に人気俳優の窪田正孝と結婚して大きな話題となりました。

2011年にNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国』では主人公の次姉の初役を務め、全国区での知名度を上げます。

2016年のドラマ『わたしを離さないで』では悪女ぶりが見事だと注目されました。

主演を務めた2018年のWOWOWの連続ドラマ『ダブル・ファンタジー』では官能ドラマに挑戦。濃厚な時間を過ごすことができ、一つステージを上がった気がするとコメントしています。

2018年に文化庁芸術祭大賞などを受賞し高評価を得たNHKドラマ『透明なゆりかご』では、主人公の指導をする先輩看護師役を好演。

温かい目で見守りながら、厳しく導いていく女性を凛として演じました。

2019年には連続ドラマ『白衣の戦士!』でもヒロインの親しみやすい先輩役を演じ、ドラマを引き締める役目を果たしています。

若手女優を支えるのに欠かせない頼れる中堅女優として高く評価される水川あさみ。

クールな外見とは違い、実は関西出身の姉御肌。バラエティ番組にも出演し、飾らないサバサバした性格が女性から高い支持を得ています。

水川あさみの公式SNSの紹介

水川あさみの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の解釈で発表した戯曲『グッド・バイ』を原作に、『八日目の蝉』で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出監督が作り上げたハイセンス・コメディ映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』

コメディセンス抜群の名俳優・大泉洋が、主人公の女泣かせのダメ男・田島周二を演じます。

相手役には成島作品常連で、舞台版でも同役を演じて読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した経験を持つ小池栄子。

共演には橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊など、ずらりビッグネームが並びます。

硬軟演じ分ける演技派として知られる水川あさみが、主人公の愛人の女医役をクールに演じます。

豪華な監督・キャストで贈る映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は、2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほかにて公開です。









関連記事

新作映画ニュース

映画『凪待ち』生中継舞台挨拶付き上映決定。劇場公開後も全国各地のファンに応えるイベントを!

映画『凪待ち』は2019年6月28日より、TOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 監督・白石和彌。そして、俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台 …

新作映画ニュース

映画『クリーン、シェーブン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ピーター・グリーンが統合失調症の主人公を演じた怪作が劇場公開!

――聞こえるか。 ノイズの彼方で彷徨う魂の混線が、25年を経てふたたび心を引き裂く 頭に受信機。指には送信機。男はそう信じていた。怪電波の洪水と鮮烈な美しさで途方に暮れる一作が25年ぶりに劇場公開です …

新作映画ニュース

映画『ロストベイベーロスト』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。注目の若手監督柘植勇人の遺作を劇場で鑑賞!

夭逝した映画監督・柘植勇人による鮮烈なる劇場デビュー作。 松尾渉平、村上由規乃、鈴木卓爾ら出演作が奇跡の劇場公開されます。 この度、京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)映画学科出身の映画監督・柘植勇人 …

新作映画ニュース

映画『鬼が笑う』あらすじ/キャスト。三野兄弟が半田周平を主演に“父親殺し”と再生を描く

兄弟映画制作チーム“MINO Bros.”による新作映画『鬼が笑う』完成。 兄の三野龍一が監督、弟の三野和比古が脚本を担当する兄弟映画制作チーム“MINO Bros.”。 MINO Bros.『⻤が笑 …

新作映画ニュース

ノオミ・ラパス映画『アンストッパブル』あらすじ。キャストのルーク・エヴァンスと共演のスリラーとは

7年前に失くしたはずの娘が、目の前に現れた?! 予測不能の彼女を誰も止められない。 「ミレニアム」のノオミ・ラパスと『美女と野獣』のルーク・エヴァンスが共演し、『LION/ライオン~25年目のただいま …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学