Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ふたりの女王メアリーとエリザベス』ネタバレ感想と結末までのあらすじ

  • Writer :
  • もりのちこ

恋に生きるか仕事に生きるか。
ふたりの女王に学ぶ女性の生き方。

16世紀、英国に君臨していた2人の女王。スコットランド女王メアリーと、イングランド女王エリザベス。

ふたりの女王は同じ時代に生きながら、全く違う道を選んでいきます。お互いを意識しながらも、認め合うことが出来ない因縁の関係。

彼女たちを取り巻く男たちの陰謀と、歴史のゆがみの中で、ふたりの女王がたどり着いた終着点とは?

ふたりの女王が選んだ生き方に注目。歴史ドラマ『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』の作品情報


(C)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
【日本公開】
2019年(イギリス)

【監督】
ジョージー・ルーク

【キャスト】
シアーシャ・ローナン、マーゴット・ロビー、ジャック・ロウデン、ジョー・アルウィン、デビッド・テナント、ガイ・ピアース、ジェンマ・チャン、マーティン・コムストン、イスマエル・クルス・コルドバ、ブレンダン・コイル、イアン・ハート、エイドリアン・レスター、ジェームズ・マッカードル

【作品概要】
1998年公開映画『エリザベス』を手掛けたプロデューサー陣が集結。今作は、エリザベスと同じ時代に生きたメアリーに着目し製作しました。

メアリー役には『レディ・バード』のアーシャ・ローナン、エリザベス役を『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビーが演じています。

実力派ふたりの演技合戦が、これまでにないメアリーとエリザベスの常識を覆す、新たな物語を生み出します。

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』のあらすじとネタバレ


(C)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
1587年、イングランド。断頭台の上には、真っ赤なドレスを身にまとったメアリー・スチュアートの姿がありました。

1542年から1567年までスコットランドの女王として君臨したメアリー。イングランドでの幽閉生活は20年。今まさに最期を向かえようとしていました。

スコットランド王だった父の戦死で0歳で女王となったメアリーは、16歳でフランス王妃に、18歳で夫を病気で亡くし未亡人となり、スコットランドへ帰国します。

メアリーの帰りを待っていたのは、腹違いの兄・マリ伯と保守的な臣下たちでした。プロテスタントを受容していたスコットランドでは、幼少期からカトリックの教えを受けてきたメアリーのことを非難する者もいました。

そして、隣国に位置するイングランドでは、メアリーの従姉妹にあたる女王エリザベスⅠ世が国を統治していました。

メアリーはエリザベスに「親愛なるお姉妹様」と手紙を送ります。その内容は平和な関係を求めながらも王位継承権を主張する内容でした。

若く美しく自信にあふれたメアリーの存在は、スコットランド、イングランドの両国にとって脅威の存在となります。

宗教は個人の自由とするメアリーに激しく対立するプロテスタントの長老派教会創始者ジョン・ノックスは、女性が力を持つことを好まない臣下、マリ伯や国務大臣メイトランドとともに、メアリーの失脚を画策します。

一方、イングランドでもメアリーに王位継承を諦めさせるようと策が練られていました。それは、エリザベス女王の寵臣とメアリーを結婚させようとするものでした。

その相手に選ばれたのは、エリザベス女王の枢密顧問官であり、寵愛を受けていたレスター伯爵でした。

エリザベスは、自分が結婚することで権力争いが起こることを何より恐れていました。自分は結婚せず子供も産まないと非婚宣言をしていました。

レスター伯爵はエリザベスの心中を察しながらも側にいてくれる大事な恋人でした。

国の混乱を避けるため、エリザベスは泣く泣くレスター伯爵をメアリーの元へと送ります。

しかし、メアリーはそれをも知っていたかのように「今は結婚よりも王位継承が先よ。女同志で会って話がしたい」。と突き返します。

メアリーの態度に表面上は穏やかに対応するも、エリザベスは面会を拒否し続けます。

ある日メアリーは、エリザベスが自分との面会を拒絶する理由を突き止めます。エリザベスは天然痘を患っていたのです。死は免れたものの、髪の毛は抜け落ち、顔には醜い痕が残ってしまいました。

それを知ったメアリーは不謹慎にも喜びを隠しきれません。「私はエリザベスとは違う。子供を産める女よ」。女王であり、ひとりの女性として恋愛も楽しむメアリーは、どこか勝ち誇っていました。

メアリーの元に、イングランドを追われたシチュアート家が挨拶にやってきます。子息のダーンリー卿と恋に落ちるメアリー。周りはふたりの結婚に反対します。

メアリーは、一時の感情に流されるなと心配し忠告する義兄マリ伯までも、追放してしまいます。

その結婚はメアリーの人生を闇へと導くものでした。ダーンリー卿は酒癖が悪く、横暴な性格でした。そして男色の彼は、メアリーの男性秘書リッチオと関係を持ってしまいます。

信頼していたリッチオの裏切りに悲しむメアリーでしたが、彼の懺悔に二人を許します。それよりもメアリーは正統な王位継承者となる息子の出産を望みます。

メアリーとダーンリーとの間に愛情はありませんでしたが、メアリーは待望の男の子を授かります。その男の子は、ジェームスと名付けられました。

ジェームス誕生の知らせはイングランドのエリザベスの元へも伝わってきます。仔馬の出産に立ち会うエリザベス。自分も子供が産めたならと思わずにはいられません。

以下、『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』ネタバレ・結末の記載がございます。『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
メアリーがジェームスを産んだことで、スコットランドでは権力争いが熾烈になっていきます。

メアリーの夫・ダーンリー卿の父親は、息子が用なしになったことで権力がなくなるのを恐れ、プロテスタントの長老派教会創始者ジョン・ノックスと追放されたマリ伯、国務大臣メイトランドとともに、王家のスキャンダルをでっち上げます。

メアリーが秘書のリッチオと愛人関係にあるとし、リッチオを目の前で殺害します。本当にリッチオを愛していたのはダーンリー卿でした。

リッチオ殺害は、メアリーとダーンリー卿に深い悲しとさらなる溝を与えました。ダーンリー卿は城を追い出され、離れた地で他の男性と堕落的な生活を送ることになります。

スコットランドの民の怒りも抑えられない所まできていました。

メアリーは息子ジェームスの権力を保持するため、エリザベスにジェームスの代母になって欲しいと書簡を送ります。エリザベスと確固たる約束を交わしたいメアリー。

書簡には、エリザベスに子供が産まれた場合にはその子を王へ。ただし、それまでは我が子ジェームスを王位継承者に認めて欲しいという内容でした。エリザベスは子供を産むことがないと知ってのお願いでした。

エリザベスは隣国スコットランドの血の争いに心を痛めるも、知らないふりをするしかありませんでした。

メアリーは、いよいよ窮地に追い込まれます。別居していた夫・ダーンリー卿の屋敷が何者かにより爆破、ダーンリー卿が暗殺されてしまいます。

危険がせまるメアリーは、息子ジェームスと離れ、ボスウェル伯の城へと非難を余儀なくされます。

しかし、待ち受けていたのは、ボスウェル伯との婚約でした。城を追われ、息子を人質に取られたメアリー。

スコットランドの民は、再婚が目的で夫を暗殺した女王としてメアリーの追放を要求します。

行き場を失くしたメアリーは、隣国のもうひとりの女王エリザベスに助けを求めます。

エリザベスは正統な王位継承権を持つメアリーを、イングランドに迎えるわけにはいきませんでした。

ふたりの女王は極秘の会合を設けることにします。町の外れの屋敷で初めて言葉を交わすふたりの女王。

エリザベスは醜い自分の顔を隠すかのように何枚もの布をたらし、メアリーの声から遠ざかるように逃げ回ります。

「もう信じられるのはあなただけ。私はひとりぼっち。一緒なら男たちに勝てるわ」と言いながらも、自分の方が身分が上だと一歩も引かないメアリー。顔を見せて、と迫ります。

エリザベスもまた堂々と向き合うことを決心します。天然痘の痕を隠すため、顔には白塗りの厚化粧をし、赤毛の大きなカツラを付けていたエリザベスは、メアリーの目の前でカツラを脱ぎ捨てます。

「私もひとりよ。でも私は男になった。王座がそうさせたの。今まであなたのことを妬んでいたわ。でもあなたはその美点で己を滅ぼした」。エリザベスはメアリーの保護を約束します。

それは幽閉を意味していましたが、エリザベスの慈悲の歩み寄りによるものでした。

女王として男社会の中で君臨する孤独の戦いを、ふたりの女王は確かに分かり合っていました。

その後、メアリーは幾度となく女王暗殺を企てたとして処刑危機に陥りますが、エリザベスは長年、処刑のサインをしませんでした。

1587年、とうとうエリザベスはメアリーを守り切れませんでした。処刑のサインをするエリザベス。

断頭台の上には、真っ赤なドレスを身にまとったメアリー・スチュアートの姿がありました。その赤色はカトリックの殉教者のようでした。

スポンサーリンク

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』の感想と評価


(C)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
これまで様々な作品で描かれてきた、ふたりの英国女王、メアリーとエリザベス。

気高くも孤独な女王ふたりの人生を、ローナンとロビーという共にアカデミー賞主演女優賞ノミネート女優が演じ合う。その迫力ある演技バトルは、映画の中のメアリーとエリザベスに重なります。

また映画のみどころのひとつに、華麗な英国の衣装や、目を惹くヘアスタイルとメイクが挙げられます。ドレスは素材の揺れ感までもが美しく、赤と青のコントラストも2人の女王を象徴しているかのようで、目を奪われます。

そして情熱的なメアリーの方が冷静な色、ブルーのドレスが多く、慎重なエリザベスが淡いピンクの可愛らしいドレスを着ていて、実はメアリーの方が男らしく、エリザベスの方が女性らしいという性格の違いが、衣装からも分かります。

第91回アカデミー賞で衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされたほどの圧倒的な美の世界がみどころです。

メアリーとエリザベスの2人の女王の生き方は、現代の女性たちにも通じるものがあります。恋に生きるか仕事に生きるか。

時代が変われど、人生の選択に迷い、孤独と戦う女子は多いことでしょう。友達に彼が出来た、ダイエットが成功した、仕事で収入が増えた。些細な出来事で女子の嫉妬心は湧き上がります。

映画の中のメアリーは、若さと美貌を持ち合わせ、女王としての権力を欲し、自由な恋愛を望みます。多くを望んだメアリーは、自らの行いによって滅びることになります。20年もの幽閉後、44歳で処刑されます。

一方、自分を律し、国のために自分の命を守り、争いの元となる結婚を諦めたエリザベス。天然痘という病になりながらも、男社会の中で隙をみせず女王として君臨し続けました。

どちらの女性の生き方が幸せだったかは、誰にも判断出来ることではありません。本人のみが知る所です。

この物語の救いは、エリザベス亡き後、英国を統一したのはメアリーの息子ジェームスでした。イングランドとスコットランドは共通の王で、それぞれ議会を持つ同君主連合国となりました。メアリーもエリザベスも共通の望みは国の平和でした。

何かを得るためには何かを諦めなければならない。激動の時代を生きたふたりの女王の気高くも切ない人生の選択に思いを馳せてしまいます。

まとめ


(C)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
激動の16世紀英国を生きたふたりの女王の物語『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』を紹介しました。

アカデミー賞主演女優賞ノミネート女優による演技バトルに注目です。また、圧倒的なスケールと壮観美が、歴史ドラマをよりロマンティックに盛り上げます。

誰よりも理解し合えたはずの孤独な女王たちは、従姉妹でありながらもお互いを恐れ合い、臣下たちの陰謀により理解し合うこともなく、それぞれの運命に翻弄されていきます。

ふたりの女王の運命とは?メアリーとエリザベスを語った作品は多くあれど、新しい2人の関係が垣間見える作品です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』あらすじとキャスト【フルーツ・チャン監督】

1997年に制作され日本公開が1999年にされた香港映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』。 本作の製作総指揮はアンディ・ラウがおこなっていて、2017年には新たにデジタル・リマスター版として、第3 …

ヒューマンドラマ映画

映画『サラバ静寂』吉村界人(ミズト役)演技評価と感想

“音楽が禁止された世界で、音楽に出会ってしまった若者たちはどこへ向かうか” 映画『サラバ静寂』の公開日は、2018年1月27日(土)より、渋谷ユーロスペースほか順次全国公開! 静かなるノイズ映画『サラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『チワワちゃん』感想と内容解説。門脇麦の演技力の評価は二宮健監督の信頼感を得ていた

今、最も注目の20代の演技派俳優たちが集結! 映画『チワワちゃん』は2019年1月18日(金) 全国ロードショー。 仲間チワワの東京湾バラバラ殺人事件での遺体発見をきっかけに、若者たちの揺れる思いを赤 …

ヒューマンドラマ映画

映画『救いの接吻』あらすじと感想レビュー。フィリップ・ガレル監督が描く愛の残像。

映画『救いの接吻』が2019年4月27日より東京都写真美術館ホールにて公開 フランス映画界でヌーヴェル・ヴァーグの精神を受け継ぐ孤高の映画作家フィリップ・ガレル。 ガレル監督の日本初公開となる『救いの …

ヒューマンドラマ映画

映画『人生はシネマティック!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、映画製作に奔走する人々。 コピーライターの秘書だった女性が、脚本家として才能を発揮し、成長していく姿を描いたイギリス映画『人生はシネマティック!』をご紹介します。 …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP