Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの溝口渉役は浅香航大。プロフィールと演技力の評価

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー!

『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男子!!』がついに待望の実写映画化。

監督を務めるのは、期待の新鋭・風間太樹。大ヒット映画『帝一の國』のスピンオフドラマ『帝一の國~学生街の喫茶店~』で商業作品デビューし、『恋は雨上がりのように』などを手がけています。

主演は、映画『兄友』『虹色デイズ』、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』の人気急上昇中の若手俳優・横浜流星。

W主演を務めるのは、映画『一礼して、キス』、ドラマ『はんなりギロリの頼子さん』の中尾暢樹(まさき)。

瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、清水くるみ、唐田えりかなど若手俳優たちに加え、伊藤歩、浅香航大といったベテランも共演。

この記事では、溝口渉役を演じる浅香航大(こうだい)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『チア男子!!』の作品情報


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
朝井リョウ『チア男子!!』(集英社文庫刊)

【監督】
風間太樹

【キャスト】
横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋、伊藤歩

【作品概要】

個性豊かな7人の男子大学生が、男子チアリーディング部「BREAKERS」を立ち上げる青春ドラマ。

直木賞作家・朝井リョウの同名小説で、2011年にコミカライズ、2016年にアニメ化・舞台化された人気作品。

あまり例のない「男子チアリーディング部」への固定概念や冷たい視線、そこから生まれる葛藤。それらを乗り越えていく姿を熱く描いた、ノンストップ青春ストーリーです。

横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋、伊藤歩など、若手を中心とした人気俳優らが出演します。

監督は新鋭の風間太樹。

映画『チア男子!!』のあらすじ


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

柔道の道場の長男に生まれ、幼い頃から柔道を続けてきた晴希。

しかしやさしすぎる性格から強くなれません。常に勝ち続ける姉の晴子と比べて、自分に才能がないことに悩んでいます。

そんな中、試合中に肩をケガしたことをきっかけに柔道に距離を置く晴希。柔道仲間で、無二の親友・一馬は、「一緒に新しいことを始める」と宣言します。

なんとそれは、前代未聞の「男子チアリーディング部」の創設でした。

些細なことが大けがにつながるため、仲間を信頼することがチアの基本。

男子チア部「BREAKERS」はそれを守りながら練習に打ち込みますが、やがてメンバー内での歯車が狂い始め、決定的ともいえる亀裂を生んでしまい…。

スポンサーリンク

映画『チア男子!!』溝口渉役は浅香航大(こうだい)

参考映像:『桐島、部活やめるってよ』(2012)

映画『チア男子!!』で溝口渉役を演じる浅香航大(こうだい)は1992年8月24日生まれの俳優で神奈川県出身。A-team所属。

2008年まではジャニーズ事務所に所属し、ジャニーズJr.およびJ.J.Expressとして活動していました。

2009年にエーチームグループオーディションに合格し、A-Lightに所属。その後2010年にA-teamに移籍します。

2011年連続ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』で連続ドラマ初出演。

2014年に連続テレビ小説『マッサン』で鴨井栄一郎役を演じ、全国で知られる俳優となりました。

そのほかドラマ『ひよっこ』『ドルメンX』『グッド・ドクター』、映画『桐島、部活やめるってよ』『悪の経典』『南瓜とマヨネーズ』など話題作に多数出演し、名バイプレーヤーとして実力を認められています。

映画『チア男子!!』溝口渉はどんな役?


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

溝口渉は、男子チアリーディング部「BREAKERS」結成メンバー3人のひとり。20歳。

理屈っぽい性格で、偉人の格言を引用するのが趣味です。リズム感も悪く、身体も堅い青年。

高校までは陸上で長距離をやっていました。性格が変わっているため友達付き合いがなく、一人でひたすら走っていました。

本番に弱く、成績はトップながら試験当日に体調を崩して二浪しています。

スポンサーリンク

浅香航大(こうだい)の演技力の評価は

参考映像:『ドルメンX』(2018)

直木賞作家・朝井リョウの作品に出演するのは『桐島、部活やめるってよ』に続き2度目の浅香航大

毎クール、様々なドラマからオファーの絶えない人気俳優です。

朝ドラ『マッサン』に出演したのをきっかけに全国区で知られるようになりました。

父親との関係に屈折した部分も持ちながらも、純粋な青年役を好演。泣きじゃくるシーンは感動を呼びました。

二度目の朝ドラ『ひよっこ』では、視聴者をクスっと笑わせ、癒す存在。

一方、人気ドラマ『グッド・ドクター』ではイヤミな役を、「主人公の自閉症医師が愛される起爆剤になれるように」という思いで役に徹して好演。

映画『ドルメンX』では熱血系のムードメーカーの役。コメディ作品ながら、リアルな葛藤も表現しています。

硬軟のバリエーションを持つ様々な演技で、クセのある脇役を演じ分けるバイプレーヤーとして知られます。今後の大きな可能性を感じさせる俳優です。

本作『チア男子!!』を演じるにあたり、部活を経験してこなかったので、時間に限りある中で何かに一生懸命に打ち込むことが怖いというイメージを持っていたという浅香航大。

しかし、今回数か月チアの練習をして、教えてくれるチアチームのOBの輝く笑顔に感動し、自分もこの作品を通してそんな風に笑えるようになりたい、本気で青春したいと思うようになったそうです。

観客が観終えた後に、素敵な笑顔になってくれたら嬉しいと語っています。

浅香航大(こうだい)の公式SNSの紹介

View this post on Instagram

Byron Jacket @l_quartet Thank you always.

浅香 航大さん(@kodai_asaka)がシェアした投稿 –

浅香航大(こうだい)の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

直木賞作家・朝井リョウの人気小説原作で、アニメ化・舞台化もされている人気作品『チア男子!!』。満を持して待望の実写映画化となりました。

キャストには、横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋といったフレッシュな顔ぶれを中心に、浅香航大、伊藤歩というベテランまで人気俳優たちが集結。

新鋭監督として注目されている風間太樹監督が作り出す、「日本中を笑顔にする」ノンストップ青春エンターテイメント。公開を前に期待が大きく高まっています。

バイプレーヤーとしての実力・人気共に急上昇中の浅香航大が、中心メンバーの一人・溝口渉を演じます。

観る人をみんな笑顔にする作品『チア男子!!』は2019年5月10日より全国ロードショーです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『無垢なる証人』ネタバレ感想とレビュー評価。キムヒャンギの演技力と熱演で描いたものとは⁈

あなたはいい人ですか? 人気俳優チョン・ウソンと、「神と共に」シリーズの使者ドクチュン役で一躍スターダムにのし上がった天才子役・キム・ヒャンギがそれぞれ殺人容疑者の弁護士と、事件の目撃者で自閉症の少女 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ストーリー・オブ・マイライフ 』ネタバレあらすじと感想。グレタガーウィグが若草物語に登場する四姉妹のキャラクターを魅力的に描く

あなたらしく生きればいいのよ。 映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』が2020年6月12日(金)より、全国順次公開されています。 ルイザ・メイ・オルコットの不朽の名作『若草物語』を、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ネクスト・ドリーム』あらすじネタバレと感想評価。音楽業界のスター歌手とアシスタントのつながりと信頼を描く!

『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』は2020年12月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国公開! ハリウッドの音楽業界を舞台に、長年トップに君臨する伝説の歌姫と彼女のパーソナル・ア …

ヒューマンドラマ映画

映画『ピーナッツ・バター・ファルコン』あらすじネタバレと感想。ザックの障害とは関係なく受け入れた人たちの交流

『ピーナッツ・バター・ファルコン(原題:The Peanut Butter Falcon) 』は、老人ホームで暮らす22才のザックが主人公。 夢を叶える為にホームを脱走したザックと出会う人々との交流を …

ヒューマンドラマ映画

映画『いまを生きる』動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

映画「いまを生きる」は第62回アカデミー賞で脚本賞を受賞した作品。 誰しもが経験する青春時代の儚さ。そして自分自身の目指す夢と親からの期待、厳しい学校教育のありかた、今とはなっては懐かしいあの時代を描 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学