Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2018/11/16
Update

『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』開催日時と上映作品情報。トークショー内容も併せて紹介

  • Writer :
  • 石井夏子

2018年12月15日(土)、16日(日)に座・高円寺2にて開催するAfter School Cinema Club + Gucchi ’s Free Schoolによる上映イベント『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』の全作品とスケジュール詳細が決定いたしました。

上映作品は、『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』『マネキン』『ヴァン・ワイルダー』『パンチドランク・ラブ 』

そして新たに、アメリカの新進気鋭のイラストレーター、ダッシュ・ショウによる長編アニメーション映画デビュー作『ボクの高校、海に沈む(My Entire High School Sinking Into the Sea)』(2016)、黒人版『アメリカン・グラフィティ』とも称される、青春映画の隠れたマスターピース『クーリー・ハイ(Cooley High)』(1975)、そして『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督の傑作『BOY(Boy)』(2010)の3作品が上映決定!

3本全て日本初上映のとても貴重な機会となります。

また、期間中には、長谷川町蔵氏、山崎まどか氏、加藤るみ氏などをゲストに迎えてのトークショーも予定されています。

この記事では各作品の紹介と上映スケジュールをお届けいたします。

スポンサーリンク

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』開催概要

開催日時
2018年12月15日(土)、16日(日)

開催場所
座・高円寺2

JR中央線高円寺駅 北口を出て徒歩5分

料金
全日券:8,000円、15日券:5,000円、16日券:4,000円

各回前売り券:1,500円(『突撃!O・Cとスティッグス』のみ1,000円)

当日券:1800円(『突撃!O・Cとスティッグス』のみ1,000円)

前売りチケットは現在Peatixにて好評発売中!

映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』の作品情報


【製作】
1985年(アメリカ映画)

【監督】
ロバート・アルトマン

【キャスト】
ダニエル・ジェンキンス、ニール・バリー、ジェーン・カーティン、ポール・ドゥーリー、デニス・ホッパー、メルビン・バン・ピーブルズ

【作品概要】
ふたりの高校生、O・Cとスティッグスはシュワブ一家に悪戯を繰り返していました。

一家が経営する保険会社が退職年金を取り消し、そのせいで祖父と一緒に暮らすO・Cも迷惑をこうむったからです。

やがてO・Cとスティッグスはさらにとんでもない悪戯作戦を立てますが……。

鬼才アルトマン監督が人気雑誌『ナショナル・ランプーン』に登場するキャラクターを映画化。

アメリカ社会を徹底的に皮肉った青春コメディ。

SD画質をアップコンバートして上映します。

映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』上映日時

12月15日(土) 16:10

スポンサーリンク

映画『マネキン』の作品情報

【製作】
1985年(アメリカ映画)

【監督】
マイケル・ゴットリーブ

【キャスト】
アンドリュー・マッカーシー、キム・キャトラル、エステル・ゲティ、ジェームズ・スペイダー、G・W・ベイリー、キャロル・デイヴィス、メスハック・テイラー

【作品概要】

自分の作ったマネキンに恋をする青年の姿を描くファンタジー。

製作はアート・レヴィンソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはエドワード・ルゴフと監督のマイケル・ゴットリーブ、脚本もゴットリーブが手がけ、共同でエドワード・ルゴフが執筆しています。

撮影はティム・サーステッド、音楽はシルヴェスター・リヴェイ、編集はリチャード・ハルシーが担当。

出演はアンドリュー・マッカーシー、キム・キャトラルほか。

Blu-ray上映です。

映画『マネキン』上映日時

12月16日(日) 14:55

加藤るみ氏によるトークショーを開催予定

映画『ヴァン・ワイルダー』の作品情報


【製作】
2002年(アメリカ映画)

【監督】
ウォルト・ベッカー

【キャスト】
ライアン・レイノルズ、タラ・リード、ティム・マシスン、カル・ペン、ダニエル・コスグローヴ、デオン・リッチモンド、アレックス・バーンズ、ポール・グリーソン、エリック・エストラーダ、カーティス・アームストロング

【作品概要】

主人公は遊んでばかりの大学生。

イケてるパーティーを主催して人気を集める主人公のキャラクターが物語の鍵になっており、人物の面白さに焦点を当てています。

主演は『デッドプール』(2016)のデッドプールこと、ライアン・レイノルズです。

Blu-ray素材により、日本初上映されます。

映画『ヴァン・ワイルダー』上映日時

12月15日(土) 13:30

トークショー予定(ゲスト未定)

スポンサーリンク

映画『パンチドランク・ラブ』の作品情報

【製作】
2002年(アメリカ映画)

【監督】
ポール・トーマス・アンダーソン

【キャスト】
アダム・サンドラー、エミリー・ワトソン、ルイス・ガスマン、フィリップ・シーモア・ホフマン、メアリー・リン・ライスカブ

【作品概要】

『ブギーナイツ』『マグノリア』のポール・トーマス・アンダーソン監督の第4作。

食品会社のマイレージ・キャンペーンの盲点を突き、プリンを大量に買い込んで金儲けした男の実話を元に、7人の姉に抑圧されっぱなしの真面目だがサエない男が、運命の恋に出会っての大騒動を描きます。

アダム・サンドラー扮する主人公と恋人の純愛場面で流れる曲は、ロバート・アルトマン監督の『ポパイ』でオリーブ役シェリー・デュバルが歌った歌です。

映画『パンチドランク・ラブ』上映日時

12月16日(日) 11:00

映画『ボクの高校、海に沈む』の作品情報

【製作】
2016年(アメリカ映画)

【監督】
ダッシュ・ショウ

【声のキャスト】
ジェイソン・シュワルツマン、レナ・ダナム、レジー・ワッツやスーザン・サランドン

【作品概要】

アニメーション映画『ボクの高校、海に沈む』は、ジェイソン・シュワルツマン、レナ・ダナム、レジー・ワッツやスーザン・サランドンなど豪華な面々が声優を務めました。

ダッシュ・ショウ監督のキテレツなイマジネーションが爆発したハイスクール・サバイバル・コメディです。

Blu-ray素材により、日本初上映されます。 

映画『ボクの高校、海に沈む』上映日時

12月15日(土) 11:00

映画『クーリー・ハイ』の作品情報

【製作】
1975年(アメリカ映画)

【監督】
マイケル・シュルツ

【キャスト】
グリン・ターマン、ローレンス・ヒルトン=ジェイコブス

【作品概要】

『クーリー・ハイ』はスプリームスやミラクルズなど、モータウン・サウンドを代表する楽曲が全編に響き渡る、アフリカ系アメリカ人の若者のユーモラスで切実な生き様を描いた青春映画です。

Boyz Ⅱ Menをはじめ、映画ファンのみならず多くのアーティストにも影響を与えています。

Blu-ray素材により、日本初上映されます。

映画『クーリー・ハイ』上映日時

12月15日(土) 18:25

長谷川町蔵氏と山崎まどか氏によるトークショー開催予定

映画『BOY』の作品情報

【製作】
2010年(ニュージーランド映画)

【監督】
タイカ・ワイティティ

【キャスト】
ジェームズ・ロールストン、タイカ・ワイティティ、クレイグ・ホール

【作品概要】

公開当時、ニュージーランド本国で国内最高の興行収入を打ち立てた『BOY』が待望の日本初公開! 

いまや世界的なヒットメイカーとなったタイカ・ワイティティの描く一人の少年の成長譚は、批評家からも絶賛され、タイカ・ワイティティ作品の中でも非常に重要な一本となっています。

ワイティティ自身も主人公の父親役をワイルドに熱演しています。

Blu-ray素材による上映です。

映画『BOY』上映日時

12月16日(日) 13:00

まとめ

2018年12月15日(土)、16日(日)に座・高円寺2にて開催される『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』の全作品とスケジュール詳細が決定いたしました。

名作コメディ4本に加え、長編アニメーション映画『ボクの高校、海に沈む』、黒人版『アメリカン・グラフィティ』とも称される『クーリー・ハイ』、そして『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督の傑作『BOY』の3作品が上映決定!

3本全て日本初上映のとても貴重な機会となります。

詳細は公式イベントページにてお確かめ下さい。

関連記事

コメディ映画

実写映画『かぐや様は告らせたい』あらすじネタバレと感想。平野紫耀×橋本環奈演じる“恋愛頭脳戦”

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』は2019年9月6日(金)にロードショー公開! アニメ化でも大きな話題となった赤坂アカの同名人気コミックがついに実写映画化。 監督を務めたのは、『兄に …

コメディ映画

【ネタバレ感想】銀魂2掟は破るためにこそある|あらすじ。ラスト結末も

週刊少年ジャンプに14年以上連載されている人気アクションコメディ漫画『銀魂』の完全実写化第2弾。 原作の人気エピソード「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合し、アクション、ギャグ、ドラマ全てがボリュー …

コメディ映画

映画『イングリッド』ネタバレ感想と考察解説。ネットストーカーの女と化したSNS依存者の狂気をコミカルに描く

SNS時代のダークコメディー ネット・ストーカーと化したSNS依存者を主人公にした『イングリッド‐ネット・ストーカーの女‐』は、2017年サンダンス国際映画祭でオリジナル脚本賞を受賞した異色のドラマで …

コメディ映画

映画『そして泥船はゆく』あらすじネタバレ感想と結末評価の解説。渡辺紘文監督が大田原愚豚舎の真骨頂を極めた秀作!

栃木県出身の映像作家である渡辺紘文監督の映画『そして泥船はゆく』 2016年12月15、16日に、東京にある文京区シビックセンターにて、第1回「チンギス・ハーン」国際映画祭が開催されました。 モンゴル …

コメディ映画

映画『ワン・モア・ライフ!』あらすじ感想と評価レビュー。家族の絆を取り戻そうとする男の92分の人生ドラマ

映画『ワン・モア・ライフ!』は2021年3月12日(金)より全国順次公開 家族をないがしろにし、自分勝手に生きてきた男が、人生最後の92分で、家族の絆を取り戻そうと奮闘する姿を描いた映画『ワン・モア・ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学