Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2018/11/16
Update

『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』開催日時と上映作品情報。トークショー内容も併せて紹介

  • Writer :
  • 石井夏子

2018年12月15日(土)、16日(日)に座・高円寺2にて開催するAfter School Cinema Club + Gucchi ’s Free Schoolによる上映イベント『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』の全作品とスケジュール詳細が決定いたしました。

上映作品は、『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』『マネキン』『ヴァン・ワイルダー』『パンチドランク・ラブ 』

そして新たに、アメリカの新進気鋭のイラストレーター、ダッシュ・ショウによる長編アニメーション映画デビュー作『ボクの高校、海に沈む(My Entire High School Sinking Into the Sea)』(2016)、黒人版『アメリカン・グラフィティ』とも称される、青春映画の隠れたマスターピース『クーリー・ハイ(Cooley High)』(1975)、そして『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督の傑作『BOY(Boy)』(2010)の3作品が上映決定!

3本全て日本初上映のとても貴重な機会となります。

また、期間中には、長谷川町蔵氏、山崎まどか氏、加藤るみ氏などをゲストに迎えてのトークショーも予定されています。

この記事では各作品の紹介と上映スケジュールをお届けいたします。

スポンサーリンク

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』開催概要

開催日時
2018年12月15日(土)、16日(日)

開催場所
座・高円寺2

JR中央線高円寺駅 北口を出て徒歩5分

料金
全日券:8,000円、15日券:5,000円、16日券:4,000円

各回前売り券:1,500円(『突撃!O・Cとスティッグス』のみ1,000円)

当日券:1800円(『突撃!O・Cとスティッグス』のみ1,000円)

前売りチケットは現在Peatixにて好評発売中!

映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』の作品情報


【製作】
1985年(アメリカ映画)

【監督】
ロバート・アルトマン

【キャスト】
ダニエル・ジェンキンス、ニール・バリー、ジェーン・カーティン、ポール・ドゥーリー、デニス・ホッパー、メルビン・バン・ピーブルズ

【作品概要】
ふたりの高校生、O・Cとスティッグスはシュワブ一家に悪戯を繰り返していました。

一家が経営する保険会社が退職年金を取り消し、そのせいで祖父と一緒に暮らすO・Cも迷惑をこうむったからです。

やがてO・Cとスティッグスはさらにとんでもない悪戯作戦を立てますが……。

鬼才アルトマン監督が人気雑誌『ナショナル・ランプーン』に登場するキャラクターを映画化。

アメリカ社会を徹底的に皮肉った青春コメディ。

SD画質をアップコンバートして上映します。

映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』上映日時

12月15日(土) 16:10

スポンサーリンク

映画『マネキン』の作品情報

【製作】
1985年(アメリカ映画)

【監督】
マイケル・ゴットリーブ

【キャスト】
アンドリュー・マッカーシー、キム・キャトラル、エステル・ゲティ、ジェームズ・スペイダー、G・W・ベイリー、キャロル・デイヴィス、メスハック・テイラー

【作品概要】

自分の作ったマネキンに恋をする青年の姿を描くファンタジー。

製作はアート・レヴィンソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはエドワード・ルゴフと監督のマイケル・ゴットリーブ、脚本もゴットリーブが手がけ、共同でエドワード・ルゴフが執筆しています。

撮影はティム・サーステッド、音楽はシルヴェスター・リヴェイ、編集はリチャード・ハルシーが担当。

出演はアンドリュー・マッカーシー、キム・キャトラルほか。

Blu-ray上映です。

映画『マネキン』上映日時

12月16日(日) 14:55

加藤るみ氏によるトークショーを開催予定

映画『ヴァン・ワイルダー』の作品情報


【製作】
2002年(アメリカ映画)

【監督】
ウォルト・ベッカー

【キャスト】
ライアン・レイノルズ、タラ・リード、ティム・マシスン、カル・ペン、ダニエル・コスグローヴ、デオン・リッチモンド、アレックス・バーンズ、ポール・グリーソン、エリック・エストラーダ、カーティス・アームストロング

【作品概要】

主人公は遊んでばかりの大学生。

イケてるパーティーを主催して人気を集める主人公のキャラクターが物語の鍵になっており、人物の面白さに焦点を当てています。

主演は『デッドプール』(2016)のデッドプールこと、ライアン・レイノルズです。

Blu-ray素材により、日本初上映されます。

映画『ヴァン・ワイルダー』上映日時

12月15日(土) 13:30

トークショー予定(ゲスト未定)

スポンサーリンク

映画『パンチドランク・ラブ』の作品情報

【製作】
2002年(アメリカ映画)

【監督】
ポール・トーマス・アンダーソン

【キャスト】
アダム・サンドラー、エミリー・ワトソン、ルイス・ガスマン、フィリップ・シーモア・ホフマン、メアリー・リン・ライスカブ

【作品概要】

『ブギーナイツ』『マグノリア』のポール・トーマス・アンダーソン監督の第4作。

食品会社のマイレージ・キャンペーンの盲点を突き、プリンを大量に買い込んで金儲けした男の実話を元に、7人の姉に抑圧されっぱなしの真面目だがサエない男が、運命の恋に出会っての大騒動を描きます。

アダム・サンドラー扮する主人公と恋人の純愛場面で流れる曲は、ロバート・アルトマン監督の『ポパイ』でオリーブ役シェリー・デュバルが歌った歌です。

映画『パンチドランク・ラブ』上映日時

12月16日(日) 11:00

映画『ボクの高校、海に沈む』の作品情報

【製作】
2016年(アメリカ映画)

【監督】
ダッシュ・ショウ

【声のキャスト】
ジェイソン・シュワルツマン、レナ・ダナム、レジー・ワッツやスーザン・サランドン

【作品概要】

アニメーション映画『ボクの高校、海に沈む』は、ジェイソン・シュワルツマン、レナ・ダナム、レジー・ワッツやスーザン・サランドンなど豪華な面々が声優を務めました。

ダッシュ・ショウ監督のキテレツなイマジネーションが爆発したハイスクール・サバイバル・コメディです。

Blu-ray素材により、日本初上映されます。 

映画『ボクの高校、海に沈む』上映日時

12月15日(土) 11:00

映画『クーリー・ハイ』の作品情報

【製作】
1975年(アメリカ映画)

【監督】
マイケル・シュルツ

【キャスト】
グリン・ターマン、ローレンス・ヒルトン=ジェイコブス

【作品概要】

『クーリー・ハイ』はスプリームスやミラクルズなど、モータウン・サウンドを代表する楽曲が全編に響き渡る、アフリカ系アメリカ人の若者のユーモラスで切実な生き様を描いた青春映画です。

Boyz Ⅱ Menをはじめ、映画ファンのみならず多くのアーティストにも影響を与えています。

Blu-ray素材により、日本初上映されます。

映画『クーリー・ハイ』上映日時

12月15日(土) 18:25

長谷川町蔵氏と山崎まどか氏によるトークショー開催予定

映画『BOY』の作品情報

【製作】
2010年(ニュージーランド映画)

【監督】
タイカ・ワイティティ

【キャスト】
ジェームズ・ロールストン、タイカ・ワイティティ、クレイグ・ホール

【作品概要】

公開当時、ニュージーランド本国で国内最高の興行収入を打ち立てた『BOY』が待望の日本初公開! 

いまや世界的なヒットメイカーとなったタイカ・ワイティティの描く一人の少年の成長譚は、批評家からも絶賛され、タイカ・ワイティティ作品の中でも非常に重要な一本となっています。

ワイティティ自身も主人公の父親役をワイルドに熱演しています。

Blu-ray素材による上映です。

映画『BOY』上映日時

12月16日(日) 13:00

まとめ

2018年12月15日(土)、16日(日)に座・高円寺2にて開催される『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』の全作品とスケジュール詳細が決定いたしました。

名作コメディ4本に加え、長編アニメーション映画『ボクの高校、海に沈む』、黒人版『アメリカン・グラフィティ』とも称される『クーリー・ハイ』、そして『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督の傑作『BOY』の3作品が上映決定!

3本全て日本初上映のとても貴重な機会となります。

詳細は公式イベントページにてお確かめ下さい。

関連記事

コメディ映画

映画『アイアンスカイ2』ネタバレあらすじと感想。続編では第三帝国の逆襲を描き次作は火星へとユニバース化!?

月面からナチスが攻めてくる“あの映画”のまさかの続編が登場! 映画『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』は2019年7月12日(金)ロードショーです。 今度は実は地底人類だったヒトラーが恐竜に乗って攻め …

コメディ映画

映画『帰ってきたヒトラー』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ヒトラーをテーマにした映画と聞くと、つい歴史的大作やシリアスな秀作を想像してしまい、 軽いノリで観るよりは、ちょっと心の準備をしてから観ようなんて思いませんか。 『帰ってきたヒトラー』は、ヒトラーがタ …

コメディ映画

このサイテーな世界の終わり シーズン1|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

Netflixオリジナルコンテンツの魅力は、その独特なコンセプトと世界観にあります。 今回は「家出少女」と「サイコパス」と言う、一味違った2人が「思春期」ならではの心と、社会の生きづらさに直面する様子 …

コメディ映画

幽幻道士キョンシーズあらすじと全5シリーズ放送日!FOXムービーにて

「キョンシー来る来る、今日も来る!お札をおでこに貼り付けて、死んでもお里に帰るため」ご存知カワイイ!テンテンちゃんが帰って来る〜!、もちろん、チビクロ、トンボ、スイカ頭もね。 幽玄道士キョンシーズは日 …

コメディ映画

映画『神様の思し召し』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

医者を主人公にしたテレビドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」や、マンガ「ブラックジャック」は大好きなのですが、今回ご紹介する映画も主人公はお医者さん。 映画がはじまり、医師トンマーゾが登場すると …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP