Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2019/01/20
Update

映画『翔んで埼玉』あらすじネタバレと感想。二階堂ふみが男装姿でGACKTと高校生役で実写化⁈

  • Writer :
  • 村松健太郎

前代未聞の愛と爆笑の“埼玉ディス映画”『翔んで埼玉』は、2019年2月22日(金)よりロードショー!

『パタリロ!』で知られる漫画家の魔夜峰央が、1982年に発表した未完の同題作品がまさかの映画化。

主演に男装の二階堂ふみとGACKT。この二人が高校生を演じています。

監督は阿部寛、市村正親、北村一輝に古代ローマ人を演じさせて大ヒットした『テルマエ・ロマエ』の武内英樹監督。

本作もまた手間暇かけて“漫画の虚構”の実写化に挑みました。主題歌は『佐賀県』で佐賀を自虐的に扱ったはなわが担当。実は彼は埼玉県春日部市で生まれています。

スポンサーリンク

映画『翔んで埼玉』の作品情報


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
魔夜峰央

【脚本】
徳永友一

【監督】
武内英樹

【キャスト】
二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、成田凌、間宮祥太朗、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、武田久美子、麿赤兒、竹中直人、京本政樹、JAGUAR

【音楽】
Face2FAKE

【主題歌】
はなわ『埼玉県のうた』

【作品概要】
『パタリロ!』の原作者として知られる漫画家の魔夜峰央が1982年から『花とゆめ』で3回に分けて連載した、当時住んでいた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画が原作。

それを二階堂ふみとGACKTをダブル主演で迎えて実写映画化しました。二階堂ふみが男性である百美役を演じ、GACKTが麻実役を務めます。

演出は「のだめカンタービレ」シリーズや「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹監督。

映画『翔んで埼玉』のキャラクターとキャスト


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

 

壇ノ浦百美(二階堂ふみ)


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

白鵬堂学院生徒会長を務める二年生男子。

麻実麗(GACKT)


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

アメリカから白鵬堂学院に転校してき転校生。実は埼玉解放戦の一員。

阿久津翔(伊勢谷友介)


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

東京都知事の執事。実は千葉解放戦線のリーダー。

埼玉デューク(京本政樹)

(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

埼玉解放戦線の伝説の指導者。

壇ノ浦建造(中尾彬)

百美の父親で現役東京都知事。

愛海(島崎遥香)

埼玉解放戦線の闘いの話をラジオで聞く女性。

Z組の生徒(加藤諒)

白鵬堂学院の最下層のクラスの生徒。


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

スポンサーリンク

映画『翔んで埼玉』のあらすじとネタバレ


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

灼熱の熊谷に住むOLの愛海は、結納のために東京に向かいます。

両親の運転する車のラジオから聞こえてくるのは、埼玉解放戦線がいかにして東京都に対して闘いを挑んだかという話。

白鵬堂学院。それは都会指数という基準でクラス分けされているエリート意識の塊のような高校。ここの頂点に君臨するのが都知事の長男百美。

しかし、そんな彼の前に一人の転校生がやってきます。彼の名前は麻実麗、アメリカ帰りの資産家の息子でした。

あらゆる面で百美を上回る才能を見せつける麗。

最初は対抗心バリバリだった百美でしたが、麗の魅力に惹かれてやがて恋に似た感情を抱きます。

そんなある日、二人が出かけた先で麗のメイドが“埼玉狩り”にあっているところに出くわします。

間に入る麗ですが、彼にも埼玉県人ではないかと疑いがかかります。

踏み絵代わりに差し出された草加せんべいを踏めなかった麗は、彼も埼玉県人である子が明らかになります。

池袋を経由して埼玉に戻ろうとした麗と、彼を慕って追いかけてきた百美は、埼玉解放戦線とは犬猿の仲の千葉解放戦線に捕まってしまいます。

千葉解放戦線は埼玉同様に東京に対して通行手形撤廃を目指して戦う組織でした。

そしてその指導者は執事として百美の家に仕える阿久津でした。

以下、『翔んで埼玉』ネタバレ・結末の記載がございます。『翔んで埼玉』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

阿久津は都知事に仕える一方で、千葉の権利向上を目指して暗躍していたのです。

阿久津は百美と麗を東京側に引き渡すことで、さらに自分たちの希望が叶うと考えています。

そこに割って入ったのが銀髪の剣士。彼こそが埼玉解放戦線の伝説的な指導者埼玉デュークでした。

デュークたちの助けによって埼玉に逃げ延びた二人、しかし百美がサイタマラリヤに感染してしまいます。

デュークは血清のある都内へ密かに百美を届けますが、その道中で銃撃に遭います。

デューク死すの一報は、埼玉解放戦線に大きな動揺が走ります。

さらにこれをチャンスと見た千葉解放戦線が攻め込んできます。

何とか埼玉解放戦線を固めた麗がそれを迎え撃ちます。

決戦の夜、意外な人物が阿久津のもとに訪れます。

それは埼玉デュークと歴代都知事が闇通行手形販売という、悪どい商売で貯めこんだ金塊を発見した百美。

埼玉と千葉の共倒れさせることを考えて、都知事の狙いを知った麗と阿久津が同盟を組み都庁に攻め入った同盟軍は、勝利を手にしました。

映画『翔んで埼玉』の感想と評価


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

自虐的な郷土愛

はなわの『佐賀県』。鳥取知事の“スタバはないけど砂場はある”ではありませんが、自虐的な郷土愛の示し方がちょっとしたブームになっています。

話す方も話される方も、苦笑いしつつもどこか好意的に受け入れられる不思議なブームです。

例えば漫画の『お前はまだグンマを知らない』や、鷹の爪団で知られるFROGMANの島根自虐カレンダーなどがあります。

こういったことは何も地方に限ったことではなくて、いつまでも終わらない横浜駅の工事をネタにした小説『横浜駅SF』などもあります。

ちなみに、私は横浜市身ですが、横浜市民は神奈川県への帰属性が薄くて有名です。


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

馬鹿馬鹿しいことこそ大真面目に


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

ここまで突き抜けた題材でなくてもフィクションはフィクションであり、虚構の存在、創造物でしかありません

それを少なくとも上映時間の間は、忘れさせるのが創り手の義務なのですが、意外とこういう基本的なことを疎かにする創り手が多いのも現実です。

そんな中で武内英樹監督は、『のだめカンタービレ』『テルマエ・ロマエ』『今夜、ロマンス劇場で』と言った作品で丁寧に時間と手間をかけて虚構を現実に見せくれます。

『テルマエ・ロマエ』では、わざわざイタリアの老舗映画スタジオのチネチッタにロケに行ったほどです。

その部分をしっかりしていることもあって、『翔んで埼玉』が変な物語には思えても、二階堂ふみとGACKTが高校生を演じていても変に思えないのです。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

原作者の魔夜峰央が1982年に自らも居を構えていた埼玉県を、自虐的に描いたギャグ漫画を二階堂ふみとGACKTをダブル主演に迎えて、臨んだ完全実写化。

1982年に『花とゆめ』で発表してから、30年以上の時が経った2015年に復刊されると、再び大きな反響がSNSなどで話題となった『翔んで埼玉』。

愛と爆笑の“埼玉ディス映画”『翔んで埼玉』は、2019年2月22日(金)よりロードショーとなります。

ぜひ、“前代未聞のディス映画”の笑いを劇場でご覧ください!


(C)2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

関連記事

コメディ映画

チャップリン映画『独裁者』あらすじネタバレと感想。地球儀とスピーチの名場面でヒトラーを痛烈批判

ヒトラーを真っ向から笑い者にしたチャップリン映画最大のヒット作 “喜劇王”チャールズ・チャップリン監督・主演の、1940年製作の映画『チャップリンの独裁者』。 製作時にヨーロッパで猛威を振るっていた、 …

コメディ映画

映画ラヂオの時間|ネタバレ感想とあらすじ結末の考察解説。伏線/名言だらけの渡辺謙出演コメディは三谷幸喜の初監督作

映画『ラヂオの時間』は三谷幸喜監督による初の長編作品。 熱海で主婦と漁師が恋に落ちる内容のラジオドラマが、主演女優のわがままで設定が変わったことをきっかけに、アメリカを舞台にしたスケールの大きなシナリ …

コメディ映画

映画『ゾッキ』ネタバレあらすじと結末までの感想評価。竹中直人×山田孝之×齊藤工がロケ地の愛知県で制作したコメディ

大橋裕之原作を実写化した映画『ゾッキ』の魅力 独特の作風から「孤高の天才」と称される漫画家、大橋裕之の幻の原作を実写化した映画『ゾッキ』。 本作は日本を代表する俳優、竹中直人、山田孝之、齊藤工が共同で …

コメディ映画

超高速!参勤交代|動画無料視聴は!ネタバレあらすじと感想評価【本木克英監督作品】

日本には時代劇の作品がいくつもありますが、その中でコメディ色が強いにも拘らず、第57回ブルーリボン賞作品賞を初め、かずかずの賞を受賞した、江戸時代の参勤交代が題材の『超高速!参勤交代』を紹介します! …

コメディ映画

ネタバレ感想『おとなの事情 スマホをのぞいたら』結末を解説。日本リメイク映画はキャストの演技力合戦が見どころ!

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』は2021年1月8日(金)ロードショー。 パオロ・ジェノベーゼ監督が2016年に製作したイタリア映画『おとなの事情』。スマートフォンの通話やメールの履歴をさらけ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学