Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

ビートルズ映画の名古屋上映の開催日や時間は?ReNYlimitedにて

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ザ・ビートルズの来日記念日である6月29日(木)に、『A HARD DAY’S NIGHT(邦題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! )』の一夜限りの上映会を開催!

会場は名古屋ReNY limitedで、当日は声出し!絶叫もOK!ライブハウスならではの迫力あるサウンドでの上映をお楽しみいただきます。

スポンサーリンク

1映画『A HARD DAY’S NIGHT』の上映とイベントも開催!

2017年6月29日は51年前にザ・ビートルズが日本に来日した記念日。来日から半世紀以上を経ても多くの音楽ファンを魅了し続けるザ・ビートルズ。

あどけなさの残る若き4人の姿をドキュメンタリーとフィクションの両面からとらえた傑作映画が半世紀の時を経て鮮明に蘇ります。

また、上映前には日本人として初めてザ・ビートルズの単独取材に成功した元ミュージック・ライフ編集長の星加ルミ子さんのトーク・イベントも開催。

会場には『A HARD DAY‘S NIGHT』に関連した貴重なお宝なども特別展示される予定です。

さらには、CBC会館1階のCBC LOVEARTH SHOPでは、今回の上映会を記念して、2017年6月5日より6月28日まで、ザ・ビートルズ関連のグッズ、書籍・雑誌の販売、来日時の写真パネルなどが展示されます。

往年のビートルズファンのみならず、新たなビートルズファンも満足させてくれるイベントになるのでしょう。

2.ビートルズ映画『A HARD DAY’S NIGHT』の作品情報

【監督】
リチャード・レスター

【脚本】
アラン・オウェン

【音楽】
ジョージ・マーティン

【キャスト】
ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ウィルフレッド・ブラムベル、ノーマン・ロシントン、ビクター・スピネッチ、ジョン・ジャンキン、デレク・ガイラー、


https://www.amazon.co.jp/映画プレミアパンフレット-「-Night(ア・ハード・デイズ・ナイト)(1983年-リチャード・レスター-出演-ポール・マッカートニー-ウィルフレッド・フランベル/dp/B0068UZ7A4

【概要】
イギリスで短編コメディを作っていたテレビ局の仕事をしていたリチャード・レスターによる監督作品

彼がこの作品をきっけに映画界へ進出して後に名匠と呼ばれるまでになった原点の作品です。

脚本のアラン・オーウェンは、アメリカで量産されていたミュージシャン映画のメロドラマといったスタイルを使用せずに、イギリス気質のあるコメディ作品にしようと考えたのです。

しかも、ビートルズの忙しい日常をドキュメンタリータッチで描くことにしました。

それはビートルズがビートルズ自身の風刺漫画を演じるという、当時は画期的で斬新な作品になったのです。

この作品の中で、もちろん4人はそれぞれ主役。それでも特に印象に残る演技を披露しているのが、この作品のタイトルの考案者でもあり、ビートルズのコメディ面を担当していたリンゴ・スター。

今作の演技が絶賛されたリンゴは、次作『ヘルプ!4人はアイドル』やビートルズ解散後は映画出演への仕事が多くなりました。

アメリカでの成功を念頭においていたため、サウンドトラックも兼ねた同名のアルバムを製作。

ビートルズがデビュー後初めて、カバー曲を収録せずに彼らのオリジナル曲のみ収録したアルバムとなっています。

しかし、当時のビートルズは多忙を極めており、作曲からレコーディングまでは、わずか2週間しかありませんでしたが、クオリティの高い伝説的なアルバムに仕上がっています。

また、映画制作としてはアメリカでの失敗を恐れて、低予算のモノクロで制作されました。しかし、結果は大ヒット!

かえってモノクロームしたことで、現在から見ればドキュメンタリータッチを増す結果にもなっています。

スポンサーリンク

3.監督をしたリチャード・レスターのプロフィール

カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞作『ナック』(1965)

リチャード・レスター(Richard Lester)は、1932年1月19日生まれのアメリカの映画監督。

ペンシルベニア大学卒業後、テレビのディレクターとなり、1959年にイギリスでピーター・セラーズたちと制作した短編映画『とんだりはねたりとまったり』が評判となった。

ビートルズ主演映画『A HARD DAY’S NIGHT・ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』(1964年)の監督として注目されます。

1965年に公開された『ナック』はカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞の栄冠に輝きました。

コメディやサスペンス、また、アクションなど様々なジャンルで秀作を生み出した職人肌の監督でもあります。

ワイヤージレンマという、時限爆弾の赤い線と青い線どちらを切るといった誰もが知る描写の元祖とされる『ジャガーノート』(1974)や、オードリー・ヘプバーンの映画復帰作『ロビンとマリアン』(1976)などもあります。

また、1980年代に製作された『スーパーマン』シリーズなども代表作ですが、現在のアメコミ映画マーベル映画やDC映画にその影響を与えています。

ビートルズが主演した2作品は、プロモーションビデオの先駆けとして、MTVからは“あなたはMTVの父だ”との賛辞を贈られています。

【主な監督作品】
『とんだりはねたりとまったり The Running Jumping & Standing Still Film』(1959)
『聖者が街にやってくる It’s Trad, Dad!』(1962)
『月ロケット・ワイン号 The Mouse on the Moon』(1963)
『ビートルズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! A Hard Day’s Night』(1964)
『ヘルプ!4人はアイドル Help!』(1965)
『ナック The Knack …and How to Get It』(1965)
『ローマで起った奇妙な出来事 A Funny Thing Happened on the Way to the Forum』(1966)
『ジョン・レノンの 僕の戦争 How I Won The War』(1967)
『不思議な世界・未来戦争の恐怖(別題『リチャード・レスターの不思議な世界』) The Bed Sitting Room』(1969)
『三銃士 The Three Musketeers』(1973)
『四銃士 The Four Musketeers』(1973)
『ジャガーノート Juggernaut』(1974)
『ロビンとマリアン Robin and Marian』(1976)
『さらばキューバ Cuba』(1979)
『新・明日に向って撃て! Butch and Sundance: The Early Days』(1979)
『スーパーマン II/冒険篇 Superman II』(1980)
『スーパーマン III/電子の要塞 Superman III』(1983)
『マネーハンティングUSA/500万ドルを追いかけろ Finders Keepers』(1984)
『新・三銃士/華麗なる勇者の冒険 The Return of the Musketeers』(1989)
『ゲット・バック Get Back』(1991)

4.ザ・ビートルズ『ハード・デイズ・ナイト』の開催日時

【イベント名】
ザ・ビートルズ『ハード・デイズ・ナイト』一夜限りの大迫力上映会

【上映開催日時】
2017年6月29日(木)18時30分開場 19時開演

【場所】
名古屋ReNY limited (松坂屋北館地下二階)

【イベント内容】
第1部「星加ルミ子(元ミュージック・ライフ編集長)トーク・イベント」
第2部 ザ・ビートルズ『ハード・デイズ・ナイト』大迫力上映

【入場チケット】
全席自由席 3,500円(税込)(ドリンク代別途必要)
※来場特典として『ハード・デイズ・ナイト』栞セットをプレゼント

【主催】
CBCテレビ

【発売プレイガイド】
チケットぴあ、ローソンチケット、e+(イープラス)、CBCラヴァースショップ(052-242-1181)

【お問合せ】
CBCテレビ事業部 052-241-8118(平日10:00~18:00)

【関連催事】
記念展示・販売会:2017年6月5日~6月28日(平日10:00~18:00)
CBC LOVEARTH SHOP(CBC会館1階:052-242-1181)

【展示販売会内容】
ザ・ビートルズ関連のグッズ、書籍・雑誌の販売、来日時の写真パネルなどが展示。
※入場無料・グッズ購入者先着80名限定 特製シールプレゼント

スポンサーリンク

まとめ

ザ・ビートルズをよく知る往年ファンにはまたとない上映イベント!また、新たにビートルズを知ったファンやこれから興味を持たれるかもしれないあなたも、きっと満足する作品が『A HARD DAY’S NIGHT(邦題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! )』です。

さらにはコメディ映画としても歴史的な1作品に挙げられることから、コメディ映画ファンも見逃したくはない映画です。

ビートルズファン、リチャード・レスターファンは上映会が待ち遠しいですね。

「ザ・ビートルズ『ハード・デイズ・ナイト』一夜限りの大迫力上映会」は、2017年6月29日(木)18時30分開場 19時開演です!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

コメディ映画

映画『引っ越し大名!』ネタバレ感想レビューと評価。高橋一生がこれまでにないキャラで演じた鷹村源右衛門に感服!

映画『引っ越し大名!』は2019年8月30日(金)より全国公開! 「超高速!参勤交代」シリーズを手がけた土橋章宏の小説『引っ越し大名三千里』を、主演に星野源を迎え、高橋一生と高畑充希を共演。 また『の …

コメディ映画

映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』ネタバレ感想と考察評価。元ネタ事件の真相と“馬”に関わる田舎町での出来事

静かな田舎町で、突如起きたある男の不可解な死が波紋を呼ぶ 死の真相を知る2人の男が、何故か真実を隠そうと悪戦苦闘するダークコメディ映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』。 「アメリカの病的な部分」 …

コメディ映画

実写映画『かぐや様は告らせたい』あらすじネタバレと感想。平野紫耀×橋本環奈演じる“恋愛頭脳戦”

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』は2019年9月6日(金)にロードショー公開! アニメ化でも大きな話題となった赤坂アカの同名人気コミックがついに実写映画化。 監督を務めたのは、『兄に …

コメディ映画

映画『セルジオ&セルゲイ』あらすじネタバレと感想。実在のクリカレフをモデルにした異色のコメディ作品

映画『セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!』は、12月1日から新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。 “キューバと宇宙とNY”、映画の舞台は一見共通点がなさそうな3つの場所。 そこから境遇の違う3人のおっさ …

コメディ映画

シネマ歌舞伎2018弥次喜多はコナンも借用⁈『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』は超エンタメだ

シネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』は、6月9日より東劇他にて全国公開。 何か笑えるような楽しい日本映画が観たいと思った時に、実はオススメなのがシネマ歌舞伎! 歌舞伎座の夏芝居の風物詩として …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学