Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2020/04/06
Update

チャップリン映画『街の灯』ネタバレ感想とラストまでのあらすじ。結末の娘の名言を研究家の大野裕之は如何に評したか

  • Writer :
  • 松平光冬

恋する娘のために奮闘する放浪紳士を描いたチャップリン映画の代表作

“喜劇王”チャールズ・チャップリン監督・主演の、1931年製作の映画『街の灯』

目の見えない花売り少女のために奮闘する男を描いた感動作を、ネタバレ有でレビューします。

スポンサーリンク

映画『街の灯』の作品情報

【日本公開】
1934年(アメリカ映画)

【原題】
City Lights

【製作・監督・脚本】
チャールズ・チャップリン

【撮影】
ローランド・トザロー

【キャスト】
チャールズ・チャップリン、ヴァージニア・チェリル、フローレンス・リー、ハリー・マイヤーズ、アラン・ガルシア、ヘンリー・バーグマン、ハンク・マン

【作品概要】
“喜劇王”チャールズ・チャップリンが監督・主演を務めた、1931年製作のコメディ映画。チャップリン扮する浮浪者が、偶然知り合った盲目の花売り娘を救うべく奮闘する様を描きます。アメリカでは大ヒットを記録し、日本でも歌舞伎演目『蝙蝠の安さん』として翻案されるなど高く評価。

イギリスBBCが2015年に発表した「史上最高のアメリカ映画100本(The 100 Greatest American Films)」では、18位に選出(17位は同じチャップリン製作の『黄金狂時代』)されています。

映画『街の灯』のあらすじとネタバレ

参考:『街の灯』の1シーン

街の銅像除幕式で騒ぎを起こした一人の浮浪者は、町で花を売っている盲目の女性と出会います。

浮浪者は彼女に一目惚れするも、その娘からは、大富豪だと勘違いされてしまいます。

その夜、浮浪者は偶然にも、入水自殺を図ろうとする大富豪を助けます。

泥酔した富豪は、彼を命の恩人だとして共にダンスホールへ繰り出し、一晩中遊び回ります。

しかし、一晩明けて素面に戻った富豪は、前夜のことを覚えておらず、執事に言って彼を家から出してしまうのでした。

浮浪者は街の清掃員になり、稼いだ金を花売り娘のために使うことに。

娘の家を訪れては、紳士のように振舞って彼女を援助します。

しかし、娘とその祖母が、家賃滞納により部屋の立ち退きを迫られており、さらに彼女が床に臥せてしまったことを知ってしまいます。

娘のために働き続けようとする浮浪者でしたが、遅刻してしまったことで仕事をクビに。

どうする術もなく街を歩いていた浮浪者に、男が八百長ボクシングへの出場を持ちかけます。

大金が入ると聞いて試合に出ることにした浮浪者でしたが、予定が変わり対戦相手が腕っぷしの強いボクサーになってしまいます。

浮浪者は、あの手この手を使って勝とうとしますが、あえなくノックアウトされるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『街の灯』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その夜、再び街をさまよっていた浮浪者の前に、あの酔っ払いの大富豪が姿を現します。

邸宅に招かれた浮浪者が娘の事情を話すと、富豪は家賃と目の手術代として1,000ドルを渡してくれます。

ところが、室内には強盗が潜んでいました。

彼らに背後から頭を強打され気を失った富豪を見て、警察を呼ぶ浮浪者。

警官が到着するも強盗は逃げてしまい、執事から仲間だと疑われた浮浪者は、富豪の知人であることを訴えます。

しかし、意識を取り戻した富豪から出た言葉は、「この男は誰だ?」でした。

逮捕されようとする寸前で浮浪者は逃走し、その足で娘の家を訪れ、1,000ドルを渡してその場を立ち去ります。

その後、浮浪者は、張りこんでいた警察に捕まってしまうのでした。

それから月日が流れ、出所した浮浪者が街をさまよいます。

道端に落ちていた花を拾おうとしたところを、街の子どもたちに弄られる浮浪者。

その様子を笑って見ていたのは、立派な生花店を構えるあの娘でした。

娘の姿を見つけ、思わず笑みを浮かべる浮浪者。

自分に一目惚れしたと思った娘は、彼にお金と一輪の花を恵もうとします。

慌ててその場を離れようとする浮浪者に近づき、手を握った娘。

一瞬の間を置いて、娘が言います。「あなたでしたの?」

浮浪者が言います。「見えるようになったんだね、目が」

「ええ、見えるようになりました」、そう答えて微笑む娘に、浮浪者は笑顔を返すのでした――。

スポンサーリンク

映画『街の灯』の感想と評価

製作期間3年をかけた力作

参考:『街の灯』の浮浪者と花売り娘の出会いシーン

スタンリー・キューブリックやアンドレイ・タルコフスキー、ウディ・アレンといった錚々たる監督たちも、チャップリン映画のベストに挙げている本作『街の灯』。

大富豪の紳士と間違われたホームレスの浮浪者が、一目惚れした盲目の花売り娘のために奮闘するという、数あるチャップリン映画の中でも、ユーモアとペーソスが絶妙に織り交ぜられた作品といえます。

製作においても、チャップリンのフィルモグラフィ上、最も長い3年という期間をかけており、浮浪者と花売り娘が出会う序盤の3分間のシーンだけで、1年以上かけて撮影されています(もっともそれだけ要したのは、チャップリンと娘役のヴァージニア・チェリルの不和が原因とも)。

ラストシーンの解釈

参考:『街の灯』のラストシーン

浮浪者と娘の再会という感動的なラストで締めくくられる本作。

ですが、この2人については、映画ファンの間では長らく議論の的となっています。

浮浪者の笑顔からは、正体を知られてしまったことへの戸惑いが感じられ、かたや娘の笑顔からは、恩人が大富豪ではなかったというショックを感じる――そう指摘する批評家は少なくありません。

見方によっては、残酷なラストとも捉えられます。

映画評論家の水野晴郎も、解説を務めた番組『水曜ロードショー』内で、「2人は結ばれずに、男は放浪の旅に出ていくのではないか」と語っています。

一方で、チャップリン研究の第一人者とされる大野裕之は、「娘の『見えるようになりました』という言葉は、物理的な視力ではなく“心”の目が回復したことを意味する」と考察します。

もちろん解釈は、観た人の判断に委ねられますし、どう捉えても、それが回答になるのです。

まとめ

参考:『街の灯』の1シーン

アニメ映画『WALLE/ウォーリー』(2008)で、あらすじのプロットを引用されるなど、今もなお形を変えて愛される本作『街の灯』。

冒頭での除幕式や、二面性が激しすぎる富豪とのやり取り、爆笑必至のボクシング試合、そしてラストの娘との再会など、印象的なシーンが満載となっています。


関連記事

コメディ映画

Netflix映画『マイヤーウィッツ家の人々』ネタバレ感想とラスト結末までのあらすじ。ダスティンホフマンが偏屈老人芸術家を演じる

芸術家の頑固親父に振り回される異母兄弟達の狂騒曲 異母姉弟たちが、ニューヨークで暮らす老いた父親のもとに集まり、翻弄されながらも絆を強くしていく様をユーモラスに描いた、『マイヤーウィッツ家の人々』をご …

コメディ映画

映画『ハッパGoGo大統領極秘指令』あらすじネタバレと感想。虚実入り混じりのドラッグ・ムービー

アメリカに渡ったウルグアイ人親子に与えられた極秘ミッション。 それは、「マリファナの供給ルートの確保」だった―― ウルグアイ発のコメディ『ハッパGoGo 大統領極秘指令』が、2019年7月13日(土) …

コメディ映画

映画『ピーターラビット』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

イギリスの名作絵本「ピーターラビット」を初めて実写映画化。 原作とは雰囲気が違う、ワイルドなピーターラビットの活躍を描いた、2018年5月18日から公開中の映画『ピーターラビット』を、ご紹介致します。 …

コメディ映画

ネタバレ感想『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』2018年もローワン・アトキンソンに爆笑⁈

「Mr.ビーン」シリーズのローワン・アトキンソンが演じる、変なおっさんにして英国諜報部のエージェント、“ジョニー・イングリッシュ”が帰ってきた! だが、スキルも笑いのネタも?アナログ世代の彼にとって、 …

コメディ映画

映画『決算!忠臣蔵』あらすじネタバレと感想。キャスト堤真一×岡村隆史らで描く『忠臣蔵』の“お金”事情

映画『決算!忠臣蔵』は2019年11月22日(金)より全国ロードショー公開! 時代劇の定番『忠臣蔵』を“お金”という視点で捉え直し、新しい一面を描く新感覚時代劇。 監督を務めたのは中村義洋。多くのヒッ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP