Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/03/20
Update

映画『裏アカ』あらすじ感想と評価解説。結末が気になる“SNSの裏アカウント”を通して出会う男女の「葛藤と欲望の闇」

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『裏アカ』は2021年4月2日(金)より全国順次公開。

仕事への不満から、裏アカを作成し過激な投稿を続けるようになった真知子を通して、現代の二面性を描き出した映画『裏アカ』

「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015」で準グランプリを受賞し、本作で監督デビューを果たした加藤卓哉が、現代社会が抱える「心の闇」や「欲望」を映し出した、本作の魅力をご紹介します。

映画『裏アカ』の作品情報


(C)2020映画「裏アカ」製作委員会

【公開】
2021年公開(日本映画)

【監督】
加藤卓哉

【脚本】
高田亮、加藤卓哉

【キャスト】
瀧内公美、神尾楓珠、市川知宏、SUMIRE、神戸浩、松浦祐也、仁科貴、ふせえり、田中要次

【作品概要】
裏アカを作成し、危険な投稿を続け快感を覚えていた真知子が、年下の男性「ゆーと」と出会った事で、さまざまな感情が錯綜するようになっていく人間ドラマ。

裏アカの危険な快感に溺れる真知子を『火口のふたり』(2019)での、体当たりの演技が話題になった瀧内公美が演じます。

真知子が出会う、不思議な魅力を持つ男性「ゆーと」を演じるのは、2019年のドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』など、話題作に出演している神尾楓珠。

真知子の勤めるアパレルメーカーのオーナー北村を、田中要次が演じる他、ふせえり、神戸浩、松浦祐也、仁科貴など、個性豊かな俳優陣が出演しています。

本作は木村大作、降旗康男、原田眞人、成島出など、日本を代表する数々の名監督の下で、これまで助監督を務めてきた加藤卓哉の、監督デビュー作となります。


映画『裏アカ』のあらすじ


(C)2020映画「裏アカ」製作委員会

青山のアパレルショップで、店長を務める伊藤真知子。

真知子は、仕事で結果を出す事が出来なくなっており、ミーティングの場でも、自身の意見は無視されてしまいます。

さらに、Instagramを使いこなす、後輩のカリスマ店員、新堂さやかにもどんどん仕事を奪われていき、真知子は自身の居場所を失っていく感覚に陥ります。

ある時、さやかから「店長もSNSを活用した方がいい」と提案されますが、真知子のTwitterフォロワー数は少なく、真知子は次第に「自分が誰にも必要とされない人間」と考え始めます。

精神的に追い詰められた真知子は、Twitterの裏カウントを作成し、下着姿で自身の胸元を撮影した際どい写真を投稿します。

すると、すぐにTwitterへ反応があった事から、真知子は快感を覚え、次々に過激な写真を投稿するようになります。

真知子の過激な写真に反応するメッセージの中に「リアルで会いたい」「もっと自分を解放して」と、他とは違うメッセージを送る人物がいました。

アカウント名「ゆーと」と名乗る、その男性が気になった真知子は、実際に「ゆーと」へ会いに行きます。

年下で、無邪気な雰囲気を持つ「ゆーと」と、真知子は普段とは違う特別な時間を過ごし、次第に惹かれていくようになります。

ですが、「ゆーと」と実際に会うのは一度きりの約束で、それ以降の連絡を「ゆーと」から拒絶されます。

心が満たされない真知子は、次第に裏アカを通して、複数の男性と関係を持つようになりますが、心は乾き続けたままです。

自身の心が壊れ始めた事に、苦しむようになる真知子でしたが、あるキッカケで「ゆーと」と再会します。

しかし再会の時から、2人の関係は思わぬ方向へと進んでいき……。

映画『裏アカ』感想と評価


(C)2020映画「裏アカ」製作委員会

SNSの「裏アカウント」をテーマに、現代人の抱える「孤独」や「欲望」を描いた人間ドラマ『裏アカ』。

タイトルにもなっている「裏アカウント」とは、SNS上で開設したメインのアカウントとは別に、秘密裏に開設した、文字通り裏のアカウントを意味する言葉です。

「裏アカウント」は、匿名だったり、メインのアカウントとは全然違う名前になっていたりと、発信者が特定されないようになっている事が多く、だいたいが訳アリです。

本作の主役である伊藤真知子は、仕事で結果が出せない焦りから、自身の胸元を投稿する為のアカウント「march」を開設します。

「march」には、真知子の過激な投稿に反応した、卑猥な男性からのメッセージが多く届くようになり、次第に真知子は、現実社会では味わえない快楽を覚えていきます

序盤の展開で、いきなり真知子が裏アカを作り、過激な投稿を始めるので、唐突に感じるかもしれません

ですが、そこには真知子が抱える、現代社会ならではの孤独があるのです。

現実社会で強要される「本音と建て前」


(C)2020映画「裏アカ」製作委員会
現実社会の真知子は、青山のアパレルショップで店長を務める、これまで仕事の為に生きてきた女性です。

オーナーの北村にも対等に意見をし、北村もどこか真知子を頼っているように見える為、もしかすると2人でショップを立ち上げ、大きくしてきたのかもしれません。

ここまで見ると、真知子は男性相手でも対等に仕事を進める事ができる、社会における「強い女性」に見えます。

ですが、自宅に帰った真知子は、1人で無機質な部屋に住んでおり、かなり孤独で無気力な印象を受けます。

真知子は、社会で「強い女性」という偽りの自分を演じていたのでしょう

その反動から、普段は無気力になってしまい、本当の自分を誰かにさらけ出したい衝動に駆られ、裏アカを作り、過激な行動に出たのです。

これは真知子に限らず「本音と建て前」を使い分けなければならない、現実社会で誰もが経験している事ではないでしょうか?

皆さんは学校や会社の中で、周囲の目を常に気にした、偽りの自分を演じていませんか?

と言うより、今の社会は「ちゃんとした学生」「ちゃんとした社会人」を演じる事を、強要されますよね

現代人は誰しも「本音と建て前」の二面性を、自然と使い分けるようになっていますし、そうする事が「ちゃんとした人」と判断される、考えてみれば息苦しい世の中ですね。

本来なら、TwitterやInstagramなどのSNSは、自身のありのままのプライベートを投稿すれば良いのですが、知り合いが見る事を気にして、ここでも「本音と建て前」が必要になってきます。

本当に思った事を書き込もうとしても「誰が見てるか分からない」という気持ちになり、怖くなる時があります

ですが、もし自分が特定されない裏アカであれば、かなり過激な書き込みが出来てしまうかもしれません。

真知子は、自身が特定されないような裏アカを作り、危険な投稿を始める事で「裏の快楽」とも呼べる感覚に目覚めるのですが「本音と建て前」を強要される、息苦しい世の中を考えると、共感できる部分もあり、これは現代人の「心の闇」とも言えます

現代社会に潜む「心の闇」と「SNSの危険性」


(C)2020映画「裏アカ」製作委員会

「裏の快楽」に目覚めた真知子の前に「ゆーと」と名乗る、年下の男性が現れます。

この「ゆーと」も、作品後半で登場する、原島という男の裏アカだった事が判明します。

原島が、裏アカを作成した理由も明かされるのですが、そこには「本音と建て前」を強要する社会が生み出した、モンスター的な恐怖があり「本当に、こういう人いるよね」という、リアリティがあります。

本作は、真知子と原島、2人の男女の「心の闇」を裏アカウントをテーマに描いています。同時に、SNSにハマりすぎてしまう事の危険性も訴えています

では、息苦しくなった現代で「人との距離感」をどう保てば良いのでしょうか?

その1つの答えが、作中に登場する「ふじ食堂」のシーンで表現されていると感じました

現代社会において必須となったSNSとリアルな人間の距離感や付き合い方について、本作を通して、再度考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ


(C)2020映画「裏アカ」製作委員会

真知子と原島、2人の男女の「心の闇」を描いた映画『裏アカ』。

瀧内公美と神尾楓珠が、それぞれ真知子と原島の「心の闇」を、リアルな演技で表現しています。

「リアルとは何のか?」「現実とは何のか?」という問いに対して、ラストでの真知子のシーンが、1つの答えであると感じました

他人と接する際に、偽りの自分を演じなければなりませんが、時には周囲を頼り、自然な自分をさらけ出す事も大切なのかもしれません。

映画『裏アカ』で描かれている物語は、決して他人事ではありませんでした。

映画『裏アカ』は2021年4月2日(金)より全国順次公開!



関連記事

ヒューマンドラマ映画

古舘佑太郎映画『アイムクレイジー』あらすじネタバレと感想。音楽を愛するゆえに苦悩する青年の成長物語

映画『アイムクレイジー』は2019年8月24日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開 人気バンド「2」のボーカル/ギターを務めながらも俳優としても活躍する古舘佑太郎が、音楽の道を諦め …

ヒューマンドラマ映画

ある人質 生還までの398日|ネタバレ結末とラスト解説。 実話で描くISに囚われた写真家を救出する家族たちの思い

人質となった写真家と彼を救うために奔走した家族の実話を元に描く奇跡の生還劇 シリアで人質となり、奇跡的に生還したデンマーク人写真家ダニエル・リューの実話を元に描いたヒューマンドラマ。 映画『ある人質 …

ヒューマンドラマ映画

映画『旅猫リポート』あらすじネタバレと感想。福士蒼汰が原作有川浩作品に挑戦!

「図書館戦争」シリーズ『空飛ぶ広報室』などで知られる有川浩が、一生のうちで一本しか書けないと自負する物語『旅猫リポート』を映画化。 主演は今をときめく福士蒼汰。彼と共に旅をする猫のナナの声に高畑充希。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ドント・ウォーリー』ネタバレあらすじと感想。監督ガス・ヴァン・サントが多くの死を乗り越え結実させた作品

映画『ドント・ウォーリー』は2019年5月3日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。 世界一有名な風刺漫画家ジョン・キャラハンの数奇 …

ヒューマンドラマ映画

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生|あらすじと感想【実話】

ドイツで大ヒットを記録した感動の実話を映画化し、笑って沁みて元気になるハートフルなエンターテイメント『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』。 突然、先天性の病気で95%の視覚を失った青年サリー …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学