Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/08/27
Update

映画『悪の華』あらすじネタバレ感想と結末ラストの評価解説。伊藤健太郎と玉城ティナの演技力で“ムキ出しの荒々しさ”を存分に発散させた暗黒青春劇

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『悪の華』2019年9月27日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!

押見修造の同題人気コミックに惚れ込んだ井口昇監督が映像化した、暗黒青春劇。

累計発行部数300万部を記録し、テレビアニメ化もされた押見修造の『悪の華』。

フランスの詩人ボードレールに耽溺する主人公の春日高男に伊藤健太郎が演じ、彼を振り回すヒロイン・仲村佐和に玉城ティナが務めました。

中学と高校のそれぞれのパートで重要な役どころで新鋭の秋田汐梨と飯豊まりえがと出演します。

カルト的な人気映画『片腕マシンガール』の井口昇監督が演出を務め、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の岡田麿里が脚本を担当しています。

スポンサーリンク

映画『悪の華』の作品情報


(C)押見修造/講談社 (C)2019映画「惡の華」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
押見修造

【脚本】
岡田麿里

【監督】
井口昇

【キャスト】
伊藤健太郎、玉城ティナ、飯豊まりえ、秋田汐梨、坂井真紀、鶴見辰吾、高橋和也

【作品概要】
鬱屈した青春の暗黒面を描いた、押見修造の原作に惚れ込んだ井口昇監督が念願の映画化。ダブル主演で伊藤健太郎と玉城ティナ暗黒青春劇。

共演に飯豊まりえ、秋田汐梨、坂井真紀、高橋和也、鶴見辰吾が脇を固めています。

映画『悪の華』のあらすじとネタバレ


(C)押見修造/講談社 (C)2019映画「惡の華」製作委員会

山に囲まれた閉塞感のある町で暮らす青年・春日高男。彼はフランスの詩人シャルル=ピエール・ボードレールの「悪の華」を心のよりどころする、陰鬱とした生活を送っています。

ある日の放課後、春日は誰もいない教室で想いを寄せる佐伯奈々子の体操服を発見、思わず持ち帰ってしまいます。

その姿を仲村佐和に見られてしまっていました。佐和は教師に暴言を吐き、家庭でも暴力的な態度をとるような問題児でした。

黙っている代わりに言うことを聞くことを約束された高男は、佐和から変態と罵られながらも逆らえない日々を送ることになりました。

高男を変態と罵る一方で、佐和は自分も同じ変態なんだと告白します。

佐和の思惑もあって佐伯奈々子と交際するようになった高男。しかし体操服の一件を言い出せず苦しい思いが募ります。

ある夜、佐和に全てを告白したいと語った高男に対して、今までの悪行を全て黒板に書き出せと言い放ちます。

最初は黒板だけだった高男の告白は、やがて墨汁をぶちまけ教室中に自分の中の暗部をぶちまけます。

翌朝、騒動について問い詰められて高男は佐和と共に家を飛び出します。街を囲む山を乗り越えようとした二人でしたが結局向こう側には行けずに終わりました。

夏休みになり秘密基地を作った高男は、佐和と暗い密会に没頭していきます。

佐伯奈々子は二人の間に割って入ろうとしますが、高男はそれを拒みます。

高男に拒絶された奈々子は基地に火を放ちます。

その場を後にした高男と佐和は、夏祭りのやぐらを占拠し心中騒動未遂を起こします。

以下、『悪の華「』ネタバレ・結末の記載がございます。『悪の華』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)押見修造/講談社 (C)2019映画「惡の華」製作委員会

それから数年、土地を離れて別の土地で高校生となった高男「悪の華」も捨てて灰色の日々を送っていました。

ところが偶然、同じ高校の女子高生常盤文が「悪の華」を手にしていることを高男が見かけたことで、二人は親しくなっていきます。

実は作家を目指していた文は、プロットを書き溜めたノートを高男に見せます。

高男との関係が深まっていく中で文は高男の過去・佐和との出来事を聞かされます。

戸惑う文ですがこれから高男と共に歩んでいきたいという思いから、高男とともに佐和の住む町に向かいます。

そこにいた佐和は、中学時代が嘘のようにとても落ち着いていました。

海辺で再会を果たした高男と佐和、そしてその様子を見守る文。

やがて、佐和は高男に、二度と目の前にあわられるなと言い放ち別れを告げます。

しっかりと佐和と別れることができた高男は、文と二人で暮らす街へと帰っていきます。

スポンサーリンク

映画『悪の華』の感想と評価


(C)押見修造/講談社 (C)2019映画「惡の華」製作委員会

若き俳優・伊藤健太郎の演技力

本作は“若きテクニシャン”伊藤健太郎の実力を、改めて感じることができる作品です。

この人が出ると、映画自体はちょっという時も彼が出てくると、映画の中のクオリティを一段、二段上に跳ね上げてくれます。

この作品では、主人公の中学生と高校生を演じています

どちらも“陰キャ”であることは変わりませんが、ある事件の前後ということで、全く違うタイプを陰キャになっていて、その演じ分けに注目です。

一般的に言えば2018年秋のドラマ『今日から俺は‼︎』の出演で、一気認知度が上がったかもしれませんが、その前の作品も見返して見ると面白いものが多いかもしれません。

ちなみにデビュー時の芸名は健太郎でしたが、『今日から俺は‼︎』の役名が本名と同じ“伊藤”だったこともあって、21歳になったタイミングで今の芸名“伊藤健太郎”にしたとのことです。

まとめ


(C)押見修造/講談社 (C)2019映画「惡の華」製作委員会

主役の伊藤健太郎と玉城ティナはすでに『サクラダリセット』や『うぃらぶ。』などで共演済みということもあって、互いに信頼関係があるのでしょう。

シビアなシーンも互いに変な遠慮をしている感じがなく、むき出しの荒々しさ、若々しさを存分に発散させます

また、オーディションで大抜擢された秋田汐梨の捨て身の暴走や、逆に一歩引く演技を見せる飯豊まりえという、中学生パート・高校生パートそれぞれのヒロインの演技も物語にメリハリを与えてくれます

監督が海外ファンタスティック映画祭界隈では大人気の井口昇監督で、原作に惚れ込んだと言っているだけあって、細部まで密度が濃いドラマとなっています。

基本的に爽やかさゼロ、青春時代のどろどろとした暗く黒い部分だけを抽出したような物語なので、見るのに多少の体力が必要かもしれませんが、見ごたえたっぷりの作品に仕上がりました。


(C)押見修造/講談社 (C)2019映画「惡の華」製作委員会

映画『悪の華』2019年9月27日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー



関連記事

ヒューマンドラマ映画

沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家|感想評価とレビュー解説。”パントマイムの神様”マルセル・マルソーの知られざる戦争体験

ユダヤの孤児123人を救った“パントマイムの神様”の実話 映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家』が、2021年8月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかで全国公開されます。 “パ …

ヒューマンドラマ映画

映画『キングス・オブ・サマー』あらすじと感想レビュー。上映情報も

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

映画ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

刹那的な青春時代と淡い恋、そこにはいつも音楽がある。 今回取り上げるのは、2014年にイギリス映画で公開された『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』です。 可愛いファッションと耳に残る心地よい音楽、そして胸を …

ヒューマンドラマ映画

映画『このまちで暮らせば』感想レビュー。考察【仕事と家族を超えた活動的次元】

映画『このまちで暮らせば』は、2018年7月14日(土)より、新宿K’scinemaにて1週間限定ロードショー。 熊本県にある林業の町・南小国町を舞台に、親子の絆と人々が未来に向かって歩む姿を、たくま …

ヒューマンドラマ映画

『天上の花』映画原作ネタバレあらすじと感想評価。愛憎劇の結末を描いた“三好達治抄”とは⁈

小説『天上の花―三好達治抄―』が映画化され、2022年12月に新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開! 三好達治、萩原朔太郎とその妹の慶子が織りなす純粋で凄まじい「愛」と「詩人の生」を、朔太 …

U-NEXT
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学