Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/25
Update

映画『Dinerダイナー』キャストのオオバカナコ役は玉城ティナ。演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。

原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教会大賞及び第13回大藪春彦生を受賞した作品です。

監督を務めるのは、世界的写真家である蜷川実花。『さくらん』、社会現象にもなった作品『ヘルタースケルター』に続く、待望の第3作目となります

主演は演劇界きっての実力派俳優、『デスノート』『22年目の告白-私が犯人です-』の藤原竜也。

故・名演出家の蜷川幸雄のまな弟子として活躍してきた藤原竜也と、娘の蜷川実花がどんなコラボレーションみせるのかに、大きな期待が寄せられています。

共演者には、窪田正孝、斎藤工、佐藤江梨子、小栗旬、土屋アンナなど豪華俳優たち。

この記事では、ヒロイン・オオバカナコ役を演じる玉城(たましろ)ティナについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』の作品情報


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
平山夢明『DINER ダイナー』(ポプラ社)

【監督】
蜷川実花

【キャスト】
藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二、玉城ティナ

【作品概要】

一人ぼっちで人生どん底に陥った女性が、ほんの出来心から怪しいバイトに手を出してしまい、とあるダイナーにウェイトレスとして売られる物語。

要塞のような鉄扉の奥にある、強烈な色彩美を放つ店の店主は、元殺し屋で天才シェフ。

そこは殺し屋専用のダイナーで、皿の置き方ひとつで消されることもあるような場所でした。

次々と凶悪な殺し屋たちが現れ、緊張感あふれるサスペンス劇が繰り広げられます。

出演者に名を連ねるのは、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華実力派俳優陣。

女性から絶大な人気を誇る、『さくらん』『ヘルタースケルター』を生み出した蜷川実花の監督作品です。

映画『Diner ダイナー』のあらすじ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

一人ぼっちで人生のどん底にいたオオバカナコは、ほんの出来心から怪しいバイトに手を出していしまいます。

一瞬で普通の生活から転落してしまった彼女は、とあるダイナーのウェイトレスとして売られることに。

そこは要塞のような分厚い鉄の扉の奥にある、強烈にカラフルな店でした。

店主の名はボンベロ。元殺し屋の天才シェフです。

「ここは、殺し屋専用のダイナー<食堂>だ。皿の置き方一つで消されることもある」

次々に訪れるのは、凶悪な殺し屋たち。毎日が極限状態の世界に、カナコは放り込まれたのでした。

一瞬たりとも目が離せない展開へと物語は加速していき…

スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』オオバカナコ役は玉城(たましろ)ティナ

参考映像:『わたしにxxしなさい!』(2018)

映画『Diner ダイナー』でオオバカナコ役を演じる玉城(たましろ)ティナは1997年10月8日生まれの女優・ファッションモデル・アイドル。沖縄県出身。Dine and indy所属。

アメリカ人の父と日本人の母を持ちます。家の近くを歩いている時に事務所社長にスカウトされ芸能界入り。

2012年講談社主催の「ミスiD(アイドル)2013」でグランプリを獲得。

同社発行のファッション雑誌『ViVi』の専属モデルとなります。

2014年『ダークシステム 恋の王座決定戦』でドラマデビュー。

2015年には『天の茶助』で銀幕デビューも果たしました。

そのほか、映画『わたしにxxしなさい!』『暗黒女子』『貞子vs伽耶子』、ドラマ『ドルメンX』『東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~』などに出演し、人気急上昇中。

2019年には『地獄少女』『惡の華』と、ヒロインを務める映画が2本公開されます。

彼女の個性あふれる詩的な文章をブログに綴っています。

映画『Diner ダイナー』オオバカナコはどんな役?

オオバカナコは一般人

仕事がうまくいかない中、アルバイト情報誌で1日運転するだけで30万円もらえるという高額バイトをみつけて応募します。

その瞬間から悪夢は始まりました。雇い主が事件を起こしたため、彼もろともカナコもある組織に捕まってしまいます。

拷問の末に人身売買にかけられたカナコは、天才シェフ・ボンベロが勤める「殺し屋専門のダイナー」に買いとられます。

働くか死ぬかを選ぶしかない環境の中で、命がけのウェイトレス生活を送ることになったカナコ。

彼女は実は大きな秘密を抱えており…。

スポンサーリンク

玉城(たましろ)ティナの演技力の評価は

参考映像:『チワワちゃん』(2019)

絶大な支持を得るファッションモデル出身の玉城ティナ。

女優を始めた当初は、わからないことがありすぎて辞めたいと思ったこともあるそうです。

しかし毎、話題作にコンスタントに出演。演技力を培ってきました。

いろいろなジャンルの映画を観て、人間観察することで、演じることがどんどん好きになっていったと語っています。

『貞子vs伽耶子』に出演し、ホラークイーン的存在に。2019年にも2本のホラー作品『地獄少女』『惡の華』でヒロインを務めています。

その一方、初主演作『わたしにxxしなさい!』ではドSのヒロインをコミカルに演じ、違った一面を見せました。

本作『ダイナー』監督の蜷川実花は、写真家としてモデルの玉城をデビュー当時から撮影してきました。

今回のキャスティングにあたり蜷川監督は、「ティナとなら心中できる」と言って自らプロデューサー陣を説得したそうです。

熱烈なオファーに体当たりの熱演で応えた玉城は、不安もあったが監督を信じ、藤原竜也の背中を追いかけてカナコとしての日々を必死に駆け抜けたと述懐しています。

「映画の賞をとることは目標のひとつ」

そう語っている玉城ティナが、超個性的で刺激あふれるキャラクターたちとどう渡り合っていくのか必見です。

玉城(たましろ)ティナの公式SNSの紹介

玉城(たましろ)ティナの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

映像化は不能と言われていた衝撃的な小説を実写化した、未体験サスペンス映画『Diner ダイナー』。

キャストには、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二といった、若手からベテランまで、実力ある人気俳優たちが集結。

世界的フォトグラファーで独特の美的センスを持つ蜷川実花監督が、その才能を大きく更に開花させた本作。公開を前に期待が大きく高まっています。

蜷川実花監督に「ティナとなら心中できる」とまで熱烈なラブコールを受けた玉城ティナが、ヒロイン・オオバカナコ役に体当たりで挑んでいます。

ノンストップ極彩色サスペンス作品『Diner ダイナー』は2019年7月5日より全国ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

齋藤飛鳥の可愛すぎるキミオイのウェディング画像!『あの頃、君を追いかけた』本予告映像解禁

誰の心にも眠る“あの頃”の記憶を呼び覚まし、アジアで歴史的ヒットを記録した同名台湾映画のリメイク作品。 多感な10代を送った全ての人にささげる、可笑しくて切ない恋の記憶の物語。 『あの頃、君を追いかけ …

新作映画ニュース

映画『漫画誕生』劇場公開情報。11月30日より渋谷ユーロスペースにて上映決定!

現代の漫画家の仕事を創った日本初の漫画家・北沢楽天の生涯を映画化 海外でも絶大な人気を誇った日本初の“職業漫画家”の知られざる生涯が、スクリーンで明かされます。 ©映画『漫画誕生』製作委員会 “日本で …

新作映画ニュース

映画『三姉妹』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ソニョン×ソリ×ヨンジュで烈しくも“温かい三姉妹”を描く

ギリギリの女たちを描く、烈しくもあたたかい超ド級人間ドラマ『三姉妹』が2022年6月17日(金)に日本公開決定! 第42回青龍映画祭をはじめとした韓国の主要映画賞で女優部門の受賞を軒並み果たし、第25 …

新作映画ニュース

吉沢亮映画『AWAKE』あらすじ/キャスト/上映館。実話のAI将棋電王戦がモチーフの青春ムービー公開は2020年12月!

『3月のライオン』『聖の青春』に次ぐ、新たな将棋映画がここに誕生! どん底の僕を起こしてくれたのは、人間以上に独創的なAI将棋だった。 河瀨直美監督を審査員長に迎え、2017年に発表された第1回木下グ …

新作映画ニュース

映画『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』あらすじ/キャスト/上映館。イーライロスと話題のホラー監督の最恐タッグ!?

ようこそ、殺人鬼がつくったお化け屋敷へ― イーライ・ロスと『クワイエット・プレイス』脚本家が手掛けたホラー映画『HAUNT』。 この度、邦題を『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』としてTOHOシネマ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学