Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/25
Update

映画『Dinerダイナー』キャストのオオバカナコ役は玉城ティナ。演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • YUMIKO

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。

原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教会大賞及び第13回大藪春彦生を受賞した作品です。

監督を務めるのは、世界的写真家である蜷川実花。『さくらん』、社会現象にもなった作品『ヘルタースケルター』に続く、待望の第3作目となります

主演は演劇界きっての実力派俳優、『デスノート』『22年目の告白-私が犯人です-』の藤原竜也。

故・名演出家の蜷川幸雄のまな弟子として活躍してきた藤原竜也と、娘の蜷川実花がどんなコラボレーションみせるのかに、大きな期待が寄せられています。

共演者には、窪田正孝、斎藤工、佐藤江梨子、小栗旬、土屋アンナなど豪華俳優たち。

この記事では、ヒロイン・オオバカナコ役を演じる玉城(たましろ)ティナについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』の作品情報


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
平山夢明『DINER ダイナー』(ポプラ社)

【監督】
蜷川実花

【キャスト】
藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二、玉城ティナ

【作品概要】

一人ぼっちで人生どん底に陥った女性が、ほんの出来心から怪しいバイトに手を出してしまい、とあるダイナーにウェイトレスとして売られる物語。

要塞のような鉄扉の奥にある、強烈な色彩美を放つ店の店主は、元殺し屋で天才シェフ。

そこは殺し屋専用のダイナーで、皿の置き方ひとつで消されることもあるような場所でした。

次々と凶悪な殺し屋たちが現れ、緊張感あふれるサスペンス劇が繰り広げられます。

出演者に名を連ねるのは、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華実力派俳優陣。

女性から絶大な人気を誇る、『さくらん』『ヘルタースケルター』を生み出した蜷川実花の監督作品です。

映画『Diner ダイナー』のあらすじ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

一人ぼっちで人生のどん底にいたオオバカナコは、ほんの出来心から怪しいバイトに手を出していしまいます。

一瞬で普通の生活から転落してしまった彼女は、とあるダイナーのウェイトレスとして売られることに。

そこは要塞のような分厚い鉄の扉の奥にある、強烈にカラフルな店でした。

店主の名はボンベロ。元殺し屋の天才シェフです。

「ここは、殺し屋専用のダイナー<食堂>だ。皿の置き方一つで消されることもある」

次々に訪れるのは、凶悪な殺し屋たち。毎日が極限状態の世界に、カナコは放り込まれたのでした。

一瞬たりとも目が離せない展開へと物語は加速していき…

スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』オオバカナコ役は玉城(たましろ)ティナ

参考映像:『わたしにxxしなさい!』(2018)

映画『Diner ダイナー』でオオバカナコ役を演じる玉城(たましろ)ティナは1997年10月8日生まれの女優・ファッションモデル・アイドル。沖縄県出身。Dine and indy所属。

アメリカ人の父と日本人の母を持ちます。家の近くを歩いている時に事務所社長にスカウトされ芸能界入り。

2012年講談社主催の「ミスiD(アイドル)2013」でグランプリを獲得。

同社発行のファッション雑誌『ViVi』の専属モデルとなります。

2014年『ダークシステム 恋の王座決定戦』でドラマデビュー。

2015年には『天の茶助』で銀幕デビューも果たしました。

そのほか、映画『わたしにxxしなさい!』『暗黒女子』『貞子vs伽耶子』、ドラマ『ドルメンX』『東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~』などに出演し、人気急上昇中。

2019年には『地獄少女』『惡の華』と、ヒロインを務める映画が2本公開されます。

彼女の個性あふれる詩的な文章をブログに綴っています。

映画『Diner ダイナー』オオバカナコはどんな役?

オオバカナコは一般人

仕事がうまくいかない中、アルバイト情報誌で1日運転するだけで30万円もらえるという高額バイトをみつけて応募します。

その瞬間から悪夢は始まりました。雇い主が事件を起こしたため、彼もろともカナコもある組織に捕まってしまいます。

拷問の末に人身売買にかけられたカナコは、天才シェフ・ボンベロが勤める「殺し屋専門のダイナー」に買いとられます。

働くか死ぬかを選ぶしかない環境の中で、命がけのウェイトレス生活を送ることになったカナコ。

彼女は実は大きな秘密を抱えており…。

スポンサーリンク

玉城(たましろ)ティナの演技力の評価は

参考映像:『チワワちゃん』(2019)

絶大な支持を得るファッションモデル出身の玉城ティナ。

女優を始めた当初は、わからないことがありすぎて辞めたいと思ったこともあるそうです。

しかし毎、話題作にコンスタントに出演。演技力を培ってきました。

いろいろなジャンルの映画を観て、人間観察することで、演じることがどんどん好きになっていったと語っています。

『貞子vs伽耶子』に出演し、ホラークイーン的存在に。2019年にも2本のホラー作品『地獄少女』『惡の華』でヒロインを務めています。

その一方、初主演作『わたしにxxしなさい!』ではドSのヒロインをコミカルに演じ、違った一面を見せました。

本作『ダイナー』監督の蜷川実花は、写真家としてモデルの玉城をデビュー当時から撮影してきました。

今回のキャスティングにあたり蜷川監督は、「ティナとなら心中できる」と言って自らプロデューサー陣を説得したそうです。

熱烈なオファーに体当たりの熱演で応えた玉城は、不安もあったが監督を信じ、藤原竜也の背中を追いかけてカナコとしての日々を必死に駆け抜けたと述懐しています。

「映画の賞をとることは目標のひとつ」

そう語っている玉城ティナが、超個性的で刺激あふれるキャラクターたちとどう渡り合っていくのか必見です。

玉城(たましろ)ティナの公式SNSの紹介

玉城(たましろ)ティナの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

映像化は不能と言われていた衝撃的な小説を実写化した、未体験サスペンス映画『Diner ダイナー』。

キャストには、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二といった、若手からベテランまで、実力ある人気俳優たちが集結。

世界的フォトグラファーで独特の美的センスを持つ蜷川実花監督が、その才能を大きく更に開花させた本作。公開を前に期待が大きく高まっています。

蜷川実花監督に「ティナとなら心中できる」とまで熱烈なラブコールを受けた玉城ティナが、ヒロイン・オオバカナコ役に体当たりで挑んでいます。

ノンストップ極彩色サスペンス作品『Diner ダイナー』は2019年7月5日より全国ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018上映作品のリポート第2弾。コンペティション部門などからピックアップ解説

© 2018 TIFF 10月25日から始まった第31回東京国際映画祭。 映画祭の顔といえばコンペティション部門を中心にしたオリジナルセレクション部門です。 まだ発掘されていない才能をいち早く発見する …

新作映画ニュース

『天気の子』DVD発売日やレンタル動画配信の開始はいつ?新海誠映画の過去作をリサーチ

2019年7月19日(金)より全国公開された映画『天気の子』。 新海誠監督の『天気の子』が2019年7月19日より全国一斉公開され、封切りから17日目となる8月4日時点で動員433万人、興行収入59億 …

新作映画ニュース

齋藤飛鳥の花嫁姿?!映画キミオイのラスト結末が気になる予告解禁『あの頃、君を追いかけた』

主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥ほか旬の若手俳優たちが結集した珠玉のラブストーリー映画『あの頃、君を追いかけた』。 10月5日(金) TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー! この度、 …

新作映画ニュース

押田岳映画『仮面ライダージオウNEXT TIMEゲイツ、マジェスティ』新たなフォームとキャラクター解禁!劇場公開は2020年初春

Vシネクスト『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』オリジナル・新フォーム&新キャラクター解禁。 「仮面ライダージオウ」テレビシリーズ最終話のその後のお話となる本作『 …

新作映画ニュース

デニス・ホッパー映画『ラストムービー』4K修復版がリバイバル上映!公開日は12月20日に決定

ハリウッドの異端者にして鬼才デニス・ホッパーによる革命的傑作。 31年ぶりの劇場公開! 1969年にアメリカ文化の記念碑ともいえる初監督作『イージー★ライダー』を発表したデニス・ホッパー。 監督第2作 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP