Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』あらすじ感想と評価解説レビュー。女性の生き方から読み解く現代の“2つの審美眼”

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』は2022年4月8日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!

愛し合う二人の年老いた女性をめぐる物語、『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』。

フランスの街中で密かに愛を育む二人の女性の関係が、とある事故をきっかけに嵐に巻き込まれていくさまを描きます。

本作が長編デビュー作となるイタリア出身のフィリッポ・メネゲッティ監督が作品を手がけました。またドイツのバルバラ・スコヴァ、フランスのマルティーヌ・シュヴァリエらベテラン女優がメインキャストを務め、繊細で印象的な演技で本作のテーマをしっかりとアピールしています。

スポンサーリンク

映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』の作品情報


(C) PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTEMIS PRODUCTIONS – 2019

【日本公開】
2022年(フランス、ルクセンブルク、ベルギー合作映画)

【原題】
Deux

【監督、共同脚本】
フィリッポ・メネゲッティ

【共同脚本】
マリソン・ボヴォラスミ、フロランス・ヴィニョン

【出演】
バルバラ・スコヴァ、マルティーヌ・シュヴァリエ、レア・ドリュッケール、ミュリエル・ベナゼラフ、ジェローム・ヴァレンフラン

【作品概要】

南フランスのとあるアパートで同フロアに住み、長く愛し合っていた二人の女性をめぐり巻き起こる人同士の衝突を描いたドラマ。

短編を中心に製作してきたフィリッポ・メネゲッティ監督が本作を手がけます。またメインキャストには『ハンナ・アーレント』などに出演のバルバラ・スコヴァ、『ぜんぶ、フィデルのせい』などのマルティーヌ・シュヴァリエが名を連ねています。

映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』のあらすじ

(C) PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTEMIS PRODUCTIONS – 2019

南フランス、モンペリエのアパート。それぞれが向かい合う部屋に暮らすニナ(バルバラ・スコヴァ)とマドレーヌ(マルティーヌ・シュヴァリエ)は、長きにわたり誰にも秘密で愛し合う恋人同士でした。

老後の暮らしを考え、ローマへの移住を計画する二人。しかし周囲からは夫に先立たれ、子供たちも独立して平穏に一人暮らしを送っていると思われているマドレーヌは、ニナのことも合わせて家族にそのことを伝えられずに悩んでいました。

そんな中、ある日マドレーヌは大変な出来事に遭遇します、そして二人は…。

スポンサーリンク

映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』の感想と評価

(C) PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTEMIS PRODUCTIONS – 2019

本作のテーマには、二つのポイントについて考えさせられるものがあります。

一つ重大なポイントとして「老いる」ということにも言及しているといえるでしょう。物語が若年層における二人の話であれば、あるいは彼女らと家族との関係が違えばなどとさまざまな状況と照らし合わせれば、と物語の主題や展開はまた違ったものになるとも考えられます。

メインキャストの二人を取り巻く状況、乗り越えなければならない壁、そして責任からは、彼女らが十分に老いてしまっていることに対して「死を間際にした人々だからこそ自由にしてあげたい」という気持ち、逆に「社会において老いてもなお、いや老いたからこそ果たさなければならない責任はある」という二つの思想が浮かんできます。

例えば、日本ではかつて人々は60歳が定年、以後は老後という分類に置かれ社会的な扱いも変わったものとなっていました。

ところが現在定年は引き上げられ、その歳を過ぎてもなお働く人々がいるのも珍しくありません。その意味で時代として「老人」というその境目の意識は徐々に薄れている傾向にあります。

こうした状況を踏まえると、普通ではない状況であると認識される作品の冒頭から見えた光景が、エンディングを迎えるころには実に普遍的で自分たちの人生に重なるような要因をはらんでいるのではないか、という認識に変わってくるでしょう。

本作では未だ拭えない「闇の部分」が世にはあり、二人には老いてなお厳しい現実が続くことを示しているようでもあります。

(C) PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTEMIS PRODUCTIONS – 2019

また本作のテーマとして重要なもう一つのポイントは、世界的に人々の認識を変えつつある同性愛という関係に関する問題。近年はさまざまな場面で取り上げられ、その関係をはっきりと認めるというケースも多くなってきました。

そういった状況がありながら、本作では未だ根強く残る偏見、あるいはこれからもずっとどこかに残り続けるであろう偏見の視点です。

マドレーヌがニナを愛するに至ったのは理由がありました。しかしそういった事情をすべて家族や周辺には話せず、マドレーヌは今という時を迎えてしまいます。

どちらかというと奔放な人間であるニナに比べマドレーヌはさまざまな社会のしがらみに縛られた人。大きな障害に直面したマドレーヌとの愛を貫くため、ニナは奮闘します。

そのあまりにも過酷な運命のため、時に怒りを爆発させるニナ。その奮闘ぶりや取り乱したような素の表情はある意味男女の恋愛関係よりもさらに深い愛情を感じさせるものでもあり、本作に描かれた疑問に対して大きく共鳴するものを投げかけているようでもあります。

本作で描いている視点は、例えばLGBTの問題に限らず年を経る、時代が変わるごとにおいて改善し認識が変わったと思われることすべてに対して「それは本当なのか?」と疑いを持たせるようなものでもあります。

まとめ

(C) PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTEMIS PRODUCTIONS – 2019

本作の最大の魅力は、バルバラ・スコヴァ、マルティーヌ・シュヴァリエという二人の表情といってもよいでしょう。

歳を経た二人が愛を貫く姿、というとなかなか想像も難しいところでもあります。人の表情は歳を経るごとに変化が少なくなるところもあり、演技の上である程度の年齢感を持たせながら豊かな感情を示す表情を見せるのは難易度としては高いものとなります。

その意味で悲しみ、怒り、戸惑い、あきらめ、そして喜びといった感情をこの人物設定の中で深く見せるのは、物語を成立させる最重要点であり、二人はそのミッションに成功しています。

またエンディングへの展開は、製作者側の強い思いが感じられる場面となっています。

二人の女性が抱えた複雑な事情とともにあまりにもいたたまれない結末がありながらも、なおも二人の女性が寄り添いあう姿。そこには混沌としたこの時代で生きる人々に、ポジティブな未来があることを祈っているようでもあります。

映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』は2022年4月8日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショー



関連記事

ヒューマンドラマ映画

ある人質 生還までの398日|ネタバレ結末とラスト解説。 実話で描くISに囚われた写真家を救出する家族たちの思い

人質となった写真家と彼を救うために奔走した家族の実話を元に描く奇跡の生還劇 シリアで人質となり、奇跡的に生還したデンマーク人写真家ダニエル・リューの実話を元に描いたヒューマンドラマ。 映画『ある人質 …

ヒューマンドラマ映画

映画『さらば愛しきアウトロー』あらすじネタバレと感想。フォレストタッカーを俳優人生を謳歌した名優レッドフォードが演じる

ハリウッド屈指の美男俳優の引退作 半世紀以上映画界で愛され続けるロバート・レッドフォードが俳優としての引退作と公言した『さらば愛しきアウトロー』。 実在した強盗犯フォレスト・タッカーを演じます。 『A …

ヒューマンドラマ映画

映画『ライムライト』あらすじネタバレと感想。チャップリンの楽曲エタナリーが有名な晩年の代表作

老道化師と若きバレリーナの心の交流を描いたチャップリン珠玉のメロドラマ “喜劇王”チャールズ・チャップリンが、監督・主演をはじめ、製作・脚本までも務めた1952年のアメリカ映画『ライムライト』をご紹介 …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの吉岡真奈役は土村芳(かほ)。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は、『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

ヒューマンドラマ映画

『ベイビー・ブローカー』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。ラストに込めた是枝裕和監督の“社会の構造”の在り方

“赤ちゃんポスト”で出会った彼らが、生まれてきた意味を知る旅 今回ご紹介する映画『ベイビー・ブローカー』は、第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『万引き家族』(2018)の是枝裕和監督が、 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学