Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/07/10
Update

映画『ポラロイド』感想と評価。ラース・クレヴバーグ監督が紡ぐ上映中止となった正統派ホラー|SF恐怖映画という名の観覧車57

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile057

伝説的なスラッシャー映画の最新作『ハロウィン』(2019)や、全世界で人気を持つホラー小説「IT」の再映画化第2弾など、往年の名作映画のリメイクやリブートが流行る映画業界。

現代のCGや撮影技術で蘇るそれらの作品は決して質の低いものではなく、旧作ファンも新規顧客も良い意味で驚かされる作品ばかりですが、完全新規の作品もまだまだエネルギーに満ちています。

今回のコラムでは、リブート版『チャイルド・プレイ』(2019)を製作したラース・クレヴバーグ監督作品『ポラロイド』(2019)が放つ、古き良き「ホラー」映画の魅力をご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ポラロイド』の作品情報


(C)2019 DPC SUB 1A1, LLC

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Polaroid

【監督】
ラース・クレヴバーグ

【キャスト】
キャスリン・プレスコット、グレイス・ザブリスキー、タイラー・ヤング、サマンサ・ローガン、ハビエル・ボテット、ケイティ・スティーブンス、マデリン・ペッチ、プリシラ・キンタナ、キーナン・トレイシー、ミッチ・ピレッジ

映画『ポラロイド』のあらすじ


(C)2019 DPC SUB 1A1, LLC

過去の傷を隠すためいつもスカーフを巻く女子高生のバード(キャスリン・プレスコット)は、ある日バイト先の骨董品屋で古びたポラロイドカメラを手にします。

年代物かつ多くの巨匠が愛したカメラであることに興奮するバードは、日常的にそのカメラを持ち歩くようになり、ハロウィンパーティにも持参し友人たちの記念写真を撮影。

しかし、被写体となった友人が1人また1人と怪死し、そのポラロイドカメラに異常なものを感じ始め…。

スポンサーリンク

「ノスタルジー」を体感できる2つの要素


(C)2019 DPC SUB 1A1, LLC

本作は完全新規で製作されたホラー映画であり、時代設定も現代でありながらも、全体を通しどこか懐かしさを感じるような作りになっています。

自分が体験したことも無い文化や物語にも関わらず、どの部分から「ノスタルジー」を感じることが出来るのか。

そんな本作が放つ魅力の1つを解説していきます。

物語の主軸となる「ポラロイドカメラ」


(C)2019 DPC SUB 1A1, LLC

シャッターを切った直後に現像が始まり、およそ数分後には撮った写真を手にできるインスタントカメラ。

後にポラロイド社を創設するエドウィン・ハーバート・ランドが発明した現代の形のインスタントカメラの普及から名前を取り、徐々にインスタントカメラは「ポラロイドカメラ」と呼ばれるようになります。

技術の発展により撮影直後の写真をデータとして残せるデジタルカメラに需要を奪われたものの、ポラロイドカメラは未だ根強い人気を持つカメラの1種と言えます。

本作に登場する「SX-70」と言う機種は、ポラロイド社が発売した折り畳み式のインスタントカメラであり、様々な改良を受けたバージョンが販売されるほどに愛された機種。

骨董品と言えるものでありながらも未だに実用も出来る「SX-70」は、そのデザインと機能美から主人公のバードのように「インスタントカメラ全盛期」の人間でない若者も惹きつける「ノスタルジー」を感じさせる魅力があるのです。

「呪いのアイテム」を主軸とした「ミステリー」


(C)2019 DPC SUB 1A1, LLC

主人公バードは呪われた「ポラロイドカメラ」を入手してしまったことから、カメラに宿る「呪い」に襲われることになります。

完全新作の映画でありながら、どこか懐かしさを感じさせるこの物語展開。

日本では「呪われたアイテム」を主軸に、その「呪い」の根幹を探っていく「ホラーミステリー」は定番中の定番とも言え、『リング』(1998)や『残穢 -住んではいけない部屋-』(2016)など、このジャンルから多くの名作が生まれています。

本作ではそんな「ホラー」と「ミステリー」を融合したジャンルの古き良き展開を進んでいく事で、「ポラロイドカメラ」と言う「ノスタルジー」を感じるアイテムをより際立たさせていました。

追い詰められていく「恐怖」を真正面から描く正統派ホラー


(C)2019 DPC SUB 1A1, LLC

本作の最大の魅力は「ホラー」と言うジャンルに正面から向き合った正統派な恐怖演出にあります。

「ポラロイドカメラ」で撮った人間が次から次へと怪死し、写真の中で「次はお前だ」と指名される。誰も自身の発見を信じてくれない状況で、出口の見えない「生き残りの道」を模索していくバード。

1つの街の全体を舞台にした物語でありながら、「呪い」に追い詰められていく展開によって、まるで箱の中に閉じ込められたような閉塞感が漂う本作。

あっと言わせる驚きの展開や、自らの非を認め「呪い」に立ち向かうために再起する魅力的な主人公たちの活躍にハラハラドキドキすること間違いなしの良質なホラー映画です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019 DPC SUB 1A1, LLC

1990年代から2000年代にかけて、日本でも「心霊写真」はテレビ番組で定期的に取り上げられるなど、1つのブームとなっていました。

しかし、2000年代後半に入るとデジタルカメラが普及し、技術面上で発生していた「心霊写真」の数はめっきりと減り、カメラや写真が「恐怖」の対象として忘れられ始めるようになりました。

ですが、「ポラロイドカメラ」による死の連鎖を描いた本作『ポラロイド』の鑑賞後には、きっとあの日の恐怖を思い浮かべることになるはずです。

ラース・クレヴバーグ監督による『ポラロイド』は7月19日(金)より全国でロードショー。

ぜひ劇場でこの「恐怖」を感じてみてください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile058では、本国で社会現象になったとさえされる大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン3をネタバレあらすじを交えご紹介させていただきます。

7月17日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『神と共に 第一章:罪と罰』感想と評価解説。韓国らしい泣ける感動にアツい家族節が炸裂!|コリアンムービーおすすめ指南11

死後に待つ7つの地獄と3人の使者! 韓国の人気ウェブ漫画を映画化。韓国で大ヒットを記録したファンタジー・アクション『神と共に 第一章:罪と罰』が、5月24日(金)より新宿ピカデリー他にて全国上映されま …

連載コラム

映画『ソリス』あらすじネタバレと感想。結末までスティーブン・オッグの完全ひとり芝居|未体験ゾーンの映画たち2019見破録49

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第49回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は宇宙を舞台にしたソリッドシチュエーションで描 …

連載コラム

映画『東京の恋人』あらすじと感想レビュー。“大人の恋愛と性愛”もしくは青春の終わりを綴る|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録3

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『東京の恋人』 大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門にて上映された映画『東京の恋人』。 結婚を機に映画監督の夢をあきらめ北関東に住む主人公・大貫立夫と、別れた学 …

連載コラム

映画『カニバ / パリ人肉事件38年目の真実』感想レビュー。ラスト30分は衝撃と恍惚が控える|だからドキュメンタリー映画は面白い21

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第21回 1981年に前代未聞の猟奇殺人事件を起こした男の、知られざる現状とは――。 今回取り上げるのは、2019年7月12日(金)よりヒューマントラス …

連載コラム

映画『マイ・ブックショップ』感想と解説。原作者が結末で描いた“本当に大切なもの”|銀幕の月光遊戯20

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第20回 スペインの女流映画監督イサベル・コイシェが、ブッカー賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの小説を映画化!  1950年代後半のイギリスを舞台に、書店が一軒もない町に …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP