Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/02/10
Update

映画『アントラーズ』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。ホラーの題材となった“ウェンディゴ”を考察しながら“町を包み込む恐怖”を紐解く|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー65

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第65回

気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第65回は、Disney+で独占配信されたホラー映画『アントラーズ』(2022)です。

アメリカの田舎町を舞台に古くからの伝承を基にした怪異が人々を襲う本作は、相手がこの世のものではないからこそ底知れぬ恐怖を感じさせる1作。

今回はネタバレあらすじを含め、『アントラーズ』で描かれた怪異と本作の持つ魅力を紐解いていこうと思います。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『アントラーズ』の作品情報


(C)2022 20th Century Studios.

【原題】
Antlers

【日本配信】
2022年(アメリカ・カナダ・メキシコ合作映画)

【監督】
スコット・クーパー

【キャスト】
ケリー・ラッセル、ジェシー・プレモンス、ジェレミー・T・トーマス、スコット・ヘイズ、グラハム・グリーン

【作品概要】
ニック・アントスカの小説『The Quiet Boy』を『ブラック・スキャンダル』(2016)などを手掛けたスコット・クーパーが映像化した作品。

ドラマシリーズ「ジ・アメリカンズ」で主演を務め、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)などに出演したケリー・ラッセルが、主人公のジュリアを演じました。

映画『アントラーズ』のあらすじとネタバレ


(C)2022 20th Century Studios.

オレゴン州のとある村、廃坑で麻薬の製造を行うフランクは廃坑の奥から聞こえる唸り声の方向へと向かうと、闇の中から向かってくる「何か」に襲われました。

3週間後、教師のジュディは受け持ちの生徒の1人ルーカスの持つ攻撃性を心配します。

ルーカスは母親を亡くしており、父親との2人暮らしでしたが、父親はジュリアが何度家に電話をかけても電話に出ることはありませんでした。

ある日、ジュリアはルーカスの家を訪ねますが、家の奥から唸り声が聞こえるだけでルーカスの父親も弟も姿を現しませんでした。

ジュリアは父親から性的虐待を受け兄弟のポールを残し、家から逃げた過去を持っており、今もわだかまりの残るポールと共に亡き父親の家で暮らしていました。

ルーカスは獣のように豹変してしまった父と弟のために日々動物を殺してはその死肉を与え、彼らが部屋から出られないように外から施錠をし、過ごしています。

ジュリアは町の保安官であるポールから、ルーカスの父親が麻薬中毒者のフランクであることを聞き、ルーカスが虐待を受けていないかを心配します。

翌日、ポールは森の中と廃坑の奥から人の上半身と下半身が見つかったことを聞き、現場に駆け付けます。

ポールは検視官から死体を食いちぎったのは動物ではなく人であると聞き驚愕しました。

一方、ジュリアからの報告を受け校長のエレンはルーカスの家を訪ね、空いていたドアから家へと入ってしまいます。

さらにエレンはルーカスの弟エイダンの声を聞きつけ、施錠されていた部屋へと侵入する、と凶暴化したフランクに首筋を噛みちぎられ殺害されてしまいました。

帰宅途中、ルーカスは林の中で化け物に襲われ、ルーカスを虐めていた同級生のクリントが化け物に殺害されます。

急いで家へと逃げ延びたルーカスは、家の中に侵入したエレンがフランクによって殺害されたことに気づきました。

翌日、ポールはエレンとクリントの失踪届が出たことを知ります。

エレンとクリントの2人がルーカスと関係していることを知るジュリアは、ルーカスの家でエレンの車を見つけ通報。

ポールはルーカスの家で人に噛みちぎられたエレンの死体と、「何か」がフランクの中から出たような抜け殻のような死体を発見。

家の異変に気づき帰宅したルーカスは、警察によって病院に保護されました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アントラーズ』のネタバレ・結末の記載がございます。『アントラーズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

鉱山で「何か」に襲われた日、自身の中に「何か」が入ったことに気づいたフランクは、息子2人を守るために自身で部屋に鍵をつけ中に引き篭もります。

その後、フランクは朦朧とする意識の中でエイデンが同じ症状を覚えたことを知ると、ルーカスを守るためにエイデンも部屋に引き込み閉じ籠ったのです。

元保安官であり民族信仰に詳しいウォーレンに助言を求めるジュリアとポールは、ルーカスの家にあったお守りやルーカスの絵から一連の事件が「ウェンディゴ」の仕業であると話します。

飢餓のあまり人を喰らった「ウェンディゴ」はその後、人を貪り喰らう悪霊となり、死ぬことで人から人へと憑依すると2人は聞きますが、ポールは「ウェンディゴ」の存在を信じようとはしませんでした。

夜、クリントの猟奇的な死体が見つかり、ポールとジュリアはルーカスを引き取ります。

ルーカスはフランクは死んではおらず「新しくなって」生きており、必ず自分を迎えに来ると言います。

その頃、ポールは家を出ており、ジュリアとルーカスを家に送り届けた保安官のダンが異音を耳にし物置へと向かいます。

物置でダンはエイデンを見つけますが、背後から「ウェンディゴ」に襲われ死亡。

ダンから報告を受けていたポールは急いで家へと戻り、物置で「ウェンディゴ」に襲われ重傷を負います。

ルーカスが弟を探すため鉱山へと駆けて行ったことで「ウェンディゴ」はその場から消え、ジュリアは重傷を負うポールを介抱します。

ポールは意識を失いかけながらも鉱山に行くと譲らず、ジュリアは救急車を呼んだ上でパトカーに意識を失ったポールを残し鉱山へと銃を手に入っていきました。

鉱山の奥でジュリアは「ウェンディゴ」に襲われますが、ルーカスの助けもあり「ウェンディゴ」を殺害。

しかし、すでに症状を出していたエイデンに「ウェンディゴ」が乗り移ったことを知るとルーカスの制止を諭しジュリアはエイデンを抱きしめながらナイフで殺害しました。

全てが終わり、ジュリアは身寄りのなくなったルーカスを引き取ります。

重傷を負いながらも助かったポールはルーカスを引き取ることを不安に思いながら激しくせき込みます。

すると体調を崩すポールの目からは黒い液体が流れ出ていました。

スポンサーリンク

映画『アントラーズ』の感想と評価


(C)2022 20th Century Studios.

虐待と家族愛を同時に描く歪さが生み出す恐怖

アメリカの田舎町を舞台に呪いが日常を侵食していく恐怖を描いた映画『アントラーズ』。

本作は禍々しさを前面に出したクリーチャーデザインが高い評価を受けており、見るものを底知れぬ恐怖に叩き落とすそのビジュアルは一度目にすると二度と忘れないほどに強く頭に焼き付きます。

しかし、本作の持つ魅力はデザインだけに留まらず、映画を包む不気味な雰囲気が鑑賞者をわざと嫌な気持ちにさせることでホラー映画としての恐怖感を高めていました。

主人公のジュリアは幼少期に父親から性的な虐待を受けた過去を持っており、心の傷は未だに彼女を傷つけています。

教師であるジュリアの受け持ちの生徒ルーカスも虐待を受けている様子を見せ、それ故にジュリアはルーカスに深く関わっていくことになります。

「家族からの虐待」と言う目を背けたくなるような事態を描いている一方で、本作はジュリアやルーカスを巡る「家族愛」も描写。

正反対の要素を同時に描き、そしてそのどちらが2人にとっての「家族」なのかが描かれない本作から生まれる歪みが本作の不気味さを引き立てていました。

町を恐怖に染める「ウェンディゴ」とは


(C)2022 20th Century Studios.

ルーカスの父フランクを襲い、彼を人喰いの道に走らせることとなる存在を、作中では「ウェンディゴ」と呼んでいます。

「ウェンディゴ」はカナダからアメリカにかけて現住していた部族に言い伝えられていた精霊の一種であり、人をからかうような行動を取るものの危害を加える存在ではありません。

しかし、一部の部族には自身が「ウェンディゴ」に変わってしまうという恐怖に支配され、人肉を食す食人鬼へ変貌してしまう「ウェンディゴ症候群」と呼ばれる精神病が蔓延。

『アントラーズ』ではフランクが正に「ウェンディゴ症候群」の症状を見せており、本作内での「ウェンディゴ」が指しているものが「ウェンディゴ症候群」のことであることが分かります。

現代では「ウェンディゴ症候群」の原因はビタミン不足による精神錯乱と判断されていますが、もしかしたら悪霊の仕業であるのかもしれません。

まとめ


(C)2022 20th Century Studios.

町を包む不気味な雰囲気と「ウェンディゴ」の恐怖。

鉱山の稼働停止によって産業に行き詰まる田舎町が舞台の本作は、登場人物の多くが心に傷を抱えていたり、犯罪やいじめに手を染めています。

人の死以前から何かが起きそうな気配すらする淀んだ雰囲気の描き方は独特であり、他作ではなかなか味わえないものと言えます。

映画『アントラーズ』は高い評価を受けたクリーチャーデザインと共に、映画の雰囲気を楽しんでいただきたい作品です。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ゾンビランド』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。キャストのエマストーンとジェシーアイゼンバーグらが惨劇でカジュアルなテーマパークを巡る|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー17

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第17回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信【U-NEXT】で鑑 …

連載コラム

映画『ドーナツキング』感想解説と考察評価。一文無しから億万長者へ資産2000万ドル (約21億6000万円)を所有する“ドーナツ王”|だからドキュメンタリー映画は面白い64

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第64回 今回取り上げるのは、2021年11月12日(金)より、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開の『ドーナツキング』。 『エイリアン』(1979)、『グ …

連載コラム

映画『ポラロイド』感想と評価。ラース・クレヴバーグ監督が紡ぐ上映中止となった正統派ホラー|SF恐怖映画という名の観覧車57

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile057 伝説的なスラッシャー映画の最新作『ハロウィン』(2019)や、全世界で人気を持つホラー小説「IT」の再映画化第2弾など、往年の名作映画の …

連載コラム

スパイダーマン3とヴェノムの考察と評価。解説は原作アメコミの比較まで紹介|最強アメコミ番付評10

連載コラム「最強アメコミ番付評」第10回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は11月2日に公開となる映画『ヴェノム』に先立ち、同キャラクターが登場した映画『スパイダーマン3』を考察していきます。 サム …

連載コラム

『愛、アムール』感想と解説。ハネケ映画を愛と呼ぶべきか|偏愛洋画劇場9

連載コラム「偏愛洋画劇場」第9幕 今回ご紹介するのは第65回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞、第85回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品、ミヒャエル・ハネケ監督による『愛、アムール』(2012) …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学