Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ぼくと、彼と、』感想とレビュー評価。日本のマイノリティカップルの“ありのまま”とは|だからドキュメンタリー映画は面白い27

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第27回

日本に暮らすマイノリティカップル。そのあり方とは――。

今回取り上げるのは、2019年11月29日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開の『ぼくと、彼と、』。

介護を要する母親を持つ日本人青年とベトナム難民2世の青年、2人の男性カップルの日々の生活と結婚式までを追います。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ぼくと、彼と、』の作品情報

映画『ぼくと、彼と、』

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督】
四海兄弟

【キャスト】
鳥山真翔、グェンリ・アンコア、鳥山真翔の母、山縣真矢、杉山文野、外山雄太、レスリー・キー

【製作総指揮】
飯塚冬酒

【撮影】
長棟航平、野口高遠、松村慎也

【作品概要】
シンガーの鳥山真翔と、イラストレーター兼モデルのグェンリ・アンコアのマイノリティカップルの、日常と結婚式までを追ったドキュメンタリー。

音楽には、鳥山が自ら作曲した曲や、マスコーラスクワイアBe choirの長谷川雅洋が作詞・作曲した「LIFE」などを使用。

監督は、現役パリコレモデルの女子大生を追った15分の短編ドキュメンタリー『今を憂う君も春になれば』(2019)を手がけた四海兄弟で、本作が初の長編となります。

製作総指揮は、日米の宗教音楽を描いた『GOSPEL』(2014)、ミス日本コンテストを赤裸々に描いた『夢こそは、あなたの生きる未来』(2018)など、先鋭的なドキュメンタリーをプロデュースしてきた飯塚冬酒です。

映画『ぼくと、彼と、』のあらすじ


映画『ぼくと、彼と、』

シンガーにしてボイストレーナーとしても活躍する鳥山真翔は、LGBTであることをカミングアウトし、イラストレーター兼モデルのベトナム難民二世のグェンリ・アンコアとパートナー関係を結んでいます。

真翔には介護を要する母親がいますが、彼女は息子のカミングアウトを受け入れており、グェンリを「アンコちゃん」と呼ぶほど打ち解けています。

そんななか、真翔はグェンリにプロポーズし、本格的な同居を考えます。

しかし、真翔の父親もグェンリの家族も同性婚に抵抗を感じており、彼らを受け入れていません。

両家に同性婚を認めてもらうべく、動き出す真翔とグェンリ。

本作は、そうした2人に密着しつつ、彼らを取り巻く周囲の人たちにもカメラを向け、さらに日本におけるLGBT事情にも迫っていきます。

スポンサーリンク

素性を明かさぬ“覆面監督”、四海兄弟

映画『ぼくと、彼と、』

本作の監督である四海兄弟(しかいけいてい)。

現在、映画・映像の現場に携わっているという四海兄監督は、自分の実績をゼロにしたところからドキュメンタリー作品に挑戦したいとして、自身の素性を一切明かさぬ“覆面監督”として活動。

2016年度のミス日本ファイナリストで、パリコレモデルにして中央大学生の本山琴美を追った短編ドキュメンタリー『今を憂う君も春になれば』を発表します。

続けて、現代日本に生きるLGBTを追ったドキュメンタリーを手がけたいとの狙いから、クラウドファンディングで資金を募り、本作製作に漕ぎ付きました。

あくまでも“一組のカップル”として密着


映画『ぼくと、彼と、』

本作は、昨今製作されることが増えた、LGBTQをテーマにした映画とは少々主旨が異なります。

LGBTQ映画の多くは、周囲からの偏見や差別といった問題に当事者がどう向き合うのかといった点にクローズアップされ、そこには大抵、悲壮感が付き物だったりします。

しかし本作では、真翔とグェンリの2人を、あくまでも“一組のカップル”として追いつつ、彼らの普段の日常を覗いてみる、といった構成になっています。

一緒に会話したり、一緒に食事の準備をしたり、時には一緒に同性婚の法制化を訴えるパレードに参加したりと、日々の行動や生活ぶりを見ていきます。

監督の四海兄弟は、本作製作にあたり以下のようなコメントを残しています。

「個人的には、性的マイノリティが特別視されたり、LGBTQとひとくくりにされることに疑問がある。
人は、みなそれぞれの個性や背景をもって生きている。その個性をラベルで分類することは簡単だけれども、そこにあるのはラベリングする側の便利さだけ。
ラベリングされた側は、ひとくくりにされることを望んではいない。
今回、ご一緒したふたりの個性や生きている背景は人によっては、とても大変な問題に思えるかもしれないが、ふたりは当たり前に受け入れ、この日本で生活を送っている。
そんなふたりの問題や事件をことさら大きく取り上げることなく、普通に暮らしているふたりの姿を描きたかった」

スポンサーリンク

ポジティブに前に進もうとする者たち


映画『ぼくと、彼と、』

もちろん、真翔とグェンリの2人を取り巻く問題に、全く触れていないわけではありません。

真翔の父親やグェンリの家族が、2人の結婚について反対していることが浮き彫りとなり、真翔に至っては、父親とはほぼ絶縁状態となっています。

何とかして双方の理解を得られないかと、1人のシンガーとして、とある策を考える真翔。

2人を含め、本作に登場するLGBTQへの理解を求める人たちに共通しているのは、彼らが前向きかつポジティブな気持ちを持って行動しているということです。

本作が製作されたのも、真翔本人が映像化してもらうべく多方面に企画を持ち込んだことが、そもそもの発端だったとか。

LGBTQであることを悲観することなく、堂々と生きる彼らの姿が映し出されます。

映画『ぼくと、彼と、』

ラストで真翔は、グェンリとの今後について展望を語ります。

それは、2人の現状を鑑みると、容易に実現できることではないかもしれません。

でも、家族として歩み出した2人を見ると、それが不可能だと決めつけるのは早計なのです。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『ペットセメタリー』と映画化したスティーヴン・キング作品を紹介|SF恐怖映画という名の観覧車84

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile084 新年も2週目となり、学生から会社員の方まで多くの人が新たな年の平日を過ごし始めていると思います。 2020年の新作映画の公開が続々と始ま …

連載コラム

映画『ベトナムを懐う』あらすじと感想レビュー。父親が胸に秘めた異国から故郷への想い|銀幕の月光遊戯25

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第25回 異国でおもう故郷は何故こんなにも遠い…。 初演以来、上映回数1000回を超える舞台作品を、『超人X.』(2014)、『輝ける日々に』(20018)のグエン・クワン …

連載コラム

【劇場版BEM 妖怪人間ベム】感想と考察解説。ラスト完結作でテレビ金字塔ダークアニメ“BECOME HUMAN ”は真実となりうるか?|SF恐怖映画という名の観覧車121

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile121 1968年より放映された「早く人間になりたい」と言うセリフが有名な名作アニメ『妖怪人間ベム』。 わずか26話で打ち切られ、さまざまな倫理 …

連載コラム

映画『アンダー・ザ・シャドウ 』あらすじネタバレと感想。モンスター【影の魔物】の正体とは⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録6

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第6回 ヒューマントラストシネマ渋谷で1月4日よりスタートした「未体験ゾーンの映画たち2019」では、貴重な58本の映画が続々上映されています。 日本 …

連載コラム

堀潤映画『わたしは分断を許さない』感想とレビュー評価。表現の自由の世界から問題意識を投げかける|だからドキュメンタリー映画は面白い39

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第39回 ジャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追った、世界の「分断」。 今回取り上げるのは、2020年3月7日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP