Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/09/30
Update

映画『かざあな』あらすじ感想と評価解説。どろどろの恋愛ラブストーリーを内田伸輝監督が初長編作で描く|インディーズ映画発見伝21

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第21回

日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い秀作を、Cinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」

コラム第21回目では、内田伸輝監督の映画『かざあな』をご紹介いたします。

脚本はなく、プロットを途中まで書いて強行的に撮影し、完成までに4年半の月日をかけた力作。

男女のどろどろの恋愛模様を生々しく重苦しく描きます。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『かざあな』の作品情報


(C)映像工房NOBU

【公開】
2011年(日本映画)

【監督・脚本】
内田伸輝

【キャスト】
鍋山晋一、秋桜子、山内洋子、赤穂真文

【作品概要】
監督を務めた内田伸輝監督は、ドキュメンタリー映画『えてがみ』(2002)でデビュー。

初長編映画となった『かざあな』時は、第8回TAMA NEW WAVEコンペティションでグランプリ・女優賞、ひろしま映像展2008グランプリ・企画脚本賞・演技賞 三部門受賞、PFFアワード2008審査員特別賞受賞など数々の賞を受賞し、バンクーバー国際映画祭コンペティション部門他で正式上映されました。

監督最新作は『女たち』(2021)。その他の監督作に『ふゆの獣』(2011)、『僕らの亡命』(2017)などがあります。

出演者には、『えてがみ』(2002)にも出演した鍋山晋一や『卍』(2006)の秋桜子、『俺たちの世界』(2009)の赤穂真文などが顔を揃えます。

映画『かざあな』のあらすじ


(C)映像工房NOBU

ナベ(鍋山晋一)は、美術の学校で出会ったミカちゃん(秋桜子)とヨウちゃん(山内洋子)と卒業後も仲良く出かけていました。

3人で過ごすうちにナベはミカちゃんのことが好きになり、気持ちを伝えますがミカちゃんは友達以上の関係を望みませんでした。

自分が選ばれなかったことにショックを受けたヨウちゃんはミカちゃんに嫉妬し、ナベと関係を持ち付き合うことになってしまいます。

どろどろの男女の肉体と言葉が交錯し、感情がぶつかり合っていきます……。

スポンサーリンク

映画『かざあな』の感想と評価


(C)映像工房NOBU

ミカちゃんに恋しながらも、その思いは叶わず、ヨウちゃんと行きずりのまま付き合ってしまうナベは、次第に自身の衝動を悔やみ、ヨウちゃんと付き合うことに煩わしさを感じ始めてしまいます。

3人の友達関係を壊したくないと思うミカちゃん、自分が選ばれなかったと感じ、選ばれたいと思うヨウちゃん。

ヨウちゃんと別れたナベは再びミカちゃんに思いを伝えますが、自分勝手だと言われてしまいます。ミカちゃんの予想外の反応にナベは呆然とします。

しかしそのミカちゃんが付き合っていたのはナベの友達でした……ナベは絶望し、感情を爆発させてしまいます。

脚本はなく、途中までのプロットで撮影を敢行した本作は、監督自身もどう終わるのか分からないラストであったと言うほど、演技とむき出しの感情が合わさった生々しさが観客を惹きつけます。

本作は全編を通してカメラで男女の恋愛を追っているかのように映し、時折インタビューをしているかのように、それぞれの登場人物の生の声が語られます。

ドラマでありながら、ドキュメンタリーのような現実味が、登場人物たちが役をこえてむき出しの感情をぶつけ合う独特の世界観を作り上げます。

内田伸輝監督は本作以降の『ふゆの獣』(2011)などでも、即興の芝居にこだわり、男女のむき出しの感情をスクリーンにおさめることを重視しています。

他愛もない日常、恋愛のもつれ、感情のぶつかり合い、フィクションと生身の人間の感情が交錯して一つの映画を作り上げている、それが内田伸輝監督作品の面白さなのです。

まとめ


内田伸輝監督(C)Cinema Discoveries

男女のどろどろの恋愛をカメラで追っているかのように映しだし、日々の他愛もない会話や生々しくぶつかり合う感情を映しとった映画『かざあな』。

恋した相手に振り向いて欲しい、恋は人を自分勝手にさせる……、そのようなどろどろした人々のむき出しの感情を、生身の感覚で感じられるような生々しさ。それは、即興の演技にこだわり、ドキュメンタリーのように男女の恋愛模様を映し出す内田伸輝監督独自の演出によるものでしょう。

脚本はなく、途中までのプロットで撮影を敢行し、完成までに4年半の月日をかけた本作の生々しく、ありありと伝わってくる感情はどこか普遍的であり、人の感情の移ろいをも感じさせる力作です。

内田伸輝Twitter

次回のインディーズ映画発見伝は…

次回の「インディーズ映画発見伝」第22回は、高橋伸彰監督の『夏の夜の花』を紹介します。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら



関連記事

連載コラム

【ネタバレ感想】シュガーラッシュ:オンラインの解説と考察。ヒーローなき後の世界と愛のゆくえについて|映画道シカミミ見聞録29

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第29回 あけましておめでとうございます。森田です。 本サイトでは年明けに「2018年映画ランキング」が発表されました。 私も選出していますが、ベスト10に入れるべき …

連載コラム

映画『ハローワールド』の考察評価と内容解説。ポスト・セカイ系の特徴|映画道シカミミ見聞録41

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第41回 こんにちは、森田です。 今回は9月20日に全国公開されたアニメーション映画『HELLO WORLD』を「ポスト・セカイ系」の1本と位置づけ、紹介いたします。 …

連載コラム

映画『関公VSエイリアン』あらすじ感想評価とレビュー解説。特撮監督・高野宏一が台湾で手がけた“幻の作品”|OAFF大阪アジアン映画祭2021見聞録6

大阪アジアン・オンライン座特集企画《台湾:電影クラシックス、そして現在》上映作品『関公VSエイリアン』 2021年3月5日(金)から同月14日(日)まで、10日間に亘って開催された第16回大阪アジアン …

連載コラム

東京国際映画祭2019グランプリ受賞『わたしの叔父さん』あらすじと感想レビュー。監督フラレ・ピータゼンが伝えたかったメッセージとは|TIFF2019リポート12

第32回東京国際映画祭「コンペティション」部門上映作品『わたしの叔父さん』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が開催されました。 コンペティション部門で東京グランプリを …

連載コラム

『浜辺のゲーム』あらすじと感想。ヴァカンス映画の引用と軽く境界線を越える人物たち|銀幕の月光遊戯29

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第29回 湘南を舞台に、一軒の別荘に集まってきた3人組の女子と個性的で国際的な面々・・・。 大阪アジアン映画祭2019のコンペティション部門で初上映され、反響を呼んだ夏都愛 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学