Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『ハッピーニューイヤー』あらすじ感想と評価解説。韓国恋愛群像劇をハン・ジミンとイ・ドンウク中心に描く|映画という星空を知るひとよ126

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第126回

大晦日の夜、ホテル<エムロス>に集結した14人のドタバタのロマンスを描いた『ハッピーニューイヤー』。

『猟奇的な彼女』(2001)のクァク・ジェヨン監督が手がけ、ハン・ジミン、イ・ドンウク、カン・ハヌルら豪華キャストを迎えて描いた群像ラブストーリーです。

新年を目前にした大晦日に、ホテル<エムロス>で起こる騒動の数々……。性別も職業も違う14人の人々のそれぞれの恋愛模様が交差する中、失意に落ちる人もいれば奇跡の再会に心温まる人も。

それぞれの人生に出会うロマンスが新年を前に一度に花咲いたような映画『ハッピーニューイヤー』は、2022年12月9日(金)より新宿ピカデリーほかで全国公開

映画公開に先駆けて、映画『ハッピーニューイヤー』をご紹介します。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ハッピーニューイヤー』の作品情報


(C)2021 CJ ENM CORP., HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【原題】
HAPPY NEW YEAR

【監督】
クァク・ジェヨン

【脚本】
ユ・スンヒ

【出演】
ハン・ジミン、イ・ドンウク、カン・ハヌル、ユナ(少女時代)、ウォン・ジナ、イ・ヘヨン、キム・ヨングァン、ソ・ガンジュン、イ・グァンス、コ・ソンヒ、イ・ジヌク、チョ・ジュニョン、ウォン・ジアン

【概要】
『ハッピーニューイヤー』は、「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨン監督が手がけた群像ラブストーリー。

大晦日の韓国のあるホテルを舞台に、宿泊客やホテルスタッフに巻き起こるドタバタ恋愛劇を描きだします。

『密偵』(2016)のハン・ジミン、『ビューティー・インサイド』(2015)のイ・ドンウク、『ミッドナイト・ランナー』(2017)のカン・ハヌルら豪華キャストが集結しました。

映画『ハッピーニューイヤー』のあらすじ


(C)2021 CJ ENM CORP., HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

高級ホテル<エムロス>は、クリスマスと新年を祝うホリデームードに満ち溢れています。

そこには、さまざまな事情を抱えた宿泊客やホテルスタッフが集まっていました。

15年間も男友達(キム・ヨングァン)への告白をためらっているホテルマネージャー(ハン・ジミン)。彼から自分が働くホテルで結婚式を挙げると告げられ、ショックを受けます。

新米ハウスキーパー(ウォン・ジナ)は掃除中に踊っているところを、イケメンで優秀、だけどちょっぴりクセのあるCEO(ドンウク)に見られてしまいます。

一方、ドアマン(チョン・ジニョン)は40年ぶりに初恋の相手(イ・ヘヨン)に再会。

さらに、人気アーティスト(ガンジュン)にクビを宣告されるマネージャー(イ・グァンス)や、渡り廊下で女子高生(ウォン・ジアン)に告白する男子高校生(チョ・ジュニョン)。

下積みを経てついにスターの座へ登り詰めた、人気アーティスト(ソ・ガンジュン)もいれば、人生に絶望して高級ホテルの屋上から飛び降りようとする就活生(ハヌル)も。

数時間後にニューイヤーが迫るなか、次から次へと舞い込んでくるドタバタ&ドキドキの数々。

ホテル宿泊客やスタッフ14人14色なロマンスが“ハッピー” な新年を迎えられるのか、気になる展開が繰り広げられます。

スポンサーリンク

映画『ハッピーニューイヤー』の感想と評価


(C)2021 CJ ENM CORP., HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

誰もが新たな気持ちで迎えたくなる「ニューイヤー」。特別な日を祝うためにホテルに宿泊する人も多いのではないでしょうか。

本作はそんな宿泊客でにぎわう、ホテル<エムロス>を舞台にしています。

華やかなツリーや色とりどりのディスプレイで飾られた年末年始のホテルは、ロマンチックなムードに満ち溢れていました。

そんなホテルに集まって来た14人は、年齢も性別もライフスタイルも実にさまざまで、ホテルの大晦日という時間を共有しながら、各自のラブストーリーが展開します。

作品を手がけたクァク・ジェヨン監督には、「多様なキャラクターが織り成す感情を、観客の皆さんに共感してほしい」という思いがあったそうです。

監督の思いもあれば、ほろ苦い失恋や甘酸っぱい初恋の記憶、胸ときめく恋の予感も、全部ひっくるめて大晦日の夜は更けていきます。

全ての人の想いを呑み込んで、新しい年がやって来る! その事実だけでも、ポジティブな気持ちになれる、とても楽しい作品です。

まとめ


(C)2021 CJ ENM CORP., HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

『猟奇的な彼女』(2001)のクァク・ジェヨン監督が手がけた『ハッピーニューイヤー』をご紹介しました。

舞台は一流ホテルの<エムロス>。クリスマス、大晦日と続くホリデー向けのホテル内の装飾はとても豪華で目を楽しませてくれます。

おまけにワクワクする高揚感を一層高めるキャッチコピーは「だって、それでも、来年こそ運命の恋がしたい!」。

豪華なホテルで巻き起こる恋愛ドタバタ騒動の作品は、このキャッチそのままに、前向きの温かな気持ちにさせてくれます

クリスマス前に一足早く、聖なる夜の愛の奇跡を体験してみてはいかがでしょうか。

映画『ハッピーニューイヤー』は、2022年12月9日(金)より新宿ピカデリーほかで全国公開

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。

関連記事

連載コラム

映画『はじめて好きになった人』あらすじ感想と評価解説レビュー。香港発でLGBTと青春をテーマに描いた秀作がABCテレビ賞を受賞|大阪アジアン映画祭2022見聞録5

2022年開催、第17回大阪アジアン映画祭上映作品『はじめて好きになった人』 第17回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、2022年3月20日(日)に閉幕しました。 グランプリに韓国映画『おひと …

連載コラム

映画『長いお別れ』あらすじと感想。中野量太監督の描く認知症と向き合う家族の「つながり」|シニンは映画に生かされて8

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第8回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第8回でご紹介する作品は、映画『湯を沸かすほどの熱い愛 …

連載コラム

映画ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャーのネタバレ感想と評価|邦画特撮大全44

3戦隊19ヒーロー集結! 史上最大の「VS」が幕を開ける! Vシネクスト『ルパン レンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』。 2つの戦隊のぶつかり合いを描いた意欲作『快盗戦隊ルパンレンジャー …

連載コラム

映画『樹海村』あらすじ感想と内容解説。実在の心霊スポットと都市伝説をモデルに犬鳴村と異なる“村ホラー”を描く|シニンは映画に生かされて25

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第25回 2021年2月5日(金)より全国ロードショー公開予定のホラー映画『樹海村』。 前作の「犬鳴村」同様、有名な心霊スポットである富士・青木ヶ原樹海にまつわる …

連載コラム

【スマホ2ネタバレ】映画と原作の違いを比較考察。結末に登場のキャストは続編への伏線か!?|永遠の未完成これ完成である9

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第9回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』です。 情 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学