Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

清原惟映画『網目をとおる すんでいる』あらすじと感想レビュー。短編作品ならではのフレキシブルな源泉|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り7

  • Writer :
  • Cinemarche編集部
  • 加賀谷健

第10回ちば映画祭「清原惟監督特集」

東京藝術大学大学院の修了制作として手がけた初長編作品『わたしたちの家』が2018年に渋谷ユーロスペースで公開され、鮮烈な映像感覚が大きな注目を集めている清原惟(きよはらゆい)監督。


©︎Cinemarche

2018年の目覚ましい活躍から引き続き、ちば映画祭2019では特集上映が組まれました。

今回は、その中から清原監督の最新短編映画『網目をとおる すんでいる』を取りあげます。

【連載コラム】『ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『網目をとおる すんでいる』の作品情報

【公開】
2018年

【監督】
清原惟

【キャスト】
坂藤加菜、よだまりえ

【作品概要】
東京藝術大学大学院の修了制作である『わたしたちの家』が2018年に渋谷ユーロスペースで公開され、大きな注目を集めた清原惟監督の最新短編作品。

2人の少女たちの間で交わされる何気ない会話から立ち上がってくる不思議な“清原ワールド”の虜になってしまいます。

清原惟監督プロフィール


©︎Cinemarche

1992年生まれ。東京都出身。

武蔵野美術大学映像学科卒業、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻監督領域修了。黒沢清監督、諏訪敦彦監督に師事。

東京藝術大学大学院の修了制作として手がけた初長編作品『わたしたちの家』が、ぴあフィルムフェスティバル2017でグランプリを受賞し、2018年には渋谷ユーロスペース他、全国各地で上映されました。

今、最も注目を集めるインディーズ作家の1人です。

映画『網目をとおる すんでいる』のあらすじ

幼馴染みの少女2人は、いつも一緒で、自分たちが好きなものについて語り合っています。

お互いが相手を思いやり、それはいつしか特別な感情になっていました。

そんな2人が河原で見つけるビニールハウス。

彼女たちはそこにきっと誰かが住んでいると想像を膨らませていきます。

スポンサーリンク

映画『網目をとおる すんでいる』の感想と評価

まず驚いてしまったのは、本作が清原惟監督の最新短編作であるということです。

あれだけ重々しく構造的な『わたしたちの家』(2017)を撮り終えた後に、このような瑞々しい短編を軽々と取りあげてしまうバイタリティとイマジネーションの源泉は一体どこにあるのでしょうか。

参考映像:『わたしたちの家』(2017)予告編

この短編作品で清原監督が取りあげているのは、女の子が女の子に恋愛感情抜きで特別な想いを寄せてしまう気持ちです。

近年、女の子同士で相手のことが「好き」だという感情を描いた作品は多く見受けられ、自分ではない誰かと身も心も溶け合いたいという切なる想いの最も純粋な現代的例かもしれません。

しかしそうしたピュアな気持ちは彼女たちにとっては自明のものでありながら、なかなか言語化しずらいものです。

これは敢えて意味を説明しないことで映画自体に奥行きを持たせる清原監督らしい着眼でした。

今まで誰かがやっていそうで、誰もやっていなかったことでしたが、少女たちの淡い想いを実際に網の目を使って具象化していく発想力と表現力は秀逸です。

さらに本作はちょっとした「LGBTQ」映画としてもみることが出来ます。

河原にあるビニールハウスに住んでいるらしい“誰か”を少女たちが興味深い言い方で形容するのです。化粧をした男の人……。

不思議な人だけれども、とっても綺麗で興味を引かれるという彼女たちの会話を聞いていてまた驚かされるのが、セクシャルマイノリティーについてこれだけ議論がなされている時代に、あえてゲイやトランスジェンダーといった言葉を使わないことの潔さです。

柔らかい表現を使いながらも的を得てしまう言葉の翻訳術には妙な説得力があります。

ともするとマイノリティの人たちを傷つけてしまいかねない表現なのに、監督の人間への深い理解と興味が感じられる心優しい言葉の不思議。

あるいはここで仮にLGBTQ関連の言葉を直接選択していたら、物語全体のイデオロギー化は免れなかったでしょう。

何を主張するでもない、何気ない少女たちの会話の中で戯れるようにして包まれた言葉だからこそ、“現実的な響き”を奏でられたのです。

まとめ

蔵野美術大学映像学科の卒業制作として手がけた『ひとつのバガテル』(2015)の断片的な躍動感があり、それがさらに奥行きをもって構造的な物語世界を構築している『わたしたちの家』の多元宇宙のサスペンスフルな緊張があり、そしてさらに本作『網目をとおる すんでいる』の柔軟な発想力というように、清原惟監督のイマジネーションはまるで止まるところを知りません。

彼女が世界への関心を抱き続ける限り、その想像力の源泉は尽きることなく、さらなる表現の豊かさを目指して躍進していきます。

次は、一体どのような作品を世に繰り出してくるのか。もう怖くて怖くてたまりません。

【連載コラム】『ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『昨夜、あなたが微笑んでいた』あらすじと感想レビュー。カンボジアの歴史的建築物を描いた作品がダブル受賞|フィルメックス2019の映画たち3

第20回東京フィルメックス「コンペティション」スペシャル・メンション、学生審査員賞『昨夜、あなたが微笑んでいた』 2019年にて記念すべき20回目を迎える東京フィルメックス。令和初となる本映画祭が開催 …

連載コラム

映画『チャクトゥとサルラ』あらすじと感想レビュー。内モンゴル自治区の今を活写した普遍性|TIFF2019リポート19

第32回東京国際映画祭・コンペティション部門『チャクトゥとサルラ』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの1 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第1講「行為について:アリストテレスの行為論から映画を見る」

2019年2月から日本映画大学准教授である、田辺秋守氏による「映画と哲学」の講義を連載します。 第1講では、クシシュトフ・キェシロフスキ監督の名作『デカローグ』(1989~90)から、映画のなかの「行 …

連載コラム

NETFLIXおすすめ映画『シー・ユー・イエスタデイ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車56

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile056 「SF」的な見栄えの良さと脚本の妙が、作品そのものの魅力を高める「タイムトラベル」と言うジャンル。 2019年、遥か昔から数多くの映画が …

連載コラム

森山未來映画『オルジャスの白い馬』あらすじと感想レビュー。海外初主演作はカザフスタンで描かれる父子の物語|TIFF2019リポート26

第32回東京国際映画祭・特別招待作品『オルジャスの白い馬』 2019年にて通算32回目となる東京国際映画祭。 令和初の開催となった本映画祭は、2019年10月28日(月)に無事開会の日を迎え、11月5 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学