Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/04/27
Update

映画『葵ちゃんはやらせてくれない』感想評価と解説。松嵜翔平×小槙まこで描いたタイムループな大人のラブストーリー|銀幕の月光遊戯 76

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第76回

『れいこいるか』『こえをきかせて』など、幅広いジャンルの映画作品で知られるいまおかしんじが監督を務めた映画『葵ちゃんはやらせてくれない』は、大人の男女に向けた刺激的なラブストーリーを発信するキングレコードの映画レーベル「エロティカ クイーン」の一作として製作されました。

映画監督志望の青年・信吾の前に幽霊となって現れたのは自殺した大学時代の先輩川下。「学生時代に戻って葵ちゃんとセックスしたい」という川下に連れられてドアをくぐったらそこは懐かしい映研の部室。タイムスリップしたふたりは川下の願いを叶えるべく奔走しますが……。

おかしくもちょっと切ないタイムスリップ・ラブストーリー『葵ちゃんはやらせてくれない』は、2021年5月15日(土)より名古屋シネマスコーレにて先行公開、6月11日(金)よりシネマート新宿にて1週間限定上映、大阪シアターセブンでも順次上映。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『葵ちゃんはやらせてくれない』の作品情報


(C)2021キングレコード

【公開】
2021年公開(日本映画)

【監督】
いまおかしんじ

【脚本】
佐藤稔、いまおかしんじ

【キャスト】
小槙まこ、松嵜翔平、森岡龍、佐倉絆、三嶋悠莉、増田朋弥、田中爽一郎、三上寛

【作品概要】
大人の男女に向けた刺激的なラブストーリーを発信するキングレコードの映画レーベル「エロティカ クイーン」の一作。

れいこいるか』『こえをきかせて』(2019)のいまおかしんじが監督を務め、新進女優の小槙まこが葵ちゃんを演じています。

映画『葵ちゃんはやらせてくれない』のあらすじ


(C)2021キングレコード

映画監督志望の男・信吾の前に、大学の映画研究部の先輩だった川下さんが突然現れ、信吾は悲鳴をあげました。なぜなら彼は一年前に自殺して亡くなっていたからです。目の前にいるのは川下さんの幽霊でした。

川下さんは、片思いをしていた大学時代の後輩・葵ちゃんとセックスがしたいがために戻ってきたと語りました。川下に連れられてドアを開けると、そこは懐かしい映研の部室でした。彼らはタイムスリップしたのです。

彼らは自主映画を撮っている最中で、撮影の現場に行ってみると、懐かしい大学時代の葵ちゃんの姿がありました。

果たして川下さんは過去をやり直し、念願の葵ちゃんとやることができるのでしょうか!?

スポンサーリンク

映画『葵ちゃんはやらせてくれない』の感想と評価


(C)2021キングレコード

唯一のチャンスだった学生時代のあの日に戻って、好きだった葵ちゃんとセックスしたいという邪な望みを持ち、過去にタイムスリップする川下さん。

その川下さんに連れられて過去に戻ってきた信吾は、ちゃっかり、昔の恋人とベッドインしてよろしくやっているというのに、川下さんの方は、なかなか思惑通りには進みません。

あと一歩というところまで漕ぎ着けるのですが、肝心な時に邪魔が入ってしまうのです。そんなわけで川下さんは何度もタイムスリップする羽目に。

のほほ~んとしたSFチックの艶笑コメディーという趣ですが、川下さんが信吾の前に現れるのは、毎年一回、川下さんの命日であることが悲哀を感じさせます。

まだ社会に揉まれておらず、好きなことに一生懸命だった学生時代へのノスタルジックな想いが漂う中、あの時、ああしていれば、その後の人生も少しは変わったのかもしれないという切実な後悔の念が、スラップスティックな展開の中に溢れ出します。

さらに、タイムスリップした信吾は、かつての映研仲間たちを見て、「お前たち、まだ知らないんだな。福島で原発事故が起こるんだ」と話し始め川下さんに静止されます。これが数度繰り返されています。

それ自体は何気ないシーンなのですが、映画の重要なキーワードとして読み取ることも可能でしょう。震災の前と後で、世の中の何かが決定的に変わってしまったという気持ちが吐露されていると解釈するのは深読み過ぎるでしょうか。

映画のスタイルはあくまでもコメディーであり、タッチも軽やかですが、世の中がどんどん生き辛い社会へと変容していく中、人生に翻弄されつつも、懸命にもがいている人々の姿が映し出されています。

そこには亡くなってしまった人への追悼と、挫折を経験しながらも夢みることを諦めない信吾や葵ちゃんといった、懲りない愛すべき人々に対するエールがたっぷり込められているのです。

まとめ


(C)2021キングレコード

ヒロインの葵ちゃんを演じるのは、映画「HERO~2020~」やテレビドラマ、舞台、CMなどで活躍する新鋭女優・小槙まこです。あどけない表情とフレッシュで初々しい姿が眩しく、「憧れの女の子」にふさわしい存在感を見せています。

しかし、ただのマドンナ的存在にとどまらず、歌手になりたいという夢を諦めずにいるひとりの女性として、溌溂とした姿を見せてくれます。

俳優、モデル、監督など多岐に渡り活躍し、Netflixのリアリティ番組「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」にも出演し話題を呼んだ松㟢翔平が、山あり 谷ありの人生を過ごしている信吾をひょうひょうと演じています。

どてっとしたパジャマ姿の幽霊の川下さんを演じているのは森岡龍。いつものハンサムぶりを抑えての哀愁溢れる演技に注目です。

そんな個性的な俳優たちと共に、特筆すべきなのは、葵ちゃんが歌う「川下さんはやってくる」や、映研のメンバーが製作しているゾンビ映画の主題歌「ゾンビバンド」という劇中歌です。

どちらもいまおかしんじ作詞、宇波拓作曲の、メロディアスかつ哀愁溢れた楽曲で、耳に心地よく、すっと心の中に入ってきます。

ミュージシャンの三上寛も出演しており、まるでちょっとしたミュージカルのような、あるいは、「歌謡青春もの」のような気分を味わうことができるでしょう。

『葵ちゃんはやらせてくれない』は、2021年5月15日(土)より名古屋シネマスコーレにて先行公開、6月11日(金)よりシネマート新宿にて1週間限定上映、大阪シアターセブンでも順次上映です。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末も【綾瀬はるか×西島秀俊の愛か任務かのアクション炸裂】|映画という星空を知るひとよ58

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第58回 『劇場版 奥様は、取り扱い注意』は、テレビドラマ『奥様は、取り扱い注意』を映画化したものです。 佐藤東弥監督が手掛けた本作で、綾瀬はるかと西島秀俊が元 …

連載コラム

映画『ホテル・ムンバイ』キャスト【アーミー・ハマーのインタビュー:恐怖のホテルとは】FILMINK-vol.9

FILMINK-vol.9「Armie Hammer: Hotel of Horror」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映 …

連載コラム

映画『ガール・イン・ザ・ミラー』感想と評価レビュー。鏡の少女の正体とは何か解説|SF恐怖映画という名の観覧車62

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile062 新宿シネマカリテにて2019年7月13日より4週間に渡り開催された「カリコレ2019/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション20 …

連載コラム

SF映画おすすめ『アノンANON』ネタバレ感想。近未来のテクノロジー社会をスタイリッシュに風刺|未体験ゾーンの映画たち2019見破録5

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第5回 様々な理由から日本公開が見送られてしまう、傑作・怪作映画をスクリーンで体験できる劇場発の映画祭、「未体験ゾーンの映画たち」が2019年も実施さ …

連載コラム

全裸監督2|3話ネタバレあらすじ感想と結末解説。駅弁の野望成るか⁈シーズン2の見どころ考察

「空からエロが降ってくる」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介 2019年8月、Netflixオリジナルドラマとして全世界に配信された『全裸監督シーズン1』。2016年出版の伝説のAV …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学