Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『キングコング対ゴジラ』内容と解説。怪獣映画の日本とハリウッドの共通性と相違点|邦画特撮大全24

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第24章

2020年に公開予定のハリウッド映画『ゴジラVSコング』。ゴジラとキングコングの2大怪獣がスクリーンをリングに激突するのです。

しかし半世紀前にゴジラとキングコングはすでに戦っていました。

そのタイトルマッチが今から56年前に公開された『キングコング対ゴジラ』(1962)です。

日本のゴジラとアメリカのキングコング。半世紀前に繰り広げられた2大怪獣の戦いを、『ゴジラVSコング』の公開前に振り返ってみましょう。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『キングコング対ゴジラ』の作品概要


東宝作品『キングコング対ゴジラ』(1962)

本作は東宝創立30周年記念作品。ゴジラシリーズ第3作目で初のカラー作品です。

監督は本多猪四郎、特技監督は円谷英二、脚本は本作がゴジラシリーズ初参加となった関沢新一です。

本作の観客動員数は1255万人で、この記録はゴジラシリーズ史上最大のものです。

1962年の日本の人口が9583万人ですので、約7人に1人の日本人が公開当時に本作を鑑賞していた計算になります。

本作の元になったのはウィリス・オブライエンによる『キングコングVSプロメテウス』という企画で、そもそもはキングコングとフランケンシュタインの怪物が戦うというものでした。

アメリカ本国の映画会社のみならず日本にもこの企画が売り込まれ、本作『キングコング対ゴジラ』に結実したのです。

また当初の企画に登場したフランケンシュタインの怪物の要素は、後に『フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965)として結実します。

本作の主演は高島忠夫。高島の飄々とした雰囲気や有島一郎と大村千吉ら脇役の持ち味も相まって、本作はゴジラシリーズの中でもコメディ色が強い娯楽作となっています。

ちなみに高島忠夫の息子である高嶋政宏は『ゴジラvsメカゴジラ』(1993)と『ゴジラvsデストロイア』(1995)に、同じく高嶋政伸も『ゴジラvsビオランテ』(1989)に出演しています。

またヒロイン役で出演したのが浜美枝と若林映子。海外公開された本作がきっかけで、2人は『007は二度死ぬ』(1967)のボンドガールに選ばれました。

アメリカを代表する怪獣・キングコング

『キングコング』(1933)

アメリカを代表する怪獣・キングコング。彼の初登場作品はRKO製作の映画『キングコング』(1933)です。

監督はメリアン・C・クーパーとアーネスト・B・シュードサックです。シュードザックは後に、続編『コングの復讐』(1933)や『猿人ジョー・ヤング』(1949)などを監督しています。

初代キングコングは人形によるストップモーション・アニメで表現されました。

この特殊効果を担当したのがストップモーション・アニメの先駆者で、レイ・ハリーハウゼンの師匠でもあるウィリス・オブライエンです。

前述したように本作の元になった企画も彼の手によるものでした。

円谷英二は『キングコング』の特撮に衝撃を受け、フィルムを取り寄せて1コマ1コマを分析・研究したそうです。

初代『ゴジラ』(1954)の際に円谷は、キングコング同様にゴジラをストップモーション・アニメで表現しようと意欲を見せました。

しかし予算の都合上ゴジラは、ご存じの通り着ぐるみで表現されることになりました。

本作『キングコング対ゴジラ』に登場するキングコングも、ゴジラと同じく着ぐるみで表現されています。

また初代キングコングは南洋の髑髏島に棲んでいましたが、見世物にされるためニューヨークに連れてこられたという設定です。

『キングコング対ゴジラ』に登場するキングコングの方は、ソロモン諸島のファロ島に棲む巨猿で、島民から“巨大なる魔神”として畏れられています。

キングコングが日本へ連れてこられた理由は、日本の企業・パシフィック製薬が自社提供のTV番組の視聴率不振を打破するためです。

細かい設定は違いますが、南の島から見世物として都会へ連れてこられたという物語の大枠は両作とも共通しています。

また初代キングコングで有名なシーンがエンパイア・ステート・ビルでのクライマックスです。

キングコングが女優アン・ダロウを手に掴みエンパイア・ステート・ビルに上る場面は、『キングコング対ゴジラ』でも踏襲されています。

『キングコング対ゴジラ』では浜美枝が演じるヒロインをさらって国会議事堂によじ登るシーンがあります。これは初代キングコングへのオマージュです。

『キングコング対ゴジラ』の後、日本では『キングコングの逆襲』(1967)が製作されました。

『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)

本国アメリカでもジョン・ギラーミン監督による『キングコング』(1976)と続編『キングコング2』。ピーター・ジャクソン監督による『キング・コング』(2005)。

昨年2017年に公開された『キングコング:髑髏島の巨神』など、数多くのリメイク作品、リブート作品が製作されています。

スポンサーリンク

ゴジラとキングコング・世紀の一戦!!

ゴジラとキングコングの対決はプロレスを模して作劇・演出されています。これは1957年に行われたプロレス世界選手権争奪戦、力道山とルー・テーズによる対戦を参考にしたためです。

まず本作の題名である『キングコング対ゴジラ』。

対決する怪獣の名前をそれぞれ入れて“対”や“VS”といった文字で結ぶのは、プロレスのタイトルマッチからの引用です。

ゴジラシリーズは本作以降、怪獣同士の戦いがメインとなり題名も本作のような「ゴジラ対 (相手の怪獣)」といったものが多用されることになります。

また劇中で高島忠夫がゴジラとキングコングの対決を「世紀の一戦」と表現している他、「やりますか2回戦?」などプロレスを思わせる台詞も頻出します。

怪獣同士の戦いの間に「どっちが勝つかな?」などと野次馬が言い合う場面も、プロレスの観客を思わせます。

まとめ

キングコングとゴジラによる怪獣同士の戦いはプロレスを参考に表現されました。

結果本物のプロレスさながらに、手に汗にぎる一大娯楽傑作となったのです。

またゴジラとキングコングの対決以外にも、北極海の氷山から登場するゴジラや、実際のタコを使って撮影された大ダコなど見所がたくさんある作品です。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は『ゴジラ対へドラ』(1971)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『仮面ライダーBLACK SUN』内容解説考察。白石和彌監督が手掛けるアウトロー的ヒーロー誕生!【邦画特撮大全96】

連載コラム「邦画特撮大全」第96章 今回の邦画特撮大全は、『仮面ライダーBLACK SUN』を紹介します。 石森プロ・ADK EM・東映 2021年4月の「仮面ライダー」生誕50周年企画発表会見にて、 …

連載コラム

香港映画『空山霊雨』あらすじネタバレと感想。キン・フー監督が1979年に制作した時代劇とは|すべての映画はアクションから始まる7

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第7回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

連載コラム

映画『エマの瞳』あらすじと感想レビュー。不器用な人々を暖かく見守る視点|銀幕の月光遊戯23

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第23回 映画『エマの瞳』が2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館、横浜シネマ・ジャック&ベティほかにて全国順次公開されます。 『エマの瞳』はイタリアの名匠シルヴィオ・ …

連載コラム

全裸監督2|8話ネタバレあらすじ感想と結末解説。ラストは渋谷のど真ん中でAV撮影!シーズン2の見どころ考察

「空からエロが降ってくる」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介 2019年8月、Netflixオリジナルドラマとして全世界に配信された『全裸監督シーズン1』。2016年出版の伝説のAV …

連載コラム

映画『蒲田前奏曲』渡辺紘文監督作「シーカランスどこへ行く」感想と内容考察。子役女優は“蒲田マチ子”を目指すのだろうか|映画という星空を知るひとよ15

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第15回 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。今回は、第4番渡辺紘文監督「シーカランスどこへ行く …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学