Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ドラッグ・チェイサー』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ニコラスケイジが麻薬戦争に挑むクライム・アクション!|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー69

  • Writer :
  • 谷川裕美子

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第69回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第68回は、『ドラッグ・チェイサー』(2019)のご紹介です。

本作はハリウッドスターのニコラス・ケイジ主演のクライムアクションドラマです。監督・脚本を、元ネイビーシールズ隊員という異色の経歴を持つジェイソン・カベルが務めます。

ローレンス・フィッシュバーン、バリー・ペッパー、アダム・ゴールドバーグら豪華キャストも参戦。

10億ドルという巨額を巡り殺しや汚職などの悪がはびこる様をスリリングに描き、息もつかせぬストーリー展開で観る者を危険な世界へと誘います。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ドラッグ・チェイサー』の作品情報


(C)2019 BY RUNNING DEVIL LLC. ALL RIGHTS RESERVED

【原題】
Running with the Devil

【公開】
2021年(アメリカ映画)

【監督・脚本】
ジェイソン・カベル

【編集】
ジョーダン・ゴールドマン

【出演】
ニコラス・ケイジ、ローレンス・フィッシュバーン、バリー・ペッパー、アダム・ゴールドバーグ、レスリー・ビブ、クリフトン・コリンズ・Jr.、コール・ハウザー

【作品概要】

ザ・ロック』(1996)のニコラス・ケイジ主演の手に汗握るクライム・アクション。元ネイビーシールズ隊員だった異色の経歴の持ち主であるジェイソン・カベル監督が映像化しました。

麻薬カルテルとアメリカ麻薬取締局との攻防を通して、人間の危険な側面をあぶり出す作品です。

ケイジが密輸される麻薬の盗難防止と品質を保証する闇の仕事人という、一風変わった役どころに挑みます。

マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーン、『グリーンマイル』(2000)のバリー・ペッパー、『プライベート・ライアン』(1998)のアダム・ゴールドバーグらをはじめ、レスリー・ビブ、クリフトン・コリンズ・Jr.、コール・ハウザーら豪華キャストが共演。

映画『ドラッグ・チェイサー』のあらすじとネタバレ


(C)2019 BY RUNNING DEVIL LLC. ALL RIGHTS RESERVED

頭に袋をかけられ裸で便器脇に拘束された男。外に連れ出された彼をガソリンをかけられた木材が取り囲み、火が勢いよく燃え上がります。

麻薬組織のボスは、カナダに拠点を置く組織のベテラン運び屋のザ・クックに、ドラッグの量が減って不純物が混ざっているものもあったことを伝え、犯人を突き止めるようにと強く命じます。

コロンビアの農園で作られたドラッグが、何人もの血を流しながら麻薬組織へと運ばれていきます。

ヤクでハイになって女と盛り上がるクックの相棒の男。彼をサングラスの若者が訪ねてきてドラッグを試します。そのまま隣室の女たちのもとへ行ったところ、女のひとりが死んでいたため大さわぎに。

ドラッグに不純物を混ぜこんでいた相棒は若者に女たちを託して、娘のピアノの発表会へ向かいます。間に合わなかった彼に妻は激怒し、渡された金をはねつけるのでした。

若者はしかたなく女たちを車に乗せて街へ出ますが、ドラッグを吸っているところを警官にみつかってしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ドラッグ・チェイサー』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ドラッグ・チェイサー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 BY RUNNING DEVIL LLC. ALL RIGHTS RESERVED

オーバードースした女たちとともにコカイン、金を押収され、留置所へ送られた彼は、車は自分のものではないと言ってしまいます。

コロンビアからメキシコへとドラッグ密輸ルートをたどりながら調査していくザ・クックたち。

チャールストンで中毒死が起きたと聞いて、慌てて駆けつける女性捜査官。死んだのは彼女の姉夫婦でした。彼女は姪を保護した後、逮捕した若者を裸で工場に拘束します。彼は観念して口を割るのでした。

大量のヤクを買い付けた男は、酒場で若者に吸わせますが、突然若者がナイフを彼に突きつけてドラッグをひと束奪って逃走します。その様子をクックが見ていました。

買い付けた男はヤクを取引先に持ち込みますが、くすねたと勘違いされて殺されてしまいます。その後、奪われたドラッグを取り返して届けたクック。

殺された男の代わりに、すぐにまた新しい運び屋がやってくるのでした。

彼の乗ったバスが検問でつかまりますが、共犯の運転手から検問官にわいろが手渡され事なきを得ます。しかし、その後検問官の不正は警官に見抜かれてしまいます。

メキシコのテカテに到着した運び屋は、クックと取引を完了します。ドラッグの価格はさらに吊り上がっていくのでした。

クックの上空に現れたセスナからパラシュートで運び屋が降りてきます。品質を確認して受け取るクック。その後、相棒に電話をかけ、明後日の準備をするようにと伝えます。

女性捜査官に拘束されている若者のもとに、相棒から同じ連絡が入ります。女性捜査官は若者に携帯を渡し、車にも追跡装置をつけさせます。

相棒を迎えに来たクックは、相棒が席を立つ間にドラッグの品質を確かめ、粗悪品であることを突き止めます。

道中、相棒と若者がトイレに行っている間に、若者が席に忘れた携帯に「40キロ先で押さえる」という連絡が入りました。それを見たクックは携帯を隠し、自ら運転を名乗り出ます。

携帯がみつからずにうろたえる若者。車を止めたクックは、外に出た若者を銃で撃つのでした。若者と連絡がとれなくなった捜査官たち。

中継地で、クックは相棒が不純物を混ぜていたことを伝えます。

さらにカナダへ北上するクックと相棒。雪山で、クックは相棒に若者を殺した理由を話します。そして、相棒にコカインに何か混ぜているかを問いただすのでした。相棒は認めて謝り、自分を殺してひとりで行く方がいいと言いますが、クックは自分が決めることではないと答えます。

途中川に落ちて凍えそうになっても、命がかかっているブツを死守するふたり。そんな中、高い崖っぷちを歩いていたクックは足をすべらせてしまいます。崖にしがみつくクックの手をつかんでいた相棒は、「ひとりで勝負に行く」と言ってその手を放したために、クックは崖から落ちてしまいます。

川岸で奇跡的にクックのリュックをみつけた相棒は、ブツを自分のリュックに移します。

ドラッグを最終目的地まで運んだ相棒は、滑落は事故だったと報告した後、用意された飛行機に乗り込みます。

そのとき、相棒の姿に気づいた女性捜査官。空港に対して必死に離陸させないように頼みますが、カナダでは捜査官の効力がないため、飛行機は飛び立ってしまいます。

飛行機は諦め、ボスの部屋に乗り込む捜査官たち。相棒の写真に見覚えないと言うボスに、女性捜査官は唾をはきかけて去っていきます。

コロンビアに着いた相棒は捕らえられ、頭から袋をかけられて拘束され、拷問にかけられます。

外に連れ出された彼の周囲には木材が組まれ、そこにガソリンがかけられます。頭の袋を外された相棒の目の前には、なんとクックが立っていました。

彼は滑落後に一命をとりとめ、ボスに全ての経緯を伝えていたのです。怒りに燃えたクックは男を焼き、その後自らの銃で彼を撃ち殺します。

その一部始終を警官が脇から見ていました。彼はトイレでクックの顔を確かめます。

後日、女性捜査官がクックの店の厨房に入って行きます。

「いくら戦っても、何も変わらない。姉を失って。ヤクがあふれ、あんたみたいな男が罪を逃れてる。あんたは捕まらない、絶対に。私たちってまるで、自分が存在するために自分で問題を作ってるみたい」

そう言って苦笑した後、彼女は銃でクックを撃ち殺します。

黙ってしばらく死体をみつめ、それから静かに去っていくのでした。

何ごともなかったかのように、ドラッグの運び屋が今日もまた山に入って行きます。

スポンサーリンク

映画『ドラッグ・チェイサー』の感想と評価


(C)2019 BY RUNNING DEVIL LLC. ALL RIGHTS RESERVED

名を持たない登場人物たち

新鋭ジェイソン・カベル監督が、麻薬カルテルとアメリカのDEA(麻薬取締局)との攻防を通して、人間の危険な側面をあぶり出した本作『ドラッグ・チェイサー』。

元ネイビーシールズ隊員という異色の経歴を持つカベル監督が、巨額のドラッグを巡って繰り広げられるあらゆる悪をスリリングに描き出します。

主人公の運び屋ザ・クックを演じる、悲哀を帯びた瞳が印象的なハリウッドスターのニコラス・ケイジが、さすがの演技で魅了します。

登場人物の中で名前を持つのはこのザ・クックだけです。この名前さえ、おそらくは料理人(=クック)という意味しか持っていません。

主要キャストは、ザ・クックの相棒、その手下的存在の若者、麻薬組織のボス、美人女性捜査官と何人も登場しますが、その誰もが名前で呼ばれることがないのです。

麻薬をめぐる汚職や殺し、裏切りに大金といった事柄は、悪い意味で普遍的に存在します。

登場人物たちも、この世界にはよくいるタイプの人たちでしかありません。いつでもどこにでもいる彼らのような人物は、この世界にいる限り名前は必要ないーそんな監督の思いがダイレクトに伝わってきます。

最後に女性捜査官が言ったひと言は強烈な印象を残します。

「いくら戦っても、何も変わらない。」

終わりのない追いかけっこ、憎しみ、裏切りへのやるせなさがこの言葉に凝縮されているように思えてなりません。

大スケールのドラッグ運び屋の旅


(C)2019 BY RUNNING DEVIL LLC. ALL RIGHTS RESERVED

驚くべきは、運び屋たちの旅の厳しさです。思わず言葉を失うほどの大スケールに圧倒されます。

重いリュックサックを背負って、雪山でも切り立った崖でも果敢に乗り越えていく運び屋たち。

襲ってくる敵はもちろん、検問に引っかかれば躊躇なく警察官でも撃ち殺します。

セスナからパラシュートで舞い降りてくる運び屋の姿は圧巻です。

しかし、その根本にあるのは大金への執着と、組織への恐怖です。

雪山で川に落ちて凍えそうな相棒に、ザ・クックは叫びます。

「ブツが先だ!なくしたら殺される!」

どんな理由があっても、彼らが組織から抜けることは許されないことでしょう。

命がけで組織のために働くことでしか、自分が生き延びる道はないのです。

命がかかっているからこそ、毎回命がけの壮大な旅が繰り広げられていることを思い、ただ切なくなります。

まとめ


(C)2019 BY RUNNING DEVIL LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ニコラス・ケイジ演じる巨額のドラッグの運び屋が、粗悪品を扱う裏切り者を探し出しながら任務を全うする姿を描くクライム・サスペンス『ドラッグ・チェイサー』。

麻薬組織と、彼らを追う捜査官との攻防、そしてそれぞれが抱く怒りや悲しみがひしひしと伝わってきます。

いつまでたっても、どこまでいってもなくならない麻薬問題へのやりきれなさがくっきりと映し出された一作です

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

『嘘はフィクサーのはじまり』あらすじと感想レビュー。ユダヤ社会の欲望と友情の物語|銀幕の月光遊戯2

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第2回 こんにちは、西川ちょりです。 これから封切られる新作映画をいち早く取り上げ、皆様の「観るべきリスト」に加えていただくことを目指す本連載も今回で2回目。 今回取り上げ …

連載コラム

映画『無実の投獄』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。実話のコリン・ワーナー冤罪事件を描いたノンフィクション・ムービー|Amazonプライムおすすめ映画館6

連載コラム「Amazonプライムおすすめ映画館」第6回 マット・ラスキンが脚本・製作・監督を務めた、2017年製作のアメリカのノンフィクションドラマ映画『無実の投獄』。 冤罪で殺人罪に問われたコリン・ …

連載コラム

森達也映画『FAKE』ネタバレ感想と考察。ゴーストライター疑惑の作曲家・佐村河内守の真実と嘘|だからドキュメンタリー映画は面白い11

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第11回 “奇跡”の人から一転、“疑惑”の人へと変貌してしまった男。 日本中の注目を集めてしまった一人の作曲家に密着した、衝撃の119分。 『だからドキ …

連載コラム

香港映画『みじめな人(淪落の人)』あらすじと感想レビュー。オリヴァー・チャン登壇の舞台挨拶リポート紹介も|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録15

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第15回 今年で14回目の開催となる大阪アジアン映画祭。2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間、アジア圏から集まった全51作品が上映 …

連載コラム

映画『マ・レイニーのブラックボトム』ネタバレ感想と結末まで評価考察。実在歌手で“ブルースの母”と称された女性を取り巻く人々を描く|Netflix映画おすすめ9

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第9回 1927年のシカゴを舞台に、「ブルースの母」と称される実在の歌手マ・レイニーとそのバックバンドがレコーディングする光景を描きながら、 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学