Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『ザ・ロック』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。マイケル・ベイがニコラス・ケイジとショーン・コネリーで描くテロリスト集団との戦い

  • Writer :
  • 秋國まゆ

アルカトラズを占拠したテロリスト集団vs2人の男の戦いを描いたアクション!

マイケル・ベイが監督を務めた、1996年製作のアメリカのアクション大作である映画『ザ・ロック』。

猛毒の神経ガス・ロケット弾を奪い、観光客81人を人質に取りアルカトラズ島を占拠したテロリスト集団。

彼らが持つ新兵器のロケットの照準がアメリカ・サンフランシスコに向けられたことを受け、FBIの化学兵器スペシャリストとアルカトラズ島の内部を知る脱獄囚が密命を帯びて、ロケットの発射を防ぐべくアルカトラズ島に潜入する姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

ニコラス・ケイジら主演3人の好演が見どころとなっている、アクション映画『ザ・ロック』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『ザ・ロック』の作品情報

【公開】
1996年(アメリカ映画)

【原案】
デビッド・ワイズバーグ、ダグラス・S・クック

【監督】
マイケル・ベイ

【キャスト】
ニコラス・ケイジ、ショーン・コネリー、エド・ハリス、マイケル・ビーン、ウィリアム・フォーサイス、デビッド・モース、ジョン・スペンサー、ジョン・C・マッギンレー、トニー・トッド、ボキーム・ウッドバイン、クレア・フォーラニ、バネッサ・マーシル、グレゴリー・スポーレダー

【作品概要】
「バッドボーイズ」シリーズや「トランスフォーマー」シリーズ、『アルマゲドン』(1998)などを手掛けるマイケル・ベイが監督を務めた、アメリカのアクション作品です。

「ナショナル・トレジャー」シリーズのニコラス・ケイジと、『アンタッチャブル』(1987)や『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989)などに出演するショーン・コネリー、『トゥルーマン・ショー』(1998)や『ファントム 開戦前夜』(2013)などに出演するエド・ハリスが主演を務めています。

映画『ザ・ロック』のあらすじとネタバレ

アメリカ海兵隊の偵察部隊を指揮する“フランク”フランシス・ハメル准将は、海兵隊の部下たちを率いて、海軍兵器庫を襲撃。

一瞬にして多くの命を奪う猛毒の神経ガス・ロケット弾「VXガス」を15基奪取します。

その後、ハメルたちはかつての刑務所「アルカトラズ(別名ロック)」の観光ツアーに観光客に扮して参加。

民間人の観光客81名が囚人体験のため、職員に牢屋に入れられたのを見計らって、彼らを人質にとりアルカトラズを占拠しました。

ハメルは、1968年のテト攻勢(ベトナム戦争において、北ベトナム人民軍および南ベトナム解放民族戦線による、南ベトナム各地の主要都市に対する大攻勢のこと)以来、共に働いてきた部下トム・バクスター少佐と、彼が連れてきた海兵隊員フライ大尉とダロウ大尉たちと合流。

ヘリを使って搬出したVXガス搭載のミサイルを設置し、刑務所の一角に司令本部を設けました。

全ての準備が整った後、ハメルはかつて湾岸戦争で、自分の指揮下で活躍してくれた部下ヘンドリックス大尉とクリスプ軍曹、バクスターたちに向けてこう言いました。

「今から48時間以内に、我々は人質と神経ガスの弾頭を武器にして、この島から撤退する」

「目的地は犯罪人引き渡し条約の無い国」「作戦への参加報酬は、1人につき100万ドルだ」

「しかし祖国へは二度と戻れない、死ぬより辛いぞ」「我が海兵隊の偵察部隊は、世界各地で非合法な作戦に従事してきた」

「隊員が消息を絶つと、アメリカ国防省は遺族たちに嘘八百の言葉を並べ立て、賠償金さえ支払わない」

「そんな国家の傲慢をこれ以上許すわけにはいかん、我々の手で鉄槌を下すのだ」

そう、ハメルたちの目的は、アメリカ国防省に遺族への賠償金を支払わせることです。

アメリカ国防省は、過去に世界各地で展開された極秘作戦中、国のために命を捧げたハメルたち偵察部隊を見捨て、彼の部下83名を戦死させました。

挙句の果てに、アメリカ国防省は戦没者慰霊式典も、彼らの遺族へ賠償金を支払うことさえもしませんでした。

それに憤慨したハメルは、亡き妻バーバラの墓前で国賊となる覚悟を決め、部下たちを率いて反乱を画策。アメリカ国防省に賠償金1億ドルを要求しました。

「神経ガスを搭載したミサイルをサンフランシスコに発射されたくなければ、指定した口座に遺族への賠償金1億ドルを振り込め」

「マスコミに話したり、支払いを拒否したりした場合はミサイルを発射する」

「支払いのタイムリミットは今から40時間後、明後日の正午」「対抗手段を取っても無駄だ、そっちの手の内は読めている」

この対抗手段とは、VXガスに唯一対抗できる焼却剤「テルミットプラズマ」を、F/A-18戦闘機に搭載し空爆することです。

しかし、テルミットプラズマはまだ試験段階にあるため、すぐに使用することはできません。そのことを、ハメルは知っていました。

そのため、テルミットプラズマによる空爆を防ぐ対抗策として、ハメルは民間人を人質に取ることにしたのです。

ハメルの恐喝を受け、FBI長官ジェームズ・ウォマックはアメリカ国防省のクレイマー将軍とピーターソン将軍たちに、アメリカ海軍特殊部隊「Navy SEALs(ネイビーシールズ)」の派遣を要請。

その上で、化学兵器のスペシャリストであるFBI特別捜査官スタンリー・グッドスピードと、当局に幽閉中の元イギリス情報局秘密情報部部員・兼イギリス陸軍の特殊空挺部隊「SAS」の大尉ジョン・パトリック・メイソンに協力を要請しました。

メイソンは脱獄不可能とされていたアルカトラズから、唯一脱獄に成功した人物であり、アルカトラズへの抜け道など内部構造も知っているからです。

しかし、裁判もなしにアルカトラズ刑務所に収監されたメイソンと、その経緯に関わったウォマックは互いに憎しみ合っていました。

そのためウォマックは、FBIサンフランシスコ支局長アーネスト・パクストンに、メイソンから脱獄に使った地下通路のことを聞き出すよう命じましたが、結果は失敗。

ハメルが指定したタイムリミットまであと24時間。そこでウォマックは、メイソンと同じくらい教養があるグッドスピードに、メイソンとの交渉を託すことにしました。

「これは、司法長官からの赦免状です。あなたを釈放し、自由にすると保証している。私たちに協力することを条件にね」

そう言うグッドスピードに、メイソンは現場の捜査官かどうか尋ねます。「君は現場の捜査官じゃないな?」

「生憎ですが、僕は現場の捜査官です。専門はテロ対策」「すると君は、銃器や弾薬や戦闘に強いわけだ?」「もちろんです」

しかし、グッドスピードはアカデミーで軍事訓練を受けた程度で実戦経験はありません。そんなグッドスピードが咄嗟についた嘘を信じたメイソンは、高級ホテルのスイートルームで、長年幽閉されて乱れた身だしなみを整えることを条件に、FBIからの協力に応じました。

ホテルでシャワーを浴び散髪したメイソンは、ウォマックに和解の握手を求めました。しかしそれは、メイソンの罠でした。

メイソンは初めから、ウォマックが自分を釈放する気はないことを見抜いていました。そのためメイソンは、ウォマックをホテルの高層階から投げ落とそうとします。

ウォマックの救出にFBI捜査官がかかりきりである隙に、メイソンはホテルから脱出。ホテルの宿泊客の車である黒のハンヴィーを強奪し、カリフォルニア通りから西へ逃走します。

ウォマックを無事救出したFBIと、サンフランシスコの街で壮絶なカーチェイスを繰り広げた末、彼らを何とか撒いたメイソンは、サンフランシスコの美術館のそばにいた娘ジェイド・アンジェルと再会しました。

「ジェイド、君は、(イギリスにもアメリカにも国籍がなく身分もなく、消された存在となっている)私がこの世に存在したことの唯一の証だ」

「他人同然の今の関係を変えたい。そのためにはまず、私が悪人ではないことを信じるところから始めよう」

それにジェイドが頷いた直後、メイソンたちの元にFBIが駆けつけてきます。同僚のおかげでメイソンに近親者がいることを知り、彼の居場所を突き止めたグッドスピードが、他のFBI捜査官に無線機を使って知らせたからです。

グッドスピードはFBIが駆けつけるまでの間、2人の会話を近くで聞いていました。そのためグッドスピードは、メイソンの脱獄を疑うジェイドに、FBIが協力を求めた彼を迎えに来ただけと伝えました。

彼の気遣いに感謝したメイソンは、素直にFBIの協力に応じることにしました。ところがメイソンは、ネイビーシールズの指揮官チャールズ・アンダーソン中佐に「実際に現場に行かないと正確に思い出せない」と言い、アルカトラズへの同行を求めました。

当然、ウォマックは猛反対しましたが、アンダーソンに「部下を危険に晒したら、その場でメイソンの息の根を止める」と説得され、やむを得ず彼の同行を認めることにしました。

その頃グッドスピードは、VXガスを無効化させる係として、ウォマックたちからアルカトラズへの同行を命じられました。

以下、『ザ・ロック』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・ロック』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

タイムリミットまで残り15時間。クレイマー大将の命により、ネイビーシールズとグッドスピードたちは軍用ヘリに乗り、アルカトラズに向けて出動。

まずは囮のヘリ2機を使ってハメルたちの注意をひきつけ、その隙にグッドスピードたちは、スキューバの道具を使って潜水します。

貯水タンクに到着後、グッドスピードたちはメイソンの案内で地下トンネルへ進み、シャワールームへ向かいました。

しかしそのシャワールームでは、彼らの潜入に気づいたハメルたちが待ち伏せしていたのです。

ハメルはアンダーソンたちに降伏を求めましたが、国家への忠誠心が厚くハメルたちの決起を許さない彼は断固として拒否します。

しかし、頭上から海兵隊に狙われているという極度の緊張状態の中、アンダーソンは落下してきたブロックに反応してしまいました。

それを機に始まった海兵隊との激しい銃撃戦の末、袋のネズミ状態で最初から勝ち目などなかったアンダーソンは、援護のため地下トンネルから飛び出してきたシェパードを含め、チーム全員と共に壮絶な最期を遂げました。

ネイビーシールズの全滅を受け、パクストンはウォマックに、なぜメイソンが消された存在となっているのか詳細を尋ねます。

それに対し、ウォマックは詮索されたくなかったその詳細を打ち明けました。「1962年、FBI長官エドワー・フーバーは権力の頂点にいた」

「何故ならアメリカの政治家はもとより、当時のフランス大統領シャルル・ド・ゴールやイギリス首相、その他の経歴を調べあげた膨大なファイルを握っていたからだ。奴は世界の要人の秘密を握っていたんだ」

「イギリスのスパイだったメイソンは、ファイルが入ったマイクロフィルムを盗み、イギリスへ逃亡する前に、カナダの国境で当局に捕らえられた」

「もちろん、イギリス政府は知らん顔だ」「そのため、我々は裁判もなしに彼を拘置した」

「メイソンの娘をネタに奴を脅さなかったのは、娘が生まれたのがフーバーが死んだ後だったからだ」

「あの男は過去半世紀にわたる国家のトップシークレットを握っているんだ。ロズウェルのUFO事件やケネディ大統領暗殺事件の真相も知っとる」

「(裁判もなしに一生刑務所暮らしにさせられ、FBIに強い憎悪を抱く)メイソンが、我々の最後の頼みの綱とはな」

一方その頃、どさくさに紛れて逃走を図るメイソンに、グッドスピードは自分の本当の専門分野と、アルカトラズで起きている事実を伝えて必死に説得していました。

するとメイソンは逃走を諦め、グッドスピードと共に、遺体安置所にあるVXガスの無力化に挑みます。

海兵隊員と戦いながら、グッドスピードたちはサンフランシスコへの誘導システムのチップを12基取り外すことに成功。これで万が一ミサイルが発射されても、海に落ちるだけです。

グッドスピードたちは遺体安置所の焼却炉のシュートを滑り降り、トロッコに乗ってトンネルを抜けます。

この間、遺体安置所にいる部下と連絡が途絶えたことを不審に思ったハメルが、部下たちを率いて遺体安置所へ。チップを外されたことに気づくと、持ち去った者を追うよう命じました。

発電所に辿り着いたグッドスピードたちは、ハメルの部下3人と遭遇。激闘の末、彼らを倒した2人は、残る3つのミサイルを探しに行きます。

するとそこへ、ハメルが拡声器を使ってこう呼びかけてきました。「ネイビーシールズに告ぐ。誘導システムのチップを12個即刻返却したまえ」

「もし3分以内にチップを返さなければ、1人の民間人の男を殺す」………それを聞いたメイソンは、グッドスピードが持っていたチップを全て足で踏み潰し、こう言いました。

「あと3つは、何が何でも見つけ出してチップを取り外せ」「俺が時間稼ぎをしてやるから、その間に探せ」

メイソンは人質のことも任せておけと言わんばかりに、グッドスピードにグッドサインを出し、ハメルたちの元へ向かいました。

メイソンがハメルたちと対峙している間、グッドスピードはミサイルを1つ見つけ、チップを取り外し破壊しました。

しかしその直後、グッドスピードは海兵隊員2人に見つかり、為す術なく捕まってしまいます。

タイムリミットまで残り52分。アルカトラズからの交信が途絶えたことを機に、アメリカ国防省は完成したテルミットプラズマをF/A-18戦闘機に搭載。アルカトラズへの空爆を、アメリカ大統領に要請していました。

それを知らないメイソンたちは、かつてメイソンが脱獄時に使った手口で、ハメルたちに入れられた独房から脱出。残る2つのミサイルを探しに行きます。

タイムリミットまで残り3分。クレイマー将軍はハメルに、1時間の延長を要求しましたが、当然拒否されました。

ハメルは葛藤の末、ミサイルを発射するよう迫るフライ大尉とダロウ大尉に押し切られる形で、残る2つのミサイルの発射命令を下します。

屋上から発射されたミサイルは、そのままサンフランシスコの競技場「オラクル・パーク」へ着弾する予定でした。

しかしその直前で、ハメルが意図的にミサイルの進路を変更したため、ミサイルは海に降下し、水中で爆発しました。

一方その頃、大統領は100万のサンフランシスコの住民を守るため、苦渋の決断を下しました。「空爆を許可する」

テルミットプラズマがアルカトラズに投下されれば、一瞬で島は吹き飛びます。犠牲となるのは人質に取られた民間人と、ベトナム戦争の最高の指揮官と謳われたハメル、彼が率いる海兵隊員、そしてグッドスピードたちです。

空爆を悟ったハメルは、バクスターたちにアルカトラズから脱出するよう言いますが、フライ大尉とダロウ大尉たちはそれに従おうとしません。

それどころか、海兵隊員ではなく傭兵と化していたフライ大尉とダロウ大尉は、金を払う約束を反故にしたハメルに反乱を起こします。

フライ大尉たちとクリスプ軍曹同様、ハメルに銃口を向けるバクスターですが、ハメルに一度激昂したものの彼への忠誠心が揺らぐことはなく、彼に銃口を向けるダロウ大尉を撃ちました。

それはダロウ大尉の左肩に被弾し、バクスターはダロウ大尉から返り討ちに遭い死亡。

海兵隊員と同士討ちの銃撃戦の末、クリスプ軍曹が死亡し、ハメルもフライ大尉から至近距離で撃たれてしまいました。

ハメルたちのやり取りを聞いていたグッドスピードたちは、瀕死状態のハメルを救出。最後のミサイルがどこにあるのか問い質します。

ハメルは「灯台」と答え、息を引き取りました。グッドスピードは灯台へ向かい、ミサイルからVXガスを抜き取ります。

するとそこへ、彼を追ってきたダロウ大尉が襲来。彼がミサイルの弾頭に近づいた瞬間を狙い、グッドスピードは抜き取ったVXガスを持ったまま、ミサイルを発射させます。

発射したミサイルによって外へ押し出されたダロウ大尉は、鉄条網に落下し、鉄パイプに体を貫かれ死亡。ミサイルはチップが抜かれていたため、近くの湾に沈み水中爆発しました。

空母から発艦したF/A-18戦闘機が、アルカトラズを空爆するまでの間、メイソンは生き残った海兵隊員を1人、また1人と倒していきました。

グッドスピードもフライ大尉との死闘の末、落ちたVXガス1つを彼の口に放り込み毒殺。2つの緑の発煙筒を挙げ、空爆中止を訴えます。

それを確認したパクストンが、空爆の中止を命じましたが、既にテルミットプラズマが投下された後でした。

幸い、テルミットプラズマは岩場に着弾したため、アルカトラズの建造物に被害はありません。

爆発の衝撃で海に吹き飛ばされたグッドスピードは、それを見たメイソンによって無事救出されました。

グッドスピードは無線機を使い、ウォマックたちに人質も自分も無事であることを伝え、救援を要請。メイソンが幽閉されるのを防ぐため、「メイソンは死にました」と嘘をつきました。

通信を切った後、グッドスピードはメイソンに署名させた赦免状を、ウォマックが破ったことをメイソンに伝えます。

「上陸したところにスキューバの道具がまだあるはずだ」「それとパンパシフィック・ホテルの26号室に、僕の着替えと200ドルある」

メイソンはグッドスピードに感謝を述べ、「フォートウォルトンのセントマイケル教会、最前列の右側の足に空洞がある」と記したメモを渡し、アルカトラズから立ち去りました。

それは、メイソンが盗んだマイクロフィルムの隠し場所でした。後日、カーラと結婚したグッドスピードは、彼女が運転する車でセントマイケル教会を訪れ、マイクロフィルムを見つけ出しました。

スポンサーリンク

映画『ザ・ロック』の感想と評価

VXガスの無力化に挑む凸凹コンビ

アルカトラズ刑務所内のシャワールームで、海兵隊員と激しい銃撃戦を繰り広げた末、アルカトラズに潜入したネイビーシールズが全滅。

そのため、生き残ったグッドスピードとメイソンは、たった2人でVXガスを無効化させ、人質を救出しなければなりません。

最初はFBIに非協力的で、度々逃走を図っていたメイソンでしたが、グッドスピードの必死の説得が功を奏し、サンフランシスコにいる娘を守るために協力してくれることになりました。

それでも戦闘と脱獄に長けたメイソンと、実戦経験皆無のグッドスピードはいまいち嚙み合わず、口論が絶えません。

ですがメイソンは、グッドスピードのことを最後まで見捨てることなく助けますし、またグッドスピードも、彼が力になってくれると信じていました

そんなグッドスピードとメイソンの凸凹コンビっぷりは面白いですし、2人がサンフランシスコにいる大事な人を守るために戦っている姿はとても格好良いです。

反乱を企てたハメルの最期

アメリカ国防省に見捨てられ、散っていった部下たちとその遺族のために反乱を企てたハメル。

しかし彼は、最初から人質に取った民間人も、サンフランシスコの住民も殺すつもりはありません。

ハメルの目的は、アメリカ国防省を脅し、遺族へ賠償金を支払わせることです。それが達成されたならば、ミサイルの発射を中止し、人質を解放するつもりでした。

関係ない民間人と、若き兵士たちを殺すことは、ハメルの本望ではありません。だからこそハメルは、ミサイルの進路を意図的に変更します。

それに憤慨したフライ大尉とダロウ大尉に反乱を起こされてしまい、ハメルは海兵隊員同士で同士討ちをする羽目に………。

自分の反乱に参加してくれた部下の海兵隊員も、民間人もサンフランシスコの住民も、誰一人失うことなく目的を達成したかったハメルが迎えた最期は、彼の心情を思うと辛く悲しいです。

まとめ

実戦経験皆無のFBI特別捜査官と、アルカトラズを脱獄した元イギリス情報局秘密情報部部員・兼イギリス陸軍の特殊空挺部隊「SAS」の大尉が、アルカトラズを占拠した海兵隊員と激闘を繰り広げていくアクション作品でした。

アルカトラズ戦の前には、サンフランシスコの街で繰り広げられた、メイソンvsグッドスピードたちFBIの壮絶なカーチェイスがあり、車好きにもガンアクション好きにもたまらないアクション場面が満載です。

また作中では、メイソンを裁判もなしにアルカトラズに収監し、当局に幽閉していたFBIの知られざる過去と、アメリカ国防省がハメルたち海兵隊に非道なことをしていたことが明かされました。

どちらも恨まれても仕方がないほど酷いものです。ハメルたちの願いは叶わなかったものの、グッドスピードの計らいによって、メイソンは30年ぶりに自由を手にしました

マイクロフィルムを手にしたグッドスピードと、姿を消したメイソンがまたどこかで再会し、互いに知った国家の秘密を語り合っていたら面白いですね。

凸凹コンビが猛毒の神経ガスの無力化を目指し、アルカトラズを舞台にアメリカ海兵隊員と激闘を繰り広げる、大迫力のアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストの海老原役は安田顕。演技力とプロフィール紹介

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺 …

アクション映画

映画『仮面ライダーTHE FIRST』ネタバレあらすじ感想と解説。ラスト結末にある原点回帰の到達点はシン化を遂げるのか

日本を代表する特撮ヒーローシリーズ「仮面ライダー」。 今年生誕50周年を迎えた同シリーズは、テレビシリーズと並行する形で何度かリブートが試みられてきました。 2000年から始まった「平成仮面ライダー」 …

アクション映画

映画『キングダム』あらすじネタバレと感想。ロケ地が中国ゆえの画面の説得力に圧倒される

2019年4月19日(金)ロードショー! コミックス通算50巻を超える原泰久の人気コミック『キングダム』がついに映画化。 主役コンビの信役と漂役に山崎賢人と吉沢亮が。 共演に長澤まさみ、橋本環奈、本郷 …

アクション映画

映画『ヘラクレス』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【ロック様ことドウェイン・ジョンソンおすすめ代表作】

ドウェイン・ジョンソン主演のアクション映画『ヘラクレス』の魅力を紹介。 ギリシャ神話の英雄として知られるヘラクレスを描いた同名のグラフィックノベルを実写化した映画『ヘラクレス』。 泥くさいアクション満 …

アクション映画

ローン・サバイバー動画無料視聴はHulu!感想レビューと考察も

2017年『バーニング・オーシャン』『パトリオット・デイ』と実話を描いた作品が立て続けに公開されました。 この2作の共通点は実話というだけではなく、主演・監督のタッグも共通してマーク・ウォールバーグが …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学