Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/12/25
Update

映画『ダイ・ハード4.0』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。ファレル(マクレーンの相棒)もテロのボスであるトーマスに立ち向かうブルース・ウィリスの人気シリーズ第4弾!

  • Writer :
  • 山田あゆみ

“世界一ツイてない男”の次の相手はサイバーテロ!
ブルース・ウィリス主演の人気アクションシリーズ第4弾!

シリーズ4作目となる本作は、1998年の『ダイ・ハード3』から12年ぶりの続編です。帰ってきた不死身の男ジョン・マクレーンが、今回はサイバーテロとの闘いに挑みます。

7月4日のアメリカ合衆国独立記念日にサイバーテロが発生。ジョン・マクレーンがハッカーのマットとともに、テロリストたちに立ち向かいます。

「アンダーワールド」シリーズのレン・ワイズマンが監督をつとめ、ブルース・ウィリスが主役続投です。

スポンサーリンク

映画『ダイ・ハード4.0』の作品情報


(C)2007 TWENTIETH CENTURY FOX

【公開】
2007年(アメリカ映画)

【監督】
レン・ワイズマン

【キャスト】
ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング、マギー・Q、ティモシー・オリファント、クリフ・カーティス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ケビン・スミス

【作品概要】
「ダイ・ハード」シリーズおなじみのジョン・マクレーン役はブルース・ウィリスが続投。

監督のレン・ワイズマンは『アンダーワールド』(2003)の監督製作に携わる人物。コリン・ファレル主演の『トータル・リコール』(2012)や、TVシリーズ「スリーピーホロウ」や「LUCIFER/ルシファー」の企画、監督製作総指揮などを務めています。

ハッカー役を務めたジャスティン・ロングはコメディ映画を中心に活躍している俳優です。代表作は『ノット・ア・ガール』(2002)『ドッジボール』(2004)『ハービー/機械じかけのキューピッド』(2005)など。

シリーズ初の女性テロリスト役として登場したのは、香港を代表するアクション俳優であるマギー・Qです。『ラッシュアワー2』(2001)や『M:i:Ⅲ』(2006)などに出演し、リュック・ベッソンの代表作をアメリカでTVシリーズ化した「NIKITA ニキータ」(10~)で主演を務めています。

映画『ダイ・ハード4.0』のネタバレとあらすじ

ジョン(ブルース・ウィリス)は娘がデートで車の中で男性といちゃついているところを止めに入ります。娘からは怒られ、ひとり車に乗り込みます。

そこへ上司から無線で指令が入りました。マット・ファレル(ジャスティン・ロング)というハッカーを連行するためにマンションに訪れたジョン。

しかしマットの部屋で謎の男たちから襲撃に遭い、ジョンは男たちの銃弾をかわしながらマットと一緒に車に乗って警察へ向かいます。

マットを狙った組織は、以前マットに違法のハッキングをさせた依頼とその証拠を消すためにマットの命を狙っていました。

警察へ向かう途中も車で追われるジョンたち。副局長のボウマン(クリフ・カーティス)らはサイバーテロの対応に追われています。

テロリストたちは、独立記念日にテレビ放送を乗っ取り、宣言を放送しました。

第1段階が交通の遮断、第2段階は金融と通信網、第3段階のガス水道や電気など、システムを3段階に分けて、崩壊させるファイアセールをしているのだと予想しますが、副局長もまわりの捜査官も信じようとしませんでした。

ジョンとマットが乗った警察の車に、テロリストのリーダーのトーマス(ティモシー・オリファント)から無線が入ります。警察の無線もハッキングされていたのです。

ジョンの身元も、妻と離婚としたことなど全て調べられてしまいました。再び命を狙われる2人。

ヘリから銃撃を受け、必死にトンネルに逃げ込みますがテロリストらはトンネルのネットワークにもアクセスして通行を妨害します。

ほかの一般車両も巻き込みながらも、ジョンとマットはどうにか2人でのそばを逃げ切ります。

警察に駆け込むふたりでしたが、パニックになった街の人々で溢れかえっており、全く取り合って貰えません。盗聴を恐れて、通行人の携帯電話を奪って副局長に電話して状況を伝えるジョン。

衛星、テレビ放送などネットワーク全てハッキングされ、テレビ放送でホワイトハウスが爆破される映像が流れます。慌てるジョンや副局長でしたが、偽の映像でした。しかし、携帯のネットワークは乗っ取られてしまい、FBIは対応に追われます。

ジョンはマットに自分がテロリストだったらこの後どうするのか聞きます。マットは古い衛星通信を使って、送電網の場所を調べます。

テロリストたちは東部のハブを潰そうとしているだろうと予想し、それを止めるためにハブへと向かったジョンたち。

そこにはテロリストの一味であるマギーがFBI捜査官に扮した姿でいました。彼女と激しい格闘を繰り広げるジョン。

どうにかマイを倒したジョンでしたが、電話でトーマスにそのことを告げるとガスを送られハブを爆破されてしまいます。爆発する建物から逃げ出したジョンとマット。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ダイ・ハード4.0』ネタバレ・結末の記載がございます。『ダイ・ハード4.0』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

FBIがトーマスの身元を調べたところ、彼は過去に国防省の公共機関のセキュリティを担当した後、9.11後に、システムの脆さを主張したものの批判されて退職しテロリストになりました。

外に出ると、町中の灯りが消えていました。マットの提案でボルチモアにいるフレディのところへヘリに乗って向かいます。

ネットワークに詳しい彼にトーマスの狙いを聞くと、社会保障局のビルは総電力が非常に多く、それを利用してハッキングするのが目的ではないかと推測しました。

フレディのパソコンにハッキングしたトーマスらは、ジョンへと通信を送ります。

トーマスに啖呵を切るジョンでしたが、トーマスはジョンの娘ルーシーが停電のせいで、エレベーターに閉じ込められていることを調べており、その映像をフレディのパソコンのモニターに映し出しました。

トーマスらはジョンの娘の元へと向かい、彼女をエレベーターから救出したのち拘束。ジョンとマットも現場に駆けつけ、ハッキングしてアラームを鳴らして副局長に知らせようとします。

社会保障局のビルには、非常時に国中の金融データを全て移されるシステムになっており、トーマスはその金を狙っているのです。

マットはシステムにハッキングしますが、トーマスらに捕らえられてしまいます。トーマスはジョンの娘とマットを人質に車を走らせます。

トラックで追いかけるジョン。ジョンはフレディに電話で頼んで、FBIのヘリと通信を繋ぎ、娘が人質になっていることを副局長に伝えました。

トーマスらが軍用機の無線をハックし、攻撃を受けるジョンですがどうにかかわして不時着します。

車を下りて、システムを解除するためのコードを入力するように脅されるマット。拒否しますが、ジョンの娘を人質に脅され、やむを得ず入力しはじめます。

トーマスが撃った弾が当たり苦しむジョン。トーマスがジョンを抱え込むように後ろに回り、ジョンの傷口に銃口を当てます。

ジョンは残りの力をふり絞って、その銃の引き金を弾きます。弾はジョンの肩を貫通してトーマスの胸を貫きました。トーマスは死に、そのタイミングでマットがもう一人の敵を撃ち殺しました。

そこへFBIが駆けつけて、ジョンたちを救護します。マットに娘を守ってくれたお礼を言うジョン。

マットとジョンの娘は互いに意識し合っているようでしたが、勘弁してくれといった様子で帰っていくジョンでした。

スポンサーリンク

映画『ダイ・ハード4.0』の感想と評価


(C)2007 TWENTIETH CENTURY FOX

不死身の男ジョン・マクレーンによるアクション巨編シリーズ第4弾は、サイバーテロとの闘いです。前作の『ダイ・ハード3』が1998年だったので12年ぶりとなっています。

1988年に超高層ビル占拠、1990年に空港パニック、1995年にマンハッタン爆破に立ち向かったジョン・マクレーンですが、今回は全米の機能停止に立ち向かいます。

ド迫力の爆破シーンや、スリリングなカーアクション満載で、またしても不死身の男っぷりを見せてくれました。

シリーズの過去作と変わった点は、2000年代ということで、世界的にIT化が進み、ネット社会における恐怖をテーマにしています

テロリストによってパニックになるニューヨークの様子を描いたというのは、2001年に9.11同時多発テロがあったことが関係あるとも言えるかもしれません。

また、前作『ダイ・ハード3』ではサミュエル・L・ジャクソンが相棒でしたが、今作ではジャスティン・ロング演じるマットがハッカーとして登場します。

彼の立ち位置としては、インターネットに疎いジョンをサポートする相棒のポジションでありつつ、息子的役割も果たしています。

軟弱で弱音ばかりを吐いていたマットが、ジョンと共に何度も危機を潜り抜けていく中で変化していく成長物語として観ることもできるでしょう。

ラストにジョンが「男になったな」と優しく見つめる様は、まるで息子を見るかのような優しい表情で、親子のようにも見えます。

1作目の『ダイ・ハード』(1989)から32年が経ち、ジョンはネット社会に着いていけず、時代から取り残された中高年の男という状態です。

息子世代のキャラクターとタッグを組むのは、4作目にして初めての展開で新鮮さを感じられるとともに、時代の流れなんておかまいなしに我が道を行くジョン・マクレーンが、テロリストからニューヨークを守るというかっこよさを、楽しむことができる作品だといえます。

ちなみに元々はマットの役はジョンの息子であるジャックが登場する予定だったとか。しかし、その案はなくなり、娘のルーシーの登場に変更されています。

1、2作目で登場した妻とは離婚してしまったというのがなんとも悲しい展開ですが、娘がしっかりとジョンの遺伝子を継いでいる勝気な性格と発言なのも楽しいポイントといえます。

まとめ

「ダイ・ハード」シリーズといえば、アラン・リックマンが敵役として登場した1作目が非常に人気の高い作品です。

今作では、その1作目で象徴的だったエレベーターでのアクションシーンがオマージュとして取り入れられています。

高低差を活かした手に汗握るそのシーンにも、注目して観てみてはいかかでしょうか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『タレンタイム〜優しい歌』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【ヤスミン・アフマド代表作おすすめ感動の渾身の秀作】

今回ご紹介する『タレンタイム〜優しい歌』は、稀にみる優しさと美しさを兼ねそなえた作品。 派手なハリウッド映画に疲れている映画通のあなたに、自信を持ってお薦めできる作品です。 2009年に他界されたヤス …

ヒューマンドラマ映画

映画『聖なる泉の少女』あらすじと感想評価。美しい映像で物語を描き出すジョージアの風景と音列が表現する異文化

映画『聖なる泉の少女』は2019年8月24日(土)より岩波ホールでロードショー、全国順次公開! ヨーロッパ・ジョージアの美しい山々を舞台に、古来からの風土、風習を守る一人の娘と、その父の姿を描いた『聖 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アメリカン・スリープオーバー』あらすじとキャスト。感想考察では監督デビィッド・ロバート・ミッチェルの作風を解説

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

山田孝之映画『ステップ』あらすじと感想レビュー。シングルファーザーとその娘が紡いだ‟家族のカタチ”

山田孝之が重松清の同名小説で、シングルファーザーに初挑戦。 妻に先立たれて男手ひとつで娘を育てるシングルファーザーと、母親を亡くし父と2人で人生を歩む娘の物語。重松清の同名小説で、山田孝之主演の映画『 …

ヒューマンドラマ映画

『はちどり』映画解説と内容考察。韓国の女性監督キムボラが長編デビュー作で自己体験と歴史的転換の時代を描く

映画『はちどり』は2020年2020年6月20日(土)よりユーロスペースほかで全国ロードショー予定 2019年、韓国で異例の動員を記録した韓国の新鋭キム・ボラ監督の長編デビュー作『はちどり』。 大きな …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学