Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/07/23
Update

映画『アメリカン・ソルジャーズ闇に葬られた真実』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。多くの消息不明のベトナム戦争捕虜と生き抜こうと戦う米兵たちの姿

  • Writer :
  • 秋國まゆ

アメリカ人戦争捕虜が語る闇に葬られた真実を描いた戦争アクション

シドニー・J・フューリーが監督を務めた、2006年製作のカナダ・アメリカの戦争アクション映画、『アメリカン・ソルジャーズ 闇に葬られた真実』。

ベトナムで戦ったアメリカ兵300万人、1835人の戦争捕虜は現在も消息不明の状態。

地獄のような緊迫状態にさらされた、米兵たちの終わりなき泥沼の戦場や、死の恐怖から狂わされていってしまうその姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

ベトナム戦争に参戦した米兵たちの、闇に葬られた真実を描いたリアルな戦争アクション映画、『アメリカン・ソルジャーズ 闇に葬られた真実』のネタバレあらすじや作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『アメリカン・ソルジャーズ 闇に葬られた真実』の作品情報


(C)2006 PPI Vietvet Films Inc. All Rights Reserved

【公開】
2006年(カナダ・アメリカ合作映画)

【脚本】
J・スティーヴン・モーンダー、ジョン・フロック

【監督】
シドニー・J・フューリー

【キャスト】
アリー・シーディ、ボビー・ホセア、マイケル・アイアンサイド、ショーン・バエク、ドナルド・バーダ、コリン・グレイザー、ジョセフ・グリフィン、ケニー・ジョンソン、ダニエル・カッシュ、マーティン・コーヴ

【作品概要】
『スーパーマンⅣ 最強の敵』(1987)のシドニー・j・フューリーが監督を務めた、カナダ・アメリカの戦争アクション作品です。

『ショート・サーキット』(1986)のアリー・シーディが主演を務め、『トップガン』(1986)や『ベイビー・キャッチャー』(2017)などに出演する、マイケル・アイアンサイドが共演しています。

映画『アメリカン・ソルジャーズ 闇に葬られた真実』のあらすじとネタバレ


(C)2006 PPI Vietvet Films Inc. All Rights Reserved

1950年代、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナム国内で、北ベトナム側と南ベトナム側によるベトナム戦争が勃発。

北ベトナム側を支援する反サイゴン政権・反米・反帝国主義を標榜する統一戦線組織、「南ベトナム解放民族戦線(アメリカ合衆国民はベトコンと呼ばれている)」は、南ベトナムで武力を用いた反政府活動を続けました。

これを受け、アメリカ合衆国は南ベトナム側を支援するため、約300万人のアメリカ兵がベトナムへ派遣されました。

ベトナム戦争から30年以上経った今でも、1,835人のアメリカ人戦争捕虜が依然、行方不明のままでした。

ある日、次期大統領候補として挙げられている牧師兼上院議員のレイモンド・ワトソンは、アメリカ人戦争捕虜(PWO)や行方不明兵士(MIA)の調査を行っているベトナム帰還兵活動委員会の活動委員サラ・レイドから、ある手紙を受け取りました。

その手紙とは、匿名で送られた、ベトナム従軍時代の秘密を記したものでした。差出人は不明なものの、サラはこの手紙の主はPOWだと断定。

サラはレイモンドに、ベトナムで待つ手紙の差出人と会って欲しいと要請します。

レイモンドはちょうど、ベトナムである人物に会いたいと思っていたので、この要請を受諾しました。

30年前のベトナム従軍時代。アメリカ軍の第1偵察部隊に所属し、当時軍曹の階級についていたレイモンドは、仲間と一緒にバカ騒ぎした時にある女性と出会い、恋に落ちました。

その女性は、ベトナム人のメイリン。この時すでに、レジーナという妻がいたレイモンドにとって、メイリンと体の関係を持ったのは、彼曰く「ただの火遊び」でした。

メイリンは、しばらくしてレイモンドの子を身籠りました。しかし、レイモンドはベトナム戦争後、メイリンと生まれてきた息子を置き去りにして、そのまま仲間と一緒にアメリカへ帰国してしまったのです。

レイモンドは、30年ぶりにメイリンと再会し謝罪しましたが、当然メイリンと自身の息子に拒絶されてしまいます。

ホテルにチェックインし、部屋で寛ぐレイモンド。そこへ突如、謎の男が侵入し、彼を部屋に監禁します。

レイモンドを監禁し、銃を向ける男の正体は、手紙の差出人でした。そして男は、既婚者のレイモンドが、現地の女性と火遊びをしたこと、アメリカにいる家族が知らない隠し子がいることを知っていたのです。

同時刻、ベトナムに飛んだサラは、ベトナム帰還兵活動委員会同様、PWOやMIAの行方を捜索中の捜索司令部(JPAC)の職員デニスとマクドナルド、クーパーと合流。

レイモンドが泊まる部屋が見える、向かいの建物に張り込み、手紙の差出人の身元を特定しようとします。

サラたちに会話を盗聴されているとは知らない男は、レイモンドに、「俺はお前と同じ部隊にいた、当然同じ部隊にいたラムジー大尉のことを知っている」と告げました。

男曰く、レイモンドの上官であるラムジー大尉は、アメリカにいる彼の母親に、男の死亡を手紙で報告したのです。

実際には男は生きており、ベトナムでPWOとなっているとは知らない彼の母親は、ラムジー大尉の言葉を鵜呑みにしてしまいました。

そのため男は、アメリカに帰国して生きていることを伝えたくても、自分が死んだと信じて嘆き悲しんでたであろう彼女のことを思うと、今の今まで帰国できませんでした。

涙を流しながらそう嘆く男は、母親がよく歌ってくれたという子守歌を歌い始めます。

「君は僕の太陽だ、たった一つの太陽なんだ。僕を幸せにしてくれる、たとえ曇り空でも、希望を与えてくれた」

「ある夜のこと、夢を見たんだ。君を抱いていた、腕の中に。だけど…」その歌を聞いたレイモンドは、男が誰か思い出しました。

男の正体、それは当時第1偵察部隊にいたアメリカ海軍の衛星兵、マーク・ジョーダンでした。

しかし、サラたちが調べる限り、マークは遺体が発見されていないにも関わらず、レイモンドによる報告で戦死扱いされていたのです。

アメリカでは戦死者(KIA)として処理され、ベトナムではPWOとして酷い扱いを受けたであろうマーク。

彼は、自分の生存を喜ぶレイモンドに、激しい憎悪を抱いていました。それは30年前、ジャングル掃討戦で起きた、ある過ちが関係していました。

レイモンドたち第1偵察部隊は、民間人を装い南ベトナム軍の他、アメリカ軍・韓国軍などを攻撃するベトコンと、ジャングルの中で激しい銃撃戦を繰り広げていました。

その中で、レイモンドたちは、草むらから顔をのぞかせた少女たちに気づき、咄嗟に銃を向け射殺。彼女たちは武装していたものの、まだ子供でした。

そのことを話すマークと、レイモンドは口論しました。「俺たちは女を撃った、しかも子供だ」「でも彼女たちは、俺たちを殺そうとした」

「だから先に撃ったのか?俺たちは正しかったか?」「何故お前は、俺に銃を向けている?」

「なあレイ、俺を信じるか?」「俺は神を信じる」一触即発のレイモンドたち、そこへホテルの従業員が、マークが事前に頼んだルームサービスのベトナム料理を持ってきます。

そのおかげで、レイモンドたちの間に流れていた緊迫した空気は和み、2人は一緒にベトナム料理を食べることにしました。そのホテルの従業員が、実はデニスが事前に手配した協力者とは知らずに…。

ホテルの従業員の協力により、サラたちはレイモンドと今対峙している男が、マーク本人であるという確証を得ます。

同時刻、マークはベトナム料理を食べながら、レイモンドに自分がこの30年間、どうやって生きてきたかを話しました。

マークは6年4ヶ月と17日間、他の捕虜たちと一緒に敵地に捕らわれていました。ある日の朝、突然敵兵も警備も去ってしまったのです。

マークと他のPOWは、その隙に敵地を脱出。当時生きるのに必死だったマークは、他のPOWと一緒に帰国したくても出来ず、そのままベトナムで生活することになりました。

生き残った591人のPOWは、その後無事アメリカへ帰国。しかし、1,000人以上のPOWが帰国できておらず、マーク以外のPOWは未だ消息不明でした。

レイモンドはマークに歩み寄りたくても、彼に強く拒絶されてしまいます。そんなレイモンドの元に、サラから電話がかかってきました。

レイモンドは、マークに「妻からかかってきた」と嘘を言い、サラからの電話を受けました。

その電話で、レイモンドはサラから、他の生存者の話を聞きだして欲しいと指示を受けます。

サラはレイモンドの通話後、デニスと対立。マークの話を信じ、マークを含めた生存者を救いたいというサラの考えに対し、デニスは突如姿を現したマークの話など信じられず、彼には何か裏があるのではないかと疑っているのです。

サラはマークよりも、政府のことを疑っていました。POWやMIAの捜索に多額の予算を出した政府ですが、彼らが本当にPOWたちの居場所を知らないのか分からないからです。

その頃、レイモンドたちはベトナム従軍時代を思い出していました。防御線を死守するべく、レイモンドたち第1偵察部隊は船から陸に上がり、敵との激しい銃撃戦を繰り広げていました。

壁となる砂袋もなく、武器も弾も不足している最悪な状況。それでも誰かが、手榴弾をもって特攻し、救援に駆けつけるヘリの着地地点まで行き、ヘリに居場所を知らせなければなりません。

そこで名乗りを上げたのが、レイモンドたちに同行していた神父、ブラジンスキーでした。

ブラジンスキー神父の俊足と手榴弾の投下により、救援のヘリはレイモンドたちの居場所を特定し、彼らを全員救出することに成功。

安全な場所に避難できたレイモンドたちは、負傷兵を治療した後、ブラジンスキー神父と一緒に神に祈りを捧げ、死んでいった仲間を弔いました。

ブランジンスキー神父の功績を讃える第1偵察部隊でしたが、彼自身は「人を助けるために人(敵兵)を殺した」ことを悔やみ、素直に喜べませんでした。

一方デニスは、サラに消息不明のPOWやMIAに対して、2つの陰謀説が唱えられていることを話します。

1つ目は、MIAは無人島に送られた説。2つ目は、MIAやPOWには新しい身分が与えられているのではないかという説でした。

それを聞いてもサラは、戦死したと聞かされた自身の父親と、消息不明のアメリカ人戦争捕虜が、今もどこかで生きているのではないかと信じたい気持ちでいっぱいでした。

以下、『アメリカン・ソルジャーズ 闇に葬られた真実』ネタバレ・結末の記載がございます。『アメリカン・ソルジャーズ 闇に葬られた真実』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その夜、マークはレイモンドが、メイリンたちにした過ちを再び非難します。ベトナム戦争が終わり、アメリカの軍隊が撤退した後、ベトナムでは混血の子供は忌み嫌われ、奴隷のような扱いを受けていたからです。

特にアメリカ人とベトナム人の混血で、黒人の子供は、街を歩くだけでもすれ違う人々に唾を吐かれ、酷い仕打ちを受けていました。

そして、混血の子供を生んだ母親も、売春婦かスパイにさせられてしまったのです。

その事実を知らなかったレイモンドは、愕然としました。そしてレイモンドは、当時自分がどんな男であったかを思い出します。

ベトナム従軍時代、レイモンドは仲間と一緒に、マリファナを吸ったり、さらに街のバーで酒をたらふく飲んだりしたこともありました。

レイモンドたちは酔っ払い、ハイになった状態でバカ騒ぎを起こし、現地の女性と遊び、体を重ねました。

あとでメイリンたち、アメリカ人との混血の子供を妊娠したベトナム人女性が、どんな目に遭わされるのか知りもせず、レイモンドたちはアメリカへ帰国したのです。

一方、デニスたちJPACの職員は、マークが戦死したと報告したレイモンドを疑い、軍にいた頃の彼の勤務記録を調べることにしました。

翌朝、マークはレイモンドに、市街地で起きたある事件を話します。ベトナム従軍時代、新年を迎えたある日、街を歩いていたレイモンドたちの目の前で、民間人に扮したベトコンがアメリカ兵を襲撃。

レイモンドたちは、すぐさま撃たれたアメリカ兵の元に駆けつけ、彼を助けようとします。

その時レイモンドは、射程圏内のベトコンに銃口を向けながらも、引き金を引きませんでした。

結局、仲間を殺したベトコンには逃がしてしまっただけでなく、撃たれた仲間も衛星兵が駆けつける前に、息を引き取ってしまいました。

そのことを非難するマークと、レイモンドは口論します。「あの場には罪のない人たちが大勢いた」

「俺たちも、全員罪のない人だ。なのに殺されかけたんだぞ」

そう言うマークは、サラから電話がかかってきたレイモンドの携帯を奪い、サラとデニスと話し始めました。

「デニス、ベトナムで今まで何人のMIAを見つけた?」「ゼロだ、偽りの情報ばかりでね」

「サラ、君はなぜそこにいる?」「父がMIAなの、だから真実を知りたくて」「デニスに聞くといい、彼は必ずこう答える。“君の父親もドクも死んだ、もう存在しない”とね」

「誰も君を傷つけない」「下に降りてきて、私と2人でロビーで話をしましょう」「信用できない、レイモンドとの話はまだ終わっていない。俺とレイにはまだ秘密がある」

しかしレイモンド自身、他に隠している秘密が何か、覚えていない様子。これに堪忍袋の緒が切れたマークは、ベトコン襲撃時のある出来事を話しました。

一般の民間人を装い、南ベトナム軍やそれを支援する軍を攻撃していたベトコン。南ベトナム軍やアメリカ軍は、こうしたベトコンによる度重なる襲撃によって、常に猜疑心に駆られるようになりました。

そのせいで彼らは、ベトコンとの関与が疑われる村落の虐殺といった行動に出るようになってしまったのです。

そんな彼らの行いを、レイモンドたち第1偵察部隊は間近で直面しましたが、いずれも彼らを止めることは出来ず、村落は焼かれ多くの死傷者が出てしまいました。

しかし、その時の映像を撮っていたはずのアメリカ兵のカメラマンは消え、映像も消去されていて残っていません。

しかも、このベトコンとの関与が疑われた村落への虐殺行為を、アメリカ兵は誰も語らず、その事実を知ろうともしませんでした。

あの現場にいた第1偵察部隊のラムジー大尉、テックスとジミー、テッド。彼らいなくなった仲間のために、レイモンドはベトナムに来たのです。

もはや今は、当時のことを知る第1偵察部隊は、レイモンドとマークの2人だけ。その事実をレイモンドの口から聞かされたマークは、愕然としました。

「お前は何を期待していたんだ?2人でマスコミの前に出て、村に起きたことを話す?それで満足か?」「それとも、俺はお前に謝ればよかったか?」

そうレイモンドに問われたマークは、彼にこう言いました。「皮肉だな、30年経った今、俺とお前の2人だけなんてな」「俺はお前のことを心から信じていたのに」

ベトナム従軍時代、雨が降り続く中、マークとレイモンドは、2人で話をしたことがありました。

当時マークは、本当は自分が同性愛者なのではないかと、酷く悩んでいました。マークはそれを、心から信頼する仲間であるレイモンドに、初めて打ち明け相談します。

しかしレイモンドは、マークの告白に酷く嫌悪感を覚え、彼を拒絶してしまうのです。その後、レイモンドたち第1偵察部隊は、市街地にある廃墟に立て籠もるベトコンを襲撃。

その戦場は、ベトコンもアメリカ兵も大勢の死者を出し、その死体が道のいたるところに転がっていました。

激しい銃撃戦が繰り広げられている中、レイモンドたちは、ベトコンから集中砲火を受けている他の仲間を救おうとします。

レイモンドはラムジー大尉の命を受け、ベトコンと戦いながら西の城壁へ向かい、仲間のガニーたちを無事救出。

その後、レイモンドたちは、ベトコンがいる廃墟へ突入します。その際、レイモンドの耳に届いたのは、敵に捕まってしまったマークが、自身に助けを求めている叫びでした。

しかしレイモンドは、マークを助けることはせず、その場を立ち去ってしまったのです。

「俺は捕まった、お前を信じていた。だが、お前は俺を捨てた」「俺が仲間を性的な眼で見ていた、自分が狙われると思ったんだろ」

マークが明かした当時の真実を聴いていたデニスたちは、突然作業を中断します。そのことに疑問を抱くサラに、デニスはこう言いました。

「お芝居は終わりだ。君は国家安全保障局(NSA)の人間だろ、なら我々とは目的が別だろ」「何故国家安全保障局の人間が、ドクを追う?」

それに対しサラは、「アメリカ政府は、レイを守りたいの」と答えました。

その頃、マークとレイモンドも口論していました。「ドクがゲイだからじゃない、お前は弱かった。俺は軍に責任があった、自分自身にも国に対しても」

「何が言いたい、何が望みだ」「平穏な日々さ」「何だと?」平穏な日々を望むレイモンドは、おもむろに履いていた靴を脱ぐと、そこに隠していた銃を取り出し、マークに銃口を向けます。

「悪いな、ドク」そう言うレイモンドに、マークが撃たれそうになった瞬間、デニスたちJPACの職員が現場に突入。

デニスたちはレイモンドを、レイモンドはマークを、マークは突然入ってきたデニスに、それぞれ銃口を向けます。

「ドク、君の言葉は全て録音している。事情は分かった、俺たちは君を信じるよ。だから銃を降ろすんだ」

「まだ生きたいだろう?君の経験したことを、もっと聞かせて欲しい」

そうデニスたちに諭されたマークが、銃を降ろして何かを話そうとした瞬間、デニスたちの後ろに駆けつけたサラが、持っていた銃で彼を射殺します。

デニスたちは、マークの死を確認後、彼が持っていた銃の中身が空であることを知りました。

そしてデニスたちは、「歯の治療痕で、ドクだと証明できる」と言いますが、サラは「たとえ証明できたとしても、彼は脱走兵として証明される、誰も気に留めない」と断言。

そこでデニスたちは、マークの言葉を全て録音したテープを、彼が生きている証明に使おうとします。

しかしサラは、そのテープを事前に破壊していたのです。サラの父親は戦死しておらず、今も生きており、大学で心理学を教えていました。

最初から口封じのために、マークを始末する予定だったサラとレイモンド。そんな彼女に、デニスは他の生存者について問うも、「誰のこと?」ととぼけられてしまったのです。

サラに促され、レイモンドは彼女と一緒に、その場を立ち去っていきました。

スポンサーリンク

映画『アメリカン・ソルジャーズ 闇に葬られた真実』の感想と評価


(C)2006 PPI Vietvet Films Inc. All Rights Reserved

ベトナム戦争後、1835人のアメリカ人戦争捕虜が消息不明となりました。その内の1人、マークがレイモンドと接触した話です。

マークの口から語られたのは、ベトナム戦争時にアメリカ軍が犯した過ちでした。

レイモンドたち第1偵察部隊はまず、ジャングル掃討戦の時、武装していたとはいえ、民間人の少女たちを殺してしまいました。

2つ目は、ベトコンによる度重なる襲撃により、常に猜疑心に駆られていたアメリカ軍が、ベトコンとの関与が疑われたベトナムの村落へ虐殺行為を行ったことです。

この2つは、レイモンドたち第1偵察部隊も、少なからず心を痛めた過ちでしょう。劇中に描かれたレイモンドたちの、苦悶の表情を見ると、観ているこちらが胸が痛くなります。

そして、マークが一番告白したかったこと。それはベトコンとの市街地戦の時、彼の告白を聞いてから態度を豹変させたレイモンドが、敵に捕まった彼を見捨てたことです。

その当時、マークがどんな思いをしたのか考えるだけで、胸が締めつけられます。しかし、マークの必死の告白もむなしく、非情なレイモンドとサラによって、その真実は闇に葬られてしまうのです。

レイモンドたち第1偵察部隊と、ベトコンとの激しい銃撃戦が繰り広げられた場面は、何が起こるか分からないハラハラドキドキしたスリルと、大迫力のアクション場面に興奮を味わえます。

まとめ

ベトナム戦争後、消息不明だったアメリカ人戦争捕虜マークが、闇に葬られてしまった真実を告白する、カナダとアメリカ合作するリアルな戦争アクション作品でした。

本作の見どころは、ベトナム戦争時のアメリカ軍とベトコンによる激しい銃撃戦と、マークの口から語られた当時の真実です。

そして物語の終盤では、レイモンドとサラが、ベトナムに来た本当の理由が明かされます。

彼ら2人は、アメリカ軍がベトコンとの関与が疑われた村落へ、虐殺行為を行った真実を知るマークを、口封じのために始末しに来たのです。

これまで、マークを救おうとしてくれる側の人間だと思っていたレイモンドたちが、真実を隠蔽しようとするアメリカ政府のために動く、冷徹な人間に変貌する瞬間。

デニスたち同様、観ているこちらも、本作で一番驚愕した場面です。そして、2人の手によって予想外な幕引きがされたことに、愕然とします。

ベトナム戦争後を生き抜いたアメリカ人戦争捕虜の告白と、ベトナム戦争時に起きた真実が闇に葬られてしまった瞬間を描いた、戦争アクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

アクション映画

映画『ハンターキラー 潜航せよ』あらすじネタバレと感想。潜水艦作品の新たな傑作!

ジェラルド・バトラー主演の潜水艦アクション大作! 『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)、『ザ・アウトロー』(2018)のジェラルド・バトラー主演の『ハンターキラー 潜航せよ』が、2019年4月 …

アクション映画

映画『デスウィッシュ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ブルースウィリス主演で「狼をさらば」をリブートした作品】

ブルース・ウィリスが主演を務めた『デス・ウィッシュ』 ブルース・ウィリスがアクション完全復活!愛する者を失った善良な外科医が復讐の鬼と化し、悪党を成敗していく。 70年代の名作『狼をさらば』を現代バイ …

アクション映画

韓国映画『ノンストップ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。オム・ジョンファがキレのあるアクションを披露!

オム・ジョンファの主演のアクション映画『ノンストップ』。 韓国映画『ノンストップ』は、韓国の人気歌手で『ミス・ワイフ』(2015)『ダンシング・クィーン』(2012)など、女優としても活躍するオム・ジ …

アクション映画

忍びの国大野智アクションは本人?スタントマン?演技評価や感想も

“和田竜(原作・脚本)× 大野智(主演)× 中村義洋(監督)”誰も見たことがない戦国エンターテインメント作品『忍びの国』。 今回はアイドルグループ嵐のリーダー大野智を中心に話題の『忍びの国』をご紹介し …

アクション映画

映画『ウエスタン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

クリント・イーストウッド主演の「ドル箱3部作」を経て、新たな境地へと達した監督のセルジオ・レオーネ。 そんな彼の西部劇への愛が詰まった傑作『ウエスタン』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTEN …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学