Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

韓国ノワール映画『V.I.P.修羅の獣たち』感想と評価。パク・フンジョンの演出とは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

韓国映画『V.I.P.修羅の獣たち』は、6月16日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

『新しき世界』などで知られる韓国ノワールの逸材パク・フンジョン監督のクライム・アクション、いよいよ公開!

韓国とアメリカの双方の企てにより、北朝鮮から亡命した青年が連続殺人事件の容疑者として浮上。韓国警察チェ・イドが呪念の追跡するなか、なぜか国家情報院のジェヒョクは青年を保護し、捜査網を潜り抜けていくが…。

スポンサーリンク

映画『V.I.P.修羅の獣たち』の作品情報


©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
V.I.P.

【監督】
パク・フンジョン

【キャスト】
チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、イ・ジョンソク、パク・ヒスン、ピーター・ストーメア

【作品概要】
『新しき世界』で知られたポク・フンジョン監督が、『マイウェイ 12,000キロの真実』や『泣く男』の主演作を持つチャン・ドンゴンを主人公ジェヒョク役で描くクライム・アクション。

また、『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、『密偵』のパク・ヒスン、『僕らの青春白書』のイ・ジョンソク、『ジョン・ウィック チャプター2』のピーター・ストーメアの豪華共演作です。

映画『V.I.P.修羅の獣たち』のあらすじ


©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

北朝鮮のエリート高官の息子キム・グァンイルは、連れの部下たちと、他人を同じ人間だと思わぬ行為で、快楽殺人を楽しむ連続殺人犯でした。

その一家惨殺の事件を捜査を担当していた保安省のリ・デボムでしたが、上司から高官の息子の事件は捜査の打ち切りだと言われ、デボムは職務を解かれ、上司から厄介者として左遷を言い渡されます。

それから、殺人鬼グァンイルはそのことを隠して、ことの事実を知らない韓国国家情報院と、全く別の企てを抱いたアメリカCIAにより、北朝鮮から亡命させられた韓国への“企画亡命者”となります。

やがて、韓国でも7件にもおよぶ、未解決の連続殺人が発生。その殺人事件の犯人に、キム・グァンイルが有力な容疑者として捜査線に浮上します。

警察署長は連続殺人だけは、マスコミに騒がれると警視のチェ・イドに、どのような手を使ってもいいから事件を解決しろと指示を与えます。

その後、事件を捜査したチェ・イドは、部下たちを厳しく引き締め、執念深いギリギリの捜査をします。

すると、当初は発見できなかった被害者の遺体の体内にあった異物からグァンイルのDNA痕跡を見つけ、彼が真犯人であることに確信を得た警視のチェ・イドは、グァンイルの行方を追い掛けます。

しかし、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により、グァンイルは捜査網を潜ってしまいます。

国家情報院と対立をする警察。チェ・イドは目の前にいる真犯人グァンイルを逮捕することができず、苛立ちを募らせます。

そんな矢先、保安省所属の工作員リ・デボムまでチェ・イドを訪ねて来て、事態は予想もしない真相へと向かっていくが…。

スポンサーリンク

映画『V.I.P.修羅の獣たち』の感想と評価

パク・フンジョン監督の作品傾向

2010年公開の『生き残るための3つの取引』、同じく同年公開の『悪魔を見た』の脚本を担当し、2012年公開の『新しき世界』の演出するまでに至ったパク・フンジョン監督

観客に息つく間も与えずに広がり続けるストーリー性と、欲望を持つ強いキャラクターを巧みに描き、韓国の演出の語り部として名ストーリーテラーと言えます。

特に『新しき世界』は多数の海外映画祭で評価され、約460万の観客を動員し、評論家と観客から高い評価を得て、犯罪映画の秀作と呼ばれています。

フンジョン監督の『V.I.P. 修羅の獣たち』は、キャラクターの関係性と個人の欲望を絡め合せて緊張関係を執拗に描き出す、フィンジョン監督の得意分野の物語であり、映画監督としての真偽を見せる作品に仕上がっています。

国家間の利害と個人の欲望

『生き残るための3つの取引』と『新しき世界』が、警察、検察そして犯罪集団などの個別組織を絡めた利害関係を描きましたが、本作『V.I.P. 修羅の獣たち』では、俗にいう犯罪映画に登場するやくざは登場しません。

しかし、さらに内容的にスケール感を広げ、国家間の利害関係を扱い、そこに揺れる“激しいまでの個人の欲望”を描いた内容になっています。

パク・フンジョン監督は、「既存の犯罪映画ジャンルに限定されない複合的な構図の映画を作りたかった」と語っています。

それは南北分断という韓国の現実社会の中から、作品のテーマを模索したようです。

国家も法も統制不可能な北朝鮮からのVIPと、その彼を確保しようとする国家情報院と警察、そして北朝鮮の保安省、さらにはアメリカCIAの次々に自体が変わる対立が繰り広げられ、最後まで先行きから目の離せない物語性に緊張感とスリルを醸し出させています。

フンジョン監督特有の執拗で巧みな展開とパワーある演出は、『V.I.P. 修羅の獣たち』のは、新しい感覚の映画に欲するファンを満足させる作品です。

仕掛けのあるチャプター構成

本作『V.I.P. 修羅の獣たち』の特徴は5つのチャプター分けされた物語構成の演出を用いています。

高官の息子キム・グァンイルという、連続殺人事件の容疑者を中心に「国家情報院の隠蔽しようとするパク・ジェヒョク」、「警察の捕らえようとするチェ・イド」、「工作員の復讐しようとするリ・ボデム」といった三つ巴の目的を持つそれぞれの男たちのストーリーとなっています。

そこに、アメリカCIAをポール・グレイを入れれば四つ巴のそれぞれの個人の思惑が入り混じります。

そのことが難解なストーリーにならないように、『V.I.P. 修羅の獣たち』はチャプター分けがされています。

しかも、それはそれぞれの登場人物の過去も入り混じっていますが、キャラクターの説明と対立をチャプターで見せたことで、複雑な物語を一貫してある復讐に向かって、丁寧に見せることに成功しています

映画の冒頭、チャン・ドンゴン演じるパク・ジェヒョクが、仕事先に向かう飛行機の機内で、薬を飲むまでに至る精神状態になったか、登場人物たちと一連の事件を見て、後にわかるような気もします。

そこでジェヒョクが見せた行動で始まり終わるチャプター構成は、何のためだったのか?映画はそのことを深く問いかけていました。

それぞれの男たちが階級社会という状況に身を置き、上の者に対して従うことしかできない、まるで身動きができない閉塞感。

そのことが韓国社会の特有の組織構造としてだけでなく、北朝鮮と韓国の関係。

あるいは、アメリカという国家との見えない階級にも及んでおり、日本人から見ても胸を打つ頷ける鋭い描かれ方をした作品です。

まとめ

本作は韓国と北朝鮮の男たちの関係を描きながらも、首を突っ込んでくる嫌なアメリカ人の男、CIA要員ポール・グレイ役にも注目です。

2005年のテレビドラマ『プリズン・ブレイク』でジョン・アブルッチ役を演じ、映画『ファーゴ』『ジョン・ウィック:チャプター2』などで、強烈な印象を残すスウェーデン出身のピーター・ストーメアが演じています。

また、この作品はパク・フンジョン監督の韓国ノワールとだけあって、警視チェ・イドをはじめ、登場人物が煙草を吸う場面はポイントになっており、高官の息子キム・グァンイル以外は、誰もスタイリッシュにが煙草を吸っているのが印象的

往年のフランス犯罪映画のノワールや、かつての香港ノワールという、まさしく男根を彷彿させるメタファーは男気のある描写だといえ、“男の美学”を描いた映画として秀でた作品です。

韓国映画『V.I.P.修羅の獣たち』は、6月16日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

アクション映画

韓国映画『安市城グレート・バトル』あらすじネタバレと感想。歴史アクションとキャラクターの魅力に迫る

映画『安市城 グレート・バトル』は2019年7月5日(金)よりシネマート新宿ほか順次公開 韓国で観客動員数500万人を超える大ヒット! かつて唐の軍隊20万人に立ち向かった、小さな城の偉大な姿を描いた …

アクション映画

【ネタバレ秘話】『ジョンウィック3:パラベラム』キアヌ・真田・犬など8つのトリビアを深掘り解説!

キアヌ・リーブス主演のヒットシリーズ! 「ジョン・ウィック」チャプター3『ジョン・ウィック:パラベラム』。 最強の殺し屋である主人公ジョン・ウィックをキアヌ・リーブスが演じる他、本作ではアカデミー賞主 …

アクション映画

ネタバレ感想|ミッションインポッシブル6フォールアウトあらすじとラスト結末【トムクルーズが捨て身で挑むシリーズ第6作】

史上最大の”ミッション”発令!イーサン・ハントの今回の使命は!? トム・クルーズが捨て身で挑む「M:I」シリーズ映画の第6作『ミッション:インポッシブル フォールアウト』。 2015年の前作『ミッショ …

アクション映画

映画『マイル22』ネタバレあらすじと解説。ラスト結末のどんでん返しに驚愕せよ!

映画『マイル22』は、2019年1月18日(金)よりロードショー。 『ローン・サバイバー』、『バーニング・オーシャン』などの作品を放ってきた、マーク・ウォールバーグ&ピーター・バーグ監督が4度目のコン …

アクション映画

映画『ベイビードライバー』あらすじと感想レビュー!ラスト結末も

英国が生んだ稀代の天才監督・エドガー・ライトの『ベイビー・ドライバー』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『ベイビー・ドライバー』の作品情報をどうぞ! スポンサー …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学