Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【アトミックブロンド】あらすじネタバレと感想!セロンの演技評価は

  • Writer :
  • 馬渕一平

シャーリーズ・セロンが凄腕の女性エージェントを演じる話題作。

痛々しくも華麗な超絶アクションから目が離せない。

スパイ映画の新たな快作『アトミック・ブロンド』をご紹介します。

以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『アトミック・ブロンド』の作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

1.映画『アトミック・ブロンド』の作品情報


(C)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
Atomic Blonde

【監督】
デビッド・リーチ

【キャスト】
シャーリーズ・セロン、ジェームズ・マカボイ、エディ・マーサン、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズ、ジェームズ・フォークナー、ソフィア・ブテラ、ビル・スカルスガルド、サム・ハーグレイブ、ティル・シュワイガー

【作品概要】
スパイ・ムービーの歴史に新たな凄腕女性エージェント、ロレーン・ブロートンが登場!

演じるのは『マッド・マックス 怒りのデスロード』のフュリオサなど男前の役が多いイメージのシャーリーズ・セロン。

徹底したトレーニングによる役作りが身を結び、痛々しく壮絶なアクションを体現。

監督を務めるデビッド・リーチは、 チャド・スタルスキと共同監督を手掛けた2014年のアクション映画『ジョン・ウィック』で一躍有名に。

アクション監督としての手腕を買われ、本作で初の単体監督作品を担当。

脇を固める俳優陣も、ジェームズ・マカボイやジョン・グッドマンにトビー・ジョーンズと豪華な顔ぶれ。

世界中で多くのファンを獲得している2015年のヒット作『キングスマン』で義足の殺し屋ガゼルを演じたソフィア・ブテラも参戦。

また一つ新たなスパイ映画の快作が誕生した!

2.映画『アトミック・ブロンド』のあらすじとネタバレ


(C)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

事件の発生

1989年、東西冷戦末期のベルリン。

ベルリンに潜入していたMI6の諜報員ガスコインがKGBの殺し屋バクティンに殺され、世界中で暗躍する各国機関のスパイの名前が記されたリストが奪われました。

KGBを裏切ってそのリストを闇マーケットで売りさばこうとするバクティンの行方を世界中の機関が探し始めます。

高い情報収集力と戦闘能力を兼ね備えたロレーン・ブロートンに、冷戦の行方がかかっている重大なその任務が委ねられました。

任務終了後

ロレーンは身体のあちこちに傷を負い、それを氷水で冷やしていました。

身支度を整え、MI6の本部に向かいます。

上司の情報局主任グレイとCIAのカーツフェルド、そしてマジックミラーの裏側からMI6のチーフであるCが彼女の報告を待っていました。

ベルリンで何があったのか?

ロレーンは過酷な任務の全貌を語り始めました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アトミック・ブロンド』結末の記載がございます。『アトミック・ブロンド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

任務の全貌

偽名で西ドイツに入国したロレーンでしたが、すでに正体がバレておりKGBの襲撃を受けました。

なんとか窮地を脱したロレーンの元に、MI6ベルリン支局の凄腕エージェント、デヴィッド・パーシヴァルが現れました。

長年の潜入任務で東西ベルリンを知り尽くした彼は、仲間であるロレーンを助けるどころか邪魔をするばかり。

実はロレーンには、ガスコインを裏切った二重スパイ、サッチェルを探し出すというもう一つの任務がありました。

パーシヴァルを信頼していないロレーンは、東ベルリンへの入国の手はずを整え、単身で調査に乗り出します。

しかし、そこでもブレモヴィッチ率いるKGBに見つかり、命からがら逃げ出しました。

そんな危険な任務の中、ロレーンはバーで出会ったフランス人スパイのデルフィーヌと一夜を過ごしました。

バクティンはパーシヴァルによって殺され、パーシヴァルは時計に入ったリストを奪いました。

そんな中、リストの中身を全て暗記している東ドイツ国家保安省シュタージの職員スパイグラスを西ベルリンへ脱出させる作戦を、ロレーンとパーシヴァルで実行することになります。

しかし、その情報もまたKGBに筒抜けになっていました。

パーシヴァルを信頼していないロレーンは機転を利かせてスパイグラスを守ろうとしますが、パーシヴァルは隙をついて自らでスパイグラスを銃撃。

脇腹を負傷したスパイグラスを抱えながら、ロレーンはビルの中に逃げ込みました。

次々と襲いかかってくるKGBの刺客たちと必死の戦闘を繰り広げ、ボロボロになりながらもロレーンはスパイグラスを守り抜きます。

警察の車を奪って逃走を続けますが、川沿いに停車した瞬間に横から追突され、ロレーンとスパイグラスは車ごと川に落水。

ロレーンは、脚の挟まったスパイグラスを必死で救い出そうとしますが、彼は息絶えてしまいます。

現地の協力者のメルケルによって助けられたロレーンはなんとか生き延びました。

パーシヴァルに盗聴機を仕掛けられていたことに気付いたロレーン。

その頃、パーシヴァルは情報を持っているデルフィーヌを始末するために彼女の家を訪れていました。

パーシヴァルがデルフィーヌの首を絞めている時に、ロレーンがチャイムを鳴らしました。

事を済ませたパーシヴァルは急いで逃げ出します。

ロレーンが部屋の中に入るとすでにデルフィーヌは息絶えていました。

部屋の中で、彼女が隠し撮りしていたパーシヴァルとKGBのブレモヴィッチとの密談写真を発見したロレーン。

自分の家に火を放ち、国外逃亡しようとしていたパーシヴァルをロレーンが撃ち殺し、腕時計のリストを奪いました。

再びMI6の尋問室

ロレーンはパーシヴァルこそがガスコインを裏切った二重スパイ、サッチェルだと断言します。

証拠としてデルフィーヌが撮った写真と、録音したテープをつぎはぎして作った偽の音声を提示しました。

グレイはリストの行方を尋ねますが、ロレーンは知らないと嘘をつきます。

一連の事件がMI6の汚点になると判断したCは、この一件を闇に葬ると宣言しました。

尋問の3日後

ロレーンはパリでKGBのブレモヴィッチと密会。

二重スパイのサッチェルはロレーン自身でした。

リストを受け取ったブレモヴィッチは用済みの彼女を始末しろと部下に指示を出します。

しかし、そのことを予期していたロレーンは銃撃で敵を一掃すると、ブレモヴィッチをも撃ち殺しました。

任務後にロレーンが飛行機に乗り込むと、そこにはCIAのカーツフェルドの姿が。

ロレーンの正体はCIA所属の三重スパイであり、リストもCIAの手に渡りました。

全ての任務が完了した彼女は本当の母国への帰路につきます。

スポンサーリンク

3.映画『アトミック・ブロンド』の感想と評価


(C)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

物語の舞台は冷戦時のベルリン。

ドイツという国が東西に分裂し、その象徴であったベルリンの壁の崩壊が間近に迫っていた1989年。

ヒット曲を後ろで軽快に鳴らし、物語やアクションを進めていくやり方は近年の一つの流行りでもあり、やはり観ていて非常に気持ちが乗っていきます。

今作の最大の見どころは、期待通りの壮絶なアクションでしょう。

今作にプロデューサーとしても参加している主演のシャーリーズ・セロンの気合いの入りようは凄まじかった。

激しい肉体トレーニングによってその身体に説得力が増し、スタントも自らこなしています。

監督のデビッド・リーチはキアヌ・リーヴス主演のアクション映画『ジョン・ウィック』の共同監督としても有名です(次回監督作はなんと『デッドプール2』!)。

そのため美しく流れるような決めの画があるような、デザインされたアクションを想像した方が多いのではないでしょうか。

イメージとしてはハイヒールを履いて涼しい顔してアクションをするような。

冒頭のとある入浴シーンでもうすでにこれは違うぞと思わされるわけですが。

序盤のロープを駆使した格闘はその趣も感じましたが、今作の白眉であるビルに入ってからの一連のアクションシーンは特にカメラワークも含め、痛々しさと生々しさに溢れたものでした。

それもそのはず、いくら178センチと女性にしては大きいシャーリーズ・セロンが鍛えたところで、現実には大柄の男性には簡単には勝てっこない。

その生々しいほどの性差を、文字通りフラフラになりながらも、なんとかぶっ飛ばしていく様は凄まじいものがありました。

とある事件が今ハリウッドで大きなニュースになっていますが、シャーリーズ・セロンなら問答無用であの男をぶっ飛ばすに違いないでしょう。

ソフィア・ブテラ演じるデルフィーヌをロレーンが、慰めながら抱いてあげたのもよかった(本当に男前でした)。

男前な女優シャーリーズ・セロンの魅力全開の今作は、アクションだけでなくスパイものにつきものの騙し合いも描かれます。

ジェームズ・マカボイ演じるパーシヴァルはスパイという職業の悲哀を感じさせました(ガスコインとロレーンの恋仲も匂わす程度でした)。

「街に溶け込め」とロレーンにアドバイスする彼は、本当に溶け込み過ぎてしまい自らの目的を完全に見失い、なんとも切ない末路を辿ります。


スパイと孤独、そして悲哀
は切っても切り離せない関係であり、パーシヴァルに感情移入した方は『裏切りのサーカス』というこちらもMI6を舞台にしたスパイ映画もお薦めです。

シャーリーズ・セロンが熱演する壮絶なアクションと悲哀を感じるスパイの物語。

その二つが高いレベルで融合した快作でした。

まとめ


(C)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

ただただ主演のシャーリーズ・セロンの格好良さを観に行くもよし。

監督のデビッド・リーチに『ジョン・ウィック』ばりのアクションを期待するもよし。


劇中で流れる当時の音楽
に心を踊らせるもよし。

スパイものとしての裏切り合いにハラハラし、悲哀に泣かされるもよし。

そして観た後は、ロレーン・ブロートンという新たなキャラクターの誕生に祝杯をあげましょう。

お酒は、ジェームズ・ボンドのようにドライのマティーニ、それともロレーン・ブロートンのようにウォッカのロックでしょうか。

関連記事

アクション映画

映画『イップマン序章』ネタバレあらすじと感想。ドニーイェン人気シリーズはじまりの物語

伝説はここから始まった。 ドニー・イェン主演「イップ・マン」シリーズ第1弾。 今やハリウッドでも活躍する中国のアクションスター、ドニー・イェン。 彼が、“宇宙最強の男”の異名を広く知らしめるきっかけと …

アクション映画

映画『ブラックパンサー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラー監督が放つマーベル待望の最新作。 3月1日(木)より公開中の『ブラックパンサー』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.『ブラックパ …

アクション映画

映画『アンノウン・ソルジャー』あらすじネタバレと感想。原作ヴァイノ・リンナの「無名戦士」を新たに描くフィンランド作品

第2次大戦下、フィンランドとソ連が激戦を繰り広げた“継続戦争”。 それを描いた古典的作品として、フィンランドで最も知られているヴァイノ・リンナの小説「無名戦士」が映画化されました。 フィンランド映画史 …

アクション映画

バッドバディのあらすじ!主演キャストのアナ・ケンドリックが面白い

スポンサーリンク CONTENTS1.映画『バッド・バディ!私とカレの暗殺デート』の作品情報2.映画『バッド・バディ!私とカレの暗殺デート』のキャストとは?秘めた殺し屋の才能が開花⁉︎アナ・ケンドリッ …

アクション映画

映画『ロンドンバーニング』あらすじネタバレと感想。“英国版アウトレイジ”はクライムアクションでも紳士的なのか⁈

ロンドンを仕切る巨悪に、刑務所帰りの元ボクサーの男が挑む! 『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』に出演以降、様々な映画・ドラマに出演し、人気沸騰中の若手俳優サム・クラフリン。 その彼が愛する家族 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学