Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/02/14
Update

映画『バーニング・ダウン 爆発都市』あらすじ/キャスト/上映館/特報映像。アンディ・ラウが放つ香港アクションの超大作が日本上陸!

  • Writer :
  • 大塚まき

香港映画界の鬼才と豪華キャストが放つアクション超大作!

『イップ・マン 最終章』などを手掛ける香港映画界の鬼才ハーマン・ヤウ監督と、香港随一のスター俳優アンディ・ラウら豪華キャストが放つアクション超大作『拆彈專家2』(英題:SHOCK WAVE 2)。


(C)2020 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED

この度、邦題を『バーニング・ダウン 爆発都市』として、2022年4月15日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて全国公開することが決定しました。

併せまして、ポスタービジュアルと特報映像も解禁となります。

スポンサーリンク

映画『バーニング・ダウン 爆発都市』について

爆破テロの現場で発見された記憶喪失の男フォン。爆発で左足を失った元爆弾処理班のエース。テロ組織「復生会」のメンバー“ブリザード”。

ふたつの顔の欠片がフォンの中に存在している。そして、記憶を呼び覚ましながら新たなる事件を追い…。俺は警官なのか。それとも、テロリストなのか……。記憶を失った男が、香港全土を揺るがす核爆弾テロに挑みます!

主演は香港随一のスター俳優アンディ・ラウ

断片的に蘇る記憶に葛藤しながら、自らの信念を貫く元爆弾処理班の男を演じます。

監督は、『八仙飯店之人肉饅頭』から『イップ・マン 最終章』まで、多岐に渡るジャンルで話題作を生み出してきた鬼才ハーマン・ヤウ

アクション監督はジャッキー・チェン主演『新ポリス・ストーリー』等を手掛けたニッキー・リー

本作は、同監督・主演の『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』の設定、ストーリーをリセット。

さらに莫大にアップした製作費を投じ、香港アクション映画の“限界突破”に挑み、本国で興行収入230億円を突破しました。

まさに現時点での香港アクション映画最高峰ともいえるエンターテインメント作品の誕生です。

映画『バーニング・ダウン 爆発都市』の特報映像

この度解禁された特報映像では、アンディ・ラウ扮する元爆弾処理班のフォンが記憶を失い、迫る核爆弾から香港を救う鍵を握っていることが明らかとなります。

さらには、空港が丸ごと吹き飛んでしまう様な映像が映し出されます。

総製作費44億をかけたスケール感と映像の凄さとともに、香港アクションの限界突破に挑む超大作になっていることへの期待が高まるばかりです。

併せて解禁されたポスタービジュアルでは、爆弾処理の防護服を着て勇ましくたたずむアンディ・ラウと、元同僚のラウ・チンワン、元恋人のニー・ニー姿が切り取られています。

「迫る核爆弾。今、破滅へのカウントダウンが始まる―。」というコピーも並び、香港映画の王道をいく香港アクションの傑作を彷彿とさせるビジュアルとなっています。

スポンサーリンク

映画『バーニング・ダウン 爆発都市』の作品情報

【日本公開】
2022年(香港・中国合作映画)

【原題】
拆彈專家

【監督・脚本】
ハーマン・ヤウ

【アクション監督】
ニッキー・リー

【キャスト】
アンディ・ラウ、ラウ・チンワン、ニー・ニー

映画『バーニング・ダウン 爆発都市』のあらすじ

爆弾処理班に所属するフォンは、数々の事件を解決してきたエースだったが、爆発に巻き込まれ左足を失ってしまいます。

恋人や同僚の助けもあり、義足とは思えないほど身体機能が回復しますが、上層部はフォンの現場復帰を認めませんでした。

仕事一筋で生きて来たフォンは自暴自棄になり、警察を辞めて姿をくらませます。

そのフォンが、テロ組織「復生会」によるホテル爆破事件の現場で、重体の状態で発見されます。

容疑者として病院に収容されたフォンは尋問を受けますが、爆発の影響で過去の記憶を失っていました。

そこに、フォンを救い出すべく復生会が乗り込んできます。

「なぜテロ組織が俺を助けるのか―?」フォンは病院から抜け出しひとりで逃亡しますが…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:『拆彈專家』公式ツイッター

総製作費44億円!香港アクション映画の“限界突破”に挑む超大作の誕生です。

迫る核爆弾。今、破滅へのカウントダウンが始まります…。

コロナ禍にも関わらず、本国興収230億を超える大ヒットを記録した本作。ストーリーや映像技術など、香港アクションの凄さを改めて感じることが出来ることは間違いなし!

映画『バーニング・ダウン 爆発都市』は、2022年4月15日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

タイドラマ『Puppy Honey 1&2』動画配信決定。人気おすすめ作品がU-NEXTにて独占公開!

タイのドラマ『Puppy Honey 1&2』が日本上陸! U-NEXTでは2021年7月1日(木)より『Puppy Honey 1&2』を日本初、独占配信いたします。 『Pupp …

新作映画ニュース

【2019年10月4日〜5日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche モデル:蟹江まり 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネ …

新作映画ニュース

【2019年9月6日〜7日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載 …

新作映画ニュース

映画『エポックのアトリエ』公開日/上映館。ドキュメンタリーでデザイナー“菅谷晋一がつくるレコードジャケット”を追う!

好きになる。夢中になる。生き方になる。 新しい生き方のヒントがあるドキュメンタリー映画 ザ・クロマニヨンズ、OKAMOTO’Sなどのレコードジャケットを手がけるデザイナー“菅谷晋一”の、一 …

新作映画ニュース

日常の崩壊を予感させる映画『ある船頭の話』予告編公開!オダギリジョーが捉えた日本とは

船頭は今日も、様々な人たちの喜びと悲しみ、生と死を乗せて舟を漕ぐ。 オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開されます。 公開に先立ちまし …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学