Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ感想】SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班のあらすじラスト結末も

  • Writer :
  • 西川ちょり

中国・香港合作映画『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』は8月18日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー

香港警察爆弾処理班VS凶悪テロリスト!

アンディ・ラウが制作・主演を務め中国、香港、東南アジアで大ヒットした超爆破アクション『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』をご紹介します!

スポンサーリンク

映画『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』の作品情報


(C)2017 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED / INFINITUS ENTERTAINMENT LIMITED

【公開】
2018年(中国、香港映画)

【原題】

拆弾専家 Shock Wave

【監督】
ハーマン・ヤウ

【キャスト】
アンディ・ラウ、チアン・ウー、ソン・ジア、フィリップ・キョン、ロン・ン、ワン・レオズイ、フェリックス・ウォン、チャン・シェクサウ、ルイス・チャン、ベイビージョン・チョイ

【作品概要】
アンディ・ラウがテロリストと戦う爆発処理班の隊長チョン役を演じ、プロデューサーも兼任したアクション大作。

大規模な爆弾を使い、海底トンネルに多くの人質をとって立て篭もるテロリストとの壮絶な闘いを描く。監督、撮影、脚本は『イップマン 最終章』のハーマン・ヤウ。

映画『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』のあらすじとネタバレ


(C)2017 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED / INFINITUS ENTERTAINMENT LIMITED

香港警察の爆弾物処理局(EOD)のチョン警官は、爆弾を使い強盗を働く犯罪組織に潜入し、ボスのホンの信頼を得ることに成功。彼らが犯罪を決行する日に、車に同乗します。

一味は爆弾を積んだ3台のタクシーを先に発車させました。チョンは警察にそのナンバープレートを通報します。

しかし慎重なホンは、部下にナンバープレートを変えることを支持していました。警察は問題のタクシーを発見することが出来ません。

犯人グループは二台の車で大手銀行を襲い、金庫の扉を爆弾でふっとばし、大金をまんまとせしめました。

すぐに警官が追跡を始めますが、予め配置していた爆弾に巧みに誘導し、パトカーを爆破し警官の追跡を振り切ります。タクシーもこのために用意されていたのです。

後部座席に座っていたチョンは、運転するホンの弟を攻撃し、内と外から攻撃されたホンの弟たちは逮捕されました。

しかし、ホンの乗っている車は逃してしまいます。

6ヶ月後、チョンは小学校教師のカルメン・リーと知り合い一年後には恋人同士となっていました。

その頃、タイに潜伏していたホンが香港に戻ってきました。

彼は香港市内の広場にC4爆弾を設置。チョンが処理して事なきを得ますが、それは明らかに警察への挑発でした。

さらにホンたちは九龍半島と香港島を結ぶ紅磡トンネルの両出口にC4爆弾を積んだトラックを横付けし、多数の人質を取り、40名以上の武装した部下とともにトンネルを占拠しました。

彼らは人質から携帯を取り上げ、トンネル内の監視カメラを破壊しました。ホンの目的は自分を裏切ったチョンへの復讐と、弟の奪還でした。

「弟を連れて来い」と要求するホンにチョンは、連れてきたら女性と子ども100人を開放するよう迫り、ホンはそれを受け入れました。

もし12時までに連れてこなかったら10分たつごとに人質を一人ずつ殺すとホンは宣言します。

ホンの弟を釈放し車で現場に向かうチョンたち。ホンの弟は服役中に改心し、兄のもとに行くのを拒んでいました。

しかし彼を連れて行かなければ大勢の命が奪われてしまいます。

その時、チョンたちの乗る車にトラックが横から突っ込んできました。

車は横転。弟は大怪我を追い、チョンは彼を病院に運ぼうとしますが、ホンはそのまま連れてくるよう要求します。

トラブルで到着が遅れ、ついに12時を過ぎてしまいました。人質が一人殺されてしまいます。

さらに10分が経とうとしていました。ホンは観光バスに乗り込み、時計を見ながら乗客の女性に銃をつきつけます。

ホンが引き金を引こうとしたとき、弟を乗せた車が到着。女性は間一髪で難を逃れました。

約束通り、人質の開放が始まりました。しかし開放されるのは成人男性ばかり。おまけに50人しか開放されていません。

約束を守るようチョンはホンに抗議します。

人質の男性一人が犯人グループから車を出るよう指示されました。

車を降りる際、彼は警察の身分証を落としてしまい、警官だということがバレてしまいます。

彼は父親たちと合流し、フィアンセのもとに行く途中でした。

チョンたち警察の前に爆弾でぐるぐる巻きにされたその警官が姿を表します。

まだ爆弾は起動しておらず、チョンが導線を切っていきますが、ホンは冷酷に起爆装置を押します。

時間は2分と数秒。その間に導線を8本切るのは不可能です。

救えないと判断したチョンは警察なら一番被害が少ない方法を選べと警官に告げ、無念の気持ちを胸にその場を離れました。

直後に爆発が置き、警官たちの間に絶望感が湧き上がります。

その頃株式市場ではマンジョン社の関連銘柄が高騰していました。

テロリストたちはトンネルを政府が買い戻すよう要求しており、西区のトンネルを所有しているマンジョン社に注目が集まっていました。

実はマンジョン社の社長とホンとの間に話が出来ており、儲けの一部をホンの口座に振り込む算段となっていたのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『Shock Wave ショック ウェイブ 爆弾処理班』ネタバレ・結末の記載がございます。『Shock Wave ショック ウェイブ 爆弾処理班』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2017 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED / INFINITUS ENTERTAINMENT LIMITED

しかし社長は開放された人質に混じって脱出したテロリストに誘拐され、さらに金を振り込むよう要求され、振り込んだ途端爆死させられてしまいます。

ホンの弟は兄に「いつも兄さんは自分のことしか考えていないんだ。お前なんて死んでしまえばいい」と叫んでいました。

彼は次第に弱ってきており、病院に連れて行ってくれと頼みますが、すぐにヘリが迎えに来るとホンは言うだけで、弟は手当を受けられません。

警官たちに焦りの色が見え始めた頃、チョンの携帯が鳴ります。ホンからでした。

「お前が俺たちを騙していたとき、爆弾を積んだタクシーのナンバープレートを警察に連絡しただろう?そのナンバーをまだ覚えているかな?」と彼は言い電話を切りました。

チョンは数字を必死に思い出します。公道にそのナンバープレートのタクシーが止まっていました。

チョンがトランクを開けると中には手足を縛られ手榴弾を握らされた恋人のカルメン・リーが押し込まれていました。

チョンは彼女を励まし、手足を縛ったロープを切り、手榴弾が落ちないようにテープを巻き付け、その間に部下に100メートル離れて土嚢を積むよう指示しました。

彼女を支えて土嚢の前に行き、そこに手榴弾を投げ入れ、すぐに離れます。

激しい爆発が起こり、彼らは吹き飛ばされました。しかし命に別状はありませんでした。

チョンは怯える恋人を自宅に連れ帰り、彼女を警官に託すと、再びトンネルの現場に戻るのでした。

トンネル占拠から3日が過ぎ、テロリストグループはヘリコプターがトンネルの両サイドに到着するのを待っていました。

「60分後にトンネルを爆破する。我々はヘリに乗って脱出する」とホンは言い、爆破は遠隔操作で行うと告げました。

そんなホンの前に現れたのは爆弾を身に着け拳銃を手にしたチョンでした。

相手はひるみ、それを合図に香港警察が突入します。

テロリストとの激しい撃ち合いが始まり、その間に、人質たちを脱出させます。しかし流れ弾で倒れる人も。

瀕死の弟にも銃弾が当たり、彼は息を引き取ります。

自暴自棄になったホンは起爆装置を破壊し、チョンに銃を突きつけ、彼を殺そうとしますが、その時、チョンの同僚が車で突っ込み、彼は片腕を失って逮捕されます。

到着したヘリコプターは警官に囲まれ、操縦していた金で雇われた外国人は簡単にホールドアップしました。

テロリストを制圧することに成功した香港警察。しかし、起爆装置を失ってしまった今、九龍側と香港島側の両出口に横付けにされたトラックに仕掛けられた爆弾を手動で解除しなくてはなりません。

それぞれのトラックの下にチョンと爆弾物処理局の警官ベンが潜り込みました。

爆弾はそれぞれ500kg積まれており、1000kgの爆弾が爆発するとトンネルは崩壊してしまいますが、半分だけに爆発を押さえればトンネル自体は崩壊しないというのが専門家の判断でした。

起爆装置には赤と黄色の導線が二本。どちらを切れば良いのか判断は困難を極めます。

チョンはベンに連絡を取り、「俺は黄色を切る。もし爆発しなければ黄色を切れ。爆発したら赤を切れ」と命じました。

チョンが黄色を切ると激しい爆発が起こり、その振動の中、反対側のベンは赤を切りトラックの爆発を阻止することに成功しました。

人質468名のうち、38名の尊い命が失われました。警官の殉職も十数名に登りました。

警察による殉職者の合同の葬儀が行われ、そこにはチョンの遺影を抱え、悲しみに耐える恋人の姿がありました。

スポンサーリンク

映画『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』の感想と評価


(C)2017 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED / INFINITUS ENTERTAINMENT LIMITED

冒頭、いきなり、カーチェイス、銃撃戦、鮮やかな銀行強盗と続いて、パトカーを爆弾におびき寄せての爆発、また爆発。これが全編を貫きます。

前半は爆弾物処理局(EOD)が爆弾の処理をする手順を丁寧に見せ、観客にはここでは爆発しないだろうと確信させながらも、何が起こるかわからないという緊張感が場面、場面に漲っています。

これは香港映画だからこそ。容赦ない展開は香港映画の独壇場ですから、どんな場面でも油断できないのです。

爆発の規模や回数、人質の数など何もかもが「過剰」であり、これでもかとばかりの展開。途切れることのない緊張感と根底に流れるサディスティックさに、ハラハラドキドキを超えた息苦しさを感じるほどです。


(C)2017 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED / INFINITUS ENTERTAINMENT LIMITED

事前に監督は『イップマン』の監督と聞いていたので、てっきり、ドニー・イエンの『イップマン三部作』のウィルソン・イップだと勘違いしていたのですが、正しくはデニス・トー主演の『イップマン 誕生』(2010)、アンソニーウォン主演の『イップマン 最終章』(2013)を撮ったハーマン・ヤウが監督をしています。

ハーマン・ヤウといえば、あの伝説の『八仙飯店之人肉饅頭』(1993)を撮った人。あとで知って道理でと納得してしまいました。この息苦しさ、逃げ出したくなるような緊迫感。過剰な凶悪さ。全てが腑に落ちた感じがします。

ちなみに近々公開される『SPL 狼たちの処刑台』の監督がウイルソン・イップです。

もっとも、映画は堂々たるエンターテイメントに仕上がっていて、決してホラー的ではありませんのでご安心を。

まとめ


(C)2017 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED / INFINITUS ENTERTAINMENT LIMITED

香港映画が一時の威力を失ったと言われて久しいですが、そのような評判を払拭するような壮絶な作品に仕上がっています。

中国で興行収入60億円を記録したのを始め、アジア各地で大ヒット。香港のアカデミー賞である第37回香港電影金像奨で7部門にノミネートされ、最優秀助演男優賞を受賞しました。

主演のアンディ・ラウはプロデューサーも務めています。それにしてもアンディ・ラウ、いつまでも若々しく、やはり香港映画にはこうした大スターが必要なのだ、と改めて思い知らされた気がします。

フィリップ・キョンの存在感も素晴らしく、ラスト近くの活躍に胸がすく思いです。

大ヒットを受けてアンディ・ラウの主演でPart2の制作も決定しているそうです。

本作のラストから考えるとPart2の内容がまったく想像できませんが、さらなる緊迫感とスリルに満ちた作品が生まれるに違いありません! 

『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』は8月18日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー


関連記事

アクション映画

映画『ブラックパンサー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラー監督が放つマーベル待望の最新作。 3月1日(木)より公開中の『ブラックパンサー』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.『ブラックパ …

アクション映画

【結末ネタバレ】映画『キングダム』感想と評価。佐藤信介の特徴はスタッフ総出の実現力!

映画『キングダム』は2019年4月19日(金)ロードショー! 日本映画の枠を超えた大スペクタクル巨編『キングダム』。 夢のために戦う2人の少年の熱い物語、圧倒的スケール感のロケーション、大迫力のアクシ …

アクション映画

映画『大脱出3』感想とおすすめアクション内容の解説。スタローンが謎の監獄「悪魔砦」に挑む!

映画『大脱出3』は2019年9月27日より公開 刑務所のセキュリティの専門家にして脱獄のプロ、レイ・ブレスリンが、難攻不落の刑務所に挑むアクションシリーズ第3弾『大脱出3』。 全てが謎の監獄「悪魔砦」 …

アクション映画

映画『トリプル・スレット』レビューと解説。トニージャーの格闘技だけでは無い見どころとは!?

世界のアクションスターが集結。 映画『トリプル・スレット』が2019年9月6日(金)からシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて公開されます。 犯罪組織を撲滅させようとする資産家の女性を守る為、傭兵部 …

アクション映画

韓国映画『ミッドナイト・ランナー』あらすじとキャスト。鑑賞券の特典情報も

韓国映画『ミッドナイト・ランナー』は、2018年3月24日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか順次公開。 パク・ソジュン&カン・ハヌルW主演!警察学校で出会った凸凹コンビが繰り広げ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP