Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『SPL 狼たちの処刑台』あらすじとキャスト。上映館情報紹介も

  • Writer :
  • 富士野

『SPL 狼たちの処刑台』は9月1日(土)より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほか全国ロードショー!!

「イップマン」シリーズで知られるウィルソン・イップがメガホンを取り、カンフースターのサモ・ハン・キンポーがアクション監督を務めたバイオレンス・アクション。

第37回香港アカデミー賞で9部門にノミネートされ、主演男優賞、アクション設計賞、音響効果賞の3部門を受賞した大ヒット作です!

スポンサーリンク

映画『SPL 狼たちの処刑台』の作品情報


(C)2017 SUN ENTERTAINMENT FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年9月1日(中国・香港合作映画)

【原題】
殺破狼:貪狼 Sha po lang: taam long

【脚本】
ジル・レオン

【監督】
ウィルソン・イップ

【キャスト】
ルイス・クー、トニー・ジャー、ラム・カートン、ウー・ユエ、クリス・コリンズ

【作品概要】
『SPL狼よ静かに死ね』『ドラゴン×マッハ!』に続いて「SPL」シリーズ3作目となる、『SPL 狼たちの処刑台』。

『イップマン』シリーズなどで知られるアクション映画の巨匠、ウィルソン・イップが監督し、香港人気No.1俳優ルイス・クー、ムエタイの神と呼ばれるトニー・ジャーなど豪華スターが出演。

娘を誘拐された警察官が闇組織にたった3人で乗り込んでゆくクライム・アクションです。

ウィルソン・イップ監督のプロフィール

参考映像:『イップマン 継承』

ウィルソン・イップは1965年香港生まれ。

映画『悪漢探偵』や『男たちの挽歌』などで知られるシネマ・シティ(新藝城電影公司)の裏方として業界に入ったウィルソン・イップは、助監督の経験を積んだのち、1995年『夜半一點鐘(原題)』で監督デビュー。

1999年に『オーバー・サマー 爆裂刑事』で第6回香港電影評論学会大奨の推薦電影に選ばれ、最優秀脚本賞を受賞します。

2000年には『ジュリエット・イン・ラブ』が評価され、翌年の香港のアカデミー賞にあたる香港電影金像奨において最優秀監督賞にノミネートされました。

こうして彼は香港映画界の巨匠への階段を駆け上がっていきます。そして00年代半ばに彼は一気にその名を世に知らしめます。

そのきっかけとなった作品が、ドニー・イェン出演のアクション映画『SPL 狼よ静かに死ね』、『導火線 FLASH POINT』やイップ・マンシリーズなのです。

『SPL 狼よ静かに死ね』は監督が自分のターニングポイントとなった作品として挙げている作品です。

ウィルソンのイップマンシリーズは全部で3作あり(厳密には同じシリーズタイトルがついた作品が後2作ありますが、そちらは監督や主演が違う別プロジェクトです)、2008年に公開された『イップ・マン 序章』は第28回香港電影金像奨の最優秀作品賞に輝きました。

続くシリーズパート2の『イップ・マン 葉問』も前作を上回るヒットを生み出し、そして、パート3『イップ・マン 継承』はアジア、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど25カ国以上で公開され、特にアジアではシリーズ過去2作の興収を大幅に塗り替える大ヒットとなりました。

その後2017年にウィルソン・イップが監督したのが、本作『SPL 狼たちの処刑台』です。

スポンサーリンク

映画『SPL 狼たちの処刑台』の主なキャスト


(C)2017 SUN ENTERTAINMENT FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

ルイス・クーのプロフィール

1970年香港生まれ。デビュー当初はモデルとして活動していましたが、1993年に香港最大のテレビ局TVBと契約し、本格的に俳優としての活動を開始します。

本作でも監督を務めているウィルソン・イップの監督作品『オーバー・サマー 爆裂刑事』(1999)や、『特攻!BAD BOYS』(2000)、『天上の剣 Legend of ZU』(2001)、『忘れえぬ想い』(2003)、『柔道龍虎房』(2004)など、彼はアクションからコメディ、ラブ・ストーリーと幅広いジャンルの作品に出演。

2000年には歌手としてCDを出したこともあるそうです。本格的に00年代に入った後は、カンヌ国際映画祭で上映もされたジョニー・トー監督の『エレクション』(2005年)、ジャッキー・チェンと共演した『プロジェクトBB』(2006年/中国・香港)などに立て続けに出演。

そして、2015年には映画14本、13社のCMに出演し、押しも押されぬ香港のスターとなります。

参考映像:コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』

近年も『ドラゴン×マッハ!』(2015年/中国・香港)、『ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官』(2016年/中国・香港)、『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』(2016年/中国・香港)、『毒。誡』(17年/香港)など、アクション映画へ精力的に出演しています。

その演技力の高さから、長らく「無冠の帝王」と呼ばれていましたが、2018年の第37回香港アカデミー賞において、本作『SPL 狼たちの処刑台』での演技により、デビュー25年目にして初めて最優秀主演男優賞を獲得しました。

トニー・ジャーのプロフィール

1976年タイ生まれ。アクション俳優のほかに振付師としても活動しています。

10歳からムエタイとスタントを学び、テコンドーや武術も会得するために鍛錬を積む日々を送ります。

その後香港に渡り、スタントマンとしてキャリアをスタートさせます。

2003年に、ムエタイ映画『マッハ!!!!!!!!』(2003年/タイ)で俳優デビューしました。

同作ではCG効果・早回し・スタントマンを使わず、生身の肉体では不可能とされるようなアクションを披露。映画の国際的なヒットとともに彼は世界中で大きな注目を集めます。

その後『マッハ!!!!!!!!』のピン・ゲーオ監督の次作『トム・ヤム・クン!』(2005年/タイ)で主演だけでなくアクション監督も務め、『マッハ!弐』(2008年/タイ)で自らメガホンを取りました。

2010年に一度出家し、俳優業引退も囁かれましたが、ほどなくして映画界に戻ってきました。

参考映像:『ドラゴン×マッハ!』

2015年には『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年/アメリカ)でついにハリウッドにまで進出。

近年は、『ドラゴン×マッハ!』(2015年/中国・香港)、『マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦』(2016年/アメリカ)、『トリプルX:再起動』(2017年/アメリカ)などに出演、アジアとアメリカをまたにかけた精力的な活動をしているようです。

『ドラゴン×マッハ!』では本作の主演ルイス・クーと共演しています。

映画『SPL 狼たちの処刑台』のあらすじ


(C)2017 SUN ENTERTAINMENT FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

友人に会うために香港からタイにやってきた15歳の少女ウィンチーが、パタヤで何者かに誘拐されました。

香港の警察官である父リーは、自身の手で誘拐犯から娘を助け出すことを決意します。パタヤ警察のチュイに頼み、捜査チームに同行させてもらうことにします。

捜査を進めるうち、犯人グループが国家がバックに見え隠れする臓器密売組織であることが判明。

さらに警察内部にも犯人一味がいることをつきとめたリーとチュイは、チュイの同僚タクを加えたたった3人で組織に乗り込むが…。


(C)2017 SUN ENTERTAINMENT FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

スポンサーリンク

映画『SPL 狼たちの処刑台』の感想と評価


(C)2017 SUN ENTERTAINMENT FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

本作の見どころを語るうえで欠かせないのが、「マーシャル・アーツ」と「香港ノワール」という二つのキーワードです。

マーシャルアーツ(martial arts)は、日本語の「武芸」を英語に訳した言葉です。

「武の」(=martial)「芸」(=arts)という二つの英語をそのままつなげたもの。

レスリング、ボクシングとなどいった西洋文化発祥の術技体系以外の拳法や格闘技全般を指す言葉として使用されています。

現代では、その中でも特に「オリエンタリズム」をイメージさせる東洋の格闘技を指すことが多いようです。


(C)2017 SUN ENTERTAINMENT FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

香港ノワールというのは、1940年代~50年代にかけて主にアメリカで制作された虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ犯罪映画の「フィルムノワール」から生まれた言葉です。

本来のフィルムノワールとは若干意味あいは異なりますが、簡単に言えば香港製の犯罪映画です。

香港ノワールもアメリカのフィルムノワールの特徴を一部継承していますが、固有の特徴として「男同士の友情と裏切り」を描いていることと、アクション性が強いこと(フィルムノワールではなく、ハリウッドのアクション映画のそれに近い)が挙げられます。

1986年に公開されたジョン・ウー監督の『男たちの挽歌』が香港ノワールの代表的な作品にあたりますね。

参考映像:『男たちの挽歌』

本作『SPL 狼たちの処刑台』はこの「マーシャルアーツ」と「香港ノワール」の二つの要素が共存し、頂点まで極められたアクション作品なのです。

それは、タイのムエタイ由来のアクションを駆使するトニー・ジャーと、映画俳優として様々な作品に出演しキャリアを積んできたルイス・クーやノワールアクションの英雄とも言われるウー・ユエの競演に体現されています。

また、彼らのアクションを最大限引き出すアクション監督のサモ・ハン・キンポーと最高の演技を引き出す監督ウィルソン・イップという二つの大黒柱によって、この作品は日本でも大ヒット間違いなしのアクション大作になっているのです。


(C)2017 SUN ENTERTAINMENT FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

まとめ


(C)2017 SUN ENTERTAINMENT FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

さまざまなアクション・演技のルーツを持った俳優と、ノワール&アクションなら任せとけ!の功績をもつ二人の巨匠が織りなす香港アクション大作をぜひ、劇場の大迫力のスクリーンで楽しんでください!!

『SPL 狼たちの処刑台』は9月1日(土)より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほか全国ロードショーです

本作を公開する劇場情報

【北海道地区】
北海道 ディノスシネマズ札幌劇場 9/8(土)~

【東北地区】
宮城 フォーラム仙台 9/28(金)~

【関東地区】
東京 シネマート新宿 9/1(土)~

【甲信越・北陸地区】
長野 千石劇場 11/10(土)~

福井 福井コロナシネマワールド 9/1(土)~

【中部地区】
愛知 ミッドランドシネマ 名古屋空港 9/7(金)~
愛知 イオンシネマ名古屋茶屋 9/7(金)~

岐阜 大垣コロナシネマワールド 9/1(土)~

【近畿地区】
大阪 シネマート心斎橋 9/1(土)~

兵庫 Cinema KOBE 9/22(土)~

岡山 岡山メルパ 9/14(金)~

【九州・沖縄地区】
福岡 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13 10/19(金)〜

大分 別府ブルーバード劇場 9/15(土)~

沖縄 桜坂劇場 未定

*上記の情報は8月18日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や順次公開されることが予想されます。お出かけの際は必ず公式ホームページを閲覧してください。

関連記事

アクション映画

ポリスストーリーREBORN【ネタバレ感想】ジャッキー映画の内容と結末がこれまでとは大きく異なる新展開に

危篤の娘を病院に残し、警護任務に付いた国際捜査官リンは人造人間『バイオノイド』を巡る陰謀に巻き込まれます。 バイオノイドは逃亡、重傷を負ったリンに告げられたのは娘の死でした。 13年後、シドニーに再び …

アクション映画

映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

妻を奪った悪魔を狩る!ニコラス・ケイジ、ジョルジ・パン・コスマトスの息子パノス・コスマトス、ヨハン・ヨハンソンがチームを組み、全く予想できない世界を作り上げました。 理不尽な地獄の中でただひたすら“赤 …

アクション映画

銀魂キャストが登場する舞台挨拶や試写会情報!あらすじも

単行本発行部数5000万部を突破した週刊少年ジャンプの看板コミック『銀魂』がまさかの実写化?! 笑って、泣いて、アツくなる、天下無敵の痛快アクション・エンターテインメント映画『銀魂』をご紹介します。 …

アクション映画

韓国映画『ノンストップ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。オム・ジョンファがキレのあるアクションを披露!

オム・ジョンファの主演のアクション映画『ノンストップ』。 韓国映画『ノンストップ』は、韓国の人気歌手で『ミス・ワイフ』(2015)『ダンシング・クィーン』(2012)など、女優としても活躍するオム・ジ …

アクション映画

映画『TAXi2』ネタバレあらすじと感想レビュー。カーアクションと壮絶なチェイスが見どころ!

2000年に公開された『TAXi2』、爆走タクシーがヤクザの陰謀に巻き込まれ、パリの街でカーチェイス カーアクション・コメディーが中心のフランス映画『TAXi』の第2作め。前作同様、壮絶でスリリングな …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学