Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『さらばアフリカ』ネタバレ感想と内容解説。ヤコペッティ最後のモンド映画の“本当の殺人場面”を徹底考察|未体験ゾーンの映画たち2021見破録23

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第23回

様々な事情で公開が危ぶまれる映画どころか、映画史に残る問題作まで紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第23回は『さらばアフリカ』。

世界各地の奇習・風習を、ヤラセを含めて紹介した『世界残酷物語』(1962)と『続・世界残酷物語』(1963)。

ヤコペッティは自身の集大成となる作品の製作に挑みます。当時植民地支配からの独立に沸き、同時に混迷を深めたアフリカを描くものでした。

完成したのが大作映画『さらばアフリカ』。しかしこの映画はスキャンダラスな事態を引き起こし、本作を最後にヤコペッティは”モンド映画”の監督から手を引きます。

あまりにも衝撃的な内容と、迫力ある映像に誰もが圧倒されるでしょう。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『さらばアフリカ』の作品情報


(C)RTI 1966

【製作】
1965年(イタリア映画)

【原題】
Africa addio

【監督】
グァルティエロ・ヤコペッティ、フランコ・プロスペリ

【撮影】
アントニオ・クリマーティ

【作品概要】
3年の歳月をかけアフリカ各地で撮影された、ヤコペッティ”モンド映画”最大の問題作。

『世界残酷物語』と『続・世界残酷物語』が正方形に近い画面、スタンダードサイズで会ったのに対し、本作はワイドなシネスコ画面。

スケール大きく描いたアフリカの美しく雄大な風景。それとは対照的に動物や人間を殺戮する、人間の残虐な姿を壮大な音楽にのせて描きます。

はたして映像は真実か、やらせか。”本物”の処刑シーンが撮影できたのは、製作者の殺人教唆があったのでは、とヤコペッティは告訴され裁判となります。

現在では描けない場面の数々にどう向き合うか。見る者が試される問題作です。

なお、あらすじとネタバレはこの映画を製作した当事の状況と、映画の製作者の視点が伝わる表現を意識した記述になっています。あらかじめご了承下さい。

映画『さらばアフリカ』のあらすじとネタバレ


(C)RTI 1966

偉大な探検家たちのアフリカ、子供たちに狩猟と冒険の舞台として愛されたアフリカは、永遠に姿を消しました。

古いアフリカは驚異的な速さで破壊されます。私たちの支援がもたらした荒廃と虐殺が、新しいアフリカの姿です。

植民地からの独立を果たし、式典で多様な民族が喜び舞い踊ります。様々な地で政治家が演説し、人々は沸き立ちました。

アフリカの人々の手で生まれた新たな軍隊が行進し、植民地の支配者の軍隊は去ってゆきます。

イギリスの最後の植民地総督も去ります。この大陸から急いで去るヨーロッパ。

欧州はアフリカに多くを与え育てましたが、もはや黒くて大きな赤ん坊を管理できません。

植民地の白人兵は装備を、新たに誕生した軍隊の黒人兵に引き渡します。

独立したばかりのケニアは、統治能力も警察能力も欠けていました。

独立に狂喜した人々は、外国製品の破壊を始めます。ポルトガルの卵、南アフリカ産のオレンジとビール。

これらの商品が略奪され、熱狂する群衆の目前で潰され破棄されます。

お祭り騒ぎは終わり、新たに採用された警察官の訓練が始まります。歴史上初の総選挙が行われる事になりました。

緑の広がるケニアの高地は、100年に渡り白人入植者が住み、スコットランドの風景が持ちこまれます。

彼らは馬に乗り故郷のキツネ狩りを再現しますが、この地にキツネはいません。

代わりに黒人男性にキツネ代わりの囮を持たせて走らせます。地元民に見守られ、狐役の黒人を追う白人たちの馬の群れ。

イギリス統治下のケニアで、独立運動を行ったマウマウ団に所属し、逮捕された男たちの裁判が行われました。

白人の検事が読み上げる、マウマウ団が白人入植者に行った殺人と残虐行為の数々。

黒人女の乳母は侵入者を手引きして白人の母子の惨殺に関与し、刑務所から脱獄し凶悪犯罪に関与した男は、400頭以上の家畜を傷付け処分させました。

白人の裁判官は被告らに重い禁固刑を科します。これらマウマウ団の乱に参加した重罪人が、独立後に恩赦で釈放されます。

ケニア初代首相、後の初代大統領ジョモ・ケニヤッタは、彼らを国民的英雄と宣言し、白人入植者の土地を与えると約束しました。

それを聞いた白人入植者は不動産を売り始め、先祖伝来の家財道具をオークションにかけます。それを買い叩くインド人商人。

白人たちはそれを見守るだけです。後には空っぽの豪邸が残されました。その美しい土地にブルトーザーが入り、爆破される木々。

英国領になった東アフリカにはイギリス植民地法が施行され、白人が家を建てることを許可しました。

入植した白人が2世紀に渡り、この地を緑豊かな大地に変えたのです。

その黄金時代は終わりを告げます。150人の白人が住んでいた土地に、1万人の黒人が現れます。彼らに与えられたのは、1家族に対し1エーカーの土地。

黒人は多く、土地は少な過ぎです。瞬く間に豊かな土地は荒廃していきます。

白人入植者の墓地も掘り起こされ、インド人商人はそれすら売り物にしました。

有名な競走馬を飼育した入植者も、マウマウ団に殺されました。彼の息子たちは、この地から去る時サバンナに馬を放します。

野生に戻った馬を、黒人たちが集団で追い詰めます。広大な土地で馬を追う人間の群れ。

黒人にとり馬は、それに乗る¥った白人の象徴です。黒人を恐れて乗せることを拒否する馬は、まさに生粋の人種差別主義者。

馬は白人のような繊細な肌を持つ高貴な存在で、アフリカでは白人のように臆病で、白人のように役に立たぬ存在です。黒人たちは馬を食べるしかありません。

ボーア人(17世紀以降アフリカに入植した、オランダ系を中心とする白人)はケニアを棄て、ケープタウン(南アフリカ)へ帰ります。

他の交通手段も利用出来ますが、先祖に倣い抗議の意味を込め幌馬車を連ね家畜と共に旅しました。

まるで彼らの歴史を物語る、叙事詩のような光景です。

植民地を支配した白人の法律は廃止されました。しかし新しい法はまだありません。

サバンナを守る自然保護法は機能しなくなり、我が物顔で振る舞う密猟者やハンター。

2台のジープの間にロープを張り走らせ、歓声をあげシマウマをなぎ倒す狩猟者たち。

車で母象を挑発して後を追わせ、その隙に子象を奪う密猟者。子象は動物園に3000ドルで売れます。

捕えた子象の10頭の内9頭は死にますが、かまいません。代わりはいくらでもいますから。

ヘリコプターは水牛やカバの大群を追いつめます。空から象を射殺するヘリに乗ったハンター。

狩猟愛好家はホテルからヘリに乗り、狩場へと飛んでいきます。「15分で象のサファリ(狩猟)」と呼ばれるハンティングです。

倒した象に足を乗せ、笑顔で記念写真を撮るハンター。

現地のアフリカ人は、おなじ事を1万人の人海戦術で行います。槍を持った黒人たちが集団で動物を追いつめ、次々殺していきます。

映画は執拗に、殺される動物たちの姿を映します。無数の槍により命を奪われる象やカバ。

スパイ映画のような制服を着た白人女性たちが働く野生動物協会本部。主に民間の白人たちにサポートされた組織です。

無線からの報告を指令室に集約し、密猟者や動物の動きを掴み野生動物を守ろうと活動しています。

川には彼らが用意した餌付きの風船が無数に浮かんでいます。風船を目印に捕らえられ、保護区へと移送されるワニ。

この川で過去6ヶ月で2万匹のワニが殺され、82匹のワニが保護され、安全な場所へと300マイル輸送されました。

負傷した動物は保護され治療を受けます。手押しポンプで輸血される象が映し出されます。

1964年2月18日、野生動物協会のヘリはケニアとタンザニアにまたがる地域を調査し、750頭の象の死骸を確認しました。

象牙を切り取っていた密猟者は、ヘリの出現に驚き身を隠します。

ケニアやタンガニーカ、ウガンダの政情不安がもたらした1年以上の無政府状態を脱すべく、イギリス統治時代の旧法が復活しました。

ただし1ヶ月後には失効されます。それでも警察は410人の密猟者を捕らえて動物の虐殺を一時的に終了させ、毛皮などを押収します。

密猟者は土産物に加工する象牙やしっぽを取るために、300頭の象を手榴弾で殺害しました。

82tの象牙が押収され、2800枚のシマウマ、そして様々な猛獣の毛皮が発見されます。無為に殺された動物の死骸に火が放たれます。

野生動物協会は、母親の死骸に寄り添う幼いシマウマを見つけます。このままでは仔馬も命を落とすでしょう。

無線で呼ばれたヘリが、幼いシマウマを吊るし安全な場所へ移送します。

夕陽をバックにヘリが吊るした仔馬の姿に、壮大な風景と音楽が重なります。

ただし、不必要なまでに同じ場所で、日が沈むまでじっくり時間をかけて撮影したシーンです。

私たち撮影スタッフが乗ったセスナ機はタンガニーカを出発し、3人のドイツ人ジャーナリストがチャーターしたセスナ機と共に、ザンジバル革命後の混乱を取材に向かいます。

英国保護国のザンジバル。イギリスが手を引くと1964年1月12日ソビエトに支援されたジョン・オケロが革命を起こし、アラブ人虐殺を引き起こします。

ザンジバルとの連絡は絶たれ、空港も閉鎖されます。空港上空に到着したセスナは、着陸を拒否されました。

それでもドイツ人機に続き着陸を試みますが、多くの黒人が現れ銃撃を受け断念します。

先に着陸したドイツ人機には火が放たれ、炎と煙が立ち上りました。

改めて1月19日、ヘリに乗って反乱者を混乱させる赤旗をなびかせ、ザンジバルを目指した撮影スタッフ。

オケロは暴徒たちに850丁の銃を配っていました。それがこの地に長らく住む、アラブ人の虐殺を引き起こします。

多くの黒人にとりアラブ人は忌まわしい奴隷商人の子孫。それがプロパガンダに利用され、悲劇を引き起こしました。

これから紹介する映像は、1月18日から20日に起きたアラブ人虐殺を捉えた、唯一のものです。

偽りの謙虚さで新たなアフリカの誕生を許し、偽りの約束を与えた結果が、新たな人種差別を助長し惨劇を引き起こしました。

焼き払われた住居の周囲に倒れている、白い衣服の無数のアラブ人の遺体。

遺体を山積みにしたトラックが走って行きます。

長く伸びた1列で歩かされるアラブ人の列。彼らは虐殺される現場に向かっているのです。

イスラム教の墓地が収容所となり、そこで死を待つアラブ人たち。

深く掘られた穴の中に無数の遺体があります。ヘリが近づくと周囲に立っていた男たちは身を隠しました。墓地に無数の遺体が倒れています。

僅かな脱出の望みを託し、多くのアラブ人が船に乗ろうと浜を絶望的に走ります。

そして翌日。そこには無数のアラブ人の遺体が横たわっていました。

遺体から略奪していたのでしょうか、ヘリが近づくとその場にいた者が逃げていきます…。

以下、『さらばアフリカ』のネタバレ・結末の記載がございます。『さらばアフリカ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)RTI 1966

場面は一転し、美しいフラミンゴの群れが映し出されます。白人が野生動物にかける愛情と熱意が生んだ国立公園で、まだ多くの野生動物が生息していました。

まだポルトガルが支配するモザンビーク。ヴァスコ・ダ・ガマが築いた要塞に今も兵士が駐留しています。

キリスト教の信仰を守る兵士たちを祝福する司祭。

同じポルトガル支配下のアンゴラには、隠された反政府ゲリラのキャンプが存在しています。

ゲリラに対しパトロールを強化するポルトガル軍。彼らは森の中で待ち伏せしますが、鳥や動物が鳴かないのは人がいる証拠で、待ち伏せを察知するゲリラたち。

そこで森に潜んだ兵士は、録音した鳥や動物の鳴き声をテープで流し敵を油断させます。

現れたゲリラを攻撃するポルトガル軍。破壊された車両の脇に戦死者が横たわります。

ポルトガルはこの地を海外州として本国と同様に扱います。この地に住む者は、肌の色に関係なく全てポルトガル人。

しかしアンゴラの反政府組織はそう考えません。この地はアフリカで、黒人だけがアフリカ人だと信じているのです。

1964年1月、バントゥー系民族(フツ族)に追われ。ウガンダ国境に逃れるワトゥシ族(ツチ族)たち。

なお現在ではフツ族、ツチ族ともバントゥー系民族とされ、アパルトヘイト政策で使われた”バントゥー”という言葉は、”アフリカン”に置き換えられています。

中国の支援と政治宣伝を得たバントゥーたちは、ブルンジで僅か2ヶ月の間に18000人のワトゥシ族を虐殺しました。

映像は無数の死体と、切断され積み上げられた手のひらを映し出します。

国境警備隊は25名のバントゥーのゲリラを逮捕しました。しかしカゲラ州の川に流れる何千もの遺体。

ワトゥシ族の犠牲者です。住民は憐みからではなく、生活用水確保の必要性に迫られ遺体を回収しました。

ウガンダの道路を、膨大な数の家畜を連れたワトゥシ族が虐殺から逃れようと進みます。

まだ残る動物たちの水辺の楽園では、カバの群れが穏やかに暮らしています。自然の調和が残るこの世界は、かつて神が築いた地上の楽園そのものでしょう。

1964年2月25日、紛争を鎮圧したイギリス軍は去り、イギリスが植民地時代に制定した様々な旧法も失効します。

ケニアの国立公園も狩猟の対象となりました。狩猟行為は動物の収穫作業と認められ、毎週金曜日地元の市場に新鮮な肉を提供するのです。

ガゼルや象が射ち殺されます。水中で射殺されたカバは、トラクターを使って引き上げました。

ある日のカバの収穫数は160頭。市場の供給を満たし価格を乱さぬよう決められた数です。殺される数はそれ以上でも以下でもありません。

オスもメスも子供も、妊娠中のカバも野原で解体されていきました。

別の日のリクエストは象45頭。ハンターがアフリカで最も危険な動物と呼ぶ象も、簡単に射殺され解体されます。真に凶暴な生き物は人間です。

残された動物の屍肉にハゲタカが集まります。観光客には見せられない光景です。群がった死骸ごと爆破し駆除されるハゲタカの群れ。

アフリカの水辺に、荒野に膨大な数の動物の白骨が残されました。

反対側には果てしない混乱と無差別な死。こちら側には秩序と差別のある生活。これは上空から撮影した南アフリカ共和国の都市、ケープタウンです。

世界が「アフリカ人のアフリカ」を叫ぶとき、南アフリカ人は「ここはアフリカではない」と答えます。ある意味真実でしょう。

ここはアフリカでも、アメリカでもヨーロッパでもありません。何処なのか、砂上の楼閣なのか。

水着姿になって浜辺へと向かう、体を動かして戯れる健康的な白人女性たち。

一方で肌を露出した、伝統的な衣装で踊る黒人女性たち。自然に祝福されたズールー族の乙女も、今や映画のセットの中のみの存在でした。

撮影が終わり休憩になると、彼らは西洋の楽器を演奏して楽しみます。黒人女性たちは喜んで西洋風の衣服を身に付け、白人女性のように振る舞います。

スーダン南部では、何千もの下着が配布されます。黒人の戦士がパンツを履くなど、かつてない光景です。

百獣の王ライオンも、今では木に登るようになりました。獲物となる動物が消え、木の上のトカゲを捕食するようになったライオン。

保護区に住む彼らは狩りを止め、与えられる餌で生き延びています。その代わり彼らにプライベートはなく、全て観光客に晒される屈辱に耐えています。

タンガニーカで新たな動乱が起き、アラブ人が虐殺され遺体が並べられます。その脇に集まるハゲタカの群れ。

首都ダルエスサラームは反乱で混乱状態となり、ニエレレ大統領は姿を消しました。ヨーロッパのジャーナリストが街頭で撮影するなど、自殺行為です。

それでも我々は自動車の中から隠し撮りを試み、路上に横たわる死体やリンチから逃げようとして、溺死させられるイスラム教徒の姿を映像に収めました。

暴徒たちは建物を壊します。3人の兵士が殺された報復に、集められて壁の前に並べられるイスラム教徒たち。

我々は兵士に見つかり、車の窓ガラスは銃の台尻で破られました。1人が負傷し、私たちは車から引きずり出されました。

我々は逮捕されましたが、奇跡的に無事でした。

カタンガ国(現在のコンゴの一部)の初代大統領モイーズ・チョンベが、解放者として国連と共にコンゴに戻って来ます。

コンゴの4分の3は、反政府勢力と共産主義者の支配下ですが、チョンベは3ヶ月で制圧すると約束します。彼を歓迎する民衆たち。

2か月後、シンバの反乱の指導者、ニコラス・オレンガの拠点の都市スタンレービルが、白人傭兵部隊と旧宗主国ベルギーの空挺部隊の手で解放されます。

街に死体が転がっています。80人の学童が焼き殺され、無残な目に遭わされた白人ら外国人64名が撃たれました。

シンバ反乱軍の支配下で、様々な残虐行為や人肉食がありました。9人の尼僧、7人の宣教師と4人の白人の子供がワイヤーで縛られ、殺されていました。

数百人の白人の人質を救出しようと、レオポルドヴィル空港にベルギー空挺部隊が降下します。7000人の反逆者の手から大多数の人質を救いますが、犠牲者も確認されました。

空挺部隊の輸送と人質の救出に米軍輸送機が協力しますが、1964年11月27日アフリカ諸国の政府が、コンゴに対するアメリカの干渉を抗議し謝罪を要求します。

コンゴとスーダンの北の国境地帯で、反乱軍の支配下で孤立した司教、尼僧と100人以上の子供たちに対し、空中補給が行われました。

8日間、飛行機による物資の投下が行われ人々が集まります。しかし9日目、空中投下を待つ人はいなかったのです。

孤立した人々が住む住居は焼かれ、地に遺体が転がっています。屋根に赤十字を描いた建物は破壊され、立ち上る煙と死者を目撃したカメラ。

この戦いに参加したチョンベに雇われたの白人傭兵たちは、信仰を捨て戦場に危険を求める、一般世界からのはみ出し者です。

元はアリジェリアの旧植民地人、英軍コマンド、独立したアフリカ諸国から追放された者、ハンター、南アフリカとローデシアの学生。

不敵な表情の彼らの中には、頭蓋骨でジープを飾る者もいます。彼らはコンゴの街、ブエンデの解放作戦を計画していました。

ブエンデの攻撃には空軍、パイロットの私物である2機のプロペラ機も参加します。

パイロットはアンゴラの反政府勢力に家族を虐殺された人物で、誰からも報酬を支払われずに戦っていました。

彼らは出発する前に、空港で書類に以下のように記入します。行先=地獄、飛行の目的=個人的理由。

ブエンデのシンバ反乱軍に対する攻撃が開始されます。傭兵は車から降り散開し、前方の人影に機関銃を発射します。

機関銃を掃射し一軒ずつ民家を制圧する傭兵たち。彼らは宣教師や修道女から歓迎されました。

ボエンデへの道に沿って、シンバの反乱に参加したゲリラの白骨が打ち棄てられています。

彼らは麻薬に溺れ、魔法の呪文を唱えれば弾に当たっても死なないと信じて戦っていました。

傭兵たちは街で掃討戦を繰り広げます。ボエンデは解放され、捕らえられてゆくシンバ反乱軍のゲリラたち。

しかし傭兵が街を離れると、立場は逆転するでしょう。黒人と白人はもう5年間、立場を変え殺し合っています。

コンゴのゲリラ戦では、勝者は戦利品を得ることができます。傭兵たちは勝利に酔い、その権利を行使します。

略奪は24時間だけ許されます。運べないほどの様々な物を我が物にした黒人兵たち。しかし時間が過ぎると厳しく処罰されます。

黒人兵たちには、なぜ白人が敵の残虐行為を追求し、裁判にかけるのか理解しません。

コンゴの治安部隊が、捕らえたゲリラを銃殺し死体を草むらに棄て去ります。無実を訴えた男も射殺されました。

しかしアフリカは命の生む土地です。黒人の子供が、白人の5倍の勢いで誕生する南アフリカ。

ソエトは黒人が住む最大の都市の1つで、白人の立ち入りは禁止されている、内向きに閉ざされた奇妙な刑務所です。

その白人版の都市はヨハネスブルグ。アバルトヘイト政策は2つの異なる刑務所を生みました。

この土地に移住し何百年も働いたボーア人が金鉱を発見します。ホーア人は白人のアフリカ人であり、金を手にする権利を持っています。

金の延べ棒1つを1日で採掘するには、100人の白人技術者と1000人の黒人労働者が必要。

南アフリカには300万の白人アフリカ人と、1100万の黒人アフリカ人がいます。彼らは互いを必要としながら、人口の不均衡から互いに疑念を抱いています。

ヨーロッパでは人種差別主義者が「白人はアフリカ人ではない」、「黒人だけがアフリカ人だ」と断言しています。

今日も金鉱で多くの白人と黒人が働いています。仕事を求め難民がコンゴ、スーダン、アンゴラから来ます。鉱山に向かう膨大な数の労働者たち。

白人と黒人との間を遮る壁は、日々薄くなっています。金鉱で爆破したダイナマイトの振動がヨハネスブルグを揺るがしても、誰も気にしません。

モスクワも北京も大量の金を持とめ、ヨハネスブルグ市場の株価はうなぎ登りです。

夕陽の中、神に祈る白人兵士の一団。私たちが渡ってきた海の祝福を願います。

私たちの避難所となる、手付かずの大地を見つけるように導いてくれた、神に感謝を捧げる兵士たち。

氷河期の終わり、海流に乗り南極からペンギンがケープタウンにやって来ました。

ペンギンたちは故郷から切り離されましたが、見知らぬ土地で何世代も暮らして根付き、その数を増やしています。

彼らはこの大陸の果てで、怒りに満ちた激しい波にさらされています。しかしやがて、きっと平和が訪れるでしょう。

最後に家族から3年間離れ、この映画の製作に従事した人々に感謝いたします。

スポンサーリンク

映画『さらばアフリカ』の感想と評価


(C)RTI 1966

強烈な映画です。様々な感想を抱くでしょうが、まずは当時の反応を紹介しましょう。

壮大なスケールで描かれた本作に、イタリア映画界は『世界残酷物語』と同じダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の、プロダクション賞を授けました。

イタリア国内の幾つかの保守系メディアは本作を称賛します。しかし左派メディア、多くの映画人・評論家は不誠実で人種差別的な作品と非難します。

ニューヨークタイムズの批判記事は凄まじく、ショックシーンに対する嫌悪感を露わにしました。

リベラルな人物として知られるアーサー・ゴールドバーグ米国連大使(当時)は、歪められた内容を持つ無責任な映画と非難し、アフリカ諸国の国連大使の抗議にも言及します。

ドイツでは左派・アフリカ出身の学生グループの抗議活動で、映画の上映は中止されます。

ヤコペッティとプロスペリはこの動きに、「アフリカの真実を知らない人々の抗議」「映画の目的は植民地主義の正当化ではなく、アフリカを惨めな状態にした状況への非難」と説明します。

動物が、人間が次々と殺されてゆく…

参考映像:『ハタリ!』(1962)

多くの動物が殺されるシーンに心を痛めた方に、”モンド映画”とは異なるハワード・ホークス監督、ジョン・ウェイン主演の、猛獣狩り映画『ハタリ!』(1962)をご覧いただきましょう。

これが健全な、当時欧米の方々が見たいと望むアフリカです。猛獣狩りという題材は人気ですが、映画で殺害描写は避けられます。『ハタリ!』が動物を捕らえる話になるのも当然です。

それに対して本作は、これでもかと動物の射殺・解体を見せます。人間の死を描いたシーン、政治的メッセージを無視しても、これらのシーンだけで猛烈な抗議が起きるでしょう。

動物殺害のシーンは撮影クルーが狩猟者に同行しただけ、殺害に関与した訳ではありませんが、現代ならその姿勢は倫理的に追及されるでしょう。

同じことが問題の、物議を呼び裁判沙汰になった傭兵部隊のシンバ反乱軍討伐シーンにも言えます。

軍隊に同行し、人が殺される場面を撮影するのは許されるのか。撮影に適するよう軍事行動に注文を付けたり、示唆を与えるのは殺人への関与ではないか。

『さらばアフリカ』でヤコペッティ監督が殺人教唆で告訴された、映画の中に実際の処刑がある、いやヤラセだという話題が一人歩きしていますが、もう少し詳細に見てみましょう。

撮影に同行していた、かつてヤコペッティと働いていたジャーナリスト、カルロ・グレゴレッティが証言しています。

ブエンデの戦闘が終わった時、傭兵たちはゲリラを捕虜にします。ある傭兵が、カメラは撮影準備中だと気付きました。

傭兵は撮影クルーの準備完了を確認してから捕虜を射殺します。そして先に帰国したグレゴレッティは記事を書いて告訴します。

「ヤコペッティが傭兵に、カメラの前で3人を殺害するよう説得した」と。

1965年4月、ヤコペッティはイタリアの法務大臣に戦争犯罪容疑で起訴されます。この問題は映画の完成前に表面化し、世間を騒がせていました。

ヤコペッティは殺人に関与したのか?倫理的責任はあるのか?

参考映像:『ワイルド・ギース』(1978)

追及に対しヤコペッティとプロスペリは、自分たちと撮影クルーは殺害直前に現場に到着したと説明しました。

また多くの関係者(モイーズ・チョンベ コンゴ民主共和国首相(当時)を含む)から、無実であるとの証言を得ます。

この結果、1965年12月ヤコペッティは無罪となります。ここまでは確認することが出来ました。

ここからは憶測を含みます。ブエンデの戦闘シーンは、傭兵部隊に同行した形で撮影しています。

中には注文に従って動いている様に見えるシーン、戦闘中このアングルからは撮れないと思われるシーンも存在します。

該当の射殺シーン以外から、撮影クルーと傭兵たちに何らかの協力・信頼関係があったと推測できます。

また裁判でコンゴの最高権力者の証言を得るなど、ヤコペッティが有力者との人脈を持っていたのは確かです。

ヤコペッティと現地に詳しいプロスペリ、そして撮影クルーはこの映画の撮影中、タンザニアとコンゴで逮捕されています。

彼らには人間的魅力があったようです。殺し文句は「自分たちは(アフリカを支配した)白人ではない、イタリア人だ」。

こういった態度のおかげか、彼らは解放され撮影を続けることが出来ました。

様々な方法と人脈を駆使して映画を作ったヤコペッティ。彼が自作の再現・捏造シーンについて多くを語らぬ背景に、多くの人を巻き込む複雑な事情があるようです。

余談ですが本作に登場するレオポルドヴィル空港へ降下、人質救出するドラゴン・ルージュ作戦に参加した、傭兵部隊隊長はマイク・ホアーです。

彼は映画『ワイルド・ギース』(1978)の主人公のモデルであり、同作のアドバイザーを務めた人物です。

まとめ


(C)RTI 1966

誰もが話題にする『さらばアフリカ』の、本物の殺人とされるシーンを中心に解説しました。

ヤコペッティが裁判沙汰に巻き込まれたコンゴ動乱には、革命の理想に燃えたキューバのチェ・ゲバラも参加していました。

ところが支援する社会主義諸国の思惑や、国家意識が低く民族単位で動くアフリカの人々の軋轢が生む、泥沼の戦いに絶望した彼はアフリカを去りました。

植民地主義・人種差別反対の立場で外部から理想を語り、現地の惨状を見ない欧米の知識人への憤りが、『さらばアフリカ』のメッセージであることは確かです。

ヤラセにしか見えないシーンもあれば、逆に捏造であって欲しいシーンも存在します。

本作の映像の多数は性格上、歴史資料と認められていません。一方でザンジバル革命時のアラブ人虐殺は、この映画のシーンは数少ない映像資料の1つと評されています。

いかがわしい内容が売りの”モンド映画”を生んだヤコペッティは、間違いなくジャーナリスト的使命感を持つ人物でした。

しかし彼の価値観は、あまりに西洋文明・白人優位・キリスト教に寄ったものです。アフリカの黒人が欧米の豊かな生活を望むなら、その価値観を受け入れれば良い。

西洋文明の伝道者である、植民地に定住した白人とは共存すべきで、安定と発展を自然保護を求めるなら植民地統治もやむを得ない。

ヤコペッティはこの主張を堂々と繰り返します。本作はケニアのマウマウ団の乱での、白人入植者の無残な犠牲を紹介しています。

100人程度と言われる白人入植者の犠牲数に対し、掃討戦によるマウマウ団側の犠牲者は11000人以上。

隔離政策で死亡した20000人以上のキクユ族、そして膨大な戦費に疲弊するイギリス経済。これらの事実は紹介していません。

力強い映像で描かれた『さらばアフリカ』を評価する時には、ぞの映像がいかなる方法で作られたか、そして映画が何を描かなかったのかに注目して下さい。

映画が攻撃されたのも当然です。批判に晒られたヤコペッティは、ドキュメンタリー映画=”モンド映画”のスタイルを棄てます。

次に彼が製作した映画『ヤコペッティの残酷大陸』(1971)は、アメリカの奴隷制度の歴史を描いた劇映画です。

この映画は失敗します。ラストでは黒人たちが白人に逆襲する姿を描いているのに、黒人たちはこの映画を支持しません。

あまりにも白人視点で、黒人の歴史を侮辱的に描いた作品だと多くの人が受け取りました。

“モンド映画”の生みの親、ヤコペッティは作家性の強さゆえに、純粋に金儲けだけが目的の”モンド映画”を作ることが出来なかったのです。

ヤコペッティ映画の魅力は、彼の個性から発しています。彼が映画の中で正直にさらけ出した個性は、自分の価値観だけで他者を評価する危険性を教えてくれます。

ヤコペッティ自身は自らを知的で、高い問題意識を持つ人間だと考えていました。経歴を見ると褒められない部分もありますが、確かに人間的魅力を持つ人物です。

しかし彼に映画で描かれた結果、傷付いた人間も確実に存在します。『世界残酷物語』と『続・世界残酷物語』、『さらばアフリカ』を検証してその事実を確認しました。

現代はSNSの世界で、誰もが自分の意見を発信できる時代です。

自分の価値観しか認めぬ者、一部を見ただけで結論を下す者、営利や承認欲求を満たしたい者、無責任に同じ意見に同調する者がいます。

ヤコペッティの”モンド映画”にその全てが存在し、それが持つ危うさを教えてくれます。彼の映画はSNS全盛の時代、様々な教訓を我々に与えてくれます。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」は…


(C)2019 Dragged Into Sunlight LLC

次回第24回は、謎のドラッグに溺れる女流画家が遭遇する悪夢を描く、戦慄のホラー映画『BLISS ブリス』を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

【未体験ゾーンの映画たち2020ベスト10】Wiki情報より詳細に内容考察。ラインナップ54本+1本を全て見たシネマダイバー《増田健セレクション》

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第55回 さまざまな理由から日本公開が見送られていた映画を紹介する、恒例となった上映企画”未体験ゾーンの映画たち”。今回の「未体験ゾーンの映画たち 2 …

連載コラム

未体験映画『バースト・マシンガール』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。美女が改造されて殺人アリーナでデスマッチ!|未体験ゾーンの映画たち2021見破録5

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第5回 世界の隠れた名作から珍作・怪作まで、埋もれかけた映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第5回で紹介するのは、これぞ未体験映画 …

連載コラム

映画『フォックストロット・シックス 』あらすじネタバレと感想。デストピア近未来SFアクションをインドネシアから発信せよ!|未体験ゾーンの映画たち2020見破録11

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第11回 世界各地の映画が大集合の「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催しています。2月7日(金)からはシネ・ …

連載コラム

西原孝至映画『シスターフッド』内容解説と考察。劇中のメモ書き「私たちは花ではなく、花火である」を解く|映画道シカミミ見聞録37

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第37回 こんにちは、森田です。 今回は3月1日からアップリンク渋谷より全国順次公開される映画『シスターフッド』を紹介いたします。 本作を通して、自分が自分らしく生き …

連載コラム

映画『インビジブル・ウィットネス 』あらすじネタバレと感想。リメイク版の元ネタの結末はインビジブルゲストと何が違うか⁈|未体験ゾーンの映画たち2020見破録9

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第9回 様々な映画が大集合した「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催されました。2月7日(金)からはシネ・リー …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学