Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/10/01
Update

【イカゲーム4話ネタバレ】結末あらすじ感想と考察評価。28番と29番⁈そして212番と団体戦は“仲間はずれ”で新展開を呼ぶ|イカゲーム攻略読本4

  • Writer :
  • 滝澤令央

【連載コラム】全世界視聴No.1デスゲームを目撃せよ 4

2021年9月17日(金)よりファーストシーズン全9話が一挙配信されたNetflixドラマシリーズ『イカゲーム』。

生活に困窮した人々が賞金456億ウォンを賭け、最後の勝者になるために挑む命懸けのデスゲームが始まりました。

主人公ソン・ギフンを演じるイ・ジョンジェを始め、本作が役者デビューとなるチョン・ホヨンなど魅力的なキャスト陣が演じる社会問題を反映させた壮絶な人間ドラマに注目が集まります。

監督と脚本を手掛けたのは映画『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)『怪しい彼女』(2014)の監督として知られるファン・ドンヒョク。

配信後全世界1位を獲得し、日本でも視聴ランキング急上昇1位の話題を呼ぶほどの注目のNetflixドラマ『イカゲーム』のシーズン1を各話ごとにご紹介していきます。

前回姿を現したフロントマンは顔を見せた進行係の1人を殺しました。

第4話では第3のゲームが、スタート。参加者の間に不公平が生まれたことで、協力し合う者、殺し合う者に分かれ大きな危険に晒されることになります。

Netflixドラマ『イカゲームシーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『イカゲームシーズン1』の作品情報


Netflix「イカゲーム」

【原題】
Squid Game

【監督・脚本】
ファン・ドンヒョク

【出演】
イ・ジョンジェ、チョン・ホヨン、ウィ・ハジュン、パク・ヘスン、コン・ユ 
 
【作品概要】
Netflixにて配信が開始した2021年9月17日(金)以降、韓国をはじめ、香港、台湾、アメリカ、ベトナムなど23カ国で視聴ランキング1位を獲得した注目のドラマ作品。

主人公ソン・ギフンを演じるのは『10人の泥棒たち』(2012)『新しき世界』(2013)のイ・ジョンジェ。

ゲーム参加者の中で一際異彩を放つキャラクター、セビョクを演じるのは、韓国国内外でモデルとして活躍し、本作が役者デビューとなるチョン・ホヨン。

その他『最高の離婚』(2018)のウィ・ハジュン、『新感染ファイナル・エクスプレス』(2016)『82年生まれ、キム・ジヨン』(2020)のコン・ユが出演。

監督脚本は映画『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)『怪しい彼女』(2014)の監督として知られるファン・ドンヒョク。

本作独特の世界観を演出する広大なセットを手掛けた美術監督は『マルモイ ことばあつめ』(2020)『EXIT』(2019)のチェ・ギョンソン。

ドラマ『イカゲームシーズン1』第4話のあらすじとネタバレ


Netflix「イカゲーム」

ゲーム内容について事前に知らされていた111番は、三角の進行係の案内で、脱落者の安置所へ連れてこられました。

元医者の111番は就寝時間になるまで臓器売買のための遺体解剖をさせられます。

前回のゲームでドクスに恩を売った212番は、彼がまとめる派閥に取り入ろうとします。

待機室へ戻ったギフンたちはお互いの無事を確認し合い安堵します。

第2ゲームでは187名のうち79名が脱落。

賞金額は総額346億ウォンに膨れ上がりました。

食事の時間になり、サイダーとゆで卵一個が配布されます。

それを不満に思ったドクスたちは列に再び並び直し食事を2回受け取ります。

人数分用意されていたため、最後の5人は食事を受け取ることが出来ずドクスたちに文句を言います。

受け取れなかった271番を挑発するドクス。

2人は揉み合いになった末、ドクスが271番を殴り殺しました。

運営は271番の脱落を確認し、賞金が増額します。

参加者の同士が殺し合うことでライバルが減りゲームが有利に進むことを知ったドクスたちは消灯時間後に他の参加者の寝込みを襲います。

それはあえて少ない食料を奪い合わせることで参加者同士の溝を深めさせるというフロントマンの思惑通りでした。

就寝時間前に解剖を終えた111番は進行係から明日のゲーム内容について教えられます。

待機室へ戻りドクスたちの仲間に入ろうとする111番は、ドクスにのみ次のゲームを知っていることを明かしました。

就寝時間になり、灯りの消えた待機室の中でドクスが動き出しました。

彼が食事のことをチクった参加者を刺殺したことで、参加者同士の殺し合いが始まります。

薄暗い部屋の中でギフンはサンウ、アリと合流しイルナムを探します。

ドクスと険悪なセビョクもギフンに助けられ、彼らと合流します。

するとベッドの高い位置に立ち、殺し合いを止めるよう訴えているイルナムの姿を発見しました。

フロントマンがゲームの終了を合図し、待機室に進行係が入ってきます。

床に転がる死体をスキャンし脱落者を外へ運び出して行きました。

参加者は107人から80人に減っていました。

ファンは進行係としてギフンに近づき、自身の兄、ファン・イノと面識があるかどうかをこっそり尋ねるも、ギフンは「お互いの名前を知らない」と応えました。

協力し合う仲間の名前すら知らなかったことに気付いたギフンは仲間内で名前を教え合うことを提案します。

ギフン、サンウ、アリ、セビョクはお互いに名乗り合いましたが、イルナムだけは自分の名前を思い出せずにいました。

212番こと、ミニョはドクスに急接近します。

トイレで肉体関係を結ぶミニョとドクス。

ドクスに対し、ミニョは「最後まで私を裏切らないで」と念を押しました。

消灯時間になり部屋でベッドに籠ったファンがこれまでのことを記録していると、隣の28番から壁越しに伝えられたモールス信号をキャッチします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イカゲームシーズン1』第4話ネタバレ・結末の記載がございます。『イカゲームシーズン1』第4話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

次の日になり、第3のゲーム開始がアナウンスされました。

団体戦とだけ伝えられ、参加者たちはまず10名ずつのチームに分かれるよう指示されます。

次のゲームは何かを予想するギフンとサンウ。

力のある男が有利になる遊びが多いと予想したサンウは男を集めてくるようギフンたちに指示しました。

ドクスも手下たちに男だけを集めてくるよう指示します。

裏切られたミニョは、何とかして欲しいとドクスにすがりますが、残酷にもドクスはミニョをチームから切り捨てました。

ギフン、サンウ、セビョク、アリ、イルナムの5人はそれぞれ1人ずつ誘ってきて10人集めることにしました。

ギフン、サンウ、アリは男を連れてきました。サンウは女を連れてきたセビョクを非難します。

イルナムな1人も連れてくることが出来ず、9人だけだったチームにあぶれたミニョが合流しました。

ゲーム会場へ案内される参加者たち。目の前には高台が2つ向き合うように設置されており、その間を一本の綱が繋げていました。

第3のゲームは綱引き。サンウの予感は的中しており、ギフンは絶望します。

それぞれのチームが高台で向き合い、順番に綱引きを始めます。

力のありそうな男たちで固めたドクスは勝利し、負けたチームは高台から突き落とされ10人まとめて脱落しました。

ギフンたちの番になり、高台へ向かう途中で絶望的な言葉を口々にします。

その中でイルナムだけが冷静さを保っていました。

力士にも綱引きで勝ったことがあると言うイルナムは勝敗を分けるのは力の有無だけではないと諭します。

イルナムから綱引きのコツを教わったギフンたちは作戦通りに綱を引っ張り始めました。

スポンサーリンク

ドラマ『イカゲームシーズン1』第4話の感想と評価


Netflix「イカゲーム」

本質へ近付いた第4話

全9話のうちの4話目にあたる今回「チーム分け」ではクライマックスに向けてあらゆる下準備が着々と行われていました。

人格を持たない進行係たちの中にも、フロントマンの管理から離れた派閥があり、秘密裏に臓器密売を行っていたこと、ゲーム内容を事前に教える条件で元医者の111番が彼らに利用されていたことが明かされ、運営も一枚岩ではなかったことが分かりました。

潜入のためにファンが入れ替わった29番は28番と共謀して臓器の運搬を行っていたことも今回明らかになり、今まで下っ端として雑用に徹していたファンも本格的に運営側の思惑に関与していくことになるのでしょうか。

運営側に潜入したファンの物語は、主軸である参加者たちのデスゲームを客観するだけでなく、参加者の知り得ない裏側を事前に視聴者に提示する役割も担っているので、今後のファンによる「謎解き」に注目です。

また今回のエピソードが盛り上がるきっかけとなったのが「死体がその場で換金される」という最初から提示されていたはずのルールがより直感的になったところ。

運営にセッティングされたゲームだけでなく、空いた時間に他の参加者を殺せば最後の生き残りになるという近道に気付いたドクスがいたことで、逆に参加者同士の連帯を強め、セビョクがギフンたちの仲間入りするきっかけにもなりました。

参加者同士が直接殺し合う展開はバトルロイヤルものの王道で、物語をそれぞれが生き残るための最終手段に出る局面へと突入させます。

最終的にはライバルになろうとも参加者たちは率先して協力するようになり、お互いに対する「一時的な信用」が芽生え始めるのです。

これまで名前を知らず、お互いを番号で認識し合っていた参加者たちも名乗るようになったことで個人として認め合うようになりました。

番号ではなく名前のある個人として互いを認め合う展開が丁度4話目ぐらいで入ってくるだろうと予想出来たかもしれませんが、これまでのエピソードで互いを名前で呼んでこなかったことが「一時的な信用」にまつわる一抹の不吉さを醸し出しています。

例えば誰よりも実直な存在に見えるアリ。

サンウやギフンに対して「社長さん」と呼ぶなと注意されてからも、名前を尋ねることはなく、社長さんと呼び続けていました。

他に呼び方を知らなかっただけで思わせぶりな描写に過ぎないかもしれませんが、アリの呼び方をはじめとしたこの「名前にまつわる描写」が参加者同士の信用度合いを意味しているのだとすれば、それは同時に「一時的な信用」の脆弱性を暗示しているように思えてなりません。

チーム分けが語る社会の背景

Netflix「イカゲーム」

第3ゲームの良いところで幕引きを迎えた第4話は、間の話として次回へ期待を煽る良いクリフハンガーになっていました。

単体の話として盛り上がる見どころにかけるエピソードと思われがちですが、実は今回は今までで描かれてきた参加者たちの物語にあった共通する社会性が明確に発露した回でもあるのです。

ゲームとしては初の団体戦を描いた今回、夜中に襲撃を見張る仲間とは別の「チーム分け」が行われます。

ゲームにおいては男が有利になることが多いと考えた参加者たちは、男同士で固まり、チームから非力な女性、老人を排除しようとします。

暴力で派閥を支配するドクス、知力で派閥を支配するサンウという権力者たちが率先してそれを行う様子はまさにホモソーシャルな連帯そのものですし、そこに「紅一点」として取り入る212番ことミニョは、男性至上主義に追従する「名誉男性」を表しています。

子どもの遊び場、ゲーム性が強調された仮想空間が現実社会の縮図として機能しており、参加者たちの様子から老若男女が複数人集まると男性至上主義的思想が蔓延し出す病理を皮肉っていました。

男で固まり女を排除するのは、日本のメディアでも毎日のように目にする光景で、「賢い」サンウが男を集めるよう指示するのも、力のある男の方が社会において有利な立場を有することが多いと自覚しているからでしょう。

今回のエピソードは社会的に有利とされる男性にとっても、子どもの頃、体育の授業のチーム分けなどで非力を理由に仲間外れにされた経験がある人に非常に響く内容でした。

まとめ


Netflix「イカゲーム」

社会的政治的なメッセージが強い今回のエピソード「チーム分け」は、現実社会をコミカルかつ悲観的に皮肉った回でした。

スリリングに盛り上がるゲームが最後まで描かれないという割を食った回ではありますが、エモーショナルな展開や人間模様でスリルを味わせるテクニカルな回でした。

毎話毎話別ベクトルで楽しむことが出来る『イカゲーム』はイッキ見だけでなく、1話ごとの丁寧な掘り下げにも事欠かない秀逸なドラマです。

続きが気になる憎い終わらせ方をした今回。果たして「いる・いらない」のじゃんけんで「いらない側」に立たされた者たちにこれからどんな勝負が待ち受けているのか、勝敗の結果を描く次回のエピソードに注目です。

Netflixドラマ『イカゲームシーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

マット・デイモン『オデッセイ』と宇宙に移住する人類の問題点|SF恐怖映画という名の観覧車8

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile008 8月3日に『金曜ロードSHOW!』で放映予定の映画『オデッセイ』(2016)。 事故で1人火星に取り残されたマーク・ワトニーが生きて地球 …

連載コラム

映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』あらすじと感想。手作りの韓国料理と自力で生き抜く大切さ|コリアンムービーおすすめ指南10

読んで美味しいと話題の五十嵐大介の人気コミックスを韓国で映画化! 映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』がシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート心斎橋他にて2019年5月17日(金)よ …

連載コラム

映画『テイクオーバーゾーン』あらすじと感想レビュー。吉名莉瑠(よしなりる)初主演の演技力に華を添えた東京ジェムストーン賞受賞|TIFF2019リポート18

第32回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ『テイクオーバーゾーン』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの …

連載コラム

映画『グレートウォー』ネタバレ評価と感想レビュー。第1次大戦の米軍黒人部隊の死闘を描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録24

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第24回 様々なジャンルの映画を集めた劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実 …

連載コラム

映画『ノトーリアス・B.I.G. 』ネタバレあらすじと結末の感想解説。最強ヒップポップのスターが“伝えたいこと”を楽曲に託す|Netflix映画おすすめ22

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第22回 90年代を代表するヒップホップミュージシャンとして名高い“ノトーリアス・B.I.G.”は、24歳という短い生涯でした。 彼の人生は …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学