Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/10/06
Update

【イカゲーム6話ネタバレ】結末あらすじ感想と考察評価。218番サンウが失ったものとは何か?| イカゲーム攻略読本6

  • Writer :
  • タキザワレオ

【連載コラム】全世界視聴No.1デスゲームを目撃せよ 6

2021年9月17日(金)よりファーストシーズン全9話が一挙配信されたNetflixドラマシリーズ『イカゲーム』。

生活に困窮した人々が賞金456億ウォンを賭け、最後の勝者になるために挑む命懸けのデスゲームが始まりました。

主人公ソン・ギフンを演じるイ・ジョンジェを始め、本作が役者デビューとなるチョン・ホヨンなど魅力的なキャスト陣が演じる社会問題を反映させた壮絶な人間ドラマに注目が集まります。

監督と脚本を手掛けたのは映画『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)『怪しい彼女』(2014)の監督として知られるファン・ドンヒョク。

配信後全世界1位を獲得し、日本でも視聴ランキング急上昇1位の話題を呼ぶほどの注目のNetflixドラマ『イカゲーム』のシーズン1を各話ごとにご紹介していきます。

前回、ファンの兄が過去のゲームの優勝者であったことやギフンの過去が明かされました。

第6話では、第4のゲームが始まり、最も信用できる相手と2人1組になった参加者たちが究極の選択を迫られます。

Netflixドラマ『イカゲームシーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

ドラマ『イカゲームシーズン1』の作品情報


Netflix「イカゲーム」

【原題】
Squid Game

【監督・脚本】
ファン・ドンヒョク

【出演】
イ・ジョンジェ、チョン・ホヨン、ウィ・ハジュン、パク・ヘスン、コン・ユ 
 
【作品概要】
Netflixにて配信が開始した2021年9月17日(金)以降、韓国をはじめ、香港、台湾、アメリカ、ベトナムなど23カ国で視聴ランキング1位を獲得した注目のドラマ作品。

主人公ソン・ギフンを演じるのは『10人の泥棒たち』(2012)『新しき世界』(2013)のイ・ジョンジェ。

ゲーム参加者の中で一際異彩を放つキャラクター、セビョクを演じるのは、韓国国内外でモデルとして活躍し、本作が役者デビューとなるチョン・ホヨン。

その他『最高の離婚』(2018)のウィ・ハジュン、『新感染ファイナル・エクスプレス』(2016)『82年生まれ、キム・ジヨン』(2020)のコン・ユが出演。

監督脚本は映画『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)『怪しい彼女』(2014)の監督として知られるファン・ドンヒョク。

本作独特の世界観を演出する広大なセットを手掛けた美術監督は『マルモイ ことばあつめ』(2020)『EXIT』(2019)のチェ・ギョンソン。

ドラマ『イカゲームシーズン1』第6話のあらすじとネタバレ

第4ゲームの準備のため、進行係たちに起こされ待機室の中央に並ばされる参加者たち。

ギフンは失禁しズボンを濡らしてしまったイルナムの腰に自身のジャージを巻いてあげます。

進行係の案内に従って次のゲーム会場まで歩くギフンたちが、途中の階段で観たものは天井に吊るされた111番と共謀した進行係の遺体。

参加者たちを案内する進行係は「ルールに背き純粋な理念を怪我した者の末路である」と説明。

チャンスも公平に授かるべきという進行係の説明を聞きながら、ドクスはバツの悪い思いをしていました。

ファンが証拠写真を撮影しているところに電話が掛かってくる。

部屋に戻ってきたフロントマンは電話に出る
「問題は起きたがVIP到着までに処理しゲームは予定通り進行する」と応え電話切った。

フロントマンの部屋の電話から署に連絡を試みるも、繋がらない

頼みの綱が切れたドクスを挑発するミニョ。

第4のゲームは2人1組で行われる
一緒にプレイしたい相手を見つけ、お互いの合意のもと握手を行えばペアが決まる

10分以内にペアをつくるようアナウンスがある

ミニョはギフン、サンウと順番に誘うも、前回のゲームから女や老人と組むことをデメリットと考えていた男たちは中々ペアを決めることができませんでした。

サンウはアリを誘い、2人はペアに。

それを機に男同士のペアが次々と成立していきます。

チームの中で余った男はイルナムだけになりました。

ギフンはイルナムを断ろうとするも、彼はギフンに上着を返しただけでペアを組もうとは誘ってきませんでした。

残り時間も少なくなり、ドクスは子分の278番とペアを組みます。

セビョクがペアを決めかねていると、240番が誘いにきます。

その頃ギフンは、サッカーをしていたという数学教員の若い男からペアの誘いを受けていました。

協力するには申し分ない参加者でしたが、1人蹲って佇んでいるイルナムの姿を見たギフンは誘いを断り、イルナムと組むことにしました。

111番が脱落し、残りの参加者は39名。

最後に誰か1人が余ることは明白でした。

制限時間になり、余ったのはミニョ。

最後まで必死なミニョはあらゆるペアに絡み、自分と組み直すよう提案するも、誰も彼女を相手にしません。

ミニョはドクスと組んだ278番の元へ行き、彼が111番と何かを隠していたことを暴露するも、278番は相手にしませんでした。

最後に残されたミニョのもとに進行係たちがやって来ました。

第4のゲーム会場はノスタルジーを想起させるような古民家が立ち並ぶ路地裏を施設内に再現したエリアでした。

会場の外からは2人1組のペアからあぶれてしまったミニョの叫び声が聞こえてきます。

ペアはそれぞれ進行係から巾着袋を受け取ります。

中に入っていたのは10個のビー玉。

第4のゲームはビー玉遊びでした。

力を使うゲームでなかったことに安心するギフン。

子供の頃ビー玉遊びが得意であったというイルナムはギフンに、ビー玉やメンコを共有し合う「カンブ」になろうと提案します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イカゲームシーズン1』第6話ネタバレ・結末の記載がございます。『イカゲームシーズン1』第6話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

「2人で協力して他の参加者のビー玉を取りまくろう」と誓い合うギフンたちの元にアナウンスが聞こえてきます。

「今回のゲームでは各自手持ちのビー玉10個を賭けてペアと対戦し、相手のビー玉を全て取った方の勝利となる」と。

ゲームが始まるとイルナムはゲーム会場をひとり歩きし始めました。

制限時間内にゲームをしないと両方が失格になるため、ギフンはイルナムの後を追いかけビー玉遊びをやろうと言います。

サンウとアリは手の中にあるビー玉の数が偶数か奇数かを当てるゲームを始めます。

セビョクと240番は、制限時間ギリギリになったら全てのビー玉を賭け一発勝負をする約束をし、それまで話をして時間を潰すことにしました。

賭けに負けたドクスがイライラしているところを278番が嘲笑います。

「俺を本当部下だと思っているのか?」と挑発する278番。

ゲーム中の暴力は禁止されており、ドクスにはどうすることもできませんでした。

ギフンの誘いを「子供の遊びじゃないか」と断るイルナムは、ゲーム会場にて昔住んでいた家を探していました。

いつまで経っても話を聞こうとしないイルナムに早くゲームをやるよう声を荒げるギフン。

怒鳴られたことでイルナムはビー玉遊びに付き合うことにしました。

サンウたち同様、偶数か奇数かを当てるゲームをするギフンとイルナム。

イルナムの勝ちが続き、ギフンに残されたビー玉はあと1つとなってしまいました。

最後の一つを奇数に賭けるギフン。

イルナムが握っていたビー玉は偶数でした。

しかし、イルナムはギフンがどちらに賭けたかを覚えておらず、どっちに賭けたかをギフンに尋ねます。

「偶数」と答えるギフン。

イルナムからビー玉を受け取ります。

その頃、ドクスは公平さを引き合いに出し、ゲームの変更を進行係に頼みます。

変更が認められ、穴にビー玉を入れた方が全てのビー玉を手に入れるゲームを提案したドクスは一発逆転を狙います。

しかしドクスは全てのビー玉を使い果たし、残るは278番の最後の1個にかかっていました。

278番はドクスに別れを告げビー玉を投げます。

ビー玉は穴を外しドクスが投げたビー玉にぶつかる。

そしてドクスのビー玉が穴に入りました。

ドクスが勝ち、その場から逃亡した278番は進行係によって蜂の巣にされました。

アリとの賭けに負け続け、ビー玉が残り1個となったサンウはアリのズルを疑い出します。

「勝ち続けてるなんてあり得ない」と言い、アリの胸ぐらを掴みました。

進行係は興奮したサンウの頭に銃口を突きつけます。

セビョクと240番は「どうせ、どちらかが脱落するから」と、身の上話を始めました。

賞金を手に入れたら弟と住む家を買い、北朝鮮に残した母親を連れてくると明かすセビョク。

240番は子供の時、父親が母親を刺し殺したこと、その父親を自分で殺したことを明かします。

刑務所を出た彼女を外では待っていたのはデスゲームの案内でした。

今度はアリに土下座をし、家族も死ぬと泣きつくサンウ。

自分にも養わなければならない家族がいるアリにはサンウを助けることは出来ません。

絶体絶命の危機にあるサンウは2人とも助かるための作戦をアリに提案します。

そしてサンウは、直ぐ近くでゲームをしていた414番が脱落し、射殺をされる姿を見て「オレをあんな目に遭わせる気か」とアリに訴えます。

サンウの計画を信用したアリは手分けをして他の参加者たちを偵察しに行きます。

サンウは予期せぬ襲撃を受けた時のためにといい、アリのビー玉が入った巾着袋をTシャツを千切った紐で結んであげました。

アリが他の参加者を確認している間、サンウはビー玉が20個入った袋を進行係に渡します。

先ほど用心のためと巾着袋を結ぶフリをしていたサンウは、ビー玉が19個入ったアリの袋と石を入れて重くした自分の袋とを入れ替えていたのです。

待ち合わせ場所に戻ってきてサンウがいないことに気づくアリ。

首から下げていた袋を確認すると、そこには石しか入っていませんでした。

ゲーム会場を後にするサンウの背後で銃声が聞こえました。

残り3分になり、球を投げて壁までの距離が近い方が勝つというゲームを始める2人。

セビョクは名前を名乗り、240番もジヨンと名乗りました。

セビョクは壁に向かってビー玉を投げ、ジヨンはビー玉を下に落とします。

賞金を手に入れた後の目的がないジヨンはセビョクを勝たせようとしていました。

進行係に連れられ会場を去るセビョクをジヨンが呼び止めます。

「ありがとう組んでくれて」

振り向かなかったセビョクの背後で銃声が響きました。

その後も予想を外してはイルナムが忘れてしまいことを利用し、ビー玉を手に入れるギフン。

ビー玉が無くなったイルナムはギフンにビー玉を貸してくれと頼みます。

頼みを断り、進行係のもとへ向かうギフンを呼び止めたイルナムは、「ビー玉をまだ1つ持っていた」と言います。

ギフンが手元のビー玉を数えると19個しかなく、まだ勝負は終わっていませんでした。

ギフンがビー玉を数えている間にどこかへ歩いていくイルナム。

彼は自分の家を探していました。

ギフンはイルナムを追いかけ、もう一回ゲームをやろうと誘うも、彼は思い出話をするばかりでギフンの話を聞きません。

必死に頼み込むギフンに対し、イルナムは手持ちのビー玉の全てを賭けて公平にゲームをするかと提案します。

1個対19個では自分に分が悪い。

「そんなのはズルだ」というギフンに対し、「アンタが俺を騙しビー玉を奪ったのはズルではないのか」と返すイルナム。

彼はギフンがしていたことを理解していたのです。

思わず黙り込んでしまったギフンにイルナムは最後のビー玉を渡します。

「おれたちはカンブだろ?」

イルナムはカンブ同士なら何でも共有すると言い、「アンタのおかげで今まで楽しかった」とギフンに今までの礼を言いました。

そして最後に名前を思い出した001番はギフンに「オ・イルナム」と名乗りました。

銃声とともに「1番脱落」というアナウンスが聞こえる中、ギフンは泣きながら会場を後にしました。

ドラマ『イカゲームシーズン1』第6話感想と評価


Netflix「イカゲーム」

サンウが失ったもの

今回のエピソード「カンブ」では、協力するつもりで組んだペアと対決させられるという残酷な展開が待ち受けており、ギフン、サンウ、セビョクとそれぞれ対決したイルナム、アリ、ジヨンが脱落

最後のゲームへ向けた急展開を見せた回となりました。

1対1の戦いを勝ち残った者は脱落した者の想いを背負うことになります。

ギフンはイルナムから名前を聞き、番号で呼ばれる非人格化された参加者としてでも、老人というハンディキャップとしてでもない1人の人間としてイルナムという男と「カンブ」になりました。

セビョクもジヨンから名前を聞き、地上に残した家族と再会するため、そして自分のために勝ち残りました。

ドクスは前回ギフンから警告されていた通り、慕っていたはずの子分に逆らわれることになります。

しかしこれは第2話時点の彼がゲーム再開の前に弟分から受けた仕打ちと同じで、暴力的な主従関係が一過性にすぎないことを思い知らされる一幕となりました。

そんな中、これまで信頼関係を築いてきた相手を蹴落とすという残酷な決断を誰よりも迫られたのはサンウでした。

本来デスゲームを競うライバルであるチームメイトとはいずれ戦うことになる運命が待ち受けていると、皆覚悟していたことでしょう。

その運命と遂に向かいあうこととなった今回のクライマックスでは、複数のペアによるゲーム対決が並列して描かれており、その中でもアリと対決することになったサンウが信用や尊敬を裏切っていく過程が、他の対決以上にドラマチックに描かれていました。

これまでのゲームにおいて常に知的で冷静であったサンウが、個人的な危機に陥った途端豹変し、アリに掴みかかる様子は隠されていた本性が露呈するというよりも、第1話の時点から暗示されていたサンウの危うさが遂に限界を迎えたように見え、人格者としてハートウォーミングな様子が描かれてきたアリを殺したことで、最後の生き残りを賭けた熾烈な争いに向き合う決断をしたのでしょう。

しかしながら、この展開はある意味予測できたものであり、アリと仲を深めていく過程がより掘り下げられるほどに、この後サンウを待ち受けている非道な展開がよりドラマチックに見えてしまうという、残酷な前フリであったことはドラマを見守る視聴者の誰しもが覚悟していたことです。

事実サンウとは、気の良いギフンと幼馴染という設定のせいで、人格者に見えていただけだったのです。

第1ゲームが中断され、一旦は練炭自殺を試みたサンウ。

ゲームが再開することを知り参加したものの、この時点で既にサンウの人間らしさ(人間としてのインテグリティ)は死んでいたのです。

アリを殺したサンウが、知力という絶対的な武器をもったまま暴走し、主人公ギフンに立ちはだかるラスボス的な存在になるのか。

公平さ、誠実さ、高潔さを捨てたサンウと残る参加者たちの最後に向かう次のゲームから目が離せません。

公平さをかけた戦い

また「手を汚していくサンウとは対照的に、主人公ギフンはどこまでも聖人」という分かりやすい対立をしていかないのが本作の魅力の一つ。

人の良さで勝ち進んできたギフンの、対戦相手の痴呆症を利用しズルをするという浅ましさとそれでも助け合ってきたイルナムへの罪悪感が拭えない気持ちの揺れ動きがイ・ジョンジェの演技力も相まって非常にエモーショナルに描かれていました。

前回のエピソードで244番の言っていた「我々はみな罪人」という言葉が卑怯な手段を使うギフンとサンウにコールしてきます。

ギフンには良心の呵責や葛藤が明確にあります。そこがサンウとは決定的に異なるところで、非人道的なデスゲームを繰り返す中で正しさを説いて聖人化していくわけでも卑怯な悪に徹することも出来ない中途半端な位置にいるギフンのポジションが非常に主人公らしい収まり。

しかし今のギフンは、「何かが引き金となりすぐに卑怯な手段に出てしまいかねない危うさを抱えている」というこれまでサンウがいたポジションに着地したに過ぎません。

たとえそれが不正な手段であったとしても、生き残るためには躊躇いなく手を汚す引き金は、すぐ近くでギフンを待ち構えているでしょう。

ここで参加者たちのマインドに関わってくるのが、冒頭のシーンで運営が強調した「参加者全員に与えられる公平な機会」。

全てのゲームにおいて同じ属性の人が不利になることはなく、どんな立場に置かれていても命を賭けさえすれば、生き残るチャンスは平等にあるということ。

予めその忠告を受けていながら、力のある男同士で組んだ者が今回どのような目にあったかは本編を観れば明らかです。

ただ、参加者に対して平等に生き残る権利を偉そうに唱える運営は、何故この人命を賭けてギャンブルをするという搾取構造を利用しているのでしょうか。

VIPの謎が明かされるであろう次回のエピソードをすぐに確認したくなります。

まとめ


Netflix「イカゲーム」

今回は『イカゲーム』第6話「カンブ」をご紹介しました。

協力して勝ち残るはずのペアとの対戦という、究極の選択を迫られ、それぞれがデスゲーム参加者として非道な覚悟を決断した回で、これから先には血も涙もないシリアスな結末しか残されていません。

ここまで息も詰まる展開に発展しながら一切フラストレーションなく鑑賞し続けられると言う点で、やはり今作は端的に言って非常に見やすいです。

参加者の全員が、その瞬間の戦いで勝つため最善策を講じているため、たとえ主人公であっても常に死と隣り合わせにあるというメタ的な緊張感に事欠かない上に、予想通りの展開にも想像以上の積み重ねであったり、伏線の回収があり、残酷な展開にも思わず感心させられてしまいます。

主人公だと思っていた人物が最後まで生き残らないという展開は日本の同ジャンル作品にもありますし、もしかしたら「ギフンを失ったことでようやく人間性を取り戻したサンウの物語」という結末になるのかもしれません。

様々な期待や予想が裏切られた上に更なる展開が待ち受けていたりと視聴者を飽きさせない仕掛けが満載のドラマ『イカゲーム』。

最終局面に向けて更なる盛り上がりを見せています。

Netflixドラマ『イカゲームシーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

シンエヴァンゲリオン入場者特典|内容中身ネタバレ解説。漫画作中のアスカのスーツ×マリが持つ本の意図を考察【終わりとシンの狭間で14】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第14回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした …

連載コラム

『フジコ・ヘミングの時間』ピアニストたちの奏でる人生とは|映画と美流百科3

連載コラム「映画と美流百科」第3回 (C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ 今回ご紹介するのは、ドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』(2018/日本)です。 フジコさん …

連載コラム

映画『LETO -レト-』感想と考察評価レビュー。ロシアンロックにのって蘇るセピア調の淡い恋と青春像|映画という星空を知るひとよ7

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第7回 ロシアのロックスターの音楽への情熱と淡い恋心を描いた映画『LETO -レト-』。無実の容疑で拘束されて、ロシア政府の監視下にあるキリル・セレブレニコフ監 …

連載コラム

映画監督の二宮健が広島尾道でイベント開催!スペシャルライブ企画などで濃密な時間を【SHINPA Vol.12後編】シネマ尾道の名もなき映画イベント2

第4回尾道映画祭中止なるも、ファンの要望に応え一部開催 新型コロナウイルス感染拡大防止のあおりをうけ、2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭は中止することが決定。 …

連載コラム

『ランディ・ローズ』映画考察評価。没後40年の永遠のギタリストの軌跡をたどる【だからドキュメンタリー映画は面白い75】

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第75回 今回取り上げるのは、2022年11月11日(金)から新宿シネマ・カリテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショーの『ランディ・ローズ』。 80年代 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学