Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/11/14
Update

【イット・カムズ・アット・ナイト】最近の怖い洋画とホラー映画の観点から比較解説|SF恐怖映画という名の観覧車23

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile023

「人間」は平和的な状況においては、言葉や行動によって社会生活を共にし、お互いを支えあって生きていく事が出来ます。

しかし、その逆にprofile019でも紹介したように、危機的状況下において最も危険なのもまた「人間」です。

今回は、11月23日より公開される映画『イット・カムズ・アット・ナイト』(2018)が表現した「恐怖」を、類似の「SF」映画や「ホラー」映画と見比べることでその「異質」さをより深く探っていこうと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』の作品情報


(C)2017 A24 Distribution,LLC

【原題】
It Comes at Night

【公開】
2018年

【監督】
トレイ・エドワード・シュルツ

【キャスト】
ジョエル・エドガートン、ケルヴィン・ハリソン・Jr、カルメン・イジョゴ、クリストファー・アボット、ライリー・キーオ

【作品概要】
長編映画『Krisha』(2016)でアメリカン・インディペンデント・フィルム・アワードの5冠を達成し、「Rotten Tomatoes」や「IMDb」などのサイトでも高い評価を得たトレイ・エドワード・シュルツ監督による第2作。

主演は「スター・ウォーズ」シリーズにも出演し、『ザ・ギフト』(2015)では長編映画監督としての才能を発揮したジョエル・エドガートン。

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』のあらすじ

正体の分からない奇病が蔓延し、確実に滅びつつある世界。

山奥にひっそりと建つ家の中で外界との接触を断ち生きるポール(ジョエル・エドガートン)一家でしたが、ある日、食料を求める男が家に侵入したことがきっかけで全てが変わり始め……。

フランク・ダラボン監督の『ミスト』と比較


(C)2007 The Weinstein Company.All rights reserved.

ジャンルとして「ホラー」と分類される今作。

確かに「原因不明の奇病が発生し~」と言う導入部分は如何にも「ホラー」的であると言えます。

では、「ホラー」界の大物小説家スティーヴン・キングの小説を原作とした根強い人気を持つ「ホラー」映画『ミスト』(2007)と今作を見比べてみようと思います。

映画『ミスト』では、危険な生物が出現する「霧」に覆われ、主人公たちはスーパー内での籠城を余儀なくされます。

このように、『ミスト』に限らずとも「ホラー」では「外敵に対し立て籠もる」展開は一般的なものではあるのですが、『イット・カムズ・アット・ナイト』では「ある点」が大きくその他の「ホラー」とは一線を画していました。

「It(それ)」が明らかにならない恐怖


(C)2017 A24 Distribution,LLC

今作のタイトルを直訳すると「それは夜に来る」となります。

普通に考えればこのタイトルの「It(それ)」とは原因不明の奇病のことなのですが、劇中では際立って「夜に来る」と言った描写はありません。

つまりタイトルの「It(それ)」とは、奇病のことを単純に指しているわけではなく、そしてそのことこそが今作の最大の魅力に繋がります。

『ミスト』でも他の多くの「ホラー」でも、「外敵がどのようなものなのか」は輪郭程度でもある程度は鑑賞者に情報として伝えられます。

しかし、今作では本当の「外敵が何なのか」は作中を通してもほとんど明らかにならず、その正体は鑑賞者の考察に委ねられることになり、何に怯えていたのかさえ分からないと言う「異質」な感覚を味わうことになります。

スポンサーリンク

ダン・トラクテンバーグ監督の『10 クローバーフィールド・レーン』と比較


(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

今作では物語の序盤で、外界との接触を断っていたポール一家が空き家だと思って侵入したと弁解するウィルの家族と共に共同生活を行うことになります。

このように「危険な外界」から身を守るために「見知らぬ人間同士」が生活をすることになる映画と言えば思い浮かぶ作品があります。

「クローバーフィールド」シリーズの2作目となる「SF」映画、『10 クローバーフィールド・レーン』(2016)。

同じような構図が描かれているこの2つの作品の「明らかな違い」を見比べていこうと思います。

映画『10 クローバーフィールド・レーン』では主人公のミシェルを自身のシェルターに案内するハワードの怪しさが前面に押し出され、「彼が言うことが正しいのか」それとも「彼が気が狂っているのか」と言う二者択一から「スリラー」に舵を切っていく展開が魅力の作品でした。

しかし、『10 クローバーフィールド・レーン』に対し『イット・カムズ・アット・ナイト』の登場人物は、一見「変な部分」を感じず、それこそが重要な要素になっています。

「疑心暗鬼」の恐怖


(C)2017 A24 Distribution,LLC

感染した父を射殺する導入部分から明らかになる、家族を守るためであれば何もかもを捨てれると言うポールの意思。

そんな彼のもとに現れた、自身と同様に家族の事を深く想うウィルと言う男の率いる一家。

お互いが「家族想い」な性格ゆえにほんの少しのすれ違いが「疑心暗鬼」を引き出し、過酷な状況下ではお互いを信じあうことの出来ない「人間の闇」を際立たせていきます。

今作は他の「スリラー」映画や『10 クローバーフィールド・レーン』と違い、あくまでも登場人物が「普通の人間」であるにも関わらず、危機的な状況下における「信頼関係」の崩壊と言う「恐怖」が描かれています。

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』のまとめ


(C)2017 A24 Distribution,LLC

特別な思考の人間が登場せず、目に見える形での「外敵」はほとんど登場しない。

しかし、それでいて上映時間中終始纏わりつくような「恐怖」と、終末に明らかに歩を進めている「絶望感」。

「人間が怖いホラー」映画は今までにもいくつか紹介させていただきましたが、その作品たちとはひと味違う、トレイ・エドワード・シュルツ監督が作り出した「ホラー」の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile024では、『パージ:アナーキー』(2013)や名作「ターミネーター」シリーズから「SF」映画と「宗教」の関係性を紐解いていきます。

11月21日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

コリン・ファレル映画『ダンボ』主演ホルト役のインタビュー【ダンボの明快なビジョン】FILMINK-vol.5

FILMINK-vol.5「Colin Farrell: Dumbo’s Clarity of Vision」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarch …

連載コラム

映画『空の大怪獣ラドン』ネタバレ感想と評価。メガヌロンの解説や特撮の見どころも|邦画特撮大全46

連載コラム「邦画特撮大全」第46章 2019年公開を目前に控えたハリウッド大作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。 この作品にはゴジラの他、キングギドラ、モスラ、ラドンといった東宝の人気怪獣たちも …

連載コラム

映画『TECHNOLOGY』感想レビューと評価。遠藤麻衣子監督が手掛ける新次元の映像体験|SF恐怖映画という名の観覧車107

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile107 物語や脚本、そして俳優は映画にとって重要な要素であり、映画の評価の多くはこの部分に集中されています。 しかし、物語や脚本より最初に目に入 …

連載コラム

映画監督林海象・深田晃司・二宮健、俳優の佐野史郎ら豪華ゲストが広島尾道イベントに集結|シネマ尾道の名もなき映画イベント3

第4回尾道映画祭中止なるも、ファンの要望に応え一部開催 新型コロナウイルス感染拡大防止のあおりをうけ、2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭は中止することが決定。 …

連載コラム

映画『復讐の十字架』感想と評価レビュー。衝撃的なラストに向けた男の破壊と再生|SF恐怖映画という名の観覧車63

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile063 新宿シネマカリテで4週間に渡り開催された「カリコレ2019/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」。 今回は前回に引き …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP