Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/06/08
Update

映画『河童の女』感想評価と内容考察レビュー。結末で描かれた意味をテレンスマリック監督の『地獄の逃避行(1973)』との比較から読む|映画道シカミミ見聞録49

  • Writer :
  • 森田悠介

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第49回

こんにちは、森田です。

今回は7月11日(土)より新宿K’s cinemaほかでロードショー公開予定の映画『河童の女』を紹介いたします。

ここでは、本作の源流にテレンス・マリック監督のデビュー作『地獄の逃避行』を位置づけて、「河童」と「女」それぞれに込められた意味を探っていきます。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『河童の女』のあらすじ


(C)ENBUゼミナール

都会からほどよく離れた渓谷。主人公の柴田浩二(青野竜平)は、川辺の民宿で生まれ、町から一度も出ることなく、そこで働きながら暮らしていました。

しかしある日、社長の父親(近藤芳正)が見知らぬ女と駆け落ちして出ていってしまってから、平穏な日常に変化が訪れます。

社長の突飛な行動に傷ついた社員も辞めると言いだし、浩二はひとりで民宿を切り盛りすることになったのです。

存続の危機にさらされるなか、東京から“家出”してきたという美穂(郷田明希)と川で出会い、これ幸いと住み込みで働いてもらうことに。

どうにか経営難を乗り越えていくうちに、美穂への漠然とした同情はやがてひそかな好意に変わり、ついにはふたりで民宿をつづけていきたいと願うようになりました。

浩二が正直にそう告白すると、美穂は気持ちを受け入れたくともできない理由を打ち明けます。

彼女が言うには、家を出るまえに大きな“罪”を犯してきたというのです。

にわかには信じられないことでしたが、浩二は彼女にどんな過去があっても、この地に引き留めておこうと思いを新たにします。

それは彼が小学生のころ、川でみた「河童」にかかわる“罪の意識”とも重なりあい、ふたりはいわば“共犯者”の道を歩みはじめました。

合流する河


(C)ENBUゼミナール

本作は今泉力哉監督作をはじめ、異例のヒットを記録した上田慎一郎監督『カメラを止めるな!』(2018)に代表される数々の話題作を輩出してきたENBUゼミナール主催の「シネマプロジェクト」によって製作されました。

とくに「カメ止め」に顕著ですが、インディーズの垣根を超える精神、娯楽性、そして大団円を迎えるまでの巧妙なプロットといった“血筋”が、本作にも受け継がれています。

具体的には、本作ではそれを“河”が象徴しており、物語の支流が合流して大きな結末を形づくるための場所として機能しているのですが、ここからその源流にあたる流れを、すなわち美穂の「逃避行」の意義をみてきましょう。

スポンサーリンク

河の源流


(C)ENBUゼミナール

辻野正樹監督によれば、浩二と美穂の邂逅は、このように捉えられます。

「何かに縛られている男が、女と出会った事で、それまでの自分を捨てて新しい世界を目指す」という物語なのです。人生には新しい世界を目指す勇気が必要な時があるという事です。(監督コメントより)

このテーマに影響を与えた作品として、テレンス・マリック監督の『地獄の逃避行』(1973)が挙げられています。

『河童の女』の真相は謎のままにしつつ、ここでは『地獄の逃避行』のあらすじに触れることで、作品の核心に迫っていきます。

田舎に生きる


(C)ENBUゼミナール

『地獄の逃避行』の原題は“Badlands”で、仕事も娯楽もほぼない退屈な田舎町を舞台にしています。

ごみ収集員のキットは道すがら声をかけた少女のホリーに一目惚れし、失業してもアプローチしつづけた結果、互いに愛しあうようになります。

しかしホリーの父親は、その関係を知って大激怒。キットは駆け落ちを決心し、ホリーを家から連れだそうとしますが、その際、勢いあまって父親を撃ってしまいます。

ホリーは実の父を殺されたわけですが、「長い孤独より、愛するひととの一週間を選ぶ」といい、ガソリンをまいて家を燃やし、キットとさびれた町を後にします。

一方、『河童の女』の舞台は見てのとおり片田舎ですし、浩二は兄から「東京に行け」と何度も諭されます。

兄には民宿を売り払おうとする別の思惑があるのですが、それがなくとも浩二は町を出ることに対し終始、罪悪感を抱いています。

2つの作品を比較するとより明らかですが、“田舎”とは物理的というよりは心理的に“閉ざされた世界”のことを指しており、そこで生きる人間にとっては「非日常」が解放のきっかけとなります。

両作品に共通するのはつまり、「女性との出会い」と「犯罪の気配」です。

犯罪から旅立ちへ


(C)ENBUゼミナール

本作にたちこめるその気配は濃厚です。

父は蒸発し、兄は借金まみれ、そして謎の女までもがあらわれ、見事に役者はそろっています。

逆にいえば、彼らはみな罪を抱えているからこそ、新しい世界を目指す勇気を持ちえている、とも考えられます。

罪が作品にシリアスな影ばかり落とすのではなく、どこかユーモラスにみえ、ときに希望さえ感じられるのは、今村昌平監督やポン・ジュノ監督の作風を思い起こさせるかもしれません。

道義的な基準はさておき、罪は人間の欲望を、生命を、もっとも輝かせる瞬間に立ち会わせることは、本作やそれら映画を観ればわかります。

源流にあたる『地獄の逃避行』では、ホリーのこの独白がその心情を的確にあらわしているでしょう。

私はテキサス生まれのつまらぬ娘 / 父は看板屋 / 一生は限られている / 私は急にゾッとした / どうなっていただろう / キットに会わず / 父も殺されず / あの家にいたら (『地獄の逃避行』より)

善悪の彼岸に棲む河童


(C)ENBUゼミナール

善し悪しだけで語ることができず、恐れたらいいのか、笑ったらいいのかわからないもの。

それはまさに「河童」です。

河童の伝承は日本各地にありますが、一説には「間引きされた子どもの遺体」が起源とされ、これは浩二の「罪の意識」とも大きくつながっています。

“河”は子どもが遺棄されるところでもあれば、人間が生きるのに欠かせない水をたたえるところでもある。

河川敷でずぶ濡れになっていた美穂に浩二が出会ったことは、生死が交差するイメージをよく示しており、善悪の彼岸にむかおうとする物語の予感に満ちています。

実際に河童がいたのかどうかは大きな問題ではありません。重要なのは、美穂が「河童+女」の役割を担っていることです。

スポンサーリンク

天の国は近づいた

(C)ENBUゼミナール

罪をあつかった物語のおさめ方として、そもそも罪はなかったとするか(冤罪)、悔い改めたとするか(贖罪)のパターンがよく見受けられますが、本作はそのいずれにも“ノー”を突きつけます。

逃避行そのものに新しい世界(天の国)を目指す力を見いだす快作『河童の女』は、2020年7月11日(土)より新宿K’s cinema、7月18日(土)より池袋シネマ・ロサ他にて全国順次公開予定です。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

NETFLIX映画『MUTE ミュート』ネタバレ感想と考察評価。ダンカンジョーンズ監督が描くSFサイバーパンクとしての追跡劇|SF恐怖映画という名の観覧車109

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile109 進化し続ける技術の先にある未来はキラキラとした便利な社会。 様々な「SF」映画でそんな輝かしい未来が描かれる一方で、輝かしい未来とは真逆 …

連載コラム

シンウルトラマン予告考察|ガボラ・ネロンガ×本“野生の思考”×巨大人型生物【光の国からシンは来る?2】

連載コラム『光の国からシンは来る?』第2回 2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明・樋口真嗣が再びタッグを組んで制作した新たな「シン」映画。 それが、19 …

連載コラム

映画『バーバラと心の巨人』感想と結末の考察。想像力はホラーに通じる|SF恐怖映画という名の観覧車18

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile018 前回のコラムの次回予告では、今週はゾンビ映画を題材としたコラムを執筆する予定でした。 しかし、一足先に鑑賞した映画がとても興味深い映画で …

連載コラム

映画『レ・ミゼラブル(2012)』あらすじと感想レビュー。バルジャンとジャベールの対立とキャストの歌声は一見の価値あり|蟹江まりの映画ともしび研究部1

連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」第1回 はじめまして、蟹江まりです。 歌と演技が大好きで、女優を目指して特訓中の大学生です!愛してやまない映画の面白さと素晴らしさを、少しでも分かりやすく伝え …

連載コラム

『歯まん』感想と考察。キワモノホラーか恋愛映画なのか?岡部哲也監督は化物よりも恐ろしいモノを描いた|SF恐怖映画という名の観覧車37

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile037 映画の発展と共にスーパーヒーロー映画が乱立し、今もなお高い人気を保ち続けています。 「自分にもあんな能力があれば…」と思わず羨望してしま …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学