Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/06/26
Update

『太平洋ひとりぼっち』に観る日本映画の特撮のあり方|邦画特撮大全1

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第1章

初めましての方が多いと思いますので、今一度ご挨拶を。この度、コラムを担当することになった森谷秀と申します。

今回私が担当することになったテーマは、ズバリ「特撮」です。

「特撮」という言葉を聞いて、皆さんは何を想像するでしょうか?

ウルトラマンや仮面ライダーといった変身ヒーローでしょうか?

それともゴジラやガメラといった巨大怪獣でしょうか?

まず第1回目は「特撮」という言葉の意味から、特撮というものをひも解いて行こうと思います。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

特撮の語源と始まり

「特撮」とは、“特殊撮影技術”を省略した言葉です。

ミニチュア撮影やコマ撮りアニメーション、合成処理や操演、そうした技術の総称の事です。つまり「特撮」とは映画のジャンルを指す言葉ではなく、本来は技術・手法のことを指す言葉なのです。

また皆さんは、SFXやVFXという言葉も聞いたことがありませんか?

SFX(special effects)は特撮を意味する英語で、撮影現場で行われる視覚効果を指します。

一方、VFX(visual effects)はポスプロ段階で施されるデジタル処理による視覚効果の事を指します。つまりコンピュータ・グラフィックスなどの事です。

『月世界旅行』&『メリエスの素晴らしき映画魔術』予告編

SFXの創始者と言われているのが、ジョルジュ・メリエスです。

マーティン・スコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』(2011)にも重要人物として登場し、この作品では名優ベン・キングズレーが演じています。

彼の代表作が『月世界旅行』(1902)。この作品で当時の特撮がどのようなものか判ります。

しかし“特撮”という言葉が誕生したのはメリエスの時代ではありません。この頃、こうした撮影技術は“トリック撮影”と呼ばれていました。

特撮の神様と呼ばれた円谷英二

初代『ゴジラ』の予告編(1954)

“特撮”という言葉を使い始めたのは、特撮監督・円谷英二です。

説明不要かもしれませんが、初代『ゴジラ』(1954)の特撮監督です。1963年に円谷プロダクションを設立し、その後『ウルトラQ』『ウルトラマン』(1966年)に端を発するウルトラシリーズを製作しました。

しかし、円谷プロが設立して最初の仕事は1963年のある1本の映画です。

その映画なのですが、変身ヒーローも巨大怪獣も出てこない作品なのです。

スポンサーリンク

映画『太平洋ひとりぼっち』

造船所で働く一人の青年(石原裕次郎)は、周囲の反対を押し切ってヨットで出航。太平洋横断を目指します。

洋上で彼が思い出すのは孤独な日々、実父との不仲……。

『太平洋ひとりぼっち』は1963年公開の日本映画。石原プロモーションの第1回作品で、監督は翌々年『東京オリンピック』(1965)を発表する市川崑です。

この作品での特撮を円谷プロが請け負いました。但し裕次郎の古巣・日活の特殊技術部の金田啓治との共同です。

本作の円谷プロ側の特撮は川上景司が手掛けました。川上は東宝・松竹を経て円谷プロに参加した人物で、特撮を担当した作品に『君の名は』(1953)、日仏合作の『忘れえぬ慕情』(1956)、木下恵介監督の『野菊の如き君なりき』(1955年)、『喜びも悲しみも幾歳月』(1957)などに参加しています。

特撮パートの撮影は高野宏一氏。本作は彼のキャメラマンデビュー作でもあります。

数多くの円谷作品で特技監督を担当し、後に円谷プロの取締役となった以降は“監修”の立場で『ウルトラマンティガ』(1996)から『ウルトラマンコスモス』(2001)までの作品に参加します。

この作品の特撮場面は主人公が乗るヨットの部分なのです。そもそも原作は実際にヨットで太平洋横断に成功した堀江謙一のノンフィクションです。大ダコや巨大クジラが出てくることはありません。

ちなみに筆者は、特撮云々関係なく『太平洋ひとりぼっち』が映画として好きです。

まとめ

最初に言いましたが特撮は“特殊撮影技術”という手法を意味する言葉です。

『太平洋ひとりぼっち』のような一般映画にも、必要であればそうした技術は用いられます。

実際、現在制作・公開されている映画やTVドラマにはCGなどが何かしらの形で使用されています。

極端に言ってしまえば、ほとんどの映像作品には特撮が使われているのです。

我々が映像作品のジャンルとして“特撮”と呼ぶ場合、特撮技術の利用が主体になっている作品を指しているのです。

次回以降はゴジラやガメラ、ウルトラマンや仮面ライダーなどの具体的な作品に触れていきましょう。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ザ・ビートルズ:Get Back|感想評価と解説。ゲットバックなどの名曲が生まれる瞬間に立ち会える究極のエンターテインメント【だからドキュメンタリー映画は面白い65】

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第65回 今回取り上げるのは、Disney+で2021年11月25、26、27日に3話連続で配信の『ザ・ビートルズ:Get Back』。 「ロード・オブ …

連載コラム

映画『ブラックウィッチ』ネタバレ結末感想とラストあらすじ考察。ガチ怖魔女ホラーのおぞましい真実が暴かれる|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー52

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第52回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画サイレンサー4破壊部隊|ネタバレあらすじ感想と結末解説。ディーン・マーティンが沈黙部隊で魅力を発揮するスパイアクション|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー30

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第30回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

WELCOME TO JAPAN日の丸ランチボックス|感想と評価。藤田恵名が西村喜廣のバイオレンスな世界で歌う|SF恐怖映画という名の観覧車67

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile067 2012年から日本の一部劇場で開催されている「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」。 このイベントは、スペインのリゾート地 …

連載コラム

清原惟映画『網目をとおる すんでいる』あらすじと感想レビュー。短編作品ならではのフレキシブルな源泉|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り7

第10回ちば映画祭「清原惟監督特集」 東京藝術大学大学院の修了制作として手がけた初長編作品『わたしたちの家』が2018年に渋谷ユーロスペースで公開され、鮮烈な映像感覚が大きな注目を集めている清原惟(き …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学