Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『脱走特急』ネタバレあらすじと感想。ロシアの実話として若き女性鉄道兵たちの戦争秘話を描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録42

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第42回

「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第42回で紹介するのは、第2次世界大戦の激戦地、レニングラードで活躍した、女性鉄道兵たちを描いた戦争映画『脱走特急』

1941年、ソビエトに攻め込んだナチス・ドイツ軍。その主要な目標の1つがレニングラードでした。長らくロシア帝国の首都であった、現在のサンクトペテルブルクです。

当時はロシア革命の父、レーニンの名を冠したソビエトの聖地であり、工業と物流の拠点となる、厖大な人口を抱えた港湾都市として、戦争の行方を左右する場所でした。ドイツ軍はこの都市を包囲しますが、ソビエト側も必死に抵抗しました。

そのレニングラードに物資を補給する役目を担ったのが、女性市民たちも動員した鉄道輸送隊でした。その物語が今、映画化されたのです。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『脱走特急』の作品情報


© АНО “Творческая студия “СТЕЛЛА”

【日本公開】
2020年(ロシア映画)

【原題】
Коридор бессмертия / Convoy 48

【監督・脚本】
フェドール・ポポフ

【キャスト】
アルテム・アレクシフ、アナスタシア・ツィビゾワ、スヴェトラーナ・カツァガジヴェヴァ、スミルノヴァ・ イゴール・ヤスロビッチ、アルテム・ミリニチャク、アレクサンダー・ヤツェンコ

【作品概要】
包囲されたレニングラード市民を救うべく、戦火の中活躍した第48鉄道隊の人々を描いた大作戦争映画。ロシア映画界で長らく監督・製作を務めるフェドール・ポポフの手掛けた作品です。

「未体験ゾーンの映画たち 2014」で上映された『ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火』(2012)のアルテム・アレクシフや、ロシアのTVドラマなどで活躍するアナスタシア・ツィビゾワ、『ダイアモンド・アーム』(1969)など60年代から活躍するベテラン、イゴール・ヤスロビッチらが出演しています。

映画『脱走特急』のあらすじとネタバレ


© АНО “Творческая студия “СТЕЛЛА”

1943年1月18日。長らくドイツ軍の包囲下にあったレニングラード市内に、ソビエト軍がついに包囲網を破った、との放送が流れ市民たちは歓喜の声を上げます。

とはいえ実体はラドガ湖沿岸の、幅4~8㎞の回廊を切り開いたに過ぎず、レニングラードが解放された訳ではありません。多くの市民に必要な物資を運び込むには不十分なものでした。

列車1本は大型トラック100台分に勝る物資の輸送が可能で、泥炭湿地である回廊には、まともな道路もありません。レニングラードの最高指導者、軍事評議員のジダーノフ中将は、今もドイツ軍の攻撃に晒されるこの回廊に、鉄道を敷設することを決定します。

その頃レニングラード市内では、女学生のマーシャ(アナスタシア・ツィビゾワ)とソーニャ(スヴェトラーナ・カツァガジヴェヴァ)が徴用されていました。音楽を学ぶ2人は楽団に入ることを希望しますが、第48鉄道隊への配属を命じられました。

こうして彼女たちの鉄道隊での生活が始まります。しかしまず2人に与えられた仕事は、他の徴用された市民と共に、鉄道の建設に従事することでした。工事現場まで列車で運ばれ、貨車から降りるとドイツ軍の砲弾が降り注ぎ、逃げまどう市民たち。

それでもマーシャとソーニャは、市民たちと共に森に入ると木を切り倒し、野宿して作業を続け、鉄道のルートを切り開いてゆきます。

こうした市民の力に支えられ、鉄道隊はわずか17日で33㎞の線路を敷設し、レニングラードと外部を結ぶ鉄道の開通に成功しました。

しかし工事は簡単には進んだ訳ではありません。マーシャとソーニャの働く建設現場は、時に砲弾が落ち、ドイツ軍戦闘機が現れ機銃掃射を浴びせます。

ソビエト軍戦闘機が現れ、ドイツ軍機を撃ち落すと、皆が歓声を上げます。しかし脱出した操縦士を、一部の市民がシャベルを手に襲う姿を、黙って見つめるしかないマーシャたち。

人々の心が荒む中、マーシャは楽器のピッコロを取り出します。それを見た老人が、彼女に「スリコ」(ジョージア民謡で亡くなった恋人を偲ぶ歌。スターリン時代のソビエトで流行した曲)を
吹けるかと訊ねます。

マーシャが「スリコ」を演奏すると、皆が工事の手を止めて聴き入ります。演奏を終えたマーシャに老人は配給のパンを差し出します。断る彼女に、君は生きなさいと告げる老人。

決意を新たに作業に戻ろうとするマーシャとソーニャ。しかし建設現場にはまた、ドイツ軍の砲弾が落ちてきます。

北極圏に近い港湾都市、ムルマンスク。腕は良いが一癖ある機関士のフョードロフ(アルテム・アレクシフ)は、鉄道を運用する人員が不足している、レニングラードに行けと命じられます。

さもなければ囚人部隊行きだと告げられ、フョードロフは楽器のマンドリンを手に、同じように選ばれたソバーキンら仲間と共に、輸送機でレニングラードに向かいました。

鉄道の敷設工事が完了すると、マーシャとソーニャは老いた機関士である教官、ペドロヴィッチ(イゴール・ヤスロビッチ)から機関車の運転を学びます。素人であるマーシャたちの頼りない操作を、厳しく指導するペドロヴィッチ。

フョードロフたちが到着したレニングラードは、まだ時折ドイツ軍の砲弾が降ってくる状況です。彼は通りがかったをマーシャを、砲弾の爆発から身を挺してかばいました。

48鉄道隊本部に到着したフョードロフたちは、機関車を運行する鉄道隊の隊員たちが、経験の無い若者たちと知って驚きます。しかし火夫のバクダフスキー(アレクサンダー・ヤツェンコ)らと共に、任務を果たそうと決意します。

フョードロフの前に集まった、マーシャら女性を含む経験の浅い第48鉄道隊の隊員たち。指揮官はナチス・ドイツに勝利するため、そしてレニングラード市民のため列車走らせ物資を積み、必ず戻ってこいと激励しました。

彼らの列車は途中で蒸気機関用の水を補給し、ネヴァ河の鉄橋を渡ります。氷の上に敷かれた線路は冬の間しか使えません。氷がきしむ線路の上を、慎重に列車を走らせるフョードロフ。

森の中を進む列車に、ドイツ軍は砲撃を加えます。周囲に砲弾が落ちる中、列車は先を急ぎます。しかし保線要員から、前から下り坂を暴走する貨車が向かっていると警告を受けます。

フョードロフはスピードを落とし、慎重に機関車を操って、衝突した貨車との連結に成功します。バクダフスキーら火夫はボイラーの火を強め、マーシャとフョードロフは上り坂での車輪の空転を防ごうと、シャベルで線路上に土を撒きました。

彼らの努力で列車は前に進み始め、ドイツ軍の攻撃に晒される、危険なラドガ湖沿岸の”死の回廊”を通り抜けました。こうして列車は目的地のチャレポベツに到着します。

貨物を積む間、第48鉄道隊隊員たちは短い穏やかなを時間を過ごします。しかし物資を積んでレニングラードへ戻る復路は、厳しいものになることが確実でした。

そこで煙幕を発生させる発煙缶を集め、砲撃の着弾地点を観測する、ドイツ軍の目から列車を隠そうと決めたフョードロフ。

列車がレニングラードに向け”死の回廊”を通過する時、フョードロフは発煙缶を投げ列車を隠そうとします。しかし走りながら煙幕を張っても、先頭車両は敵の目に晒されます。

しかもドイツ軍は、並走して走る制圧下の鉄道に装甲列車を用意し、林の途切れた見晴らしの効く場所で、列車を直接狙い砲撃してきます。そこでフョードロフは機関車を貨車から切り離し、単独で運転して走らせながら、線路を煙幕で覆い隠そうと試みました。

フョードロフに砲弾の破片が当たり、彼は意識を失います。しかし列車を守ろうと行動し、誤って炭水車に落ちていたソーニャが、危険をかえりみず機関車に乗り込みます。

彼女はフョードロフを目覚めさせると、彼の指示で機関車を操作し停車させると、今度は逆走させます。機関車を操って、無事切り離した貨車との連結に成功したソーニャ。

今度はソビエト軍の砲撃が開始されました。列車は味方の砲撃に援護され、煙幕を張った線路を進みます。

こうしてまだ包囲下にあるレニングラードに、仲間と列車で到着したマーシャとソーニャ。鉄道輸送隊の活躍で物資が運び込まれた市内に、2月22日より配給のパンを増量するとの放送が流れます。それを聞いた2人は、市民と共に歓声を上げました。

ところが2人の訪れた病院は焼け落ちていました。そこに家族が入院していたソーニャは、思わず泣き崩れます。

そこに現れた看護婦が、ソーニャの家族は鉄道隊の活躍で、包囲を抜けレニングラードから移された、と教えてくれました。その知らせを聞いて安堵する2人。

今だにレニングラードはドイツ軍の包囲下にありましたが、明るい兆しが見えてきました。

以下、『脱走特急』のネタバレ・結末の記載がございます。『脱走特急』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


© АНО “Творческая студия “СТЕЛЛА”

鉄道輸送隊の集会で詩を朗読するマーシャ。そこでフョードロフは、新たに配属される若者カーシャ(アルテム・ミリニチャク)を紹介されます。

第48鉄道隊の面々は、共に食事をとり酒を酌み交わします。やがてフョードロフがマンドリンを演奏すると、マーシャもピッコロを吹いて加わり、一同は盛り上がりました。

列車での出来事があってから、ソーニャはフョードロフに恋心を抱いているようです。そんな友人を優しく見守るマーシャ。

“死の回廊”の鉄道開通以来、2ヶ月で50回列車を走行させ物資を運び込まれていました。しかし今回はフョードロフらに、特別な”荷物”を包囲下の街から安全な運び出すよう、国家保安部の幹部から命令が下されます。

第48鉄道隊が運行する列車には、レニングラードから疎開する子供たちが乗せられていました。フョードロフは最年長の少年、リョーカに子供たちの監督を任せました。

さらに列車には警備兵が乗り込み、厳重に守られた車両と、婦人部隊の兵士が操作する、重機関銃を乗せた貨車が連結されました。準備が整うと出発する列車。運んでいるのか何か知らされていない隊員たちは、その中身について噂します。

ところが”死の回廊”にさしかかると、保線要員が駆け寄り列車を止めます。この先の線路上に不発弾があると言うのです。

フョードロフは列車を降り、火夫のバクダフスキーらと共に、現場へ駆け付けます。確かに線路上の地面に、ドイツ軍の砲弾が突き刺さっていました。砲弾を慎重に掘り出し、線路の脇に運び出したフョードロフとバクダフスキー。

列車は運転を再開します。厳重に守られた車両には、ソビエトの核開発に関わる科学者たちが乗っていました。彼らも列車が動き出したことに安堵していました。

今回も見通しの良い開けた場所で、ドイツ軍の装甲列車が砲撃を開始します。フョードロフは煙幕を展開し、一気にこの場所を走り抜けようと試みます。

敵の砲撃に重要人物の科学者の護衛部隊の隊長は、いら立ってフョードロフを電話で怒鳴り、疎開する子供たちは客車で身を寄せ合いました。

無事危険な箇所を通り抜け、フョードロフは機関車の仲間と共に抱き合い喜びます。ところが列車が途中から切り離され、後方部分は坂道を下り、元の場所へと逆走していきます。最後尾の車両に乗ったマーシャとソーニャは焦ります。

逆走する貨車が開けた場所に現れると、装甲列車が狙って砲撃を加えてきます。命中弾はなく、車列が林の中に姿を隠すと、非常用ブレーキを操作し停車させるマーシャとソーニャ。

列車はドイツ軍の砲撃の影響で切り離されました。科学者たち貨車に積んだ貴重な荷物が、機関車側にあり損傷していないことに安堵します。しかし疎開する子供たちの客車は、マーシャがいる後方車両に連結していました。

ドイツ軍は林に隠れた列車に、間接射撃で砲撃を加えます。護衛部隊の隊長は特別な荷物と科学者を無事送り届けようと、列車を進ませることを望みますが、フョードロフは後方車両を救う手段を探します。

後方車両側ではマーシャは、線路に損傷が無いか確認しながら、先頭側に連絡しようと走りましたが、ドイツ軍の砲撃に彼女は倒れました。

バクダフスキーはカーシャらと共に、損傷した連結器の部品を得ようと、線路脇に放棄された損傷貨車の元に向かいます。使えそうな部品を回収し、応急修理を完了させるバクダフスキー。

上空に状況を確認し砲撃を誘導すべく、ドイツ軍の観測機が現れます。重機関銃の女隊長は対空射撃を命じますが当たらず、こちらの位置を知らせたと護衛の隊長は怒りました。

フョードロフは後方車両を救出しようと、車両を後進させますが林が切れた場所に出ると、ドイツ軍の砲撃が集中します。やむなく断念した彼を、護衛の隊長は銃を向けて逮捕し、科学者と荷物を送り届けるよう、後方の車両を捨て前に進めと命じます。

ソバーキンやバクダフスキーらは、フョードロフがいないと機関車は動かせないと偽り、そこに後方車両の子供たちは、今も無事だと報告が入ります。それを聞いたソーニャは、貴重な荷物を積んだ貨車に乗り込み、それを列車から切り離しました。

ソーニャを乗せた貨車は坂道を下り、後方へと走り出します。護衛の兵にも止める術はありません。その荷物無しで送り届けても、与えられた使命は果たせず、隊長は列車を先へと進めることを断念します。

第48鉄道隊の隊員たちと重機関銃を操作する婦人部隊は、子供たちがいる後方車両を救うことを望んでいました。彼らは木々の枝で、重機を積んだ貨車を偽装しました。

ソーニャは切り離した貨車を後方の車列に連結しました。その頃、線路沿いで血まみれになって、倒れている姿を発見されるマーシャ。

列車を林の端まで下がらせ、ドイツ軍装甲列車を重機関銃で攻撃します。反撃されると前に進み、林の中に車列を隠します。

今度は命がけで前もって線路上に煙幕を張り、その上で車両を後進させ、フョードロフが重機関銃を操作し攻撃します。ところが前進しようとすると列車は動きません。

確認すると機関車は、前進できないよう細工されていました。それに気付いた相手を刺殺するカーシャ。彼はドイツ側に加担して、破壊活動を行う工作員だったのです。

フョードロフは銃撃を続けますが、ドイツ軍装甲列車はびくともしません。カーシャは機関室に忍び込み、ようやく機関車を動かしたソバーキンを襲い、列車を止めました。

立ち上がったソバーキンは、観測機に信号弾を撃って、合図を送ろうとするカーシャに掴みかかり、機関車の高圧蒸気を浴びせて倒します。

その時ドイツ軍の装甲列車に、ソビエト軍の砲火が集中しました。敵の列車は破壊され、兵士たちは歓声を上げます。しかし重機関銃を操作していたフョードロフは、敵の攻撃に傷付いており、ソーニャの前で息を引き取ります。

列車は全ての車両を連結すると、無事目的地に到着しました。列車を降りた科学者は、運び出した荷物の無事を確認し、そして包囲下のレニングラードを逃れた子供たちに目をやります。子供たちの面倒は、年上のリョーカがしっかりと見ていました。

そして第48鉄道隊の面々は、運ばれてゆく仲間の遺体を見つめていました。科学者は自分たちを送り届けてくれた、彼らの姿にも目をやります。

ソーニャは亡き友人マーシャの形見となったピッコロを、リョーカに託して去りました。

この時にレニングラードを脱出した科学者と、持ち出したサイクロトンによってソビエトの核開発は進められ、1949年に最初のソビエト製原子爆弾の実験が行われたのです。

スポンサーリンク

映画『脱走特急』の感想と評価

参考映像:『レニングラード 900日の大包囲戦』(2009)

第2次世界大戦で、最も凄惨な戦いと呼ばれる独ソ戦。しかし首都を巡るモスクワ攻防戦、戦争のターニングポイントとして、劇的な結果となったスターリングラード攻防戦に比べると、レニングラード攻防戦の日本での知名度は、やや劣っているかもしれません。

しかし900日近い長期に渡った、多くの住人を巻き込んだ壮絶な戦いは、今も世界の人々の記憶に残り、語り継がれています。

その全貌は旧ソビエトで、70㎜フィルムで撮影された大作戦争映画、『レニングラード攻防戦』(1974)と『レニングラード攻防戦Ⅱ 攻防900日』(1977)で、各前後編の計4部作というスケールで映画化されました。

今回の『脱走特急』は1943年1月以降の、回廊が切り開かれた後の物語。それ以前の包囲された初期の、飢餓状態に陥った都市を描いた映画には、ミラ・ソルヴィノとガブリエル・バーンが出演した『レニングラード 900日の大包囲戦』があります。

レニングラード戦の秘話を映画化


© АНО “Творческая студия “СТЕЛЛА”

簡単にこの戦いの流れを解説した上で、映画の背景を見ていきましょう。

1941年6月22日、ナチス・ドイツはソビエトに侵攻を開始します。その大きな目標の1つがレニングラードであり、ドイツ軍は9月8日にラドガ湖畔まで進出、都市を包囲します。

一方のソビエト側も体制を立て直します。革命の聖地でありロシア帝国時代の首都、そして市内の軍需産業は、今も稼働し戦線に多くの兵器を供給していました。この都市を守るべく、激しい抵抗を続けました。

余りにも厳重な防御態勢に、ドイツ側は市内に突入を断念、9月17日には戦車部隊をモスクワ攻略に参加すべく移動を命じます。ヒトラーはレニングラードの早期占領を諦め、包囲して兵糧攻めにすると決定します。

その結果レニングラード市内は食料不足に陥り、配給食糧は激減し飢餓状態が発生、死者があふれ人肉食まで発生する、あまりにも凄惨な状況が生まれました。

しかし冬が到来し、11月にラドガ湖やネヴァ河が凍ると状況が変わります。氷の上の”命の道” と呼ばれるルートを通り物資が運び込まれ、50万以上の市民や重要産業設備が脱出します。

1942年4月になるとこの道は途絶え、防衛や産業活動の維持に多数の市民が残るレニングラードは、引き続き厳しい食料事情が続きます。しかし再開されたドイツ軍の攻撃に耐えて、また冬が訪れるとソビエト軍は反撃に転じました。

1943年1月18日、ラドガ湖沿いに本土との回廊が切り開かれます。それ以降の物語を描いたのが『脱走特急』です。直後の2月2日にはスターリングラードで包囲されたドイツ軍が降伏、独ソ戦は大きな転換点を迎えます。

この切り開かれた、”死の回廊”で活躍したのが鉄道隊でした。映画はフィクションを交えて描いていますが、本作の脚本には両親はレニングラードの封鎖を生き延び、父親が第48鉄道隊の一員として列車を運行している、ディミトリー・カラリスが参加しています。

そして本作のアドバイザーとして、レニングラード戦に参加し、後に著名な作家・脚本家となったダニエル・グラニンが参加し、包囲下で暮らす人々のリアルな姿の再現に協力しています。

ロシア文芸戦争映画の伝統


© АНО “Творческая студия “СТЕЛЛА”

ロシア人でも知る人が少ない、歴史的秘話を描いた意義ある作品と評された本作。全体的に地味な印象は拭えませんが、戦争映画ファンのための見所を紹介しましょう。

冒頭でメッサーシュミットBf109戦闘機を撃ち落としたのは、ソビエトのラヴォーチキンLa-5戦闘機でしょうか。また偵察機としてフォッケウルフFw189が登場。絶望的な気分になるソビエトの戦争映画、『炎628』(1985)に登場した飛行機と言えば、お判りの方もいるでしょう。

なんといっても珍しいのがドイツ軍の装甲列車の登場。遠景での登場で細かいディテイールが判明しないのが残念ですが、『天空の城ラピュタ』(1986)に登場する装甲列車の、デザインの元ネタとも言われる車両も登場するので、目を皿にして注目して下さい。

ですが本作の戦闘シーンは基本的に地味。実質的にドイツ兵が姿を現さない、ドラマ重視の映画です。『この世界の片隅に』(2016)風に、小市民を描く視点が興味深いです。

しかしメロドラマに歌のシーン、群像劇というより、実質主人公が移っていくような展開は、ソビエトの『静かなるドン』(1958)『戦争と平和』(1967)といった作品の、文芸戦争映画的なゆったりとした展開を思わせます。

裏切り者がいるスパイ映画要素に、核開発秘話はどうも付け足しに思えて、本当に必要なの?という気がしますが、サービス要素なんでしょう。

装甲列車と対決する絶対不利なクライマックス、登場人物の位置関係がおかしいような気もしますが、世界で公開しているのは125分版、今回日本で公開されたのは140分版。まったりとした展開を含め、この違いに謎を解くカギがあるのでしょうか。

まとめ


© АНО “Творческая студия “СТЕЛЛА”

ソビエト=ロシアの文芸映画の香りがする、勝利しても物悲しいムード漂う『脱走特急』。独ソ戦に興味のある、戦争映画ファンには無論お薦めですが、もう1つの主役、機関車の描写が微に入り細に入ってます。鉄道映画ファンこそ、実に見逃せない作品です。

映画をツッコミつつ紹介しましたが、このレニングラード戦では、ソビエト側の公式発表でも60万以上とされる餓死者が発生、市民の総犠牲者数については70万から150万までの間の、様々な説が存在しています。

この状況は包囲下のレニングラードを生き、映画より早い1942年8月に脱出、1944年に亡くなった、ターニャ・サヴィチェワという少女が日記に残しています。これは「ターニャの日記」として日本でも出版されています。

『脱走特急』も充分重い映画ですが、それでも更に凄惨だった時期を乗り越えてからの、希望が見いだせ始めた頃の物語だと意識して見ると、印象も変わってくるでしょう。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)2018 YOUKU INFORMATION TECHNOLOGY (BEIJING) CO.,LTD AND LIAN RAY PICTURES

次回の第43回は突如太陽が消滅した世界を描くSFディザスター映画『ラスト・サンライズ』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『フェイクプラスティックプラネット』評価感想と内容解説。山谷花純が一人二役を演じるサバイバルミステリー|銀幕の月光遊戯 67

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第67回 映画『フェイクプラスティックプラネット』は、東京・名古屋での上映を好評のうちに終え、2020年8月15日(土)からは大阪のシネ・ヌーヴォに舞台を移して公開を開始。 …

連載コラム

実写映画『スポーン』あらすじと解説。ジェイミー・フォックスでリブートするダークヒーローとは|最強アメコミ番付評17

こんにちは、野洲川亮です。 今回は『ヴェノム』を生んだ作者の代表作、ダークヒーロー映画『スポーン』を解説していきます。 映画『スポーン』の魅力、そして2019年にジェイミー・フォックス主演で公開予定と …

連載コラム

ジーン・セバーグ映画『リリス』のあらすじと考察。 ロバート・ロッセン監督が放つ美しく危険な神話|偏愛洋画劇場17

連載コラム「偏愛洋画劇場」第17幕 ケネディ大統領の就任、公民権運動、ベトナム戦争、キング牧師やマルコム・Xの登場、そして暗殺…。アメリカだけでも数え切れないほどの出来事が起こった動乱の時代であった1 …

連載コラム

映画『VS狂犬』感想と考察評価レビュー。シッチェス映画祭2020ファンタスティックセレクションからウイルスによって凶暴化した介護犬と戦う少女|SF恐怖映画という名の観覧車126

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile126 サバイバルにおいて生死の境を分けるのは知識の有無であると言われています。 しかし、時に知識の力を遥かに凌駕するのは本人の「生きる意志」。 …

連載コラム

韓国映画『それだけが、僕の世界』感想と評価。イ・ビョンホン主演で何もかも違う兄弟の出逢いと家族の絆を描く|コリアンムービーおすすめ指南5

イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』が、12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。 母の愛を求めながら孤独に生きてきた元ボクサーの兄と、母の愛を一身に受けて育った …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP