Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『レモ第1の挑戦』あらすじと感想評価。ブルーレイが発売された“労働者階級の007”の製作秘話とは|すべての映画はアクションから始まる2

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第2回

“労働者階級のジェームズ・ボンド”が、裁けぬ悪を成敗する!

日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアクションから始まる』。

第2回は、2019年9月4日に日本初のブルーレイソフトが発売された、1986年製作の『レモ/第1の挑戦』です。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『レモ/第1の挑戦』の作品情報


映画『レモ/第1の挑戦』

【日本公開】
1986年(アメリカ映画)

【原題】
REMO:The Adventure Begins…(別題:REMO:Unarmed and Dangerous)

【監督】
ガイ・ハミルトン

【キャスト】
フレッド・ウォード、ジョエル・グレイ、J・A・プレストン、ケイト・マルグレー、ウィルフォード・ブリムリー、チャールズ・シオッフィ

【作品概要】
朝鮮発祥の古武術“シナンジュ”を体得した政府機関エージェント、レモ・ウィリアムズが強大な悪と闘うアクション映画。

アメリカでロングセラーを誇る小説「ザ・デストロイヤー」シリーズを原作に、監督に「007」シリーズを手がけたガイ・ハミルトンを迎えました。

出演は、主人公レモ役を『トレマーズ』(1988)のフレッド・ウォード、シナンジュの使い手チュンを、アカデミー賞俳優のジョエル・グレイが演じます。

そのほか、後年にテレビドラマ「スター・トレック/ヴォイジャー」でシリーズ初の女性艦長を演じたケイト・マルグレーが脇を固めます。

惜しくも受賞は逃すも、1986年度のアカデミー賞メイクアップ賞とゴールデングローブ賞最優秀助演男優賞(ジョエル・グレイ)にそれぞれノミネートされています。

映画『レモ/第1の挑戦』のあらすじ

ニューヨーク市警のマキン警官は、ある日、政府のエージェントのマクレリー(マック)によって死を偽装された上に、顔を整形手術されて全くの別人「レモ・ウィリアムズ」となってしまいます。

マックが所属するのは、法の手の届かない強大な悪を秘かに抹殺しようという組織で、彼と大統領直属のハロルド・スミスの2人だけで構成されていました。

スミスたちはレモを完璧な暗殺者にすべく、チュンという年老いた韓国人に彼の身を預けます。

チュンは朝鮮の古武術シナンジュの名手で、銃の弾丸をよけることが出来る能力を持つ人物。

最初こそ嫌々ながらチュンの指導を受けるレモでしたが、彼の人柄に触れていくにつれ、シナンジュの奥義を会得していきます。

一方スミスは、軍需産業の大物ジョージ・グローヴが、アメリカの防衛システム開発の独占を企てていることを突き止め、彼を最初のターゲットとするのでした。

スポンサーリンク

原作はロングセラーのアクション小説

本作の原作は、アメリカの推理作家ウォーレン・マーフィーがリチャード・サピアとともに執筆したアクション小説「ザ・デストロイヤー」(日本でも「殺人機械」シリーズとして東京創元社から刊行)です。

アメリカで1971年に第一作が刊行されて以降、瞬く間に人気を博しシリーズ化され、作者の交代を経るなどしながら、累計でなんと120冊超もの巻数を誇ります。

原作版は、映画版よりもレモと師であるチュン(原作ではチウン)やハロルド・スミスとのバディ感が強まっていたり、シリーズが進むにつれ、レモがシナンジュ分派との継承者争いに巻き込まれるといった展開にもなっていきます。

『マトリックス』を先取りしたレモの能力

参考:イギリス・アロービデオ社のツイッター

本作の魅力は、何といっても主人公レモが身に付けた能力“シナンジュ”にあります。

拳銃やナイフなどの武器を使わずに、素手のみでターゲットを仕留める武術に加え、拳銃の引き金を引く筋肉の音を聞き取ることで、弾丸すらかわしてしまいます。

さらには特殊な呼吸法を使って、空中に浮くこともできるのです。

まるで「マトリックス」シリーズ(1999~2003)のネオのような動きを見せるレモですが、そんな彼の能力が如何なく発揮されるのが、中盤での自由の女神像で繰り広げられるアクションシーン。

本作撮影時(1985年)、女神像は改修工事を行っていたためにパイプで作られた足場で覆われており、ここで刺客に狙われたレモは、身軽な身体を駆使して相手の攻撃をかわします。

この時代にはCG技術などないため、文字通り危険な生身のスタントを伴ったアクションシーンが展開されるので必見です。

スポンサーリンク

華麗なるデビュー作となるはずが…

原作が120冊超もある上に、武器を一切使わない斬新なヒーローということで、小説「ザ・デストロイヤー」はシリーズ化を想定して映画版の製作に着手。

製作陣がレモを、“ブルーカラー(労働者階級)のジェームズ・ボンド”と評したのを裏付けるかのように、監督に『007/ゴールドフィンガー』(1964)、『007/ダイヤモンドは永遠に』(1971)など計4本の「007」シリーズを手がけたガイ・ハミルトンを、脚本に『007/私を愛したスパイ』(1977)、『007/ムーンレイカー』(1979)のクリストファー・ウッドを揃えました。

まさに強力な布陣で1985年10月のアメリカ公開に臨んだ本作でしたが、結果は約1,500万ドルの製作費すら回収できないほどの惨敗となり、シリーズ化も頓挫してしまいます。

“第2の挑戦”は今なお続く?

それでも、映画版プロデューサーのラリー・スピーゲルやジュディ・ゴールドステインは、1988年にテレビドラマでのシリーズ化を目論んでパイロット版を制作するも、こちらも頓挫(ここではURLを貼りませんが、Youtubeでパイロット版が見られます)。

また、実現はしなかったものの、『アイアンマン3』(2013)や『ナイスガイズ!』(2016)のシェーン・ブラック監督が、新たに「ザ・デストロイヤー」の映画化に動いたりもしました。

興行成績こそ芳しくなかったものの、今でも根強いファンを持つ本作。

ラリーやジュディら元プロデューサー陣は、いまだに本作の続編製作を諦めていないと表明しているだけに、ファンは“第2の挑戦”が来るのを気長に待つとしましょう。

まとめ

参考:日本版ブルーレイ発売元『是空』のツイッター

そんな本作『レモ/第1の挑戦』は、日本ではこれまでDVDが発売されていましたが、特典映像は予告編のみという寂しい仕様となっていました。

しかし2019年9月4日に、予告編にプラスして関係者のインタビュー映像やオーディオコメンタリー、さらにテレビ版の日本語吹き替え音声も収録したブルーレイソフトが発売。

プロデューサー陣の続編製作への思いや、自由の女神像でのアクションシーンの裏側に触れたコメントはもちろん、1980年代のアクション映画の系譜を追った貴重なドキュメンタリーも見逃せません。

映像も特典もパワーアップしたブルーレイの発売で、これまで観たことのない方も、これを機に是非ともチェックしてください!

次回の連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』もお楽しみに。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

講義【映画と哲学】第1講「行為について:アリストテレスの行為論から映画を見る」

2019年2月から日本映画大学准教授である、田辺秋守氏による「映画と哲学」の講義を連載します。 第1講では、クシシュトフ・キェシロフスキ監督の名作『デカローグ』(1989~90)から、映画のなかの「行 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第11講「悪の行為について:ヤスパース/カント/アーレントの観点から『デカローグ』第5話を観る」

講義「映画と哲学」第11講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第11講では、カール・ヤスパースの『真理について』、カントの『単なる理性の限界内の宗教』、ハンナ・ …

連載コラム

映画『ゴジラVSモスラ(1992)』あらすじと内容解説。強いバトラは「バトルモスラ」の略称である|邦画特撮大全49

連載コラム「邦画特撮大全」第49章 2019年5月31日、遂に『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が公開されました。みなさんご覧になられましたか。人気怪獣“モスラ”が重要な役割で登場しています。 そ …

連載コラム

『私をくいとめて』のんと大九明子監督が歓喜。東京国際映画祭にて観客賞を受賞|TIFF2020リポート5

第33回東京国際映画祭は2020年10月31日(土)~11月9日(月)開催。 2020年10月31日(土)に開幕したアジア最大級の映画祭・第33回東京国際映画祭が、11月9日(月)に閉幕を迎えました。 …

連載コラム

映画『静かな雨』あらすじと感想レビュー。キャスト仲野太賀と衛藤美彩が原作を美しく具現化|フィルメックス2019の映画たち5

第20回東京フィルメックス「コンペティション」観客賞受賞作。 2019年に記念すべき20回目を迎えた東京フィルメックス。令和初となる本映画祭が11月23日から12月1日まで開催されました。 そのコンペ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP